忍者ブログ
[57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47]

DATE : 2017/04/30 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/04/26 (Thu)

目撃者と言われる人の証言と逮捕者の証言で食い違う部分が多く明らかになっています。

ネクタイを掴んだと言われているタイミングも2人の証言は違います。
そして植草一秀氏は意見陳述でも車内でネクタイを掴まれたとは言っていないのです。
左と後ろを強く掴まれたとおっしゃっています。

目撃証人が証言したような車両前方からやってきた男性がネクタイを掴んだという状況はなかったものだと思われます。
敏久さんがコメントを下さいましたが、逮捕者は胸より下は見えないような状況の混雑具合だったとも証言しているので、目撃者の証言は完全に否定されると思います。
今までにも繰り返し繰り返し書いてきましたが、この第二回公判の目撃者の証言はこれだけの疑問点があって、逮捕者の証言とも矛盾が多い事から信用できないとされるべきだ。
植草氏の主張と食い違うだけでなく、逮捕者との証言とも食い違う証言が正しいと判断できるはずがない。

大体、この目撃証人は183センチ。
40センチ離れた場所にいる160センチの女性の肩越しに(肩の上から)、この女性のすぐそばに立っていたという植草氏の手が見えたと言っているのです。こんな荒唐無稽な話はないと思う。
どういう角度で見えるというのか、裁判所はこの話をどう思って聞いたのだろう。

当時第二回公判があったときから、目撃証言には釈然としない内容が多かったのですが、改めて逮捕者の証言と照らし合わせるとさらにその矛盾点が露呈したと感じます。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★身内意識の弊害
NAME: mojo
私は、裁判って「検察 対 弁護側」だと思っています。
つまり、検察の主張(その補強として、目撃者の証言や鑑定など)と、弁護側の主張(被告の言い分)のどちらが合理的かを裁判官が判断する。そういう印象です。

先日、日本テレビ系列のニュースで「スクープ」というのを見たのですが、例の鹿児島の冤罪事件で「内部文書を入手」というもの。これは、検察と警察の捜査責任者が「調書の矛盾を隠すため、“口裏合わせ”していた」やりとりを暴露したものでした。

起訴状では「4回の会合」というのが、当時の「小票」(こひょう:取調べの際に、簡単に内容を書き込んだ書類)では、人によって「10回だったり、7回だったりバラバラな証言」をしている。・・・つまり、これは普通に考えると、証言の強要があったと推測できる。そして関係者は、この書類がもしも公になったら「この事件は、飛ぶ(終わる?)」なんて言っていたようです。

その「内部文書」では、この書類(小票)は何としても隠さなければと、警察と検察が相談しているやりとりの一部始終だったようです。
つまり「捜査は適正に行われたのか?」ではなく「この書類を、相手に見つかったらマズいので絶対に隠さなきゃ」って、そりゃ逆でしょう。
本来、検察官はこの時点で慎重な立場を取らなければならないハズなのに、その本人が「私は、死んでも出さない覚悟」とか「弁護側に流出しないように」とか、「(調書を出さないための)合理的な理由が必要」などと、本末転倒です。


今回の植草さんの裁判の「証人相互のストーリーの矛盾」というのは、検察官は慎重に判断すべき内容だと思うのですが、上記の例を併せて考えると、

ー>『植草さんに、決定的に有利な証言(証拠)は、隠している』
ことも、十分に考えられます。

速記録などを詳細に見ると「時間的・混み具合・会話の内容」など、それぞれがバラバラです。・・・全て検察の主張を補強するための「証人の証言」です。これらが「一つのストーリー」を形成して、それと「植草さんの主張」とを比較して、どちらの言い分が正しいかを判断しなければならないハズなのですが、それ以前の話です。

そういえば冒頭で紹介した、内部文書のやり取りを見ての感想・・・

警察の方が、検察官よりも偉そうに見えるのは、何故?
URL 2007/04/27(Fri)01:06:37 編集
★無題
NAME: 敏久
確かに、逮捕者の言ってることを是とすると、目撃者の話が全部パァになるので、目撃情報が信じられない=無罪になるかもしれません。

ただ、逮捕者の言ってる事自体おかしい所もあり、植草氏の証言と違う箇所(つり革もっているいない等)もあるので、慎重に考えてみたいと思います。

自分は、リアルが忙しかった事と、自宅パソコンが壊れていた事もあって、第6回公判について、最初に知ったのがつい先日初めて見た検証サイトの速記録でした。
前回の証人がどう証言していたか忘れた部分も多いので、また時間があったら、目撃者の証言と逮捕者の証言のどちらを是とするかは重要な事だと思うので、ほかの人の意見も聞きながら、もう一回よく見てみたいと思います。
2007/04/26(Thu)19:50:33 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
三権分立を考えるとき、この植草さんの発言を思い出さずにはいられない。なぜ、はめられ長期拘束されたかの謎もわかる。
 「アミネさんご一家の記事に涙、三権(四権)分立の機能不全を思う」を読みました。
URL 2007/04/28(Sat)07:20:52
民主党候補についての誹謗中傷 組織的か 
都知事選と参院沖縄補選で、それぞれ8日と22日の投票日数日前から民主党や同党が支援した書き込みがインターネットの掲示板に、計延べ10万件が集中的に貼り付けられ、組織的に行われた可能性がある、と今日の朝刊に報道されて
URL 2007/04/27(Fri)13:24:43
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索