忍者ブログ
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7]

DATE : 2017/04/28 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/03/08 (Thu)
今朝、ちらっとTVで富山の冤罪事件(強姦罪で服役後に冤罪がわかった事件)で富山県警が謝罪会見をしているような場面が写っていた。
見たときにはもう終わりだったので内容はわからずじまいだった。

その番組はみのもんた氏の朝のワイドショーだったのですが、みのもんた氏が富山県警のことを『冤罪の人に対してとんでもないことだ』というように正義感たっぷりで責めていたが、植草一秀氏の公判があった翌日植草氏の事件に関してみのもんた氏は事件の事を検察側の言い分だけを引用し断定的に伝えていた。
数日前自分のやった『とんでもないこと』を忘れたのか。
今、植草一秀氏の事件は裁判中です。植草氏は無実を訴え全面的に争っている。
冤罪かも知れない人に対して公共の電波を使い誹謗するような事を言ったのではないのか。

富山県警のやったことは捜査機関としてあるまじき事だけれど、みのもんた氏は自分の発言を棚に上げて富山県警を批判することはできないはずだと怒りを覚えた。
TVがどれだけの人に影響を与えるか、そのTVがどれだけの報道被害を生んでいるか考えろ。

みのもんた氏がお昼の番組で紹介した食材はそのあとスーパーでとても売れるらしい。
あるある大辞典の影響で納豆が売り切れ続出になったのも同じことだ。
納豆の件は全くの捏造だったが消費者は放送内容を鵜呑みにし信じてしまっていた。
そういう人が多く見ているTVでの発言は世間にどれだけの影響を与えるだろうか。

TVの影響力は出演者がこれほどまでに発言に無責任で良いほど小さいものではない。
少なくとも、植草氏は今係争中である。
TVで影響力のある人物が係争中の案件に関して自分の勝手な判断で断定的に話すことは許されない。
それを鵜呑みにする多数の視聴者がいるからだ。
視聴者には正確な情報を伝えなければならないのだ。

無実を訴え続けているものに対し正しい報道をせず、勝手な憶測で話すことで私刑を与えていることは重罪なのだ。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★テレビでの発言・・・影響が大きい=責任も大きい
NAME: mojo
こんにちは。
以前から「報道とバラエティーの境界」が問題になり、トラブルもありました。私が気になっていたのは「不適当な発言や表現」が問題になった時に「バラエティーだから」という釈明がどうしても「使い分けしている」ように見えていました。
(一見、報道っぽく見せる番組づくりをして、いざトラブルになると「バラエティーですから」というパターン)
これからは、もう少し厳しくなるかもしれないと思わせるのが、

「毒舌たかじん敗訴 330万円賠償命令」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061223-00000008-dal-ent

この判決を見ると、今後は一方の側の言い分だけを根拠に、タレントさんがその場で思いついた発言も「名誉毀損」と判断される可能性が高まったという気がします。現に、たかじんさんの側も「判決は全面的に受け入れます」という事で、(影響のある)自分の発言には、それなりに責任が発生するという事を認めたのでしょう。

(ちなみに、私は「朝ズバッ!」は、相性が合わないようで、見ていませんが)
みのさん自身は、植草さんの事件を「えん罪の可能性を疑っている人が多い」という事を知らないだけなのでしょう。テレビ局にいる事が多いようですから。
きっと、みのさんは裁判での弁護側の主張にも関心が無く、とりあえず植草さんをバッシングしておけば「世間に受ける」と思ってのセリフのような気がします。

ただ、みのさんが「一方的な情報のみ」で発言したとしても、上記のたかじんさんの例のように「バラエティーだから」との言い訳をしても、裁判官は植草さんに対する“名誉毀損”だと判断する可能性が高い。そういう時代だということだけは、早めに知っておいた方が良いのかもしれません。
URL 2007/03/08(Thu)14:18:34 編集
★明らかな矛盾
NAME: JAXVN
こんにちは。
富山の事件で警察を批判(批判が警察に対してだけになっている事も気になりますが。警察だけではなく検察も裁判所も弁護側も同様に批判されてしかるべきなのですが)しながら、同時に他の事件では平気で「推定有罪」の報道をする。どうして、この矛盾に気づかないのか不思議でなりません。みの氏だけでなく、「あの」宮崎哲也氏も、とある雑誌で「冤罪捜査」を批判する記事を書いていたといいます。植草氏の事件がおきたとき、自分がなんと言ったか忘れてしまったかのようです。でも、本当に彼らは矛盾に気づいていないのでしょうか?みの氏や宮崎氏が、そんな小学生でも分かるような事が分からないとも思えないのですが。やはり、「誰かの指示」なのでしょうか?
2007/03/08(Thu)13:18:36 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索