忍者ブログ
[135] [134] [133] [132] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124]

DATE : 2017/08/20 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/07/25 (Wed)

検察側目撃証人の証言によると、

・目撃証人本人は車両垂直にあるつり革の一番ドアに近い側に掴まっていた。
(目撃証人本人は中央から30センチあたりのところに居たという感覚は無いようですが、そのつり革は車両中央から約30センチの位置にある。)

・被害者と言われている女性は車両の中央付近にいた。

・目撃証人と被害者と言われている女性の距離は記憶を元に裁判で計測したところ77センチだった。

この3つで目撃証人の証言に矛盾があることがわかります。
証人がこの位置に立っていて被害者と言われる女性との距離が77センチもあれば女性は決して車両中央にいたことにはならない。
女性はもっと電車内の端っこにいたことになる。(mojoコメント備忘録参照

被害者自身も車両中央にいたと証言しているのであれば、目撃証人の証言が非常に疑わしいものとなります。
お互い中央付近にいる二人の間に77センチもの距離は絶対に取れないからです。

被害者が車両中央に居たと証言しており、それが目撃証人の証言と合致しているなら、
なお更、検察側証人の目撃証言に疑問がわく事になるのです。

被害者と目撃者、逮捕者。この3者の矛盾は大きい。
どこかでつじつまを合わせ、この裁判に注目している多くの人を納得させられるような矛盾ではありません。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★省かれた5分
NAME: 熊八
mojoさん、こんにちは。
ホームでの「逃げるな」についてはよくわからないのですが(ちょっと考え中です)、電車内での「逃げるな」については、やはり植草氏が言ってるように、蒲田駅に着く直前だったのかなと思います。
逮捕者がネクタイをつかんだのが事実なら、K証人が言うように、これも蒲田駅に着く直前だったのではないかと思います。

私は当初、目撃者(検察側。以下同じ)とK証人の言う、ネクタイをつかんだタイミングが違うと思っていましたが、そうではなくて、<目撃者の話の中から、5分以上の部分が思いきり省略されている>と考えるほうが自然だと思うに至りました。

車内の「逃げるな」は、植草氏によれば蒲田駅に着く直前です。
目撃者によればその言葉に前後して逮捕者がネクタイをつかんでいますので、ネクタイをつかんだのも蒲田駅に着く直前の話だと考えられます。
そしてK証人も、蒲田駅に着こうかというときにネクタイをつかんだと言っていますから、合います。

車内の「逃げるな」も、ネクタイをつかんだのも、蒲田の直前だった。
とすると、問題は、目撃者の話の中から、逮捕から蒲田駅までの5分ぐらいの時間が全く省かれているというか、話が圧縮されてしまっているということです。

492.○小出検察官 女子高生はその男性に対してどういう態度をとっていましたか。
493.○証人 話している中でうなずいているようなしぐさは見えました。
494.○小出検察官 それから、どうなりましたか。
495.○証人 話しかけた男性がおじさんのネクタイをつかみました。
496.○小出検察官 その男性乗客はおじさんに何かいいましたか。
497.○証人 「逃げるな」みたいなことをいったように思います。

上の、493から495の間に、5分以上の時間(K証人による)がはさまっていることになります。
・・・という解釈は、字面からうかがうに非常に無理があり、「ネクタイをつかんだタイミングが違う!」と思ってしまったのも当然なのですが、植草氏・K証人の供述と照らし合わせると、493から495で5分以上が飛んでしまっていると考えざるを得ません。

どうしても、この5分ほどを検察側が殊更に飛ばしてしまったような気がしてなりません。

この5分ほどの中には、当然、被害者・逮捕者・被逮捕者の位置関係や移動の話が入ってくるでしょうし、もう一人の逮捕者がどうだったかの話も入ってきます。
そのあたりが、全部省略されてしまったということになります。時間を追って丁寧に尋ねているのに、ここだけすっ飛んでいるのは、きわめて不自然です。

なぜ飛ばされてしまったのでしょうか?
2007/07/26(Thu)11:54:04 編集
★「逃げるな」は、いつの事?
NAME: mojo
2回目撃者の証言では、これも不自然に感じました。
どうやら、ホームで「逃げるな」という【セリフ】を聞いたのは、この人物だけのようです。

(以下、各速記録より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《逮捕者(ホーム)》…A
745. 大村裁判官 先ほどホームにおりてから、後ろに戻ろうとする行動をとったということなんですけれども、それは要するに、逃げようとしたということですか。
746. K証人 いえ、後ろからついてきている女子高生と話がしたいということを主張していたので、彼女の前に行こうとしているんだと思いました。

《植草さん(車内)》…B
1197. 植草被告人 到着したら、しかるべき場所でその女性に事情を聞いて、誤解を解かなければならないと思っておりました。
1198. 弁護人4 あなたをつかまえた男たち、人たちは、電車が次の駅に停車するまでの間、あなたに何か言いましたか。
1199. 植草被告人 電車が駅に到着する直前ぐらいのときに「逃げるなよ」といったような気もします。

《目撃者(車内)》…C
495.○証人 話しかけた男性がおじさんのネクタイをつかみました。
496.○小出検察官 その男性乗客はおじさんに何かいいましたか。
497.○証人 「逃げるな」みたいなことをいったように思います。

《目撃者(ホーム)》…D
547.○証人 体勢がその反対方向に崩れているような感じでした。
548.○小出検察官 男性乗客はおじさんに何かいうような場面はありましたか。
549.○証人 「逃げるな」というようなことをいっていました。
550.○小出検察官 そのあたりまでは見ていたと、そういうことになるわけですか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

興味深いのは、2回の目撃者が「逃げるな」というセリフを2回、違う場面で(車内とホームで)聞いたと証言している点です。

事件直後の報道で「一瞬逃げる素振りをした」と報道されました。目撃者が言っているのは、そのときの様子なのでしょうか?

>電車が京急蒲田駅に着くと、一瞬、逃げるそぶりも見せたという同容疑者。同署員が到着するまでの約5分間、ホームの人だかりの中、「あれ、植草だよね」などと後ろ指をさされる辱めも受けてしまった。
(スポーツ報知(9月15日、朝6時))

逮捕者の証言(上記のA)を読むかぎり、逮捕者自身が「(植草さんが)女性と話そうとしていた」と感じているので、逃げようとしているとは感じていなかったようです。どうも「逃げるな」というような(車内の人に聞こえるような)声をだした気配はありません。

植草さんの証言(B)では、車内では「逃げるなよ」と言われたようですが、その後、有無を言わさず事務室までつれていかれたと証言しています。

やはり目撃者のみが「逃げるな!」というセリフを二度(車内とホームで)聞いているのは不思議です??? (C)も(D)も検察官の質問に対しての答えなので、打ち合わせをした上で、マスコミの記事までも意識した“目撃談”を語ったのかもしれません。

今となっては、記事の「ホームの人だかり」というのも、事実とは違う内容なのですが・・・
URL 2007/07/26(Thu)00:58:20 編集
[No name] Re:「逃げるな」は、いつの事?
mojoさんこんばんは。

本当ですね。これも確かに変な話ですね。
二人の証言と警察からのリーク?が元の報道の一部を一つのストーリーに合わせようとして無理が出たような気がします。
検察側の目撃者の証言って本当に変です・・・。
【2007/07/26 01:40】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索