忍者ブログ
[149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139]

DATE : 2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/08/14 (Tue)
今日TBしていただいた、憲法と教育基本法を守り続けよう。 さんを読んで、中日新聞の社説に
冤罪防止:反省てこに基本見直せ
との記事があることを知り、会社に中日新聞があったので読んでみました。
(記事は憲法と教育基本法を守り続けよう。さんで読めます。)

富山の冤罪事件では、靴のサイズが違うという決定的な容疑者の無実の証拠を検察が隠し続け、容疑者は有罪判決を受け、服役させられた。父親の死に目にもあえなかった。
父親は息子を信じていただろうが、息子がこのような検察のデタラメ捜査の為に犯罪者にされたことを知らず亡くなった。

中日新聞では、捜査の不十分さという言葉が使われていたのですが、そこは若干違和感があった。
不十分というのは、なんとなく、意図的ではなかったかのような印象を私は受けるからです。
検察が都合の悪い証拠を出さないのは、この人を犯人にするという明確な意図があってやっていることだと思う。不十分という言葉で済ませられないのではないだろうか。

植草氏は検察官に『否認を続ければ、裁判で私生活を攻撃して家族を徹底的に苦しめてやる。』と言われたことを意見陳述で明らかにしています。
何かと引き換えに自供しろと脅かした検察官。
一貫して否認を続けた植草氏に対し、結局この脅迫は現実になり、一貫して否認を続けた植草氏を検察は攻撃した。
こんなことが認められていていいわけがない。

冤罪の防止など、この言葉を吐いた検察官はこれっぽっちも思っていないだろう。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★「大事な仕事を早くして欲しいんですよ。」だって
NAME: mojo
まず「脅して自白をさせる」次に「甘い言葉」で認めた方が得だと思わせる。
普通に考えて、取調べ室という『密室』では、いかにもありそうです。

「こんな所にいないですぐに仕事をして欲しいんだ」
「日本はいま大事な時期だから、こんなことに時間をかけてはだめだ。大事な仕事を早くして欲しいんですよ。」(「知られざる真実」p227より)

取調官は、こんな事も言ったようです。
この人は「植草さんは、日本に必要な“人材”だという事を理解しているのでしょう。もしかしたら、植草さんを尊敬しているのかな。・・・(笑)


もちろん、本心では無いのは、誰でも分かると思います。
ただ取調べられる側は「いつまで拘束され続けるのだろう」とか「ウソでも、自供をした方が“ラク”になる」など、植草さんに限らず、冤罪事件で(ウソの)自供をさせられた人たちに共通する『特殊な心理状態』では、このような取調官のミエミエのウソでも「信じたい」という気持ちが働く場合があるようです。

幸い、というよりも前回の事件の“教訓”として、「警官や検察官の甘いコトバを信じるのは危ない」という経験から、今回は長期の勾留に耐え、脅しにも屈することなく、無罪の主張を通されたまま裁判になりました。

案の定というか、植草さんの「自供を取る」以外には、もともと「確実な証拠」も無く、事件直後に「認めている」と発表した手前、そのフォローもしなければいけない。結果として、青木巡査も「認めているように“感じた”」と微妙にトーンダウンした証言になった。

「冤罪か、冤罪じゃないか」

関係者の証言がトーンダウンした場合「冤罪だな」と判断します。
私は、2回目撃者の証言よりも、青木巡査の証言によって、植草さんが「冤罪」だという事を確信しました。


みんな「自分の責任」になるのはイヤですから。
URL 2007/08/15(Wed)11:55:04 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ひらりんさんの書評を読み、無性に読みたくなって昨日丸善で購入。今日あらためて植草ファンになろうと決心し直しました。(笑)
 7月末に発売されたばかりの知られざる真実 勾留地にて」です。  僕が、植草さん
URL 2007/08/15(Wed)20:52:25
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索