忍者ブログ
[48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38]

DATE : 2017/08/20 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/04/16 (Mon)
行きがかり上、自分が逮捕者になってしまう場合の事を考えて、28日に出廷した男性の行動は正しいのだろうかと若干疑問がある。証言内容とかではなく、どういう対応をするべきなのかに関して。

3月28日に出廷した逮捕者は植草氏を押えた時の状況をこう話している。

女性の声がして振り向いた。
自分は行為自体は見ていない。
女性が抗議しているのは植草氏に対してだと思ったし、植草氏だけ浮いているように見えたので犯人だと思って取り押さえた。
(弁護士さんの質問で女性は抗議しているとき、振りかえっていたが、女性の視線の先は見えたのですか?との質問に見えてはいないと言っている)

こういう立場の人が植草氏が『女性と話をさせてください』といった時に拒むという事をしても良いのかどうかが私は疑問だ。

痴漢に間違われた時など、よく聞くのが、名刺など身分を証明できるものを渡し、逃げも隠れもしないという事を明らかにして一旦その場から立ち去り、後に話し合う機会を持つべきだという事だ。

とにかく間違いであれば、警察に行ってしまった時点で犯人にされてしまう可能性が極めて高い。
痴漢冤罪事件の多くの被害者の訴えを書いた本を読むと
警察は被害者と話をさせてもくれなければ、無実の訴えをまともに聞くこともないだろうと確信を持てる。

そういう事を知ってか知らずか、この逮捕者は植草氏に女性と一切話をさせなかった・・・。

実際、行為を見ていない逮捕者であれば尚更、取り押さえて話もさせないというのはいかがなものか。
自分も見ていて間違いないと言うのであれば問答無用というのもわからないでもないけれど・・・。
警察が全く公正に『調べ』をするのであれば問題はない。
しかし、植草氏の取調べ又は富山の冤罪事件の状況を聞いていると、そうではないのです。

容疑をかけられてしまった人が無実であるかどうか逮捕者が知らない場合、
間違いがないのかどうか・せめて話し合いの機会を奪うという事が無いように配慮もするべきだったと思う。
この人は男性。
もし自分が間違えられ、見てもいない第三者に押さえつけられ、話すらさせてもらえないまま警察へ連行されたらどう思うだろう。責めているのではなく、自分に置き換えた場合も正しかった思えるだろうかと思って。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★全て陰の力?
NAME: 角栄の親戚
明らかに悪意の有る、善意の第三者を装った人間では無いのでしょうか?この善意の第三者のその後を追跡すべきと思います。彼の経歴思想信条等から何かが浮かぶかも?たかが痴漢(失礼)で、家宅捜査?ましてや拘留日数も尋常では無い。極普通の人間ならこの事件は何か裏が有ると誰もが思うと思う!彼の本の出版日の前に起こった事件だ!その本に知られてはまずい事実が有ったのでは?と思わずにはいられない!日本はここまでおかしくなってしまったのか?日本国滅亡の兆しがここにも見える!
2007/04/19(Thu)22:59:14 編集
★無題
NAME: オッP
この逮捕者もなんかおかしいですね。
人を掻き分けないと辿り着けないような状態で、わざわざ捕まえに行く?
あと、ネクタイを掴むというのも凄いですね。
2007/04/16(Mon)22:48:51 編集
★善意の第三者?
NAME: ひらりん
弱い女性を身を挺して守る男性なんて、近頃はあまり見なくなりました。
痴漢を見ても見ぬ振りをする人の方が多いのではないでしょうか。
そんな時代に、痴漢の被害を訴えた女性がいたので、犯人とおぼしき男性を捕まえた人が二人もその場にいたなんて、すごい偶然があるものですね。
その人達って、今までにもたくさん捕まえてるんでしょうか。
現場を見てもいないけれど、その場にいた疑わしい男性を犯人と決めつけて話もさせないのは、痴漢冤罪の現実を知る人にとっては、正義とはほど遠い行為だとわかります。

周防監督も言ってますが、訴えた相手を犯人と確信できない状態で訴える女性もいる、その人達は多分警察がちゃんと捜査するだろうと思っているのだそうです。
しかし、警察は「シロだと思ったら落とせないぞ」と、ムリやり自白を迫るのが典型的なやり方です。

犯人が警察官だった場合を除き、捕まった男性を必ずクロと決めてかかるのが、警察の方針なのですから。
このような現状では、本来「善意の第三者」であるはずの人が「悪意の第三者」になってしまうということを、一般に広く知っておいて欲しいものです。
URL 2007/04/16(Mon)17:27:22 編集
★無題
NAME: 赤ずきん
霞っ子の傍聴記もまた出てました。
http://bc.kasumikko.com/?eid=518699
です。
2007/04/16(Mon)16:49:07 編集
[No name] Re:無題
ありがとうございます。
今から見に行ってみます。
【2007/04/16 16:49】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索