忍者ブログ
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

DATE : 2017/06/28 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/01/15 (Tue)
植草氏、コラム更新されていました。

スリーネーションズリサーチ(株)コラム
PR

DATE : 2008/01/05 (Sat)
私この記事紹介しましたか。

「女性セブンの記事はデタラメ」植草一秀さんと梓沢和幸弁護士の話を聞く

随分前にあった、「警察・検察の不法・横暴を許さない連帯運動」の記事です。
2度目になるかもしれませんが一応。

DATE : 2008/01/04 (Fri)
明けましておめでとうございます。

皆様にとって良い一年でありますように。

DATE : 2007/12/31 (Mon)
皆様、よいお年をお迎えください^^

皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


DATE : 2007/12/28 (Fri)
スリーネーションズリサーチ(株)コラム更新されていました。

申し訳ありませんリンク先が誤っていました。
お知らせくださった方ありがとうございます。

DATE : 2007/12/28 (Fri)
インターネット新聞JANJANに植草さんの民事訴訟に関する記事が出ていました。
12月23日の記事で、少し遅くなりましたが紹介します。

『植草一秀氏名誉回復訴訟』

このひらのゆきこ氏は市民ジャーナリスト?のようですが、
こういう方がいらっしゃる事をとても心強く思います。

今、ジャーナリストと呼ばれる職業に就く人はその本分を果たしているだろうか。
事実を伝えてるのはこうした市民記者だけではないのだろうか。
プロの『ジャーナリスト』は記者席があっても裁判もろくに傍聴せずに記事を書く。
『市民ジャーナリスト』はきちんと自分の足で調べて記事を書く。
本当にジャーナリストと呼んでいいのはどちらだろう。


DATE : 2007/12/18 (Tue)
判決要旨には、弁護側目撃証人が偽証したと言わんばかりの事が書かれています。
『弁護側証人が、本件車両に乗車していたことおよび本件を目撃したことの両面について相当の疑問を差し挟まざるを得ず、その供述は措信し得ない。』
と書かれているのですが、偽証とははっきり言っていなくても、乗車していたことに対してまで疑問だと言われる理由が私にはわかりません。

本当に事件のあった電車に乗っていなかったのなら、何のために、自分は同じ電車に乗っていて植草さんが痴漢などしていないのを見たなどと言う理由があるのでしょうか。

検察側目撃者に『被告人と利害関係がなく、ことさら被告人を陥れる理由もない』なら
弁護側目撃者にも逆の意味で同じ事が当てはまります。

弁護側証人の証言は覚えている事は覚えている、覚えていない事は覚えていないと、記憶に正直に話しているものです。
曖昧と表現されるものではないと思います。
弁護士さんがそのような事をするかどうかは知りませんが、打ち合わせをし、口裏を合わせた方が信用できる証言だとでも言うのでしょうか。
正直に知っている事だけを答えるという姿勢は嘘をついていない証拠ではないかと私は思います。

検察官がしたように、何度も何度も検察側目撃者と綿密な打ち合わせをしているほうが、証人に非はなくても、後から刷り込まれた記憶が混ざっているのではないのかと疑いたくなりませんか?

検察側証人も弁護側証人も、誰しも過去の出来事なんて全てはっきり覚えているものではありません。
双方不確かな部分があるのはわかりますがそれを比べた時、弁護側証人の方が不確かだとは言えないと思います。
裁判官は公正な目で判断するものではないのですか?
いろんな事件がありますが、どうしてこうも裁判官は検察寄りだと一般市民に映るのでしょうね。
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索