忍者ブログ
[54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44]

DATE : 2017/08/21 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/04/23 (Mon)
今日mojoさんがコメントを下さったように提訴された週刊誌の一部のソースは捜査関係者の話によるととなっていたように思います。 本当にそういう人がいたなら、裁判で呼び出すことは可能なのでしょうか? 

植草氏ははっきりと週刊誌の内容が虚偽だから提訴したんでしょう。

大体、私はごく普通の考えで、週刊誌の記事というのは、聞いたという話からまるっきり記者の書いた嘘だと思っているのですが、植草氏の事件ではその普通が通用しない部分が多々ある。

もしも本当に警察(捜査)関係者がそういう嘘を話していた場合は植草一秀氏の事件が冤罪どころか謀略であるという事の一端を証明することにもなるわけですよね。
普通の事件なら警察なんかが植草氏に関して全くの虚偽の話をする必要がないんですから。
どこ警察の誰からとかいうのは裁判所が出版社に対して強制的になんとかすることはできないのだろうか。ソースは言えませんで済ませられるのはおかしい。 

もしこの事実無根の事を週刊誌の記者が言うとおり、警察関係者が本当であるかのようにしゃべっているのだとすれば、
植草氏の2004年の事件で【現行犯人逮捕手続書が捏造されたこと】も
今回の事件で痴漢をした覚えは無いを→痴漢をしたことは覚えていないと【弁解録取書にニュアンスの違う表現でかかれたこと】も【認めてないのに認めたように書類が捏造されたこと】も
もろもろの警察書類に記載されている内容で植草氏と真っ向から対立しているのもなぜそうなったのか背景がわかる気がするのだけれど。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★「言論の自由」と「匿名の暴力」
NAME: mojo
ひらりんさんのおっしゃるように、「ニュースソースを明かさない」というのは「言論の自由」を守るためには、大事な原則だと思います。むしろ報道に携わっている人間は「死んでも明かさない」くらいの覚悟を持つべきだと思います。

今回の事件で考えた場合、
  「痴漢事件」で逮捕された植草さん=被疑者
    VS
 「捜査関係者」=一般市民ではない(捜査なら警察官?)

つまり「利害が対立する、一方の側」が流している(被疑者の)個人情報という事が問題だと思います。

影響力の大きいマスコミを使って「権力」に都合の良い情報を流して、一個人をバッシング“させる”ようなネタを提供する。・・・非常に悪質な行為だと感じます。

マスコミが、「権力の監視機能を持つ」という本来の役割を担う場合には「ニュースソースを明かさない」という原則は、どんな事をしても私たち市民が協力して守る必要があると思います。

逆に、権力が「都合の良いムード作りのために、マスコミを利用しようとしている」場合には、厳しくチェックする必要があると思います。だって「捜査関係者」として記事の中で情報源が“公人”であるように「思わせる」表現をしています。これは、書く側は『お墨付き』となるし、読む側も「それなりの根拠があるのだろう」という先入観を与えてしまい、いくらその後「事実ではなかった」と判明しても、書かれた個人は、それまで受けた苦しみを取り返すことは不可能だと思います。

今回の「名誉毀損で訴えた」という報道のあと、ネット(特に2ちゃん)では、だれが書き込んでいるのか、相変わらず根も葉も無いうわさ話を繰り返し、繰り返し、同じ人物(たぶん)が書き込んでいます。「“関係者”のリークにもとづく嘘の報道」が、こういう輩をのさばらせる原因の一つになっている事は明らかです。
公人である「捜査関係者が情報源」と記事に書いている以上、果たしてその人物が「保護されるべき立場」なのかどうか。“私人”とは、ハッキリ区別して考える必要があると思います。

それに「捜査関係者」が、その対象者(植草さん)の情報を流すのは、一般的な「守秘義務違反」にあたるのでは? なんて素人考えですが・・・

※最後に・・・私は「女性セブン」の記事しか実物を見ていないので、あくまで上記は「女性セブン」の記事としての話です。
URL 2007/04/24(Tue)12:23:08 編集
★警察が流すうそ
NAME: ひらりん
捜査関係者を法廷に呼べたらいいのですが、「ニュースソースを明かさない」ということで逃げられそうな気がします。
報道されたことが事実無根であることは、調べればわかることですが、誰が言ったかまでを調べることができるのでしょうか?
できたらすごいですね。
取り調べに際して、警察がうそをリークするというのは、立派な犯罪だと思います。
これは報道被害とも密接な関係がありますが、この部分にメスを入れるには更に大きな力が必要だと思います。
URL 2007/04/24(Tue)07:09:17 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索