忍者ブログ
[147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137]

DATE : 2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/08/13 (Mon)

植草一秀氏の『知られざる真実』

好評のようですね。
売上ももちろんのことですが、私の言っている意味は内容の事。

ひらりんさんがアマゾンのレビューを紹介して下さっているのですが、
みなさん、何かしら心に届くものがあったのだと思いました。
TBくださった方(感じたままに書きましたさん)も、
『植草一秀さんの書籍は彼の誠実さが感じ取られとても好感がもてました。
信用に足る内容だと私の身体が反応したのです。これからじっくりと検証しながら読んで行くつもりです。』
と書いていらっしゃいました。
同じ考えの方だったので、拝見してとても嬉しかったです。
私は時間はかかっても、必ず心は通じると信じているからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2004年の事件の後、植草氏は講演会などの際に少し事件について触れられていたようです。
その講演を聞いたという方のブログにも当時、
今まで事件に関してはよくわからなかったが、植草さんの話を直接聞いて『この人は何もやっていないのだろうな』と思ったという感想が書かれていたのを思い出します。

裁判は裁判として、植草氏が容疑のようなことをやっていないという証明は絶対に必要だけれど、植草氏が直接語る言葉で伝わるものにはそれを超えた説得力があると思う。

事件が起きてすぐの頃、様々なサイトで『またか』と多くの人が書いていた。
そういう方には是非一度植草さんの直接事件に関連した発言を読んでみてほしい。
どこがどうということは書かないが、誤解はあっても誠実な心の声は絶対に伝わるはずと思っているからです。

『前回の事件はやってないと思っていたのに、今回のことで騙されたと感じた』と書いている人もいました。
前回の事件はどうしてやってないと思ったのでしょうか?
今回の事件の報道でその確信が変わってしまったのでしょうか?
そういう方には前回同様、今またもう一度、植草さんの言葉に耳を傾けてほしいと思います。

植草氏についてしまった誤解は私は必ず理解される日が来ると思っています。
『知られざる真実』を読んでも特にレビューや書評などを書かない人が大半だと思います。
嘘をついていたりすればいくら言っても伝わらないと思いますが、レビューなどを書いている方の言葉をいくつか読ませてもらって、嘘偽りの無いこころは伝わるのだと改めて感じました。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★雑感ですが・・・
NAME: mojo
清野憲一という検事さんは「変わっているなぁ〜」と思いました。

これまでの公判内容で分かるように、この事件は冤罪の可能性が高まっています。仮に、植草さんが無実(無罪判決)だった場合には、大きな問題になります。
このミスに対して誰が責任を負うべきか? 当然、無実の証拠を見落とした検察官が「全ての責任」を負わなければならないでしょう。

しかし、7月18日の論告求刑で、この清野検事は、

>検察は論告の中で、女子高生の“説教”も明かした。
>「懲役6月」という実刑1本狙いの求刑。
(日刊スポーツ)

記事を見る限り「実刑1本狙い」にしたのは「被害者の意向でもある」と言いたいようです。

逆に、求刑の際に検察官が「被害者の言葉」を引用したことで、もしも無罪判決が出た場合「被害者の勘違いが悪い」と責任転嫁するつもりにも見えます。

無罪の場合でも、被害者や目撃者などの「民間人の責任に転嫁」することだけは、無いように希望します。彼らは、あくまで協力者なのですから。←個々の矛盾なども、検察官が納得した上で証言させているのだから。

いろいろと批判の多い今回の検察官、くれぐれも自分の責任まで「他人のせい」にしないで欲しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話は逸れますが、この公判のスポーツ紙の記事では混乱があるようです。

>検察側は5月の公判で、女性2人の実名を出し

この女性を、スポーツ紙では「お店の女性の可能性が高まった」なんて、思わせぶりな記事にしているけど、それで言えば普通は“実名”じゃなくて「源氏名」でしょう(笑)

どうも、公判内容の「中抜き文章」を、無理矢理、植草さんの中傷に結びつけるために、いろいろ“苦労”している跡が、こんなところにも・・・
URL 2007/08/13(Mon)21:02:12 編集
★無題
NAME: ひらりん
ゆうたまさん、こんにちは。
PCが直ってよかったですね。

「感じたままに書きました」さんのサイトを拝見しましたが、植草氏の本をざっと読んで「とても控えめで、好感の持てる内容でした。」とお書きになっていましたね。

更に「植草一秀氏を応援するブログのサイトはハートが納得したサイトでした」とも。
こちらのブログが炎上した時は、反対意見の方がこんなにいるのかと、さぞかしお辛かったでしょう。
でも理解者が徐々に増えてきているようですね。
うれしいです。
URL 2007/08/13(Mon)18:11:55 編集
[No name] Re:無題
ひらりんさんこんばんは。
新しいPCを買いました。
植草氏は今回の事件があってから、記者会見などはされていませんが、記者会見だと、また言葉の切り貼りをされてしまう可能性が高いので、こうして最初に植草氏の言葉が聞けたのがご自身の書籍という形でよかったと思います。

情報戦に勝つには、嘘を流されたら、それは違うということを流し続けないと勝てないと思います。でも植草氏のようにここまでになるとなかなか植草氏の本当の声が届かないですね・・・。
邪魔の入らない、意図的に操作もされない、一冊の本として出されたことは本当に良かったと思います。
【2007/08/14 02:56】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
4冊分の内容
植草一秀著『知られざる真実−勾留地にて−』イプシロン出版企画  この本は、著者が長期勾留されていた東京拘置所内で書かれたものであるが、保釈されてから半年を経てようやく出版された。  著者の植草氏は、保釈直後に弁護団を総入れ替えし(これだけでも大変なエネルギーと時間を費やしたことと思うが)、旧弁護団が組んだ過密な公判日程を消化し、新弁護団と共に再現DVDを作成したり、証拠採用されなかったので日の目を見なかったものを含む、様々な資料を作成し、無実の立証に尽くしてきた。そのために、本書が出版されるまでに...
URL 2007/08/14(Tue)11:47:14
最高検がずさん捜査認める報告書と植草一秀著「知られざる真実」との関係
昨日、植草一秀著「知られざる真実」を読み終えて、今朝の中日新聞に最高検がずさん捜査認める報告書をだしているという社説から、植草氏にたいする国策捜査、冤罪捜査を認めたように感じました。次に2006年事件の目撃証人についての記述を引用しておきます。226ページ。  私が電車に乗ったときには、電車はそれほど混んでいなかったように思う。電車が発車する前に一度、「あ、やっぱり降りようか」と思ったが、その瞬間に何人かの人が駆け込んできてドアが閉まった。電車が発車したときは、かなり混んだ状況になっていたと思...
URL 2007/08/14(Tue)11:15:16
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索