忍者ブログ
[119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109]

DATE : 2017/03/28 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/07/08 (Sun)

内容は全て同じですが、ベンジャミンフルフォード氏も傍聴記を出していらっしゃいます。
傍聴記の中にも書かれていますが、mojoさんの図解を是非一度ご覧ください。

傍聴記の中の
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>目撃者はドアとドアの間の四角のゾーンの4本の吊革用 手 すりのうち、進行方向に対して垂直の列車前方の手すりに下がる三つの吊革のなかの、進行方向左側の吊皮を右手で握っていた、と証言しました。これを車内図にあて は めると、被害者の位置は列車進行方向に対して右側のドア付近になってしまいます。 被害者の位置がドアとドアの間の中央付近とする他の関係者の証言と著しく矛盾し て しまいます。

この点はmojoさん(koufu.exblog.jp)が図解してくれました。) を含んでいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
の部分。
『進行方向左側の吊皮を右手で握っていた、と証言しました。』は、
              『左手で』の誤りです。


◆傍聴できた方から追加で教えていただきましたので、お伝えします。
証人の方がどの席に座っていたのかがはっきりしました。

7月4日に証言した目撃証人は、ドアを入って、発車前の時点では中ほどに立っていた植草氏をくるりと時計と反対回りに回って
左に入り、進行方向左のドアから二人目の席の前に立ったと証言したそうです。
そこで、運良く自分の前に座っていた乗客が急に電車を降り、席に座ることができたそうです。
弁護士さんが示した車内の見取り図に、証人の方が歩いた経路・最初に植草氏が立っていた位置・座席に座るときに植草氏をもう一度よく見たときの植草氏の位置などを証人が書きこんだそうです。

植草氏の周りをくるりと歩いた時に植草氏のお酒に酔った感じ、スーツのにおいを感じたとも証言されたようです。

(証人の方の隣)一人目の席には年配の女性が座っており、蒲田で騒動があった後、その女性から、

『酔っ払いにからまれたんでしょうか』

と話しかけられたそうです。

証人がこの電車に乗ったという客観的な証拠は今の時点ではないのですが、
この年配の女性がそれを証明できる人物だと思います。
この話しかけた女性が名乗り出て下されば、証人の存在は客観的に証明されることになると思います。
もし、このサイトをご覧になっておられたら、名乗り出ていただけないでしょうか。
お願いいたします。

そして、証人は蒲田で男二人と植草氏と若い女性が降りて行くときに、
少し立ち上がって振り返るようにしてその様子を見たとも証言したそうです。
若い女性は、男性二人のうちどちらかの連れの人のように見えたと証言。

証人の座席の位置からすると、証言した逮捕者は証人の前あたりに立っていたことになります。
証人は、自分の右前あたりに一人目の逮捕者が立っていたようなことを述べたと思うとの事です。

傍聴した方によると、大森海岸を過ぎての騒ぎが二人目の野次馬が被告人を押さえた状況を指すのだとすると、証人の右前の男は証人が大森海岸あたりを過ぎて騒ぎに気付いた時にはすでに移動して被告人を取り押さえていたということになるように感じた。
また、証人は二人目の男が被告人を捕まえた様子は人の影でよく見えなかったとも証言した。との事でした。

訂正:証人は、二人目の野次馬風の男が被告人を取り押さえるのを見たが、どこをどうつかんだかは見えなかったと証言したそうです。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: 出会いランキング
こんなに笑ったのは久しぶりです。
URL 2010/10/22(Fri)13:47:37 編集
★逮捕の不自然さ
NAME: ゆうたま
このエントリーにも書いてありますが、目撃証人の方の隣に座ってたご婦人も『酔っ払いに絡まれたのでしょうか?』と言っており、植草氏が車内で押さえられた時の状況がいかに不自然だったかわかる気がします。

植草氏は左と後ろを強く掴まれたと意見陳述書にありましたが、逮捕者の言い分と随分違うので、どういう事だろうと考えていました。
第二回公判の目撃者は逮捕者の取り押さえた状況と食い違っていると思いますが、今回の目撃者は植草氏の意見陳述に非常に近い状況を語っていると思います。

2007/07/08(Sun)12:18:02 編集
★無題
NAME: 熊八
詳しい情報をありがとうございました。

ということは、進行方向の左側の座席なんですね。左ドアから進行方向に、二人目の席。
第6回公判のK証人が立っていたという位置に近いですね。
ここから植草氏の様子が見えていたということは、そんなに混雑していなかったということでしょうか。また、女子高生の姿は見ていなかったということなんでしょうか?

どうも「痴漢騒ぎ」という感じではなかったようですよね。ということは、植草さんが、女性の泣き声は聞こえなかった、と言っている状況に近かったということでしょうかね。

いろいろ考えてみたいと思います。
ありがとうございました。
2007/07/08(Sun)01:33:52 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
7月4日 第9回公判 傍聴記
 B・フルフォード氏のサイトから「傍聴記」が出ているそうです。  ※「植草一秀氏を応援するブログ」より情報を得て、エントリーを書いておりますが、そちらで紹介されていました。  * * * * * * * * * * * * * *  第9回公判の証人(目撃者)は、とても良いタイミングで名乗り出てくださり、法廷というたいへんな場所に足を運び、立派に証言してくださいました。  ご本人はもっと早く名乗り出るべきとお考えのようでしたが、結果を見ると、検察側証人の証言が済んだこの時点がベスト...
URL 2007/07/09(Mon)14:49:26
格差社会化と、政界-財界の癒着
これも全く同じ原理だよね。 米日軍事産業界と政界の金権癒着によって、政府の戦争推進政策が進められている構図がある。 この場合は癒着軍事産業が儲かる戦争を、政府が起こそうとしている現状に繋がっている。 昨今の格差社会化も、政界と財界の癒着構造が生んで来た、腐..
URL 2007/07/08(Sun)23:45:52
突然だがここで、植草事件について振り返ってみる
 突然だが、皆さんは経済学者・植草一秀氏が痴漢の容疑で現行犯逮捕され、131日もの長きにわたって拘留されていた件を覚えておられるだろうか?  「何故、今頃になってその話題を?」とか、疑問に思われる人もおられるか
URL 2007/07/08(Sun)18:40:41
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索