忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

DATE : 2017/09/19 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/06/15 (Sun)
追記:毎日新聞の磯野氏も藤井まり子名のコメントについて問い合わせをしているとの事。
    メールで返事をしてもらっても実際答えが本当かどうかわかりませんからね。
    まいまいクラブにご本人からコメントをもらえばいいんです。IPで本人だったかどうかわかるでしょう。

昨日、夕方、藤井まり子さん=貞子ちゃんの連れ連れ日記管理者の名前でこのブログにコメントが入った。
入ったコメントは以下の2つです。

http://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/275/#comment24
http://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/275/#comment25

あまりのヒステリックな内容に、本当に本人かなとまずはじめに思った。

普通の神経持ってるなら誰でも見れる場でそれも実名でこんなこと書かないし。

コメント欄でもご本人ではないかもしれないとの疑問も出ていたので、貞子ちゃんの連れ連れ日記に書き込んだかどうか教えてほしいとコメントもし、TBも送りましたが、結局返事はいっさい来ずでした。
夜まで待とうかと思いましたが来なさそうなのでもういいです。

別の方に向けてのコメントでは自分ではないというようなレスが付いていましたが、真正面からなぜ私に返答しないのでしょう。

ご本人かどうかが問題であるので、
貞子ちゃんの連れ連れ日記からは何度かTBをいただいていたことから、ちょっとアクセスの記録を見てみました。
2008/06/12(Thu)22:17:22 
2008/06/12(Thu)18:15:21
2008/05/29(Thu)11:12:07
2008/05/27(Tue)14:42:43
近い日付では貞子ちゃんの連れ連れ日記からこの4回TBをいただいています。

ちょうどTBいただいたこの時間にやっぱり昨日コメントを書き込んだ人の足跡がきっちり残ってるんですよね。

直接お返事いただけないのでわかりませんが、その辺から推測してください。
ご本人でしょう。
(あ。『でしょう』と書いているので断定はしてませんからね(笑))

で、昨日コメントくださった藤井まり子さんにお返事を書いておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拝見しましたが、もうやめた方がいいと思います。

書けば書くほど自分の値打ちを下げてしまいますよ。
冷静に書けないのでしたら、この話題はもうやめたほうがいいと思います。

私は特に藤井様のコメントに返す言葉はないんですが、

植草さんのレポートは購読している人それぞれが価値を判断することですので、藤井様がプロはどうのこうのと、みんなそう思っているかのように代弁することはないんですよ。

それと

>いくらブロガーといえども、植草さんの冤罪のためだけに暮らせないんですよ。

との事ですが、藤井様も植草さんはえん罪だと思うとおっしゃっていますが、
私もえん罪だと思います。
やってもいない罪を着せられて、言い尽くせない辛い思いをしていると思います。

だから、植草さんは、えん罪だと思うんだけど・・・と書いてくれているブログに対して『ありがとう』と言っているだけではないですか?
自分のためにこれからも書いてくれとか、自分のために何かしてくれとは言っていないでしょう?
ありがとうと感謝を伝えていただけです。
それをどうしてこういう風に言うのですか?

植草さんは誰にも何も強制していません。

皆自分の意志で
『冤罪の人を放っておけない』とか
『植草さんはその言論の為に失脚させられようとしているんだ。助けたい。』
ということを書いているんです。自分の意志です。

その人たちに

ありがとう

って言っているだけですよ。


とにかく、今日コメントされたような事を書くのは、もうやめた方が良いと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神州の泉様で関連エントリーが出ていました。
私からのTBが通らないようなので、こちらにリンクさせていただきます。

驚愕!!貞子こと藤井まり子氏と木村剛氏との深い関係!!!

ぐっちー、貞子ちゃんと、この一連の出来事がもし植草さんの信用を無くすための印象操作なら、大失敗ですね。
どちらが異常なのか、誰の目にも一目瞭然になってしまいました。
大失敗。

追記:なんか貞子ちゃんはもうどうでもいいとか言っているみたいですが、私だったらあんなヒステリーな文章をもし自分の名を騙って書かれちゃったらどうでもいいとは思いません。
まぁ世間の皆様が判断なさるでしょう。


疲れたので、ぐっちーの件はまた後日にします。
タイトルと違ってごめんなさい。

PR

DATE : 2008/06/15 (Sun)

注:貞子ちゃんからはいまだにお返事はありません。15日午前8:00
(↑ひとつ前のエントリーで話題にしている問題のことです。)

コメントはどうも本人っぽいと思える根拠があるのですが、返事待ちで保留しています。
深夜までまってお返事が無いようなら、新しいエントリーでその根拠も書きますね。

・・・・・・・・・・・・・・本題・・・・・・・・・・

以前にも載せたのですが、消していました。
植草一秀の『知られざる真実』6月15日のエントリーで植草さんが書いている

>電話を入れた弁護士は、2004年事件に関して山口氏が弁護士と連絡を取ったことが一度もないのに、山口氏が2006年12月6日に「植草一秀氏を応援するブログ」主宰者に「(前略)当時も今も連続性のある事件とされていますので、○先生もなにかを迂闊におっしゃるわけにはいかない、と私にはおっしゃってました。(後略)」との事実無根の内容を含むメールを送付した事実を知り、山口氏に内容証明郵便を送付するとともに、直接電話を入れた。

のメールはこれです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

差出人 : Masahiro Yamaguchi 
送信日時 : 2006年12月6日 13:47:39
宛先 : "ゆう たま"
件名 : Re: 植草一秀氏を応援するブログの管理人です

おひさしぶりです。
お返事が遅くなりました。

さて、本件に関しましては前にも書きましたように裁判がすべて
終わるまでは沈黙すると決めておりますので、申し訳ないですが
当面ブログ上で何かを申し上げるつもりはありません。

お互いに誰からどう聞いたかをブログ上で証明するのは難しいし、
まして○先生にも迷惑がかかります。
当時も今も連続性のある事件とされていますので、○先生も
なにかを迂闊におっしゃるわけにはいかない、と私には
おっしゃってました。あなたには知りませんけどね(笑)。
最終的には○先生にご登場願うしか証明する方法はないと、あの時点で
考えましたので、裁判が終了するまで何かを弁護士がしゃべるのは
違反行為ですから当面とりあえず黙っていよう、
ということですので、悪意はございません。

逃げませんのでとりあえず裁判が終わるまで待ちませんか?

こちらからの提案です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

ぐっちーよ。
いい加減にしろ。

ブログの記事も消さずに、植草さんに謝罪もせずに、世間にあれは嘘でしたとも言わずにこの問題は済まない。
①私に関する虚偽情報を記述した記事を削除すること、


②今後は同様の虚偽情報を記述した記事を掲載しないこと、


③週刊誌等に山口氏が虚偽の情報を提供したと強く疑われるものがあり、その問題についての事実関係を当方に回答すること、


④今後は週刊誌等の取材に対して虚偽の情報を提供しないこと、

ということだそうですので、その通り対応しなければならない。

//////////////////////////////

それと、コメントが流れてしまうので、
藤井まり子さんからと思われるコメントをコピペ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はじめまして!確かにあれ以上書いてしまうと、植草氏の退路がなくなってしまいます。私は財界や政界の人事には疎いので、奥田氏ととある人物とを間違えて記憶してました。今でも、私は植草氏については痴漢は冤罪だと思いますただ、愛知県内では多くの人が彼を応援してみたのですが。。。なんというか、彼の有料レポートは、プロにとっては実に使い道がなかったんです。彼の有料レポートは、ありきたりの統計を使っているだけでしたし(精神的に参っていて、いい仕事ができないのかな?とわたしこじんはおもっていました。)、少なくとも、彼の有料レポートの中では、福祉についての代替案はなかった。たいていのプロは、みな、彼の有料のレポートを「支援金」として我慢して支払っていたけど、読まなかったし使えなかった。使い道がなかった・・・。植田和夫先生も優秀ですし、実力の上からは、日銀総裁候補でしたが、キャバクラがお好きということで、今回候補からはずされてしまいました。(金融界でも金融ブログ界では有名な話)。植草氏は植田先生とキャバクラ繋がりで趣味も共有していたがごとく誤解される記事を、氏は自分のブログで再び暴露してしまっているし、もう、植草氏は、どうしようもない。それと同列で、●田さんと親交があったとブログで過去の栄光を強調するがごとく、自分から強調するのですから、これまた、今回も、本当に彼のガードの甘さというか、世間知らず度には、私もがっくりさせられてしまいました。今度は、●田氏の逆鱗にまで自ら触れるつもりなのでしょうか?また、世話になった方に迷惑かけるつもりなのか????誰か彼に最低限の常識を教えてあげてください。 100日以上拘留されても、彼の長い友人の多いはずの金融界や学会からは、彼への保釈陳情書が無かった理由が、今回私も初めてやっと理解できました。私個人は、小泉氏はもとより竹中氏とも一度も会ったことはないし、ですから、私が彼らの出先機関であるはずがないです。私個人は、福祉政策について、ここ15年以上、あらゆる角度から考察している一ブロガーです。(確かに、そういった関係で、総合研究所などから正社員として働いてほしいという打診は幾度かありましたが、健康上の理由でお断りしています。) 植草氏が植草氏をほとんど犯罪者同然と決めつけている大御所ブロガーも他に存在しているのに、そういった大御所を見逃して、グッチーさんの過去記事にだけ(あれだけ過去記事を遡るのも時間が大変だったでしょうに・・・)噛みついたことへの不信感は、一部のブロガーの間でも「植草氏の弱い者いじめか?」と気づき始めていますよ。以上です。事実かどうかはでは、文字情報交換なんですから、あなたにとっての「事実」と、私にとっても「事実」が微妙に違うのは、致し方ないですね。いくらブロガーといえども、植草さんの冤罪のためだけに暮らせないんですよ。


DATE : 2008/06/14 (Sat)

15日朝7:50まだお返事はないようです。

藤井氏に関して。

藤井氏のブログで、
『コメント欄で自分じゃない誰かが他のブログに名前を騙ってコメントしていると知った』
と書いていらっしゃると教えていただきましたが、私はちゃんとした形で問い合わせをしているのですから、私に対する返事として書いていただくまではお返事とは思わない事とする。
問い合わせを読んでいる以上、それがそれこそ最低限の礼儀だと思うからだ。
そんなことすらできない人だとは思いたくないので。あしからず。

このエントリーを見てないと言われないためにTBもしておきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藤井様の名前で書かれているコメント、sound様より、いたずらではというご意見があり、
確認中です。

貞子ちゃんの連れ連れ日記様に確認のコメントをいたしました。

もう少しお待ちください。

お返事が来るまでは、とりあえず藤井様のコメントだと思わないでください。

数日前から、今までいやがらせの書き込みなどで書き込みやブログの閲覧を拒否していた人たちを全て書き込み可能なように設定しなおしました。
そのために今まで書き込めなかった人がいたずらで書いた可能性は十分にあります・・・。
藤井様(貞子ちゃん)の件に関しては、今の所はこのコメントは抜きにして、彼女のエントリーの話だけにしましょ。


DATE : 2008/06/13 (Fri)
植草さんの同級生、ひらりんさんのブログ

一秀くんの同級生のブログに新しいエントリーがあります。

是非読んでみてくださいね。

DATE : 2008/06/12 (Thu)

この間、ある方とお話した時、物を書くときは記事を書く時間よりも
書くための下調べのほうがはるかに時間がかかるんですよと言っていた。
この方は何かに言及するならそれは当然の事だと思いますとおっしゃっていた。

当然だとおっしゃっていたが、これを
・出来る人

・ しないで書いてしまう人
の2種類がいる。
ぱっと見には判別付かないが、記事の内容に正確な反論が出たとき、後者は今まで人気を得ていても、それはどこぞの中年金融マンと同じ、恥ずかしい思いをしてしまうのだ。

私個人は事実じゃない事だけは書かないように気をつけて書くように心がけてはいる。
私は有名人でも記者でもなんでもないが、見てくれる人がいる以上、それがルールなのだろうと思う。

今回の貞子ちゃんの連れ連れ日記に書かれていること、
・・・・・・・・・
それよりも、植草氏の論調が、二度の冤罪事件後に、急速に「母子家庭や高齢者や障害者」擁護論へと寝返って行ったのは、なぜだろうか?
植草氏は、彼ら社会的弱者の「経済学的な無知」を大いに利用して、社会復帰を志しているのではないかとの疑念を、私個人は強く抱いてしまった。
・・・・・・・・・

は事実ではない。
冒頭に書いた方がおっしゃるように、今までの植草さんの言論を一通り知っていれば、このような内容は書かないはず。
何度かTBもいただいていたブログだけれど、失礼ながら、人気ブログならば人一倍内容の正確さには気をつけて発信していただきたく思います。

何も知らずに、勝手に思い込みで書いたのなら、すでに書いてしまったものは仕方ないと思う。
今後繰り返すかどうか、自分の書いた事の間違いに気付くかどうかが大事だと思うのです。
植草さんも直接ブログで反論されています。それを読み、どう思ったか。

今後の対応如何で彼女の価値や評価はいかようにも変わると思う。
今回貞子ちゃんの連れ連れ日記でかかれたことは事実じゃないので、残念な結果にならないでほしい。


追記:
残念な結果にならないで欲しいどころか、なんという感情的な反論をする方なんでしょう。
それも植草さんによれば事実じゃないことがちりばめられているようで・・・。
ご主人を全て信じるのは良いですが、もう少し冷静に客観的に物事を見て、落ち着いて物は書くべきです。
誰にも見られない1対1のメールならまだしも、こういう場ではみっともないですよ。


DATE : 2008/06/10 (Tue)
調査中の人に対し、いきなり批判的なタイトルは良くないかとも思いますが・・・・。

毎日新聞磯野氏のブログ

ぐっちーの件でこのように書いてあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
少しだけお答えしたい。本人には問い合わせをし、やりとりもした。が、よくわからないところが残っている。正直に申し上げれば、もやもやしている。植草氏のブログや、植草氏を支援する人たちのブログには目を通させてもらった。この「竹橋発」の読者にもそれは読んでもらいたいと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

面会はしたかしなかったかの2つに一つ。
証言も証言台に立ったか立たなかったか2つに一つ。

ぐっちー本人と直接やり取りをして、よくわからない所などというものが出てくるはずがない。
もやもやもするはずがないのです。

私は植草さんが言っていることが真実である事をわかっていますが、
磯野氏は自分の責任問題もこのままうやむやにする気ではないだろうか。
あの調査中というコメントを読んだとき、磯野氏にはとても期待したのだけれど。

磯野氏には責任があるのだから、この問題、社会人としてうやむやにはしないでほしいとここで訴えます。

磯野氏のブログにコメントしましたが、承認制のためすぐには反映されないと思っていました。

しかし、すぐどころか、私のコメントは掲載されない。

事実関係調査中というのは口だけなのでしょうか。

ポーズではなくぜひ最後まで自分の関わったことに責任を持って仕事をしてほしいと望みます。


追記:6月11日

今読み返したら、書き方が良くなかったかもと思った。
朝日新聞のインタビューの内容をコメント欄で教えていただいて、それを読んだからだ。

ぐっちー本人が開き直って、あのように言っているのなら、磯野氏に判断がつかなくて当然かもしれない。
でも、判断がつかないからと言ってここでうやむやにするのではなく、
徹底的に事実を追及してほしいと思う。

だってあんな人を貶める嘘平気でつく人が、新聞や雑誌なんかで平気でコラム書いてちゃいけないと思うでしょう?

mojoさんも書いてくださったのだけれど、ぐっちーが書いている日付、時間で、弁護士以外面会できるわけがないのだから。
調べようと思えば調べられる。その結果を第三者として公表してほしい。

磯野氏に期待する。

DATE : 2008/05/28 (Wed)

今回の騒動で初めてこのサイトを見てくださる方もいるのかなと思いますので、

お知らせ欄にあるサイトをぜひ見て行ってくださいね。



熊八さんのサイトでは詳しく判決要旨の解説をしてくださっています。
mojoさんのサイトでは証人の証言を見てわかるように図にしてくださっています。


やっぱり私は植草さんの事件はえん罪だと思います。
みなさんのサイトを読んでいただいて、痴漢事件の裁判がいかにまともでないかという事を知ってほしいなと
思う次第です。




忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索