忍者ブログ
[79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69]

DATE : 2017/12/12 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/05/25 (Fri)

車内の様子で、

■植草一秀氏の主張と他の証人との相違

・植草氏は進行方向左のドアに向かい眠ったように立っていた。目撃者は(自分が見た犯人は)進行方向に向かい女性のすぐ後ろに密着していたと証言。(植草氏と目撃者の相違)

・植草氏は当日めがねをかけていた(青のふちのめがね)。しかし目撃者は植草氏の顔を注視していたと証言するも、めがねは覚えていない。(植草氏と目撃者の相違)

・植草氏は痴漢と間違われたとき、左と後ろを強く掴まれたと言っている。目撃者は車両前方から来た男性がネクタイを掴んだと言っている。ネクタイをつかんだと言われている当の男性(逮捕者)は、その時はネクタイを掴んでいないと証言している。(植草氏と目撃者と逮捕者の相違)

・植草氏は左手に傘を持ち、右肩にショルダーバッグを持っていたが、犯人を見ていたはずの目撃者はそのどちらも見ていない。(植草氏と目撃者の相違)

・植草氏は上記の持ち物を持った状態で右手はつり革につかまっていたと主張しているが、目撃者は(自分が見ていた犯人は)両手で女性を触っていたと証言していること。(植草氏と目撃者の相違)

・植草氏は飲酒検地カードで呼気中のアルコール濃度0.47を示す酔っ払いの状態だった。目撃者は酔っているようには見えなかったと証言(植草氏と目撃者の相違)

・植草氏は女性が左回りに振り向き子供がいるのにと言ったのを聞いた。目撃者は右回りに振り向いたのを見た。逮捕者は振り向き振り向きしながら抗議していたと証言。(植草氏と目撃者と逮捕者の相違)

・女性の声が聞こえてから痴漢騒ぎだと思った植草氏は少し右を向き元の姿勢のまま立っていた。目撃者は1~2歩後退し、反対側のドアを向いたと証言。逮捕者は1~2歩後退できるようなスペースは植草氏の周りになかったと証言(植草氏と目撃者と逮捕者の相違)

・植草氏は傘を左手で杖のようにして立っていた。被害者は真後ろに居た(植草氏でないかもしれない)犯人は傘を手首にかけて触っていたと証言(植草氏と被害者の相違)

次(明日?)に証人同士の食い違いを書いておきたいと思いますが、
植草氏と証人の食い違いも重視するべきだけど、第三者である証人同士の食い違いのほうもなぜそうなるのかちゃんと考慮してほしいと思う。

追記:こんな記事がありました

痴漢:被害者の供述不自然…男性行員が逆転無罪 大阪高裁
 女子高生への痴漢行為で大阪府の迷惑防止条例違反罪に問われた兵庫県の男性銀行員に対する控訴審判決が25日、大阪高裁であった。陶山博生裁判長は「被害者の供述は不自然で、別人が犯人だった可能性も否定できない」と述べ、懲役4月、執行猶予4年(求刑・懲役4月)とした1審・大阪地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。

 判決によると、男性は06年1月18日朝、通勤のため乗車した阪急神戸線の満員の車内で、女子高生(当時17歳)の尻を触ったとして、十三駅で大阪府警に逮捕された。男性は「新聞を読んでいた手を下ろした瞬間につかまれた」と一貫して否認していた。

 女子高生は「尻を触った後、体から離れていく手を後ろ向きに自分の手で追いかけて手首をつかんだ」と公判で証言。1審は「供述は信用できる」としたが、大阪高裁の陶山裁判長は「犯人の手に終始触れながら後ろ手で追いかけたというのは不自然で、尻を触った手の主を正確に認識できてはいなかった」と判断した。【遠藤孝康】

 

 

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: 熊八
最初の被害者の供述は、右後ろから右臀部を触られて、振り向くと、右後方に、右手で吊り皮、左手に傘を持った植草氏がいた、ということだったろうと思います。
だからこそ、<容疑者は左手首に傘をかけて左手で被害者の右臀部を触り、振り向かれて、傘を左手内に持ち替え、隠蔽工作をはかった>という容疑を持たれたのだと思います。

先にも書きましたように、この容疑はすごく無理がありますし、これを後では、<女性の後ろに密着して両手で触った>というように大きく変えてきたということは、警察・検察でも、これは無理だぞと認識していたということではないでしょうか。

無理と思ったなら、すぐに釈放すべきだったと思います。
真犯人に逃げられてしまった被害者にはお気の毒ですが、被害者も、誰でもいいから罰せられればよいと思っていらっしゃるわけではないでしょう。

真犯人ではあり得ない人を、無理やり勾留・起訴すべきではなかったと思います。
(そもそも逮捕も。その場で両者からよく事情を聞けば、植草氏が犯人でないことはわかったはず。)
2007/05/27(Sun)01:16:51 編集
★明日ブログに
NAME: ゆうたま
mojoさんブログでの熊八さんとmojoさんの会話、明日こちらのブログにも転載させてもらおうと思ってます。
ありがとうございます。
2007/05/26(Sat)23:33:53 編集
★人違いで無罪判決
NAME: ゆうたま
人違いで無罪判決のニュース。
この裁判の詳しい事はあまり知りませんが、尻を触った手の主を正確に認識できてはいなかったという判断なんですよね。
女性の証言を重視する裁判官は多いようですが、私はやっぱり女性側に間違いは多いと思います。
よっぽど慎重にしないと、真犯人は逮捕できないし、無実の人の人生を取り返しがつかなくしてしまう。
裁判はそうならないための歯止めの役割のものだと思ってます。
ニュースが出たのは週末でしたが、検察はこの後どうするんでしょうね。
2007/05/26(Sat)23:32:11 編集
★酔っている人の記憶について
NAME: mojo
アンチの人は、植草さんの証言の信用性に疑問を持ち「当時、酩酊状態だった」を根拠に「酔っぱらいの言うことなんか・・・」と、全ての矛盾(証人同士の矛盾も含めて)を、植草さんのせいにしたいようです。←強引すぎて笑っちゃうが

でも、検察官は違うようですね。

証人に「酔っているように見えましたか?」と聞いて「酔ってはいたけど、酩酊じゃなかった」と、その都度、どの証人にも言わせています。

元々検察としては、弁護側の方針で「(犯行は)酩酊していた」と、心神喪失に持って行かれるのを用心して「(そんなに)酔っていない」という印象を裁判官に与えたかったのに、実際には「人違い」だと、明確に犯人ではないという方向で争うことになり、検察側の思惑が外れたという結果になりました。

これに追随するように、アンチも「酩酊状態の植草さんの証言は信用できない」という方向に変更したのでしょうね。←なんか、一人、必死なのがいるし。

アンチさんによると、人が一旦酔ったら「後はずっと、記憶が無くならないと、不自然」らしいですが(笑) 私は、経験的に『記憶が断続的になる』と感じています。

つまり、いつも利用している駅から自宅までの帰宅する場面で「気付いたら、家で寝ていた」なんて事はあるでしょう。
でも、途中で「警官から職務質問された」とか「飛び出してきた自転車にブツかって、その人とモメた」場合には、ある時点からの記憶はハッキリ残ると思います。
(植草さんの場合、痴漢に間違われて連れ出されたという『異常事態』からの記憶は、普通に残ると思いますが・・・)

アンチさんが(植草さんを)否定したくて必死な“気持ち”は、分からないでもないが、植草さんの証言を見れば「覚えている事と、記憶に無い事」が、ハッキリと分けられています。
これは、少なくとも「当時メガネをしていたかどうか分からない」とか、「手首に傘があったかどうか分からない」など、酔ってもいないのに“覚えていない人”よりは、証言に説得力があると感じます。
URL 2007/05/26(Sat)13:05:23 編集
★無題
NAME: 熊八
植草さんの今回の事件でも、被害者供述はかなり変遷したんだろうと思っています。
事件直後9月15日の報道では、

◆女性は右臀部を、右後ろにいた犯人に1分以上触られていた(最初はスカートの上から。徐々にスカートをたくし上げられて下着を。)

◆傘を左手首に掛けて左手のひらで触り、そのあと左手に傘を持ち直して隠蔽工作をはかった、と警察では見ている

とされていました。
この時点では犯行の目撃者はおらず、容疑者の言うことも信じてくれないでしょうから、上記のことは、被害者の供述に基づいた構成だと思います。

左手首に傘を掛けて左手で、などという難しい話にしているのは、

◆植草氏が右手で触った可能性は無いこと

◆傘を左手に握って持っていたこと

を警察も認めていたということだと思います。
ではなぜ認めていたかというと、女性がそう供述したから、としか考えられません。女性が振り向いたときに、植草氏の右手はふさがっており(最も考えられるのは、吊り皮を持っており)、左手には傘を握って持っていたのを見た、と。

女性は右臀部を触られ、振り返ってみると、そこには誰もおらず、右後方に植草氏が、右手で吊り皮をつかみ、左手には傘を持って立っていた。彼が触ったとすれば、左手首に傘を掛けて、左手で触っていたと考えるしかない。
という話になったのではないでしょうか。

しかし、これは非常に無理な話です。
前の人の右お尻を、左手首に傘を掛けながら、左手のひらで触るのは大変難しい。傘がつっかえるし、滑り落ちます。
その傘を、瞬時に左手片手で持ち直すなども難しい。

警察・検察のほうでも、この話が無理だと思ったであろうことは、その後、ストーリーを変えてきたことにも表れています。

目撃者が現れたこともあり、女性に対し、左も触られたんじゃないか?、傘を手首に掛けていた左手は、左を触っていたんじゃないか?と、誘導していったのではないでしょうか。推測ですが。
2007/05/26(Sat)12:41:23 編集
★被害者の供述不自然…男性行員が逆転無罪
NAME: JAXVN
こんにちは。
「痴漢:被害者の供述不自然…男性行員が逆転無罪 大阪高裁
 女子高生への痴漢行為で大阪府の迷惑防止条例違反罪に問われた兵庫県の男性銀行員に対する控訴審判決が25日、大阪高裁であった。陶山博生裁判長は「被害者の供述は不自然で、別人が犯人だった可能性も否定できない」と述べ、懲役4月、執行猶予4年(求刑・懲役4月)とした1審・大阪地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。

 判決によると、男性は06年1月18日朝、通勤のため乗車した阪急神戸線の満員の車内で、女子高生(当時17歳)の尻を触ったとして、十三駅で大阪府警に逮捕された。男性は「新聞を読んでいた手を下ろした瞬間につかまれた」と一貫して否認していた。

 女子高生は「尻を触った後、体から離れていく手を後ろ向きに自分の手で追いかけて手首をつかんだ」と公判で証言。1審は「供述は信用できる」としたが、大阪高裁の陶山裁判長は「犯人の手に終始触れながら後ろ手で追いかけたというのは不自然で、尻を触った手の主を正確に認識できてはいなかった」と判断した。【遠藤孝康】

毎日新聞 2007年5月25日 22時40分」
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070526k0000m040155000c.html

いわゆる「アンチ」の人には、「被害者の証言に多少矛盾があっても、それが無実を意味するわけではない」なんて乱暴な事を言う人もいますが、実際にそれで無罪判決が出る事もありました。植草氏が今後有罪になるなら、それこそ逆に「植草氏の逮捕は言論封じ」という事を認める事になると思います。
2007/05/26(Sat)07:22:40 編集
★四者供述の食い違い
NAME: ひらりん
検察側の証人である目撃者、逮捕者の証言に矛盾が多々あり、被害者証言とも食い違うとは、まるで羅生門の世界ですね。(笑)
従来の痴漢裁判では、被害者女性の証言を全面的に信じて、被告人男性の言い分をすべて虚偽と退けるのだそうですが、そうすると二人の証人の証言も嘘ってことにして有罪判決が出せるものなのでしょうか?
別人を逮捕してしまったと考えるのが、一番論理的だと思いますが…。
URL 2007/05/25(Fri)15:56:02 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索