忍者ブログ
[114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104]

DATE : 2017/06/28 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/07/04 (Wed)
ひらりんさんもコメント欄に書いてくださいましたが、私も本日傍聴した方から内容を教えていただく前に報道を見ていました。

実際の公判の内容と違う報道がなされているのにびっくりしました。

皆さんも報道と見比べて見てください。

実際の公判の内容(証人の証言)は、前回のエントリーに書いたとおり。
証人は犯行が行われたとされている時間帯の植草氏の様子をはっきりと証言しています。

『植草氏はつり革に右手で掴まり、ぐったりした状態で立っていた』
『誰とも密着してはいなかった』とも証言していたようです。

私が最初に見た報道では、青物横丁から騒ぎが起こった大森海岸まで証人は眠っており、犯行現場は見ていない。役立つ証言できず。などと書かれていました。

【内容】を見比べてみていただければ、これが全く違うことはわかっていただけると思います。

なぜ植草氏の事件の報道でいつもこのような報道がなされるのか理解に苦しみますが、
事実と違う報道であることは確かです。
今回もこうして、実際の公判内容の重要な部分が避けられた報道を目の当たりにしました。
大した有利な証言にもならなかったなどと表現されていますが、もし記者がそう思うのであれば起訴内容を知らないで書いているのでしょうか?

今日の証人の証言がどれほど重要な決定的目撃かはわかっていただけると思います。

証人の方は、なぜ証言しようとおもったかという質問にも答えていて、
こう話されていたそうです。
・車内で騒ぎを見たとき、がっしりした体格の男性2人が植草氏を押さえつけていた。植草氏は男に絡まれているのだと思った。
・(絡まれていると思っていたので?)翌日植草氏が痴漢で逮捕という報道を見たときに変だなと思った。
・その後、保釈の際、拘置所から出る植草氏の映像を見て、これは自分の知っていることを伝えなければならないとの思いから自分で連絡をつけるにはどうすればよいか探し、植草氏の会社のHPを見つけた。
・会社のFAXがずっと使われていなかったため長く連絡が取れなかったが、4月13日前後にHPのFAX番号が新しくなり(被告人質問追加より)、それで4月20日に連絡をつけることが出来た。
・あれから自分が見た事実は伝えなきゃいけないとずっと思って今日証言するに至った。

証人の方は、事件の詳細については弁護団からもほとんど説明を受けていないとの事。
『自分の覚えていることだけをそのまま話す』という前提で今日の公判に望んだとも話されていたようです。

その『覚えていること』がとても植草氏にとって大切な無実の証拠になったと私は思います。
体調も崩されていたようですが、証言してくれたことに心からありがとうございますとお伝えしたいです。

重要な目撃証言(本日の公判)も読んでください。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: 熊八
よく出て来て、証言してくださいましたよね。

ウトウトしていたということなので、座席から見ておられたのでしょうか。

植草氏が右手でつり革を掴んでいたのを見ていたとの証言が大きいと思います。これは品川を出てから2分ぐらいの時点でしょうか。(青物横丁通過時)
つり革の位置も示されたのでしょう。

今までの公判から、犯行の時間は、品川を出てすぐだったということになっています。

(第2回公判の目撃者の証言)
266.○小出検察官 あなたがそのような様子を目にしたのは、電車が品川駅を発車してどれくらいたったころでしたか。
267.○証人 正確にはわかりませんが、1、2分たったころだと思います。
268.○小出検察官 もちろん時計などで確認していたということではないわけですね。
269.○証人 はい、そうです。
270.○小出検察官 感覚としては品川駅を出て割とすぐという感じですか。
271.○証人 はい、そうです。

品川駅を出て割とすぐの時点で、既に犯人は被害者の後ろに密着して、どちらの手でもつり革を掴むことなく、左手で左お尻を触っています。

もし植草氏がこの犯人だとすれば、右手でつり革を掴んでぐったりしている状態から、非常に短時間で、被害者の真後ろに移動して触り始めていなければなりません。
(あるいは、時間的に無理かもしれません。)

第6回公判の逮捕者K証人の話では、大きく移動できるようなスペースは無かったようです。

また、電車が品川を出てからそのような移動をした人がいたとすれば、第2回公判の目撃者が気づいているはずです。目の前のことですし、この目撃者は向こう側のドアにいた人のことも認識しているぐらいですから、移動した人がいればわかるはずです。しかし、そのような証言はありませんでした。

今回の証言は、被害者の真後ろで触っていた犯人は植草氏ではないということを証明しうるものだったのではないかと思います。
2007/07/05(Thu)19:03:51 編集
★4444
NAME: 真実が知りたいだけ
すいません、先ほど別の記事にコメントしてしまいました。
今回の証言の全部を見ることのできるサイトはないのでしょうか?
2007/07/05(Thu)16:54:11 編集
★ありがとうございます。
NAME: ゆうたま
TBさせていただきました。
ありがとうございます。
阿修羅の方も教えていただいて見せていただきました。
ああいう事実と違う記事が垂れ流されるのはほんとに腹立たしいです。
2007/07/05(Thu)10:03:25 編集
★無題
NAME: スパイラルドラゴン
私のブログでも、「重要な目撃証言」全文を転載させていただきました。
証人の方の、勇気ある証言には、本当に頭が下がります。
また、昨日植草氏が思わずもらい泣きした心情が、手に取るように理解できました。
URL 2007/07/05(Thu)07:34:17 編集
★こんばんは。
NAME: ゆうたま
ありがとうございます。
ずっと植草氏の無実を信じている私にとって、目撃者の方には本当に感謝です。
見てみないふり、関りあいたくないなど無難な選択をする人が多い中、本当にありがたいと思いました。
2007/07/05(Thu)02:05:33 編集
★無題
NAME: 小谷野gigi
こんばんは。いつもお世話になっております。事後報告になりますが、私の管理する掲示板の方にこちらの公判の傍聴内容から一部引用、リンクを貼らせていただきました。
目撃者の方が勇気を出して証言してくださり本当に良かったですね!
URL 2007/07/05(Thu)01:43:48 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
勇気ある目撃男性の証言に植草被告が涙…本当に女子高生に痴漢はあったのか? それよりも今回の本題である竹中元大臣と小泉元首相、更に「りそな銀行」歴代の頭取を法廷に呼び出しなさい。それでこそ真面目な法廷・裁判だ(*`Д')
題名のも悪意を感じてしまう。 勇気ある目撃男性の証言に植草被告が涙…本当に女子高生に痴漢はあったのか? とするのが、良心のある報道機関の仕事であろう、、それにしても酷い裁判である(´;ω;`)  今の日本に司法制度においては極悪人には激甘で、、罪を犯している...
URL 2007/07/05(Thu)14:42:17
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索