忍者ブログ
[215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205]

DATE : 2017/11/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/10/30 (Tue)

まず産経新聞:判決要旨はこちらをご覧ください。
以下グレー字は判決要旨

目撃者は、痴漢行為時点における犯人の姿を見ていたのみではなく、
その後も継続して、蒲田駅で被告人らが下車するまでの過程で、被害者から抗議を受けたり、
逮捕者からネクタイをつかまれたりした人物の姿も目撃しているのであり、
かつ、この人物が被告人であることは証拠上明らかであり、争いもない。

となっていますが、争いもないって本当ですか?
確かに女性が抗議した後下車するまでは植草さんを見ていたという事で争いはないかもしれません。
しかし、一番重要な痴漢行為をしていた人物が植草さんだったと言うことには
全面的に争いがあると思います。

だって、目撃者は痴漢をしていた人はメガネをかけていたかどうか知らないんだし、
植草さんは青いフレームのめがねをかけていたんだし。
目撃者はかばんも傘も持っていたかどうか知らないんだし、
植草さんは傘を左手に持ちかばんも右肩に掛けていたんだし。

抗議があった後、継続して植草さんを見ていたのはいいですが、
証言を聞くと、ネクタイを掴んだというタイミングが逮捕者と違うことがはっきりわかります。
逮捕者は電車を降りる直前に掴んだと言っているのに対し、
目撃者は抗議があり、逮捕者がやってきてすぐにネクタイを掴んだと言っているように思えます。
被告と検察で話が食い違うのはどの裁判でも当たり前の事なのでわかりますが、
逮捕者と目撃者、いわば植草さんが犯人なのだと言っている人同士で食い違っている。
このあたりの食い違いは、また『問題なし』なんでしょうか?

植草さんはネクタイを掴まれた記憶はないようですが、まぁ、そのネクタイを掴まれた事が
もし事実であったとしても、それは
①抗議されていた人物が植草さんであった、
②蒲田で降ろされたのが植草さんであった
という2点だけで、
一番重要な、
『痴漢をした人』が、『抗議されていた、蒲田で降ろされた植草さん』とイコールかということは
全然『証拠上明らか』ではない。
どこにもそんな『証拠』がないのですが。
飛躍がありすぎだと思います。


PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★JANJANで記事が出ていました
NAME: mojo
ひらのゆきこさんの記事が出ていました。

「植草事件」の東京地裁・判決要旨を読んで
ttp://www.news.janjan.jp/living/0710/0710304795/1.php

私は、良い記事だと思いました。
2007/11/01(Thu)21:43:24 編集
[No name] Re:JANJANで記事が出ていました
教えてくださってありがとうございます。
エントリーに書かせてもらいました。
【2007/11/01 22:31】
★無題
NAME: とくめい
被害者が振り向いた時、右後ろにいた被告人を、真後ろにいた新犯人と見間違うということがあり得るのでしょうか。そして、後ろに下がった真犯人を検察目撃者が気がつかないということもあり得るのでしょうか。単純な疑問です。
2007/11/01(Thu)13:27:51 編集
[No name] Re:無題
>被害者が振り向いた時、右後ろにいた被告人を、真後ろにいた新犯人と見間違うということがあり得るのでしょうか。

彼女が振り返った時には真犯人は真後ろにはすでにいなかったでしょうしね。
そこに誰もいなければ、一番近い場所にいた植草さんが間違われる事はあると思います。

>そして、後ろに下がった真犯人を検察目撃者が気がつかないということもあり得るのでしょうか。単純な疑問です。

目を離してしまう瞬間があれば見失う事もあると思いませんか?
【2007/11/01 18:08】
★不思議~
NAME: gabi
ゆうたまさんこんにちわ
ほんとにすごい飛躍ですよね。。

>その他、関係証拠上、真犯人の存在は全くうかがわれず、
>前記の各証拠に基づく認定事実を全く揺るがすものではない。

全く、全くって裁判長言いきってしまってますね。
どうしてそう言い切れるのか?
不思議~。

熊八さんのおっしゃるとおり、
検察側目撃者の見ている人、その人が
真犯人の可能性があるじゃないですかね。

○被害者の背後に密着して立っていた人。
→逮捕者は植草さんの位置について右側と言ってますよね。

○電車が品川駅を発車して、1、2分たったころ、
被害者の左側面の腰から尻にかけての辺りを触れていた人。
2分間くらい触ったままだった人。
→弁護側の目撃者は発車してから青物横丁につくまでは
何もしていなかった植草さんを見ていると証言してますよね。

真犯人の存在は十分、うかがわれると思うけどな。
だらだらと長い判決文を書いておきながら
大事なところはアバウトに断定。
2007/10/31(Wed)17:23:10 編集
[No name] Re:不思議~
こんにちは。
やっぱりそうですよね。
おっしゃる通り、真犯人の存在、窺われます・・・。
それと、エントリーにもしようと思ってましたが、
酒酔いのため記憶がないかあるいはあいまいだと述べる部分が多々見られる一方で、痴漢行為をしていないことは間違いないなど、自己に都合のいい点は明確に覚えているとしているってありますが、
植草さんが書いていらっしゃいましたが、酔っててもさすがに自分が痴漢したかしないかぐらいわかりますよね・・・。
【2007/10/31 18:17】
★何の裁判かを知らない裁判官
NAME: 熊八
ゆうたまさんのおっしゃるとおりだと思います。
判決要旨の、

>目撃者は、痴漢行為時点における犯人の姿を見ていたのみではなく、
その後も継続して、・・・・この人物が被告人であることは証拠上明らかであり、争いもない。

の「その後も継続して」には、大きな『まやかし』があります。

犯人の犯行後、植草氏逮捕までの間、目撃者が継続して同じ人を見ていたのかどうかが一番の大問題であり、この裁判の中心ポイントですよね。違う人を見ていたんじゃないかという可能性こそが十分に検討されなければなりません。

それを判決は、「その後も継続して」で、ごにょごにょとごまかしてるんですね。


・・・と言うよりも、何の裁判をしていたのかが、裁判官にはわかっていなかったのでしょうかね?

被害者の真後ろに密着していた犯人と、逮捕された植草氏が同一人物であることに争いが無ければ、こんな裁判なんかやってませんよね。

何を考えてるんだろうと思いますね。
URL 2007/10/30(Tue)12:25:45 編集
[No name] Re:何の裁判かを知らない裁判官
こんにちは。
やっぱりそうですよね。
一足飛びに結論付けてますけど、その認定の仕方にはすごい飛躍があると思います。
一番大事な部分をうやむやにしてると思います。
【2007/10/30 13:21】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「高知 白バイ」で検索、全国紙はゼロ、地元紙高知新聞だけって、いったい何?「供述者が第三者であるというだけで、~」も凄かったが、
 結論から先に言うと、今朝実施、今のところ見つかったのは地元紙「高知新聞」での小さな記事だけ、全国紙は全滅。 ではと言うことで、スポーツ紙も調べてみた。日刊スポーツで1件だけヒットしたが、開いてみたら何のことはない、10月24日香川の番組表で例のKSB瀬戸内海放送の番組表題だった。なお、すべて新聞社のWebサイトに行きサイト内検索をしています。  控訴審裁判官様の「供述者が第三者であるというだけで、その供述が信用できるわけではない」って言うトンデモ論理にも驚いたが、このマスコミの沈黙ぶりも異様かつ不気味だ...
URL 2007/11/01(Thu)18:18:04
高知白バイ事故冤罪事件、「供述者が第三者であるというだけで、その供述が信用できるわけではない」って、裁判官の頭は一体?
 高知の白バイ事故冤罪事件、今日のテレ朝「スーパーモーニング」所太郎のコーナーで取り上げられたようです。  対向車線を走ってきた白バイ警察官の証言を採用し(バスの向こう側で見えるのかいな?)、 後続の乗用車から、バスが右折するのを待っていて目の前で目撃した引率校長先生の証言(⇒白バイが右折待ちしているバスに突っ込んできた)は不採用、たまたま後ろの方を走っていて目撃した車の運転手の証言(⇒時速100キロくらいの白バイが停車していたバスに突っ込んできた)も不採用。  しかもたまたま後ろの方を走っていて目撃した...
URL 2007/11/01(Thu)18:16:44
高知白バイ事故、警察の証拠捏造もひどいが、木で鼻をくくったような高松高裁控訴審判決も無茶苦茶ですね。検証したKSBTV映像は必見。
 取り敢えず、KSB瀬戸内海放送(1/4~4/4)の報道ビデオを見てください(KSBがアクセス集中で見難かったので、他のサーバーにDLの別ルートでしたが、ストリーミングを止められたので、それぞれKSBに直リンクをはりました。追記:その後YouTubeにアップされたのでそれと差し替えました)。目撃者がいても、検証実験による証明をしても、一度 権力がこうと考えた筋書きがあると、それでやられてしまうということだね。ひどいもんだ。  もう一つひどいと思う注目点は、これがKSB瀬戸内海放送で取り上げられただけで、そ...
URL 2007/11/01(Thu)18:14:07
植草氏痴漢冤罪事件は、国民に知られたくないことを常日頃訴えていることに対する権力者の見せしめ・口封じ作戦
事件について書く前に植草氏が、どのような人物かというのをまず知っておいてもらいたい。 人間的な部分については、かつて子供の頃、植草氏と同じクラスだった人のブログがあるのでそのあたりを読んでほしいと思います。 一秀くんの同級生のブログ (とくにはじめの方の記..
URL 2007/10/30(Tue)19:48:07
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索