忍者ブログ
[115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105]

DATE : 2017/03/27 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/07/05 (Thu)

植草一秀氏の出版予定の本

『知られざる真実 -勾留地にて-』

のお知らせが出ていました。

7月末には発売予定だそうです。

スリーネーションズリサーチ(株)HPより。

こちらにも転載させていただきます。

※昨日の公判の報道を目にした方は多いかと思いますが実際の公判の内容と異なった内容が伝えられています。是非昨日のエントリーも読んでください。目撃証人の方は大変重要な証言をしてくださっているのです。
重要な目撃証言1
重要な目撃証言2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル 『知られざる真実-勾留地にて-』
著者    植草 一秀
出版社   株式会社イプシロン出版企画
http://www.upsilon-publishing.jp/
時期    2007年7月末予定

『勾留132日間 東京拘置所内 渾身の書き下ろし』

『満身創痍にひるまず巨大権力に立ち向かう著者が現代日本政治経済の闇を抉る戦慄の告発書』

「苦難を克服し、信念を守って生きてゆきたい。発言を続けることは危険を伴う。しかし、人はパンのみに生きる存在ではない。いかなる妨害があろうとも屈服せず、勇気をもって今後も発言を続ける覚悟だ。」(第三章「不撓不屈」より)

本書の構成

プロローグ     想像力
第1章       偽装(小泉政権の経済金融政策を抉る)
第2章       炎(半生記)
第3章       不撓不屈(望ましい社会のあり方と生きがい論)
エピローグ
巻末資料      真相(事件の概要)

ご購入は大手書店またはネットブックショップにてお願い申し上げます。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: みうら
高市大臣のSPも痴漢逮捕です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070705-00000082-jij-soci
政治的な裏は無いのでしょうが、
こちらは調べないのでしょうか?
報道では本人は否認しているようです。
2007/07/05(Thu)15:36:39 編集
★出版おめでとうございます!
NAME: ひらりん
ああ、やっと出るのですね。
力強く発言を続けるという植草氏の姿勢が、この本の概要からわかります。
第1章と巻末資料については、書かれたくない勢力からの妨害が当然予想されますが。
原稿はもう出版社に渡っているでしょうし、出版社に圧力をかけたところで、必ずこの本は世に出るでしょう。
植草氏の身に何かあれば、それこそ第3章のタイトルになった「不撓不屈」という植草氏の意志を証明することになり、本の宣伝になるだけです。
URL 2007/07/05(Thu)13:21:26 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「りそな銀行インサイダー疑惑の再浮上」と「りそな銀行98万件の顧客情報紛失」は無関係か!?
『知られざる真実−勾留地にて−』(植草一秀著)が出版間近msg:156472ということもあり、ネット上を中心にりそな銀行のインサイダー疑惑がぶり返され始めている。ベンジャミン・フルフォードも、9日のブログで以下のようなコメントをしている。 『りそな事件の真実、本物の悪党はデイビット・ロックフェラーである』(BenjaminFulford)http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/07/post-5.htmlより転載します。 ・・...
URL 2007/07/12(Thu)19:13:24
勇気ある目撃男性の証言に植草被告が涙…本当に女子高生に痴漢はあったのか? それよりも今回の本題である竹中元大臣と小泉元首相、更に「りそな銀行」歴代の頭取を法廷に呼び出しなさい。それでこそ真面目な法廷・裁判だ(*`Д')
題名のも悪意を感じてしまう。 勇気ある目撃男性の証言に植草被告が涙…本当に女子高生に痴漢はあったのか? とするのが、良心のある報道機関の仕事であろう、、それにしても酷い裁判である(´;ω;`)  今の日本に司法制度においては極悪人には激甘で、、罪を犯している...
URL 2007/07/05(Thu)14:42:17
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索