忍者ブログ
[52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42]

DATE : 2017/12/12 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/04/20 (Fri)

昨日、植草一秀氏が名誉毀損の提訴をして、弁護士さんが会見していました。

やっぱり毎回思うことだけれど、報道機関は酷い。
散々嘘八百の記事を元にあたかもそれが事実であるかのように報道していたのにも関わらず、それに関する植草氏の反論・反撃はなるべく伝えないという姿勢をとるつもりだろうか。

提訴された嘘を書きなぐった週刊誌の罪は重いと思う。
しかしそれだけではなく、三流週刊誌のでっちあげ記事を元に『見出しチェック』などのコーナーでその虚偽の内容を広める役割を果たしたTVの責任も大きいはずだ。
例え三流週刊誌の内容紹介であっても、自社で放送した内容に対して虚偽だと訴えが出たならばその事実も視聴者に伝える義務があるのではないだろうか。

植草氏が全くの事実無根と提訴した記事の内容に関して、さも事情通のようにありもしない嘘を自分は知っているなどと話した宮崎哲哉。自分の発言の責任を感じたことはあるのだろうか。

提訴された各社の対応は、訴状がまだ届いていないのでコメントしかねるという2社と、充分な取材に基づいており・・などといつもでっちあげ記事の際の弁解と同じことを言っている2社に分かれているようだ。
朝のワイドショーでこの提訴の話を取り上げた番組は川崎などの事件の速報などの影響もあり少なかったが、若干コメントが慎重だったように思う。
報道被害を受けた植草氏が提訴という反撃に出たから慎重に発言をするのでしょうか。
今からでも慎重に発言してくれるにこしたことはないけれど、それは違うでしょう?

傷つけられた名誉を取り戻すのは並大抵の事ではない。
訴訟に勝ったからといって取り戻せるものではないのです。
報道に携わる人にはわかってもらいたいと思う。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★パソコン
NAME: cameraman
パソコンの押収が痴漢に対するこらしめ、刑罰に順ずるものでないことは明白です。わいせつ図画等を捜索したとの意見もありますが、そんなものはあれば1日で見つかります。冤罪の可能性を指摘されてまでやらなければならない事情があるのでしょう。冤罪に関してはいずれにしても「可能性」で終わります。植草氏には命だけは大事にして頂く以外にありません。
2007/04/21(Sat)23:18:02 編集
★押収されたパソコン
NAME: 吉祥天
植草氏に返されたのでしょうか?会社の運営を妨害するだけでなく、植草さんのレポート会員だった人たちも甚大な被害をこうむっています。私は弱小投資家で、会員になりたいと思っていた矢先の事件でした。

来月、三角合併解禁になります。植草さんのアドバイスを受けたいと願っている人のためにも、ぜひパソコンを返還していただきたい。もし、逮捕容疑が本当に「痴漢行為」のみであるのなら、なおさらそう思います。
2007/04/21(Sat)22:50:50 編集
★無題
NAME: スパイラルドラゴン
マスゴミの嘘によって被疑者となった場合は、その後のあらゆる場面を「録画」するのが、最善の防衛策だと思います。
その事を私は、藤田東吾さんを擁護する行動を通じて体験しました。
URL 2007/04/21(Sat)20:08:58 編集
★偏向報道に警戒を
NAME: ひらりん
私はかつての小泉政権に言わせれば「B層」に属する者なのでしょう。長い間、マスコミや国家権力に対して何の疑いも持たずに生きてきました。
しかし、植草さんの事件を通して、警察と報道に対する見方が変わりました。
今回の提訴もほとんど報道されませんでしたが、週末のニュースに少しだけ期待したいです。

今日大きく報道された川崎の通り魔事件ですが、「とくダネ!」の小倉さんだけは、疑われている会社員が冤罪の可能性も考慮しなければというようなことを言ってました。
このような報道姿勢は大事だと思います。
別の番組では、出てきたコメンテーターがすべて、この被疑者が犯人だった場合は・・・という話しかしませんでした。
こういう番組は、偏った情報を刷り込もうとしている意図を感じ、視聴者は警戒する必要があると思います。
逮捕された会社員が、もしも犯人でないとしたら、この人は手の腱を切るほどのケガを負って被害者を助けた人であり、通り魔の目撃者です。
警察はこの人を調べると同時に、この人の目撃情報を元に犯人探しをしているんだろうかと心配になります。
家宅捜索に入って2週間、決定的な証拠が出ないこと、通り魔事件が多発して、警察は犯人逮捕をあせっていることなど考えると、冤罪でなければいいがという懸念が生じます。
凶器などの決定的な証拠がなく、今否認している逮捕者の自白だけが取れたという結果に終わったら、私は冤罪を疑ってしまいます。

真犯人は捕まえて欲しい。けれども無実の人を犯人に仕立て上げるのだけはやめて欲しいです。
2007/04/20(Fri)21:13:46 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索