忍者ブログ
[317] [316] [315] [314] [313] [303]

DATE : 2017/03/31 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2009/07/09 (Thu)
ブログは今日で終わりにしたいと思います。

みなさんさようなら。
私はもうここに書き込むことはありません。
せっかくたくさんの有意義な議論がされてきたので、それは全て残しておきます。

今後もし事件に疑問を持って訪れてくださった方がいらっしゃったら、資料庫として使ってください。


本当に皆様から、いろいろ勉強させていただきました。

ありがとう。

http://koufu.exblog.jp/    mojoコメント備忘録(mojoさんブログ)
http://livealot.exblog.jp/ 植草一秀氏の事件(熊八さんブログ)
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★そろそろ
NAME: かんち
そろそろ次の事件起こすころだと思うのですが、まだですか?
2011/11/23(Wed)11:42:26 編集
★mojoさんへ
NAME: 主権者国民
mojoさん、植草さんの無実の検証とやらは止めたのですか?
ミーガン法サイトの管理人さんも指摘していたように、mojoさんの馬鹿げた擁護主張のおかげで植草さんはかなり迷惑をこうむっています。
ワビをいれたらどうですか?
このサイトが滅茶苦茶になったのも、あなたがストリート・ファイトやったからですよね。
もっとも全戦全敗でボコボコでしたね(笑)
普通の人の理屈、というもの、つまり常識を一から勉強したほうがいいですよ。
とりあえず、一度くらい仕事をしてみてください。
コンビニのバイトとかなら、バカなあなたでもやれるでしょ?
レジは無理かな・・・
手クセ悪そうですからね(笑)
2010/09/15(Wed)08:55:10 編集
★無題
NAME: NONAME
「相手にしてくれありがとう」と言いなさい。バカ擁護さん
2010/09/09(Thu)16:21:55 編集
★涙目
NAME: 一市民
正体を暴かれて涙目のアンチさんw

さすがに素早い反応です。
三頭身さんはお元気でしょうかw
2010/08/24(Tue)05:46:55 編集
★無題
NAME: NONAME
早速の反応ゴクロウサマ
2010/08/22(Sun)20:35:12 編集
★アンチの実態
NAME: 一市民
NONAME=一年以上も放置されているブログで必死に力説するカスアンチw

多分ゆうたまさんは相手にしてませんよ。あなたの陰謀好きには敬意を評しますケド。

2010/08/22(Sun)19:49:33 編集
★無題
NAME: NONAME
ゆんたまさん、あんたね、正直言うと今のままじゃ、ずっと荒らしまがい及び批判的なコメントは消えないし、今のブログ形態だと一生続く事になるよ、脅かすわけじゃないけど。

俺は流石に一生粘着しないけどさ(笑)。

削除とかID拒否なんかはもう自分の好きにやったら良いと思うけど、何となく反植草だから即効削除、なんて形で削除されたら誰でも怒るわな、例え工作員じゃなくともさ。

信州の泉の高橋氏なんか、その点には早い時点で気付いていて、例え反植草のコメントでも、ある程度時間を置いて削除してるようだし、場合によってはレスを返してるからね、ある意味、非常に賢明な荒らし対策と言えるね。

本当はコメント欄を閉じる事がベストな方法かもしれないが、ネットって基本的に双方向の情報の伝達が醍醐味だからね、コメント欄をオープンにしておきたい気持ちはなんとなく分かる、寂しいだろうしね(笑)。

周りにいる熊ちゃんとか同級生なんかも薄々ゆんたま氏の横暴なやり方に疑問を持っているんだろうけど、不幸な事に誰も口を出さない。
ゆんたま氏が自分で気が付けばいいけど、そうじゃない限り同じ仲間の擁護派が注意するしかないんだけど、それもない。
リアルな世界でもそうだが、こういう時に敢えて、そういうやり方は少しおかしいんじゃないか?と言ってくれるのが『真の友』じゃないの?

霞っ子クラブの傍聴記を今頃載せてるが、元はと言えばその情報、この周辺ではアンチ派が初めに出した情報だろう、恐らくゆんたま氏を始め魔女がアンチ派のブログを閲覧してその情報をキャッチしたんだろうね、情けない事に。

こういう時に、敢えてコヨーテさんの前回の傍聴記なんか載せたら、たちまち擁護派が増えると思うけどね。
自分とは逆スタンスの人間の言う事をポーズでも良いから取り上げると、逆にその人間の信憑性が高まるなんていう事は、心理学的に検証されてるらしいからね(笑)。

実際、アンチ派の中でも前回の手鏡事件は冤罪なのでは?という立場の人もいるし‥。
(俺自身は、手鏡事件については詳しく検証していないので否定とも肯定とも言えない)

それから‥‥
『工作員』についてだけど、俺の知る限り本物の工作員は味方を装って近づいてくよ、ターゲットとする相手に。
それは、元諜報員のロシア人が放射能物質で暗殺された事件だけ見ても良く分かるはずだ。
自分と同郷、同職の人間に殺されたわけだから

それに、あの有名なケネディー暗殺事件だって、側近である当時のCIA長官、アレン・ダレスの動きが不可解だしね‥(注)

よく、『まさかの友が真の友』って言うでしょ?、アンチ派の中にも『真の友』がいるかもよ?

ゆんたまさん、案外、『裏切り者』は近くにいるかもね(爆笑)。


(注) ケネディー大統領暗殺事件の陰謀説は傾聴するに値するものがありますが、植草氏の今回の事件は単なる痴漢事件です。
個人的な興味もあって、近いうちにケネディー暗殺事件について取り上げたいと思います。
それにしても‥
ケネディー氏と植草氏、レベルが違うね(苦笑)。 
学歴も財力も家柄も権力もカリスマ性も社会的地位も人脈も全て、ケネディー氏の方がはるか上です(爆)。
ケネディー氏がマリリン・モンローと愛人関係にあったというのは周知に近いことですが、植草如きには真似が出来ないでしょうね(笑)。
植草氏が陰謀で嵌められたなんて、擁護派には申し訳ないですけど、あり得ませんから(失笑)。
2010/08/22(Sun)16:57:46 編集
★無題
NAME: 名無し
アニメファン必見

oyasiki.blog78
2010/08/21(Sat)18:25:07 編集
★無題
NAME: 伝言マン
品川駅を発車してから青物横丁駅あたりまでの間、弁護側目撃証人はずっと植草さんを見ていましたけれども、植草さんは、左や右を見たり、フラフラして、電車が揺れると体を動かしたり、吊り革につかまっていても体勢を保てず、他の乗客とぶつかりそうな様子がずっと続いていた。しかし、その間植草さんが女性に密着していたということは無い、というふうに述べています。

「痴漢が行われていた時間に植草氏はつり革に捕まりフラフラしていたから犯人ではない。」と言いたいのでしょうが、当時の電車内の混み具合から弁護側目撃者が植草氏の動きは見えるのでしょうか?
判決文にも載っていましたがそもそも本人も認めている事実と違う内容を証言すれば信用性を疑うでしょう。 
2010/03/28(Sun)20:20:00 編集
★無題
NAME: NONAME
同意
だれも植草の話なんざ聞いちゃいねえ
応援ブログの管理者にも見放されたらあとは医者に助けてもらう以外道はない
2010/01/06(Wed)14:57:58 編集
★無題
NAME: NONAME
相変わらず陰謀だのペンタゴンだのと痛々しすぎる。
どうあっても社会的には死んでいるのに。
裁判所公認のセクハラ教授は早く診療内科にでもかかって、心の病気を治して穏やかな余生を過ごしてくださいよ。
2010/01/04(Mon)23:20:35 編集
★無題
NAME: NONAME
植草一秀って女子高生のスカートの中を手鏡で覗いた人だったよな?
2010/01/02(Sat)15:13:05 編集
★無題
NAME: あちゃーな人
ド変態性犯罪者擁護の汚物乙であります^^
出来れば早く自殺してね!
2009/12/27(Sun)18:21:13 編集
★植草は最低。
NAME: 植草を知る男
みんなあの外面に騙されないように気をつけたほうがいい。
植草を知っている人間は、植草を褒める書き込みを読んで本当に芝居が巧いよなあと笑っていますから。
しかし、そのうちわかりますよ。
誰かが暴露本を出すでしょう。
2009/12/26(Sat)09:43:44 編集
★犯罪捜査規範を尊重する会
NAME: Golgo13junior
この犯罪捜査規範は、国家公安委員会が作成した規範で、警察庁の司法警察官の犯罪者の身柄を拘束、取調べにたいする「心構え」の手引きとなる規範であります。 要するに、取調べ刑事にたいする監督を手引きしよでありまする。これに刑事が違反して取り調べるを行った場合、注意、監督を促す規範であります。これを違反したからと言って、取調べ刑事に対する罰則はありませんが、裁判には、これを反して取調べを行ったを証明すれば、裁判官は、検察官の取調べ調書を却下することとなります。 広島地裁である詐欺事件があり、この「犯罪捜査を尊重する会」の理事が、行動を起こし、被疑者と一緒になってこの規範に反するを、裁判で証明したところ、裁判官は広島地方検察庁の検察官取調べ調書を却下しました。
これを元に、広島県公安委員会は、広島県警に、取調べ刑事にたいする監察官室を設置し、なお、問題となった、広島県警南署において、取調室にカメラを設置するといった事態となりました。 この犯罪捜査規範は、弁護士も知らない人が多くまた、どのように活用すべきも分からない弁護士がほとんどです。取調べ刑事も知っていません。なので、裁判官もしりません。
植草氏の事件も、ここの始めの時点でこの犯罪捜査規範をもとに、どのように取り調べ刑事が取り調べたかの検証をすれば、無罪が簡単に勝ち取れたものと類推します。
事件当日、周りに証人を求める作業はいりません。淡々と、刑事が取り調べにたいし、ここのここが、犯罪捜査規範にはんしているを立証すればよいのであります。
詳しく、知りたい方は、「趣味人倶楽部」のサイトに入っていただき、「犯罪捜査規範を尊重する会のメンバーとなっていただければ、伝授してさしあげます。 
   貴殿のご参加をお待ち申しあげますう。
2009/11/19(Thu)07:01:14 編集
★性癖はやっかい
NAME: 前科2犯
植草氏の事をかなり前からチェックさせて頂いてました。何故なら自分と同じ性癖だからです。自分もそうなんですが普段ははっきり言ってかなりまじめなサラリーマンに見えると思います。会社の誰もが私のことを「痴漢」の常習犯だとは思ってないでしょう。
だからこそ植草氏が周りの人を騙して。巻き込んでこのような状況になってしまったか凄くわかります
。私も過去2度捕まり、その度に友人や家族に「自分はやっていない」とい必死にアピールしてきました。自分の今の立場を崩したくないから必死で演技をして回りを今も騙しています。
「自分はやっていない」と・・・
恐らく管理人さん含め、支援者の中には実はやっていたのでは、と思っている人もいるのではないでしょうか?身内や知り合いだからといって甘く接するのはその人の再犯を生む事になります。私がそうだったように・・
上述しましたが、痴漢や露出などの性癖を持っている人の気持ちは同じ性癖を持っている人にしかわかりません。その人の地位や普段の行動からは読み取る事は困難だと思います。何故ならそのような性癖を持っている事を絶対にばれないように生活しているのですから・・・
ちなみに私が捕まった2回とも飲酒で酩酊状態でした・・
2009/10/22(Thu)12:50:08 編集
★管理人さんお元気ですか?
NAME: 赤木
同じようなこと繰り返しているなー と思ったら何をトチ狂ったか熊八氏は自分のブログ《弁護団・植草氏の説明動画》載せて煽っている。「植草さんは真面目に論議していたよ、」とアピールしたいご様子で目的不明(笑)

観ていて色々気がついた点がある。植草氏ってかなり録画を意識した表現するんだね。例えば「聞いて、調べて貰えば分かる」このフレーズって詐欺や犯罪に関わった者が多用するなー例えば三浦某氏とか。
いい大人ががん首揃えて、ぷぷぷ。恥ずかしいヨ。この動画で無実の証明なんて思っていませんよね?もう止めてしまったゆうたまさんには関係ないことだけど感想ぐらい述べてくださいよ。
2009/09/12(Sat)11:12:50 編集
★無題
NAME: 資料
DATE : 2009/06/27 (Sat)
最高裁上告棄却とのことで。
http://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/315/

>私はこの事件自体は確実に冤罪だと思っているし、裁判所は証拠を元に判断して無罪判決を出すべきだと思っている。それは最初から変わらないしまったくぶれていない考えです。
URL 2009/09/09(Wed)16:46:12 編集
★確認させてね
NAME: 最後に確認
ゆうたまさん、植草先生の「何でも陰謀説」に愛想が尽きたのはわかります。向こう(植草先生)も煙たがってるようで、リンクも外されましたね。

で、ブログを辞めるのは勝手ですが、一つだけあなたは説明してないことがありますよ。ゆうたまさんはまだ植草さんが無実だと思ってるんですか?つまり、無実の罪で収監された植草さんが、陰謀だ、国策だと主張しているんでしょうか?それとも、植草先生が真犯人の可能性を感じて支援を止めたのですか?これまでこのブログでさんざん、植草先生は無実に決まってると言い、アンチを無能呼ばわりし、時には警察、検察、被害者、裁判所を非難してきたんですから、このくらいははっきりしてくださいよ。
ゆうたまさんは、今も植草先生は無実だと信じてますか、そうじゃないんですか?
2009/09/09(Wed)13:57:19 編集
★無題
NAME: ポンス家
被害者から直接抗議されたのに反論もしないで沈黙したままとは不思議ですね。
植草氏の性格からしたらあり得ません。
あと、擁護者のサイトやコメントは歪曲ねつ造が大杉ますね。
2009/08/22(Sat)17:39:10 編集
★植草氏ブログの更新者
NAME: ななしんぼう
先日植草氏が収監されたとのニュースを見て来ました。
植草氏のブログにはコメント欄が無く一切の意見を受け付けず言い逃げるので
こちらのサイトにとんできたわけですが。
ご存知の方がおられたら、お聞かせ願いたいことがあります。
収監以後も植草氏ブログの更新がなされていますが、更新しているのは誰なんでしょうか。まさか、本人が収監されている状態でやっているとは考えられませんし。
収監以前も本人ではなく別人が更新していたということなんでしょうか。

あれだけ無罪"主張"を繰り返していたのに有罪確定した途端に
もう使えない奴は要らない、とばかりに
あっさり「更新止めます」と植草氏をあっさり切り捨てるのもおかしいです。
再審請求するなり方法はあるのに。。。
収監中に謀殺されるなんて本気でいってる人まで湧いてるし。
むしろ、死んでくれたほうが謀殺論に使えて好都合、ともとれる
植草氏に対して非常に無礼な発言です。

裁判は原告と被告の主張を闘わせる場です。
目撃者の証言も現場再現も"主張"です。
必要なのはこれの裏付けとなるものを提示することなのに
この"主張"は正しいの1点張りな人が多過ぎです。
2009/08/09(Sun)11:42:36 編集
★各人の位置関係 (7/16改訂)
NAME: 熊八
すみません。これはいくら何でも無茶苦茶かと思いまして。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
230 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2009/07/14(火) 08:25:27
..............--ドア--............
..................................
..女性○.☆植草.○子連れ女性
................○女性.............
...............□検察側目撃者......
..........................    
.......□逮捕者 .............
...★弁護側目撃者...........
..............--ドア--............


231 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2009/07/14(火) 08:29:10
>>230
うわぁ
これでは、弁護側目撃者からは植草がほとんど見えるわけがない

ちなみにこの立ち位置って、弁護側目撃者を除くと
mojoのコメント備忘録にあったのとほとんど同じだね
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


何かまた新しいウソを広めようとしてます?


証拠から考えれば、各人の位置関係は、以下のとおりでしたよね。
(間違いがありましたら、私のブログにコメントしてくださいますよう、お願いいたします。下の緑色の「URL」を押せば行けます。)

【被害者の位置】
被害者は、電車の真ん中から一歩前(上の図では左)あたりに立っていて、電車の進行方向(上の図では左)を向いていたとのことでしたよね?

【検察側目撃者T氏の位置】
そして、検察側目撃者T氏自身は、被害者の左横77センチ、手の届かないところに立っていたと言っています。これが本当だとすると、上の図でいう下のドアのすぐ前に立つことになりますが、T氏の後ろにはまだ人がいたとのことです。(これがおかしいのですが)

【「おじさん」(犯人)の位置】
そして、被害者の真後ろに「おじさん」がいて、その「おじさん」の後ろには一人二人立てるスペースもあったと、T氏は言っています。

【弁護側目撃者・逮捕者K氏の位置】
一方、弁護側目撃者は、上の図でいう左下の長い座席の、右端から二人目のところに座っていたとのことです。
逮捕者K氏は、その前あたりで、つり革を持って立っていたと言っています。

【植草氏の位置】
植草氏によれば、被害者の右(上の図でいえば上)、少し離れたところで、つり革を持って、自身は立っていたようです。
この位置は、弁護側目撃者の証言でも裏づけられます。また、被害者が右回りに振り返るとき少し右前に移動したと考えれば、逮捕者K氏の証言にも裏づけられています。というのは、このとき、植草氏は被害者の右後ろ至近距離のところに立っていて、その後動いていないと、K氏は述べているからです。
(一方、T氏の言う、被害者の真後ろにいた「おじさん」は、後ろに1~2歩後退している。)


したがって、上の図はかなり修正が必要です。

・T氏の言う「おじさん」と、K氏の言う植草氏の位置は違っていますから、まずそれを区別しなければなりません。

・そして、被害者の位置は、もっと下、電車の真ん中あたりになります。

・「おじさん」の後ろには、スペースがある。

・そしてこれが一番おかしいのですが、検察側目撃者はもっと下のドア寄りです。(真実は、自身のメールにも書いていたように、被害者の「前」(上の図では左)あたりだろうと私は思っていますが)

・そして、弁護側目撃者・逮捕者K氏はもう少し左。(座席だから) 少なくともK氏とT氏は並ぶか、T氏のほうが下に来なければおかしいです。


以上から、だいたい次の図のようになると思います。
(□は、必ずしも人がいないということではありません。)

←電車進行方向
□□□□□□□□
□□□□☆植草氏
□□□□□□□□
□□□□◎★□□(←被害者◎と「おじさん」★)
□□□□□◇女性
□■□□●検察側目撃者T氏(もう少し下)
□○(←逮捕者K氏■と弁護側目撃者○。もう少し右)

図中のT氏の位置●は、T氏の公判供述に基づきます。実際には、車内から送ったメールにあったように、被害者の「前」あたりにいたと考えられます。
弁護側目撃者○と被害者◎の間にT氏または他の人が入っていたとすれば、弁護側目撃者には植草氏の周りに女性が見えなかったということも十分にあり得、何らおかしいことではありません。


そして、被害者の第一声「やめてください」から約1秒後、K氏が被害者・植草氏を見たときの図。「おじさん」と被害者が動いています。

←電車進行方向
□□□□□□□□
□□□□☆植草氏
□□□◎被害者(もう少し右)
□□□□□□★「おじさん」(もう少し右か)
□□□□□◇女性
□■□□●検察側目撃者T氏(もう少し下)
□○(←逮捕者K氏■と弁護側目撃者○。もう少し右)

「おじさん」★は既に1~2歩後退している。(T氏証言)
逮捕者K氏■と植草氏☆を結ぶ線上に被害者◎が入ってきており、植草氏☆と被害者◎との間は至近距離。

ここで非常におかしいのは、被害者が、被告人は「数歩」後退した、と言ってることです(※)。
なぜ数歩後退した人が、右後ろ至近距離のところにいる(K氏証言)のか?
ここが非常におかしいので、判決でもできるだけ、この被害者供述には触れないようにしています。

(※)
一審最終弁論「被害者は、被告人が2~3歩ないし1~2歩下がって右を向いたという供述をしていますが」
一審判決「数歩後退したとする被害者および目撃者の各供述」

* * *

位置関係は基本的で大事なところですので、もしお書きになるんでしたら、誰の供述に沿ったものかを明示して、できるかぎり正確に書いていただきたいと思います。

三頭身さん他アンチの方々にも、違うところは違うとおっしゃっていただきますよう、お願いいたします。

(誰も指摘しないのは、みなさん工作員である証?)
URL 2009/07/14(Tue)11:19:20 編集
★植草さんに失望しました。
NAME: 支援者2
ゆうたまさんお疲れ様でした。

と同時に植草さんに失望しましたよ。
ゆうたまさんの行動のお陰でネットでの復活のチャンスを与えられたというのに。
必要なくなったらリンクも外す。

でも、お疲れ様でした。以前読んでたブログに犬探しが出てて驚きましたが長いこと続けましたよ。

もうご覧になってないかもしれませんが、ゆうたまさん今後もお元気にお過ごしください。
2009/07/12(Sun)10:03:34 編集
★大変お疲れ様でした。
NAME: 支援者
私も植草さんを支持しているものですが、ゆうたまさんの行動は物凄いエネルギーを必要としたことでしょう。
本当に大変お疲れ様でした。
2009/07/12(Sun)07:17:07 編集
★弁護側最終弁論
NAME: 名乗るほどの者では
熊八弁護士の最終弁論が終わったようです。
おっと、すでに裁判は終了していた模様です。(笑)
2009/07/11(Sat)13:56:22 編集
★無罪ってことです
NAME: 熊八
>検察の主張が薄弱なのはわかりました。

ですから、検察の主張が薄弱ならば、無罪なんです。(笑)

ここでは、これで終わりにしましょう。
URL 2009/07/11(Sat)13:53:51 編集
★だから個室でやりましょう
NAME: 名乗るほどの者では
>検察の主張こそが、なんとでも言えるような薄弱な主張である

検察の主張が薄弱なのはわかりました。
同じように貴方の主張も薄弱なのです。
で、貴方の主張は弁護側よりの偏った主張であるというだけのことです。
貴方の主張が公平な観点に基づいていなく、公正な判断ができていないのが明白になるだけのことです。
裁判所はその双方の主張を聞いて、検察に軍配を上げました。
私も裁判所の判断に同意します。
それだけのことです。

司法上決着がついて、すでに終わった事件なのです。
だからここの管理人さんも責任をとって潔くこのブログを終了されましたよね。
少し前にも言いましたが、変態オナニー主張は個室(ご自分のサイト)で勝手にやってください。
モジョちゃんもオナニーを個室でやるようにしたようじゃないですか。

私は京急痴漢事件が起こる前からこのブログをウォッチしてきました。
ここの最後を見届ければそれで終わりです。
2009/07/11(Sat)13:45:58 編集
★とりあえず、こちらのブログでは、やめましょう
NAME: 熊八
いえいえ、よくお読みになってください。「名乗るほどの者では」さんのご反論は、全然反論になっていませんから。


>つまりなんとでも言えるような薄弱な主張ということです。


これが根本的にわかっておられないのですが、検察の主張こそが、なんとでも言えるような薄弱な主張であると、私は示しているのです。

検察に立証責任がありますから、検察のほうこそ、なんとでも言えるような主張をしていてはダメなのです。確実に植草氏が犯人であると言えるような主張でなくてはなりません。

犯人の顔を注視していたと言いながら、犯人の眼鏡の有無も憶えていないような人の「犯人は被告人」との証言など、頼りないことこの上ないでしょう? ちゃんと見てなかったんじゃない? 別人を見てたんじゃない?との疑問が生じて当然でしょう。

「なんとでも言える」というのが、「合理的疑問がある」ということの意味です。検察が、なんとでも言えるような主張をしているならば、無罪とされるべきなのです。


それから、これももう飽きるほど言っていることですが、私は植草氏とは一切、何の関係もない一般人で、何の使命も帯びていません。
ゆうたまさん旧ブログの大炎上で、たまたまこの事件について詳しく知ることとなっただけの人間です。


もう同じことの繰り返しですから、とりあえずこちらのブログでは、このへんでいいのではありませんか?
ゆうたまさんもおやめになったことですし、コメントを書き込むことも、これでやめましょうよ。


私やmojoさんの言っていることに反論などがあれば、今後は各自のブログでお願いします。
URL 2009/07/11(Sat)12:44:36 編集
★反論、というか反応して得意げになっているようですが
NAME: 名乗るほどの者では
まだわかってないようですね。つまりなんとでも言えるような薄弱な主張ということです。
弁護士が使う基本的な手法ですよね?
つまり、植草氏についた弁護士が無能だった。自分がやればこんな主張もできちゃうもん。てな内容なものです。
都合の良い部分のみ抜き出して、言葉をデフォルメしても植草氏の無罪を主張するその姿勢は、特別にこの痴漢常習者を擁護すべきなんらかの使命があると認識せざるを得ません。
2009/07/11(Sat)11:50:30 編集
★依然として疑問だらけのT証言
NAME: 熊八
「名乗るほどの者では」さん、おつきあいいただき、ありがとうございます。

ご熱心なことです。これだけお書きになるのは大変でしたでしょう。


>>●被害者の左横77センチ、手の届かないところに立っていたという、T氏の述べるT氏自身の立ち位置がまず、混み具合などから考えてあり得ない。

>貴方があり得ないと勝手に言っているだけです。100%有り得ないといえるような非常識な証言ではありません。まずその『根拠のない前提』を見直してください。


いえいえ。当時の車内は、肩が触れ合わないぐらいの混雑だったとT氏は言っています。ドアからドアの間の、電車の中でも比較的混み合う場所の、そのほぼ真ん中に被害者が立っていて、そこから左ドアに向かっての77センチ。T氏からは手の届かないぐらいの距離の空間がT氏の前にはあいていて、そこには人がいなかったというのでしょう? ほぼ100パーセントあり得ないことだと思います。

実際には、T氏は、自らのメールで書いているように、被害者の「前」、もっと近いところにいたのだろうと思います。

自分の立ち位置も偽るような人の供述は、根本的に信用性が低いと思われます。


>>●犯人の特徴の描写がきわめて曖昧で、スーツ姿のおじさん、というものでしかない。スーツの色、ネクタイの色にすら言及が無い。

>『自分は絶対覚えている』とか自己中心的な判断を前面に押し出さないでください。私なら痴漢行為そのものずばり見せられて、卑怯にもあとあと否定されることなど考えもしませんから、何色のスーツを着ていたなんて覚えていないでしょうね。『覚えていないから証言内容が疑問』という根拠には到底なりえません。


いえ、ですから、背広の男性というだけで、違う人を見ていた可能性もある、ということです。

本当に、背広を着たおじさん、ぐらいの描写でしかないのです。別の人を見ていた可能性は大いにあります。


>それから、『ネクタイの色にすら言及が無い。』という文章はちょっと行き過ぎたごまかしの文章ではないですか?
証人はネクタイの色について質問もされていませんよね?こういうごまかし文章が貴方のほかの文章にも溢れ返ってますよね。


いえいえ、ネクタイの色さえ答えていない以上、別の人を見ていた可能性もありますよね、ということです。


>>●そもそも、植草氏は当時泥酔しており、満員でもない揺れる電車の真ん中で、T氏の描写するような2分間もの痴漢行為はできない。酔っぱらいに密着されたら、被害者も、2分間も我慢せずに逃げるはず。(周りにスペースもあったのだから)

>『真犯人がいた』と主張するなら、その満員でもない空いていた状況でどのように痴漢をやっていたのでしょうか?植草氏の周りを紛らわしくうろちょろしてたんでしょうか?植草氏が犯人でなかったらそれでよいので後はどうでもいい。みたいな、植草氏擁護を死守すべきなにか特段の意図を持ったような推論の中断はいくら主張しても賛同者を呼びませんよ。


いえいえ。満員ではなかったものの、そこそこ混んでいたとのことですから、痴漢行為は可能でしょう。
私が上で言いたかったのは、泥酔して、何にもつかまらず、そのような痴漢をすれば、揺れる電車の中でとても立っていられないでしょう、ということです。
こけてしまうか、前の被害者にどうっともたれかかる格好になると思います。そうなれば、さすがに被害者も逃げるんじゃないかと思われます。
したがって、犯人は植草氏のように泥酔していない人だったと言えます。


>>●犯人の顔を注視していたというのに、犯人が眼鏡を掛けていたかどうかすら憶えていない。(事件3日後の調書で既に、憶えていないと供述しているようです)

>犯人の特徴の描写がきわめて曖昧・・・と同じ指摘です。たとえば、街頭に行って、この痴漢事件を知っている人に植草一秀氏は眼鏡を掛けているか?という質問をしてみてください。バラエティやニュースで散々出演してきて、痴漢事件以降も何度も写真やら出ている有名人だからって左記の質問に明確に答えられる人が何人いますか?そ


このご批判はよくわかりませんが、とにかくT氏は、痴漢行為をやめさせようと犯人の顔を注視した、と言っているにもかかわらず、その顔に眼鏡が掛かっていたことを憶えていません。弁護側の実験が3日後の記憶を問うていますから、おそらくT氏は、事件3日後、9月16日付供述調書の中で既に、犯人の眼鏡の有無の記憶が無いと述べているのでしょう。
これはいかにもおかしいことだと思われます。


>>●公判時激痩せしていた植草氏を見て、事件時の犯人と比べて痩せていない、やつれていないと答えている。

>上にも印象が違うとかいろいろ同じようなこと書いていますが、この指摘も???です。植草氏は現場には居たんですよね??んで、証言者は被害者と同じ駅でネクタイ掴まれて連行されていくところを見ていたんですよね??痩せていないと答えたら何なんですか?議論のすり替え、目くらましか何かですか??証言者の曖昧な部分を『ことさら』『必要以上に』『その部分だけ』取り上げるその企みは何ですか?


いえいえ、何の企みもありませんが、T氏は、被害者の真後ろにいたときの犯人の姿をよく見ていたとは言えると思いますが、その後については話が飛んでいたりと不審な点が多く、実際にはよく見ていなかったと考えられます。
被害者の真後ろにいた犯人について、上記のことは述べていると思われます。

1573.裁判長 今聞かれたことに若干関連しますけれども、この事件より前には、植草一秀という名前を聞いて、こういう風貌の人だという知識はなかったわけですか。
1574.T証人 前回の事件で見たとき、報道でしゃべっている、そういうのは見ているので、そのときの記憶はあると思いますけれども。
1575.裁判長 今回あなたが現場で女子高生の後ろに立っている人を見たときに、その人が植草一秀だというふうに、パッと見たときにはわからなかったですか。
1576.T証人 わかりませんでした。
1577.裁判長 そのときにあなたがごらんになった範囲で、被害者の後ろに立っている人物と、きょう法廷でごらんになっている被告人との違いについて、先ほど弁護人の方からも聞かれていましたけれども、顔だとかということについて、違いがあるとお感じになりましたか。
1578.T証人 いや、特にないです。
1579.裁判長 例えば当時よりも顔つきがやせているのではないかとか、やつれているのではないかというふうな印象は、特にはお持ちにならないですか。
1580.T証人 そういう印象はありませんでした。
1581.裁判長 今お持ちになっているかどうかなんだけれども、当時あなたがごらんになられて、電車の中でごらんになった男ときょう法廷でごらんになった男と比べると、特にきょうの方がやせているとか、やつれているとか、そういう印象はないということでいいですか。
1582.T証人 はい。


>>●犯人の右肩が見えたと言っているのに、犯人が植草氏ならそこにあるべきカバンの肩ひもがあった記憶が無い。左手が見えたと言っているのに、そこにあるべき傘の記憶も無い。

>しつこいですね。上記の通りです。本当にしつこいです。記憶がなかったらなんなんでしょう?私は逆に、検察がこの証言者になんの入れ知恵もせず、自然体で話させているように感じるだけですがね。


いえ、ですから、右肩にカバンを掛けていない、左手に傘を持っていなかった人が犯人であって、植草氏とは別の人物である可能性が高い、ということです。


>>●犯人は右に重心をかけた、変な格好をしていたと、再三述べている。(植草氏なら、4キロのカバンを右肩から掛けていたので、バランスをとるために右肩のほうがむしろ上がるはず)

>上がる『はず』(笑)よく何年もこんな、自分に都合のいい『はず』論を疑わずに主張してきましたね。貴方の言うように右肩が上がることもあるでしょう。植草氏は泥酔してたんでしょう?荷物の重さに耐え切れずにそちらの方向に方が下がることもあるでしょう。それって絶対にないんですか?こんな些細な部分で根拠が希薄な主張の積み重ねをやってるから誰にも賛同されないんですよ。


いえいえ。これが、バランスを保とうと思えば、右肩のほうが上がるのです。「はず」どころではありませんでした。やってみてください。

植草氏のように泥酔していた人が、重みに耐えかねて右に傾けば、そのまま右にこけてしまうでしょう。右に傾いた状態が続くことはあり得ません。


>>●犯人に酔っている様子は無かったと述べている。(植草氏は泥酔)

>そりゃ、後半で明らかになったとおり、本人にとってはライフワークですから真剣でしょうよ。


このご批判もよくわからないのですが、植草氏が事件当日、大量にお酒を飲んだことは事実であり、アルコール検査でもそういう数値が出ています。蒲田駅で会った警察官も、植草氏が酔っているとわかったようです。
ところがT氏は、犯人を見て、酔っているようには思わなかったのです。
したがって犯人は酔っていない人で、植草氏とは別人であった可能性が高いと思います。


>>●犯人は後ろに1~2歩後退した、と述べている。事件2日後の再現では、後ろに2歩ほど離れた様子を撮影。(この写真を検察は隠していた)
これは逮捕者K氏の供述と矛盾する。K氏は、<植草氏は、振り返っていた被害者の右後ろ至近距離のところにいて、そこから動いていない>と述べている。

>おかしいですね。貴方の主張では、「泥酔していた当時を語る植草氏の発言はすべて信用しなくて良い」と過去に言っています。
>でもK氏経由での植草氏の発言は採用するんですか?あまりに都合がよろしくないですか?


これは本当によくわからないご批判ですが、植草氏の発言なんか採用してませんよね? 植草氏の発言を採用するなら、ここは被害者からもっと離れていたことになります。
これはK氏の発言とは異なります。ですので、事件当時酔っておらず、宣誓した証人であるK氏の供述のほうを信用すべきだと思いますので、K氏の発言を採用し、T氏と較べているのです。
そして、T氏の言う犯人の位置と、K氏の言う植草氏の位置とが、著しく異なっている、ということです。


>>●被害者の抗議のシーンの描写が、逮捕者K氏の描写と著しく異なる。T氏は、<後退した犯人に被害者が詰め寄り、そこでひとしきり抗議をした後、泣き出し、元の位置に戻った。そこへ、犯人が近づいた>とするが、K氏は、<被害者のすぐ右後ろに植草氏が立っており、被害者は前を向いたままで、いちいち右に振り返りながら、ひと言ひと言抗議をしていた。両者動いていない>と答えた。
T氏は抗議のシーンを見ていない可能性がある。

>言葉の綾ですよね。しかも貴方のバイアスのかかった文章は正確ではなく、デフォルメがなされています。
>まず、上記で「ひとしきり」と勝手に書いていますが、証言のどこに「ひとしきり」という言葉がありますか?
>第一声「何やっているんですか、子供の前で恥ずかしくないんですか」
>続けて「次でおりてください」(最後の方は涙まじり)
>速記も怪しいもんですが、そういう書いてもいない都合のいい副詞をつけてごまかすのも常套手段ですよね。


いえいえ。確かに、「ひとしきり」という言葉は証言の中にはありませんが、私は「ひとしきり」という言葉を証人が使ったとは言っていません。
ここは、一連の(抗議)、といった意味です。

第一声は、「やめてください」だったようです。
続いて、「何やっているんですか、子供の前で恥ずかしくないんですか」。
続いて、「次でおりてください」。
逮捕者K氏によれば、「声、抗議全体が30秒あったのかわからないと思う。1分ぐらいはあったのかもしれないです」とのことですね。

この一連の抗議を、T氏は、被害者が犯人に近づいて行なったと述べています。そして、抗議の最後にその場で泣き出して、元の位置のほうへ戻り、そこへ犯人が近づいた、と言っています。
上に書きましたK氏の描写とは、まったく異なるのです。


>>●逮捕者が被害者に近づいたシーンから、いきなり、蒲田駅直前まで、話を飛ばしてしまった。

>で?(笑)
>黒丸●の数を稼ぐために意味のない指摘をしないでください。


いえいえ、これは重要なところで、なぜこんな不自然に飛ばされてしまったのか、ということです。
こちらをご参照ください。
ttp://livealot.exblog.jp/8316078/

結局、T氏は逮捕のあたりの様子を見ていなかったので、その間の人の動きなどを供述できないため、逮捕者が近づいた後をいきなり蒲田駅直前につなげて、検察が話を飛ばさせてしまったと考えられます。


>>●そもそも、現場車内では、植草氏であることに気がついておらず、翌日、容疑者は植草一秀であると聞いてもなお、「いわれてみれば、そうかもしれないというふうに」思ったに過ぎない。

>検察官1 この法廷の中にはそのおじさんはいますか。
>T証人 はい、います。
>検察官1 どこにいますか。
>T証人 こちらです。
>検察官1 あなたの右横の被告人がそのおじさんですか。
>T証人 はい、そうです。


そりゃ、ここまで来て、「いません」「違います」とは言えないでしょうし、言わないでしょう。(笑)
あの犯人が被告人として座っている、という予断が入りまくりの証言です。額面どおりに信用することはできないでしょう。


>貴方の主張は同じことをしつこくしつこく繰り返すだけの内容です。


残念ながら、何らご反論になっていなかったと思われます。
URL 2009/07/11(Sat)04:15:36 編集
★つついてみた
NAME: 名乗るほどの者では
暇なので、おちゃめな熊ちゃんのためにちょっと内容をつついて見ました。
少し見方、いや立場を変えれば、こんな反論はいくらでもできます。

●被害者の左横77センチ、手の届かないところに立っていたという、T氏の述べるT氏自身の立ち位置がまず、混み具合などから考えてあり得ない。

>貴方があり得ないと勝手に言っているだけです。100%有り得ないといえるような非常識な証言ではありません。まずその『根拠のない前提』を見直してください。

●犯人の特徴の描写がきわめて曖昧で、スーツ姿のおじさん、というものでしかない。スーツの色、ネクタイの色にすら言及が無い。

>『自分は絶対覚えている』とか自己中心的な判断を前面に押し出さないでください。私なら痴漢行為そのものずばり見せられて、卑怯にもあとあと否定されることなど考えもしませんから、何色のスーツを着ていたなんて覚えていないでしょうね。『覚えていないから証言内容が疑問』という根拠には到底なりえません。
それから、『ネクタイの色にすら言及が無い。』という文章はちょっと行き過ぎたごまかしの文章ではないですか?
証人はネクタイの色について質問もされていませんよね?こういうごまかし文章が貴方のほかの文章にも溢れ返ってますよね。

●そもそも、植草氏は当時泥酔しており、満員でもない揺れる電車の真ん中で、T氏の描写するような2分間もの痴漢行為はできない。酔っぱらいに密着されたら、被害者も、2分間も我慢せずに逃げるはず。(周りにスペースもあったのだから)

>『真犯人がいた』と主張するなら、その満員でもない空いていた状況でどのように痴漢をやっていたのでしょうか?植草氏の周りを紛らわしくうろちょろしてたんでしょうか?植草氏が犯人でなかったらそれでよいので後はどうでもいい。みたいな、植草氏擁護を死守すべきなにか特段の意図を持ったような推論の中断はいくら主張しても賛同者を呼びませんよ。

●犯人の顔を注視していたというのに、犯人が眼鏡を掛けていたかどうかすら憶えていない。(事件3日後の調書で既に、憶えていないと供述しているようです)

>犯人の特徴の描写がきわめて曖昧・・・と同じ指摘です。たとえば、街頭に行って、この痴漢事件を知っている人に植草一秀氏は眼鏡を掛けているか?という質問をしてみてください。バラエティやニュースで散々出演してきて、痴漢事件以降も何度も写真やら出ている有名人だからって左記の質問に明確に答えられる人が何人いますか?そ

●公判時激痩せしていた植草氏を見て、事件時の犯人と比べて痩せていない、やつれていないと答えている。

>上にも印象が違うとかいろいろ同じようなこと書いていますが、この指摘も???です。植草氏は現場には居たんですよね??んで、証言者は被害者と同じ駅でネクタイ掴まれて連行されていくところを見ていたんですよね??痩せていないと答えたら何なんですか?議論のすり替え、目くらましか何かですか??証言者の曖昧な部分を『ことさら』『必要以上に』『その部分だけ』取り上げるその企みは何ですか?

●犯人の右肩が見えたと言っているのに、犯人が植草氏ならそこにあるべきカバンの肩ひもがあった記憶が無い。左手が見えたと言っているのに、そこにあるべき傘の記憶も無い。

>しつこいですね。上記の通りです。本当にしつこいです。記憶がなかったらなんなんでしょう?私は逆に、検察がこの証言者になんの入れ知恵もせず、自然体で話させているように感じるだけですがね。

●犯人は右に重心をかけた、変な格好をしていたと、再三述べている。(植草氏なら、4キロのカバンを右肩から掛けていたので、バランスをとるために右肩のほうがむしろ上がるはず)

>上がる『はず』(笑)よく何年もこんな、自分に都合のいい『はず』論を疑わずに主張してきましたね。貴方の言うように右肩が上がることもあるでしょう。植草氏は泥酔してたんでしょう?荷物の重さに耐え切れずにそちらの方向に方が下がることもあるでしょう。それって絶対にないんですか?こんな些細な部分で根拠が希薄な主張の積み重ねをやってるから誰にも賛同されないんですよ。

●犯人に酔っている様子は無かったと述べている。(植草氏は泥酔)

>そりゃ、後半で明らかになったとおり、本人にとってはライフワークですから真剣でしょうよ。

●犯人は後ろに1~2歩後退した、と述べている。事件2日後の再現では、後ろに2歩ほど離れた様子を撮影。(この写真を検察は隠していた)
これは逮捕者K氏の供述と矛盾する。K氏は、<植草氏は、振り返っていた被害者の右後ろ至近距離のところにいて、そこから動いていない>と述べている。

>おかしいですね。貴方の主張では、「泥酔していた当時を語る植草氏の発言はすべて信用しなくて良い」と過去に言っています。
>でもK氏経由での植草氏の発言は採用するんですか?あまりに都合がよろしくないですか?

●被害者の抗議のシーンの描写が、逮捕者K氏の描写と著しく異なる。T氏は、<後退した犯人に被害者が詰め寄り、そこでひとしきり抗議をした後、泣き出し、元の位置に戻った。そこへ、犯人が近づいた>とするが、K氏は、<被害者のすぐ右後ろに植草氏が立っており、被害者は前を向いたままで、いちいち右に振り返りながら、ひと言ひと言抗議をしていた。両者動いていない>と答えた。
T氏は抗議のシーンを見ていない可能性がある。

>言葉の綾ですよね。しかも貴方のバイアスのかかった文章は正確ではなく、デフォルメがなされています。
>まず、上記で「ひとしきり」と勝手に書いていますが、証言のどこに「ひとしきり」という言葉がありますか?
>第一声「何やっているんですか、子供の前で恥ずかしくないんですか」
>続けて「次でおりてください」(最後の方は涙まじり)
>速記も怪しいもんですが、そういう書いてもいない都合のいい副詞をつけてごまかすのも常套手段ですよね。

●逮捕者が被害者に近づいたシーンから、いきなり、蒲田駅直前まで、話を飛ばしてしまった。

>で?(笑)
>黒丸●の数を稼ぐために意味のない指摘をしないでください。

●そもそも、現場車内では、植草氏であることに気がついておらず、翌日、容疑者は植草一秀であると聞いてもなお、「いわれてみれば、そうかもしれないというふうに」思ったに過ぎない。

>検察官1 この法廷の中にはそのおじさんはいますか。
>T証人 はい、います。
>検察官1 どこにいますか。
>T証人 こちらです。
>検察官1 あなたの右横の被告人がそのおじさんですか。
>T証人 はい、そうです。

>貴方の主張は同じことをしつこくしつこく繰り返すだけの内容です。
2009/07/11(Sat)00:33:20 編集
★そのT氏の目撃証言が、疑問点だらけで信用できないのです
NAME: 熊八
まず、植草氏は大量に飲酒して、泥酔状態でした。
被害者が声を上げるまでは半眠り状態だったとのことであり、適切な対応をとれなかったとしても、やむを得なかったのではないかと思います。


>何のかんの言っても、
>至近距離で植草氏の痴漢行為を見ていた人がいて、
>そのまま一般人に拘束されるまでを見ていた、
>と証言しているのです。


はい、ですから、何度も申しておりますように、その目撃者T氏の証言に、矛盾点・不審点・疑問点が山ほどあって、信用できないのです。
(ちなみに、T氏は、逮捕者が一般人であるかどうかを知りません。「私服」の男性が、と言っているのみです。)

T氏の公判供述は、こちらにあります。
ttp://uekusajiken.ganriki.net/sokki/122006_01.html

T氏証言の疑問点。

●被害者の左横77センチ、手の届かないところに立っていたという、T氏の述べるT氏自身の立ち位置がまず、混み具合などから考えてあり得ない。

●犯人の特徴の描写がきわめて曖昧で、スーツ姿のおじさん、というものでしかない。スーツの色、ネクタイの色にすら言及が無い。

●そもそも、植草氏は当時泥酔しており、満員でもない揺れる電車の真ん中で、T氏の描写するような2分間もの痴漢行為はできない。酔っぱらいに密着されたら、被害者も、2分間も我慢せずに逃げるはず。(周りにスペースもあったのだから)

●犯人の顔を注視していたというのに、犯人が眼鏡を掛けていたかどうかすら憶えていない。(事件3日後の調書で既に、憶えていないと供述しているようです)

●公判時激痩せしていた植草氏を見て、事件時の犯人と比べて痩せていない、やつれていないと答えている。

●犯人の右肩が見えたと言っているのに、犯人が植草氏ならそこにあるべきカバンの肩ひもがあった記憶が無い。左手が見えたと言っているのに、そこにあるべき傘の記憶も無い。

●犯人は右に重心をかけた、変な格好をしていたと、再三述べている。(植草氏なら、4キロのカバンを右肩から掛けていたので、バランスをとるために右肩のほうがむしろ上がるはず)

●犯人に酔っている様子は無かったと述べている。(植草氏は泥酔)

●犯人は後ろに1~2歩後退した、と述べている。事件2日後の再現では、後ろに2歩ほど離れた様子を撮影。(この写真を検察は隠していた)
これは逮捕者K氏の供述と矛盾する。K氏は、<植草氏は、振り返っていた被害者の右後ろ至近距離のところにいて、そこから動いていない>と述べている。

●被害者の抗議のシーンの描写が、逮捕者K氏の描写と著しく異なる。T氏は、<後退した犯人に被害者が詰め寄り、そこでひとしきり抗議をした後、泣き出し、元の位置に戻った。そこへ、犯人が近づいた>とするが、K氏は、<被害者のすぐ右後ろに植草氏が立っており、被害者は前を向いたままで、いちいち右に振り返りながら、ひと言ひと言抗議をしていた。両者動いていない>と答えた。
T氏は抗議のシーンを見ていない可能性がある。

●逮捕者が被害者に近づいたシーンから、いきなり、蒲田駅直前まで、話を飛ばしてしまった。

●そもそも、現場車内では、植草氏であることに気がついておらず、翌日、容疑者は植草一秀であると聞いてもなお、「いわれてみれば、そうかもしれないというふうに」思ったに過ぎない。

などから、植草氏を犯人だとするT氏の証言は、到底信用することができません。

おそらく、自分が女子高生に怪しく思われているとも感じていた(T氏供述調書)T氏は、被害者が声を上げたときに、驚いて顔をそむけ、それ以降の様子を見ていなかったのでしょう。いつ自分に矛先が向いて来るかも知れない状況ですから。
そして、犯人と似たような背広の男性が降ろされて行ったので、犯人がつかまったんだな、と思い込んでしまったのだと思われます。
URL 2009/07/10(Fri)19:48:21 編集
★目撃されてはお仕舞いです
NAME: 一般市民
何のかんの言っても、
至近距離で植草氏の痴漢行為を見ていた人がいて、
そのまま一般人に拘束されるまでを見ていた、
と証言しているのです。
痴漢していた人間がそのまま抗議を受け、
拘束される間に見失うことがありえますか?
被害者の抗議に対して否定もせず、逮捕者の問いかけに対してもハッキリと否定せずに
黙って拘束されています。
周りの人が全員目撃者と自覚しているから否定できないのです。
ところが電車を降りた途端に女性と話をさせろ、と暴れています。
都合の悪い目撃者達がいなくなったから、活動開始、というところですか。
話をするのなら、被害者が抗議した時にすべきだし、逮捕者が問いかけた時にもできたはずです。
何よりも至近距離で痴漢行為を目撃されていては、とぼけるのもいい加減にしろ、と怒りがこみ上げるのが普通の感覚でしょう。
目撃者が誤認した、なんて馬鹿主張を受けいる人は、熱烈な支援者ぐらいでしょう。
2009/07/10(Fri)18:25:27 編集
★真犯人は後退し、右後ろにいた植草氏が間違えられた、というだけの事件
NAME: 熊八
これも再掲しておきますね。


★真犯人は後退し、右後ろにいた植草氏が間違えられた、というだけの事件
NAME: 熊八

mojoさん、こんばんは。

そうですね。事件から2日後ぐらいまでの報道では、

<右後ろに密着して、左手首に傘を掛けながら、左手で、右お尻を触った>

という、かなりやりにくい犯行の仕方になっていました。

これは被害者や逮捕者の供述から構成した「犯行」だと考えられます。(T氏はまだ出て来ていない)
つまり、被害者が振り返ったときに、植草氏は右後ろにいた。右手では触っていない様子(おそらく吊り革を持っていた)。左手には傘を持っている。
その様子から「逆算」して、右後ろに密着して左手で触った、という容疑内容になっていたんだと思います。

ところが、事件2日後、目撃したというT氏が現れた。この人は、被害者の「真後ろ」に不審な男がいたと言う。

ここで、警察・検察は、植草氏が無実であることを確信したと思います。植草氏は明らかに被害者の右のほうにいたわけですから。

しかし、植草氏を無罪放免とするわけにはいかない。そんなことをすれば、前の品川事件も冤罪が疑われてしまう。
そこで、犯人の姿を見ていたT氏を活用することに決めたのだと思います。つまり、「真後ろの男」を植草氏だったことにする工作です。

ところが、T氏が警察に来た9月15日、大きなミスをしてしまいました。犯人が2歩ほど後退した様子を再現して撮影し、書類にしてしまったのです。

これでは、逮捕者K氏の供述と整合性が取れません。
K氏はおそらく、第6回公判で述べたのと同様、事件直後にも、<被害者のすぐ右後ろに植草氏が立っており、その位置関係はその後変わらなかった>と述べていたと考えられます。
これでは、犯人が2歩ほど後退したこと(T供述)と合わない。

そこで、逮捕者を法廷に出さないという方針になったのだと思います。そしてT氏の再現写真のほうも隠す。(実際、隠されていましたね。9月15日の出頭自体が。)

* * *

T氏は実際に、被害者の真後ろにいた不審な男を見ていたのだと、私は思います。

T氏の本当の立ち位置は、自らのメールに書いていたように、被害者の「前」あたりで、混み具合からしてもっと近かったでしょう。

T氏の証言から考えて、被害者の真後ろの不審な男は、かなり背が高く、かなり痩せ型で、酔っておらず、眼鏡を掛けていなかった。(T氏が眼鏡の有無を憶えていないと供述したのは、植草氏が眼鏡を掛けていたのに対して、犯人が掛けていなかったためと考えられます)

T証言で特徴的なのが、犯人は右に傾いていた、右に重心をかけた変な格好をしていた、という部分です。再三述べています。

そこで考えますに、この不審な男は、被害者の真後ろ(やや左)に立って、右に傾いて右手を伸ばし、右からスカートをめくった。そして、右のほうで半眠りで立っている植草氏に、痴漢の罪を着せようとしたのではないか。

たとえば、左後ろから前の人の右肩をたたいて右に振り向かせ、素知らぬふりをするというイタズラがありますよね。あれと同じ要領です。

すぐに素知らぬふりができるように、手ではなく、折り畳み傘か何かの道具を使ったかもしれません。
とにかく、右に傾いて、右からスカートをめくって、素知らぬふりをする。

被害者のほうは、反射的に右に振り返ります。すると右後ろに、びっくり顔のおじさん(植草氏)がいる。場所的に考えて、この人がやった、と思ってしまいます。

真犯人のほうは、いくら顔を見られていても、スカートをめくっている手(または道具)を誰にも見られていなければ、たとえ疑われたとしても、俺じゃないよと申し開きができます。そこそこ混んでいたので、手元が見られないことは可能です。
疑われても、「やったのはこの酔っぱらいだろ。おっ、こいつ植草じゃねえの?」とでも言えば、植草氏に罪を着せることができます。
植草氏のほうはと言えば、酔っぱらって半眠りしており、状況がわかっていないので、適切な抵抗ができません。


さてT氏のほうは、犯人が後退し、被害者が声を上げて以降の様子を、よく見ていなかったと考えられます。
というのも、T氏による被害者の抗議の様子の描写が、逮捕者K氏による描写と著しく異なっており、また、電車内での後半5分ほどの話を、検察がことさらに飛ばさせていると考えられるからです。(その時間の様子を見ていないから飛ばさせた、という可能性が高い)

T氏は供述調書によれば、自分が女子高生に何か怪しく思われていると思っていたようです。
T氏は女子高生(とその後ろの不審な男)をじろじろ見ていたので、女子高生のほうがにらみ返しでもしていたのかもしれません。

そして目の前で被害者が声を上げて振り返ったとき、T氏は相当に驚いたのではないかと思います。やばい!と。自分が怪しまれていると思っていたのですから、顔をそむけ、無関係者を装って、なるべく遠ざかろうという行動に出たと考えられます。自分に何かの嫌疑が及ばないと確信するまで、被害者から顔をそむけていたのではないでしょうか。いつこちらに矛先が向いてくるかわからない状況です。

(おそらく、わざわざ友人にメールを送ったのも、自分は犯人ではないと言っておくためだったのではないかと思います。つまり、誰かが容疑者として降ろされたようだけれど、ひょっとすると、自分に嫌疑が掛けられるかもしれない。その時のために、自分ではないという「証拠」を残しておこうとしたのかもしれません。)

そしてT氏は、蒲田駅で植草氏が降ろされるときに、横から、植草氏を見たのだと思います。「よく」見たかどうかはわかりません。そして、被害者の真後ろにいた不審な男と同じような背広姿の中年男性だったので、違う人物だとは疑わなかったのだろうと思います。

* * *

おそらく真相はこんなところだったのでしょう。ところが、先ほども申しましたように、検察は、「真後ろの男」が植草氏だったことにする方針を取ります。

犯人は後退してしまっているので、いかに被害者のすぐ右後ろ(K供述)に接近させるか。
そこでこういう話にします。つまり、<後退した犯人に、被害者が詰め寄って、ひとしきり抗議をし、最後に元の位置に戻った。そこへ犯人が近づいた>という動きを、T氏に「思い出させ」て、供述させたと考えられます。(おそらく本当はT氏は何も見ていない)
これで、逮捕者がやって来たときに植草氏が被害者の右後ろすぐのところにいたとしてもおかしくはなくなった、と検察は考えたと思います。

ところが、ここで弁護団が交替してしまい、検察が出したくなかった逮捕者K氏が、法廷に引きずり出される運びとなります。
K氏は、被害者の第一声の約1秒後から様子を見ており、そこからずーっと、被害者の右後ろすぐのところに植草氏がいたと証言してしまいました。(被害者はその場で前を向きながら、ひと言ひと言、いちいち振り返りながら抗議していた、とも証言)
T氏の言うような犯人や被害者の、抗議時間を挟んだ前後の移動など、無かったということです。


つまり要するに、真後ろにいた犯人が右から触って、後ろに下がった。右に振り返った被害者が、右後ろにいた植草氏がやったのだと勘違いした。それだけの事件なのです。


ちなみに、左手で左お尻を触った、という話になっているのは、T氏を「犯行の目撃者」であったことにするためだと考えられます。
犯行、すなわち、触っている手を見ている目撃者に、意味があります。
T氏は実際には被害者の「前」にいて、犯人の手など見えていなかったでしょうが、それを、T氏が被害者の左横77センチもの距離のところにいたことにして、犯人の手が見えていたことに、警察または検察が細工させたのではないかと思います。
URL 2009/07/10(Fri)11:51:33 編集
★出てきた(笑)
NAME: 名乗るほどの者では
往生際が悪いね。
変態性癖で前科あり。だけど検察の検証にあーだこーだの穴があるから今回は無罪。
とか言って誰にメリットがあるんでしょうね。本人は図に乗って痴態を繰り返し、国家権力に立ち向かう正義のヒーローは何をやっても許されるんだ~ってな感じで教育上もよろしくない。
まさに百害あって一利なし。
変態オナニー主張は個室でやってなさい。
2009/07/10(Fri)11:42:05 編集
★証拠上、大いに合理的疑問があり、無罪判決しかあり得ない
NAME: 熊八
裁判所におまかせ、ではなく、合理的疑問があって無罪であるかどうかは、証拠を見て、国民それぞれが判断し、裁判が正しかったかどうかを見極めるべきものです。
証拠も見ずに裁判所の言うことが正しいと思い込むことは危険です。

ということで、一つの無罪論を再掲しておきたいと思います。
ちなみに、全ての無罪論を破らなければ、有罪であるとは言えません。



★証拠上、大いに合理的疑問があり、無罪判決しかあり得ない
NAME: 熊八

刑事裁判ですから、検察に立証責任があります。
したがって、検察のストーリーに合理的疑問が無いか、証拠から植草氏が犯人であると確実に証明されているか、という観点で見なければなりません。

* * *

そもそも、泥酔状態の植草氏に、T氏(検察側目撃者)の言うような犯行ができたことすら、疑問であるわけです。

満員でもない、かなり揺れる電車の真ん中で、吊り革にもつかまらず、2分間も触っていたというのでしょう? また、T氏の言う犯人は、非常に微妙な触り方をしています。

泥酔していた植草氏には無理です。しかも右肩に4キロものカバンを掛けていましたので、何にもつかまらなければバランスを保つことすら難しい。

泥酔の植草氏が犯人のようなことをすれば、被害者にドッともたれかかるような形となるでしょう。そうなれば、いくら怖がりの女子高生でも逃げるでしょう。前や横に逃げる余地もあったのですから。

ところが、被害者は2分間もじっとしていました。さらに、犯人の様子を見ていたT氏も、犯人が酔っているとは思っていません。
ということは、泥酔していた植草氏は、犯人ではないということになります。

* * *

犯行をしている人(犯人)を被害者も見ていないので、結局、植草氏を犯人だと言えるのは検察側目撃者T氏だけ、ということになります。

ところが、このT氏の証言が、不審点・疑問点だらけで、到底信用できるようなシロモノではありません。
ttp://livealot.exblog.jp/7967713/

そして、T証言に関する検察の細工として、1.電車内の後半の話を飛ばさせたこと、2.事件2日後、9月15日に警察に出頭した事実を隠させたこと、があります。
1.ttp://livealot.exblog.jp/8316078/
2.ttp://livealot.exblog.jp/6928887/
こんな不正をはたらく検察側は、そもそも人を訴追する資格に欠けています。

さらに、裁判所も様々なインチキをはたらきました。
被害者に犯人が識別できたように書くのもインチキの一例ですが(ttp://livealot.exblog.jp/8415340/)、
何より、(T氏の見た)犯人と(逮捕者K氏の見た)植草氏とが違う人物であることを示すK氏の重要証言を、判決から隠したことが最大の不正です。
ttp://livealot.exblog.jp/7356248/

弁護側目撃者は、犯人が両手を前に出して被害者の背中に密着していたとされる時間帯に、植草氏が吊り革を持って誰とも密着していなかったことを証言してくださいましたが、その供述が無かったとしても、上に述べたように、植草氏を犯人とするには大いに合理的疑問があることになり、植草氏は無罪とされるべきだったのです
URL 2009/07/10(Fri)11:31:05 編集
★たしかに
NAME: 名乗るほどの者では
たしかに、ここの管理人さんは、ここに出入りする擁護論者の中では一番潔い引き際を見せてくれたと思います。
中には過去の破廉恥事件や恥ずかしい性癖が公判で赤裸々にされているのに、今回はあーだこーだで無罪とされるべきとかいつまでも主張している異常論者もいますしね。裁判官の心証とかってことすら考えたことないんでしょうね。
2009/07/10(Fri)11:07:46 編集
★笑顔で見送ってあげましょうよ
NAME: ひらりん
soundさんへ
このブログを惜しむ気持ちはよくわかります。
私も本当はとってもさみしいです。
昨日はずっと「あの素晴らしい愛をもう一度」という昔の歌を口ずさんでいました。
そして、3年前の事件後のブログ炎上の頃を振り返っていました。
アンチとの壮絶な戦いの中で見せた、ゆうたまさんの迫力は凄かったです。
その頃は、私生活のほとんどをブログに投入してこられたのではないかと思います。
私には到底できないことでした。

ゆうたまさんは最初の事件の直後から応援ブログを始めています。
5年間というのは長いです。
ブログの常連さんも、最初の頃とはすべて入れ替わっています。
5年も経つと、プライベートでもいろいろ変化があるでしょう。
私は去年引っ越しをして、アトピーを患い、自分のブログはほとんど休止状態でした。
ほとんど更新しないまま、だらだらと続けておりました。

ゆうたまさんは私と違ってきちんとした方なので、中途半端なことはせず、終了宣言をなさったのだと思います。
戦いのブログを続けていると、心身共に消耗します。
今は「おつかれさま」と言って、笑顔で見送ってあげましょうよ。

soundさんはきっとわかってくださると思いますが、もしも支援者の中で文句のある人がいたら、ゆうたまさんのように5年間植草さんの応援をしてから言いましょうね。(笑)

植草さんの闘いはまだまだ続くわけですので、我々は場を変えて支援を続けましょう!
URL 2009/07/10(Fri)10:11:21 編集
★どうぞ安らかに
NAME: ねぎらいマン
ゆうたまさん 最後に一言だけ
あなたはいわゆる「支援者」の中で、一番良識、分別がありました。
また、植草さんのためを一番思っていたのだと思います。
だからこそ、植草さんに苦言を呈することもあり、
結果的にリンクを切られるなどして植草さんに疎まれたのでしょうが・・・

痴漢常習者を痴漢ではない、と主張するのがそもそも間違いなんです。
手鏡事件時に、必死に植草さんを擁護したあなた方にも、今回の痴漢事件の
責任の一端があると言えるでしょう。あれで植草さんも「味をしめた」んです。
あのとき、しっかりと諫言し、改めるべきところを改めさせるべきでした。

さらには熊八、mojoとつるんだのが間違いでした。
熊八は、自説を繰り返したいだけの自称法学士です。何年も同じ事を
繰り返し、自説が受け入れられないのは相手のせい。無実は明らか、と書いておけば無実が証明されたと思うだけの、「犯罪推進者」です。

mojoも同じで、全ての根底に「植草氏は無実」があり、それをいろんなかたちで
「後付の証明」してるだけ。植草氏の不利な事実には目をつぶり、陰謀論
でも何でも良いからとにかく植草氏は無実、といいたいだけ。長年長文を投稿し続けていることから、普通ではないですね。アンチが大勢増えたのも、彼女の「功績」でしょう

ひらりんは論外です。昔昔に植草さんに助けてもらった、というだけで
「植草さんがそんなことをするはずがない」「だから無実」という単純思考。
植草さんが子供のころのままで居ると思ったら大間違いでしょ。
変装してセーラー服買いに行き、自身の性器画像を携帯に入れ、
痴漢DVDを車載し、痴漢冤罪に苦しめられていると言いながら風俗嬢を呼んで痴漢プレー。
まあ、恋は盲目と言いますから、今も植草氏のブログを読んで涙を流している
女性にとやかく言ってもしかたないでしょうけどね。

朱に交われば赤くなる、ということでこのブログが徐々に「汚染」されていったのが残念です。
植草さんのことはお任せください。4度目の(再犯の)無いように我々アンチもがんばります。「安らかに眠ってください 過ちは 繰り返させませぬから」
2009/07/10(Fri)09:58:30 編集
★おつかれさまでした
NAME: ねぎらいマン
ゆうたまさん 長い間おつかれさまでした。
ブログを始めたころは、純粋に植草さんを支援しようと思ってたんでしょうね。
書き込みに一喜一憂していた頃は初々しかったですよ。

ゆうたまさんは、目が覚めたんでしょうね。相手によって自分の主張をコロコロ変える、植草さんの態度・主張を見て、支援していく気が失せたのでしょう。
本当に冤罪に巻き込まれた人が、「陰謀だ」「国策だ」「ブログが言論弾圧を受けた」
と言いますか?まずは冤罪を証明しよう、冤罪の背景を調べようと行動を起こすでしょ?
目撃者探しも、世論への訴えも、記者会見も何もしない。

コメント欄を閉じたブログで、証拠も無く一方的に陰謀を「ほのめかし」、真相掲示板には
挨拶の書き込みをしながら、ゆうたまさんには「自分では陰謀を主張していない」と逃げる。普通は、「なんで自分が冤罪に?」と思うでしょう。
陰謀を主張するなら、陰謀を仕掛けた相手を追及したいものでしょ?

それをしないで、のんびり政治を語ったり、世相を語ってるのは
「真犯人」が誰だか、植草さん自身がご存知なんですよ。
実刑が確定しても、ブログで事件の詳細を書こうとしない。ただ「陰謀だ」と言うだけ。
もはやこうなっては、根拠無しの陰謀論一本で行くしかないんでしょうね。自業自得です。

あと、収監後にゆうたまさんから植草さんに一言あるそうですが、期待してます。
2009/07/10(Fri)09:40:41 編集
★残念です
NAME: sound
まだ、ゆうたまさんの仕事は終わっていないと思っていたので、残念です。
本当に、これでいいのですか?
2009/07/09(Thu)21:49:35 編集
★おつかれさまでした
NAME: NumLock
ゆうたまさんは人がなかなかできないことをなさいました。
ゆうたまさんの勇気に心から敬服いたします。
おつかれさまでした。
URL 2009/07/09(Thu)21:44:52 編集
★お疲れさま
NAME: 高橋清隆
 長い間、お疲れさまでした。このブログを見ていたから2006年の京急事件報道を疑うことができ、単身蒲田署に乗り込む勇気が与えられました。このブログが多くの同志たちの社交場になったことも、ほほ笑ましく思っていました。
 京急事件の直後は誹謗(ひぼう)中傷の嵐の中、ゆうたまさんは1人でよく耐えたと敬服します。あなたが守り通した小さな火は今、とても大きくなっています。その意味で、このブログが果たした役割は大きいと思います。
 5年間、本当にありがとうございました。どうか、お元気で。
URL 2009/07/09(Thu)21:34:27 編集
★ありがとうございました
NAME: 熊八
ゆうたまさん、本当におつかれさまでした。
そして、ありがとうございました。
お元気で。
URL 2009/07/09(Thu)20:22:15 編集
★寝言は
NAME: 名乗るほどの者では
モジョちゃん 寝言は寝てから言いまちょうね(笑)
2009/07/09(Thu)20:06:51 編集
★おつかれさまでした
NAME: mojo
ゆうたまさん、おつかれさまです。

私のほうは、アンチも「民主党支持者」という風にレッテル貼りしているということで、

・植草「えん罪事件」を勝手に検証するサイト
・微力ながらも「政権交代」の実現を応援するサイト

として、まだまだ「やること」がありそうなので、

『これまで通り』

マイペースで、活動します。

まぁ、ゆうたまさんのサイトでコメントしていた事を、自分のブログに書くというだけですが(笑)


ゆうたまさん、本当に、おつかれさまでした。(ひらりんさん、熊八さんなどの、常連さんたちみんなで盛り上げてきた成果が、今の「植草ブログの人気」として、形になったのだと思います。おつかれさまでした。)


アンチが「mojoのブログには行くな」と言うことは、これからも「面白い話題」が提供されても、アンチは「見ない」ということです。


と、いうことで、「全く新しい疑惑」の予告です。

ゆうたまさんが「収監まで」とおっしゃっていたのですが、実は私も、そのタイミングに合わせて、「パスネット以前」(いわゆる、第一×商の宴会に関連して)あの宴会のほうの話題を、ぜひとも知っていただきたいなぁと思っています。

植草さんが再び話題になった時には、是非一度来てください(笑)



mojo_コメント備忘録
http://koufu.exblog.jp/


いろいろ言いたいことがありますが、お元気で・・・
URL 2009/07/09(Thu)20:02:30 編集
★感謝
NAME: ひらりん
ゆうたまさん、
突然のことで驚きました。
どういうご事情かはわかりませんが、最高裁判決を受けて一区切りということなのですね。
5年間、本当にごくろうさまでした。
今ではたくさんの方々が植草さんを支援してくれるようになり、支援サイトもたくさんできました。
しかし、ネットのどこを見ても植草さんを揶揄する書き込みばかりの2004年の5月から、たった一人で応援ブログを始めたゆうたまさんの勇気を、私は忘れません。
5年間の闘いは、本当にたいへんでしたでしょう。
心からねぎらいの気持ちを贈ります。
本当にお疲れさまでした。
URL 2009/07/09(Thu)19:08:43 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
祝、政権交代!取敢えず自民党政治終了の自End!しかし、未だ残る清和会のドブネズミ政治屋。目指そう独立自尊誇りある国。
 今までの疲れがドッと出て、10時半過ぎにうたた寝してしまいました。さっき起きてシャンパンで妻と乾杯しました。  カレンダーの日が変わり、夜中の0時55分から質疑が始まってます。 プレスクラブ (2009年08月31日)【videonews・ドットコム無料放送】鳩山由紀夫民主党代表記者会見 (31分) 無料放送中 ※参考:asxストリーミング動画の見やすいやり方  以下は、民主党HPの動画配信です。videonews・ドットコムのブロードバンドがきつい方はナローバンド(ISDNなど)の56kでどうぞ。ファ...
URL 2010/01/13(Wed)18:43:44
8月30日まで油断大敵!2005・9・11小泉郵政詐欺選挙いらいの政治への恨みを今こそ晴らそう。叩き潰せ創価公自政権。
 解散した昨日7月21日から投票日の8月30日まで常にトップ表示します。 命落とすな、自公を落とせ!: 「日本首相が『低所得層は結婚しないほうが良い』」 を続々報じる外国メディア。こんな国辱麻生を日本の若者は放っておくのか。 「カネがねえで結婚はしねえ方がいい」麻生さんあなたって、。 http://www.youtube.com/watch?v=_sSt5ThoGyk 投票まであと1週間、8月23日(日)の両党首の言動です。鳩山さんのメンチカツに関しては、「関係者が25日朝に店を訪れ、おつ り850円とメ...
URL 2010/01/13(Wed)18:42:48
まるで植草さんが僕に乗り移ったのかと思った。一気に作成、「心を一つにし 断固闘う 8・30勝利目指せ」バナー。
 バナーを作る時、いくつかのパターンがあります。あれか、これか、迷うときと、一気呵成に作ってしまう場合です。今回制作したバナーは後者でした。 クリックすると、左「それが大事」、右「愛は勝つ」 ※↓若干微修正しました。 心を一つにし 断固闘う 悪政で(←追加のコマ) 命落とすな 自公を落とせ! 選挙に行こう 衆院選! 8・30勝利目指せ (←最後の部分を修正。) です。 ※(←何々)の部分は、一番痛烈なアドバイザー、女房に「よく分からない」と言われ「そうかもな」と言うことで追加あるいは修正することにしました...
URL 2010/01/13(Wed)18:40:01
2009年8月30日無血一票革命なる:部屋を明け渡して青テントに移る自民党議員諸氏を心より歓迎する
ついに本邦開闢以来始めての人民の人民による人民のための革命はなった!308議席を獲得した民主党から部屋の明け渡しを迫られて青テントに移ることを余儀なくされた自民党議員諸氏を我々貧民一同は心より歓迎し,連帯の抱擁を持ってご挨拶申し上げる※.(馬場英治) ※自民党は9/3現在議員控え室の明け渡しを拒んで居座っているようだ.バブル崩壊ではその発端となった地上げに始まり,不良債権処理で終わる全過程で暴力団が広く関与し巨大な資金がその方面に流入しているが,この期におよんで見苦しくも居座り続けている様は,明け渡...
URL 2009/09/05(Sat)01:13:48
Google検索、「自End」でやってみたが、ん?TBP「自民党政治」と「自民党」のこのわざとらし過ぎる検索結果(笑)
 Googleが特に政治的な事柄では非常に恣意的な検索結果を出すことは既によく知られています。今さらなのですが、今日、Googleで「自End」で検索してみました。 (クリックすると拡大) 説明文が――自民党に関する話題のエントリーを書いたとき、トラックバックしてください。――のTBP「自民党」と、 説明文が――自End!自民党政治はもう嫌、もうこりごり、もうウンザリ。終焉だ自民党政治!終わらせよう自民党!「衆院選を逃げまくる、選挙の審判なし首相が三連続、世襲だらけ自民党は退場しろ!」の自民党政治の弊害を...
URL 2009/07/23(Thu)09:31:15
自Endに油断は大敵!2005年郵政選挙の頃の日記(=ブログ)を読もう。あの時も自民は分裂がらみで当初劣勢が最後に逆転。
 2005・9・11郵政選挙は8月8日、  小泉内閣不信任決議案(岡田克也君外七名提出) ○議長(河野洋平君) 小泉内閣不信任決議案を議題といたします。     ――――◇――――― ○議長(河野洋平君) ただいま内閣総理大臣から、詔書が発せられた旨伝えられましたから、朗読いたします。    〔総員起立〕  日本国憲法第七条により、衆議院を解散する。    〔万歳、拍手〕    午後七時四分 の憲法7条解散により、翌月の投票日(9月11日)まで33日間の熾烈な選挙戦に突入しました。  忘れている人もいるか...
URL 2009/07/23(Thu)08:54:05
TBP「主権者は私たち国民」の登録完了しました。登録完了日が解散の当日だったと言うのも何かの因縁でしょうか。
 ツアー会社のパック旅行、一泊二日のバス旅行から帰宅後、早速パソコンで登録だけ確認。その後、上野駅で買ったおにぎりの軽い夕食をとり、横になったらドッと疲れが出てしまい、そのままバタンキューで寝てしまいました。転寝を起こされたのち、カレンダーが変わってしまった夜中にこれを書いています。  一刻も早くお知らせしたいと思ったからです。 TBP「主権者は私たち国民」です。 説明文は、  国策報道、国策捜査、国策逮捕などなど、主権者たる国民をないがしろにし、政治を壟断・簒奪する輩を私たちは絶対に許さない!  主権者...
URL 2009/07/23(Thu)08:52:50
ウォーッ!ついに解散だ。2005・9・11小泉郵政詐欺選挙いらいの酷い政治への恨みを今こそ晴らそう。叩き潰せ自民・公明
 解散した昨日7月21日から投票日の8月30日まで常にトップ表示します。  2005・9・11詐欺まがい郵政選挙に乗っかって90代(安倍)、91代(福田)、92代(麻生)と選挙(衆院選)の洗礼なし世襲・無能総理を 押し付け、強行採決やり放題、セーフティネットを壊し、庶民の生活を目茶目茶にした自民党と公明党を絶対に許さない!政権交代なんて生ぬるい、叩き潰せ自民・公明!!!  必読⇒ blog植草一秀の『知られざる真実』、「政官業外電=悪徳ペンタゴン」断固粉砕! 参考⇒ 自Endに油断は大敵!2005年郵政選...
URL 2009/07/23(Thu)08:50:36
ゆうたまさんが「さよなら」と書き込んだ。
潔い引きである。 AAA植草一秀氏の事件資料保管庫AAA いや、ゆうたまさん、書いたっていいと思うんですよ、私は。 書きたくなれば書けばいいと思う。 潔いというのは、「思えばこのブログを始めたころは大変だった」とか、「自分は支援者の誰それのようにこんなことはしなかった」などとつらつら書かなかったこと。 この方の強さはどこから来るのだろう。自分の思うことをまっすぐやる強さ。たくさんの脅しもあっただろうに。 時世や強い者に巻かれて生きる者が多いこの国にいると、息苦しくなる。日本...
URL 2009/07/10(Fri)05:39:25
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索