忍者ブログ
[296] [295] [294] [293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286]

DATE : 2017/06/28 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/08/13 (Wed)
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/eco/1217508129/

本当に友人かどうかはわからない事を断っておきますが、
延々と誹謗中傷を続けております。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★ゆうたまさんへ
NAME: 赤木
そうでしたか、失礼しました。受け取り方は色々でしたね。
少なくとも応援しているつもりでしたよ。正しい情報を正しく伝えることが事件の真実に迫るばかりか応援者を集うと思い聞きましたが、どうやら邪魔者のようですね。
残念です
2008/09/01(Mon)14:53:27 編集
[No name] Re:ゆうたまさんへ
できれば有益な会話を続けたかったです。
mojoさん個人への攻撃ではなくね。

【2008/09/02 00:54】
★植草氏も、取扱状況報告書は捏造、と指摘
NAME: 熊八
横からすみません。

>mojoさんがこのように恰も氏が発言しているように書く事は如何なものでしょうか

とのことですが、植草氏は、一審の第11回公判でこう述べています。
(ttp://www.uekusa-tri.co.jp/column/2007/statement_%2020070821.pdf)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
蒲田駅で警官と言葉を交わしたことは覚えていますが、「女性に不快感を与えるようなことをした」などの言葉を絶対に発していません。蒲田駅で私がそのような言葉を発したと証言した青木警官は、その後蒲田警察署内で取扱状況報告書を作成したと証言しましたが、同時間帯に蒲田署内で取り調べを受けていた私は、警官から「蒲田駅で女性に不快感を与えたと言ったのではないか」などの指摘をまったく受けておりません。このことは青木警官の証言が虚偽であることの明確な証左であると思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、植草氏の著書『知られざる真実 ―勾留地にて―』にも、次のような記述があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 警察が提出した取扱状況報告書に私が蒲田駅で犯行を認めたと記述されている。この文書は捏造されたものだ。これが警察の常套手段なのだろう。(p.217)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上のように、植草氏も、あの取扱状況報告書は捏造だと指摘なさっています。
URL 2008/09/01(Mon)14:26:49 編集
★返事がおそくなりましたが
NAME: 赤木
すみません、ゆうたまさん。返事がおそくなりました。
断定したように書いた事については申し訳ありませんでした。流れから想像したらこのようにしか思い浮かびませんでした。
ではゆうたまさんはどんなお気持ちなのでしょうか?私は以前にも書いた通り植草氏を応援する心情に関してとやかく言う立場ではありませんが、
>その、青木巡査の証言に関連した「取り扱い状況報告書」は、むしろ植草さんの言うように、「事件後に捏造された」ようです。(以下、それを裏付ける事情を説明します)

mojoさんがこのように恰も氏が発言しているように書く事は如何なものでしょうか
2008/09/01(Mon)13:54:17 編集
[No name] Re:返事がおそくなりましたが
こんにちは。

返事が遅くなるのは結構ですが、他のコメントは読まれましたか?
ちゃんとmojoさんの言葉で書いてあるかと思いますが。
何度も繰り返すのは嫌がらせですか?

それと、私の思いなどどーでもいいので、説明する気もございません。
【2008/09/01 14:39】
★ゆうたまさんの心情が理解できました。
NAME: 赤木
①>その、青木巡査の証言に関連した「取り扱い状況報告書」は、むしろ植草さんの言うように、「事件後に捏造された」ようです。(以下、それを裏付ける事情を説明します)

mojoさん

こんばんは。この内容は本当なのですか? 匿名性が高いとは言え裁判の根底から揺るがす出来事を書きましたね。
それらを裏付ける事情の説明より明確な証拠を教えてください。

②>NAME: mojo
>蒲田事件の状況から判断すると「事件のねつ造」が蒲田署段階で行われたのは確かなのですが、
>どうも『署全体』ではなく痴漢事件を担当する生活安全課を中心とする一部の署員が
>「事件のねつ造」を主導し、検察官はズルズルとそれに引きずられる格好です。
>2008/06/02(Mon)10:50:14 編集

こんばんは。ゆうたまさん

私は植草氏を応援する心情について批判する立場では無いと思っています。しかしコメントを管理する立場である以上、mojoさんが何も答えないず無視する以上、同様の考えだと思います。

他方、ゆうたまさんは
>因みに私は嘘は書かない主義です。 別に立派な考えで嘘をつかないのではなく、頭もあまり良くないので、嘘を書くと、ついた嘘を覚えておくのも大変ですし、さらに嘘をつかなきゃいけない場面も出てくるから嘘は面倒なのです。

これは暗にmojoさんが書いた①と②に対するあなたの心情ですね。しかし今までの流れから正面から断罪も削除も出来ない憤りの表れ。

つまり書かれた内容は嘘だと認めたと理解できました。
2008/08/22(Fri)20:11:14 編集
[No name] Re:ゆうたまさんの心情が理解できました。
赤木さんこんばんは。

出かけていたためお返事が遅くなりました。すみません。
タイトルが『ゆうたまさんの心情が理解できました』となっていますが、
理解できていませんヨ。

私の気持ちがこうなのではないかな?と想像するのはご自由ですが、
人の気持ちを『こうだ』と断定的に書くのはおやめ下さい。
ちっとも理解できていませんよ。
【2008/08/23 23:49】
★赤木さんについて
NAME: sound
ご無沙汰しております。
ゆうたまさんもご存じとは思いますが、某掲示板で「バカふりさん」と呼ばれるアンチさんは、ほとんど毎日、短時間に集中的に某掲示板に自作自演のコピペが主体の書き込みをしています。
今日の17時過ぎから30分間ほどの赤木さんの書き込みと某掲示板での「バカふりさん」と思われる方の書き込みを時系列に並べると以下のようになります。

★真実を教えてください
2008/08/19(Tue) 17:05:48
★ゆうたまさんへ 忠告ありがとう。
   2008/08/19(Tue)17:10:56
980 :2008/08/19(火) 17:15:04
982 :2008/08/19(火) 17:19:31
983 :2008/08/19(火) 17:33:06
984 :2008/08/19(火) 17:34:16
985 :2008/08/19(火) 17:37:29?
986 :2008/08/19(火) 17:37:35??
★ゆうたまさんへ
   2008/08/19(Tue)17:37:38
987 :2008/08/19(火) 17:39:42
988 :2008/08/19(火) 17:41:16

985と(内容を考えると)特に986はバカふりさんの書き込みではないかも知れませんが、タブブラウザーもしくは二つのブラウザーを起動していれば、アリバイ作りとして、985と最後の「★ゆうたまさんへ」の書き込みは可能と思います。バカふりさんがそこまで気を回せるかは疑問ですが(笑)

ひょっとしたら、バカふりさんと赤木さんは同一人物ではないかと考えています。
強引な議論?・論旨の進め方と蒲田暑での捏造疑惑に対する対応がよく似ているように思われます。
誰かさんに、「陰謀脳の妄想」と言われるでしょうが(笑)

尚、989で某掲示板は容量オーバーのため書き込みができない状態になっています。
明日には、14か114の新しいスレッドができているでしょうが。
2008/08/19(Tue)20:30:31 編集
[No name] Re:赤木さんについて
こんばんは。

貴重な分析をありがとうございます。
ほんと、参考になります。ありがとうございます。
ほとんど同一人物なんでしょうね。私もそう思います。
いやぁ、暇そうな方ですね。

しかし、いつまで続くんでしょうね。2ちゃんのあのスレ・・・。
【2008/08/19 22:54】
★捏造行為はあったと思います
NAME: 熊八
青木警察官は、蒲田駅事務室で植草氏から「自白」と言えるものを聞いた、と言っています。

自白は、警察実務上、最重要とされるものですよね。ところが、青木警察官はその自白をメモにすら取っていない。もし本当に自白を聞いていたとすれば、あまりにも軽率な扱いではないでしょうか?

かつ、蒲田警察署での取り調べにおいて、蒲田駅で自白したことには、一切触れられていない。もしも駅で自白があったとすれば、絶対に、その点が攻められるはずではないでしょうか?

以上から、青木警察官は実はそのような自白を聞いていなかった、と考えるのが自然であると思います。
となると、そのような自白があったとする取り扱い状況報告書も、大変残念なことながら、捏造だと考えるのが自然であることになります。

私はmojoさんのお考えとは少し違って、警察が検察の許可なく勝手にそんな捏造行為をするのか?という点に懐疑的なのですが、いずれにせよ、蒲田駅で自白があったとする捏造行為が行なわれたことは間違いないのではないかと思います。

***

赤木さん(=だからさん)には、かなりたくさん、上記のことをご説明しています。下記の私のブログの記事をよくお読みください。

ttp://livealot.exblog.jp/7060331/
ttp://livealot.exblog.jp/7060337/
ttp://livealot.exblog.jp/7060359/

***

なお余談ですが、私の知り合いの警察官の方が、たとえば殺人事件の死体処理など、検察官はほったらかしで、後始末は全部、末端の我々がしなければならない、とおっしゃってました。
青木警察官も、この「無理スジ」の事件の泥をかぶらされているのではないか、というのが私の見方です。
URL 2008/08/19(Tue)20:11:49 編集
[No name] Re:捏造行為はあったと思います
熊八さんこんばんは。

ありがとうございます。
自白したのを聞いたと言いながら、取り調べの際に取り調べの担当警察官に何もそのことを伝えてないようで、それはさすがに不自然です。
そういった証拠のない『聞いた』『見た』はいくら警察官の言葉であっても信用するに値しないと思います。
【2008/08/19 22:57】
★ゆうたまさんへ
NAME: 赤木
>その、青木巡査の証言に関連した「取り扱い状況報告書」は、むしろ植草さんの言うように、「事件後に捏造された」ようです。(以下、それを裏付ける事情を説明します)

>NAME: mojo
>蒲田事件の状況から判断すると「事件のねつ造」が蒲田署段階で行われたのは確かなのですが、
>どうも『署全体』ではなく痴漢事件を担当する生活安全課を中心とする一部の署員が
>「事件のねつ造」を主導し、検察官はズルズルとそれに引きずられる格好です。
>2008/06/02(Mon)10:50:14 編集

そうですか?ではこの二つの発言は植草氏も同じ考え応援者全員の意見だと理解しました。

ありがとうございました。




2008/08/19(Tue)17:37:38 編集
[No name] Re:ゆうたまさんへ
ねえ。
赤木さんは何しにここに来てるの?
何がしたくて何が言いたいの?
ちょっと答えてもらえませんか?
【2008/08/19 17:49】
★ゆうたまさんへ 忠告ありがとう。
NAME: 赤木
こんにちは。

受け取り方の問題ですね。最初からの流れを読んでください。
>その、青木巡査の証言に関連した「取り扱い状況報告書」は、むしろ植草さんの言うように、「事件後に捏造された」ようです。(以下、それを裏付ける事情を説明します)

こんばんは。この内容は本当なのですか? 匿名性が高いとは言え裁判の根底から揺るがす出来事を書きましたね。
それらを裏付ける事情の説明より明確な証拠を教えてください。

私がmojoさんに対してこのように質問しましたが一向に答えませんでした。そこでもう一方の当事者、つまり植草氏に取り扱い状況報告書は事件後にねつ造されたと思っているのでしょうか。もし思っているなら根拠を公の場で示してほしい。万が一、そのように思っていないなら支援者mojoさんに対して抗議をするか否か。
もちろん氏に対し身分を明かすつもりですよ。

誤解は解けましたか?でも警察に聞くなんて考えもしませんでした。良いことを教えて頂きましたが当然守秘義務があるので答える所か逆に“あやしい者”として事情を聞かれるでしょう。そのときは保身の為に「応援ブログ」の内容から掲示板で何が書かれているか話すつもりです。場合によってはパソコンで検索も手伝うつもりです。

2008/08/19(Tue)17:10:56 編集
[No name] Re:ゆうたまさんへ 忠告ありがとう。
ん?
もう一方の当事者が植草さん?
なんか日本語が変じゃないですか?

前のコメントではそのようには受け取れませんでしたが。
【2008/08/19 17:18】
★真実を教えてください
NAME: 赤木
>その、青木巡査の証言に関連した「取り扱い状況報告書」は、むしろ植草さんの言うように、「事件後に捏造された」ようです。(以下、それを裏付ける事情を説明します)

これはウソですね。ウソというより出まかせ、ハッタリでしょう。もし事実なら喜んでその根拠を書くでしょう?

2008/08/19(Tue)17:05:48 編集
★「蒲田署」発
NAME: mojo
赤木さま

もしかしたら、「赤木」というのは「青木(巡査)」にかかっているのでしょうか?

>このような答えになると思いもう一方の当事者に聞いてみます。
>それと蒲田警察署からあなたに掛かってきた電話の内容は本当ですか?あなた一人が聞いただけでは俄に信じられません。

どうも赤木さんの『関心のポイント』は、「蒲田署がらみ」のようですね。そうなると、

ーーーーーーーーーー
>NAME: mojo
>蒲田事件の状況から判断すると「事件のねつ造」が蒲田署段階で行われたのは確かなのですが、
>どうも『署全体』ではなく痴漢事件を担当する生活安全課を中心とする一部の署員が
>「事件のねつ造」を主導し、検察官はズルズルとそれに引きずられる格好です。
>2008/06/02(Mon)10:50:14 編集
ーーーーーーー

これを『熱心に』、某掲示板で宣伝していただいているのも、あなたか、そのお仲間ということですね。感謝しています。

私としても、この事件に「警察の捏造」の可能性がある事を、繰り返し書き込んでいただけるのは、助かります。

と、いうことで、赤木さんのいう「もう一方の当事者」からのご返事、楽しみにしていますね(笑)

あぁ、あとできれば「パスネットに記載された“時刻”」についても、ついでに聞いていただければ、

『どちらが、正しいのか?』

が、より明白になると思うのですが(笑)
是非、赤木さんの「コネ」で、貴重な情報が公開されることを願って止みません。


◎「もう一方の当事者」を整理

アンチの場合、曖昧にしたまま「もう一方の当事者が誰か?」という問いに窮すると「隣のネコ」とか言い出しかねないので、ハッキリさせておきましょう。

赤木さんとの議論のテーマは「青木巡査の証言を裏付ける内容」として

 ・京急の駅員
 ・別の警官
 ・逮捕者二人
 ・場合によっては、被害女性

これらの人が「聞いているかどうか」が問題だったのですが、この場合、赤木さんは「もう一方の当事者」と表現している以上、これらの人の「裏付けの有無」ではなく、

植草さんと、青木巡査双方の「主張」が対立している

この事に関わる「当事者」だというのが、赤木さんのコメントからは判断できます。

で、私は「支援者側」なので植草さん側として、赤木さんの指す「もう一方の“当事者”」となると、唯一、『青木巡査』だということになります。


赤木さんのコメントの特徴は「裁判の根底から揺るがす出来事」、とか「でも安心してください。このような答えになると思いもう一方の当事者に聞いてみます。」などのように、少々オーバーな表現をするタイプだという印象を受けます。

もしも、単に「蒲田署に電話してみる」程度のことを、上記のような「聞ける立場」とも取れるような思わせぶりな書き込みを、ワザとなさっているのなら、最初から「答えられない」のは、ご自身が一番分かっているのでしょう。単に「電話で聞くだけ」程度の話なら、その旨、正確に書いてくださいね。

では、「もう一方の当事者」が何と言っているのか、「蒲田署の話題」に敏感な赤木さんからのご報告を待つことにしましょう。
2008/08/18(Mon)13:54:16 編集
★返事が遅れてすみません。
NAME: 赤木
>その、青木巡査の証言に関連した「取り扱い状況報告書」は、むしろ植草さんの言うように、「事件後に捏造された」ようです。(以下、それを裏付ける事情を説明します)

mojoさん

こんばんは。この内容は本当なのですか? 匿名性が高いとは言え裁判の根底から揺るがす出来事を書きましたね。
それらを裏付ける事情の説明より明確な証拠を教えてください。

このように書きましたがあなたからは
>裁判の根底から揺るがす出来事を書きましたね。

ここだけ取り上げるのは余ほどの失言と気がついたのですね。でも安心してください。このような答えになると思いもう一方の当事者に聞いてみます。

ゆうたまさんへ
読みましたけどmojoさんが言いたい事がさっぱりわかりませんでした(笑い) それと蒲田警察署からあなたに掛かってきた電話の内容は本当ですか?あなた一人が聞いただけでは俄に信じられません。

2008/08/18(Mon)12:22:17 編集
[No name] Re:返事が遅れてすみません。
こんにちは。

>蒲田警察署からあなたに掛かってきた電話の内容は本当ですか?あなた一人が聞いただけでは俄に信じられません。

はい本当です。
信じられなくても本当なので仕方がないと思います。
嘘は一言も書いていません。

最初の一回だけは突然かかってきましたので録音はしていませんが、
その時は『あなた○○さんだよね?』などとぶっきらぼうに名前などを聞かれました。
しかし一切答えず、とにかく私からかけなおすと伝え、切りました。

すぐにある方にご相談させていただいたところ、警察との会話の内容は双方向で録音して証拠を残す事が大事だとアドバイスしていただきましたので、その後の会話は全て携帯に機器を接続し、録音しながら話しました。
会話の内容は全て残っています。

因みに私は嘘は書かない主義です。
別に立派な考えで嘘をつかないのではなく、頭もあまり良くないので、嘘を書くと、ついた嘘を覚えておくのも大変ですし、さらに嘘をつかなきゃいけない場面も出てくるから嘘は面倒なのです。

で、もう一方の当事者とは誰ですか?
この事件に関わる警察の方と知り合いのあなたがこういう書き込みをするのは問題だと思いますよ。
本当に知り合いなら・・・ですが。

あまり警察に関連して嘘八百は書かないほうがいいと思いますよ。
親切心からの忠告です。
あとあと問題になっても知りませんよ~。
【2008/08/18 15:20】
★他の証拠は信用できますか?
NAME: mojo
植草さんの事件に限らず、私たちが「えん罪」を見分ける方法として有効だと思われる内容をご紹介します。


当然ですが、私たちが知ることの出来る「事件の情報」というのは、「警察→報道機関→記事」という段階を経る場合がほとんどです。この場合、それぞれの段階で「マズい情報は削られる」可能性があることを頭の片隅に入れて読む必要があります。

そもそも私が『植草さんの事件は、慎重な判断が必要』だと考える“根拠”として「捜査機関の問題」があります。でも、個々のニュースを見るときには「コイツは、こんな悪いことをした」という報道はされても「過去、同様の事件では、ズサンな捜査の結果『えん罪』だった・・・」このような“解説”が付くような記事は、まず目にすることはありません。

事件の報道を見る場合、捜査や報道などに関連した「予備知識」のある人なら、その容疑が「間違いない」のか「慎重に判断しなきゃ」なのかを、分けて見ることが可能となります。


「植草さんは、冤罪の可能性が高い」

これを、分かりやすく説明するために、1年前のサンプロの番組紹介のサイト「言論は大丈夫か」より、一部ご紹介します。
ttp://www.jca.apc.org/stopUSwar/Japanmilitarism/judiciary0708.htm

ーーーーーーーーー
警察は裏木戸を逃走経路と主張、裏木戸を通り抜ける再現実験をし、その写真を証拠として提出していたのであるが、日本テレビの再現実験では通り抜けるのは無理だった。裏木戸は止め金で開かないようにしてあり、警察が証拠として提出した写真には止め金は写っていなかった。警察による再現実験はウソだった。写真は警察に都合のいいようにねつ造されたものだった。 
 日本テレビ報道局袴田直希局次長「組織的に写真を撮る人がいて(裏木戸を)潜る人がいて、その人たちはみんなウソをついて証拠をねつ造した。一件についてねつ造した人たちが出してきた他の証拠は信用できますか?」
ーーーーーーーーー

少なくとも、我が国の捜査の現状では、このようなケースが起きる場合もある事を知っていれば、いくらアンチが「単なる痴漢事件」と(だけ)わめこうとも「おかしいものは、おかしい」という考えが変わることは、決して有り得ないのです。
(むしろ、アンチが少数派で『特殊な事情(行為に損得が絡む)』だと考えたほうがスマートでしょう。言論弾圧とか)


>一件についてねつ造した人たちが出してきた他の証拠は信用できますか?

私のブログのトップに載せてある『事件の疑問点』
ーーーーーーーーーーー
(単なるチカン事件なのに)
・どうして、検察の目撃者が供述内容の変更をするのか?
・どうして、目撃者と逮捕者の「犯人の位置」が違うのか?
・どうして、T氏が前日出頭の事実を隠す必要があるのか?
・どうして、「目撃者の位置」そのものが不自然なのか?
・どうして、被害者の証言を公表できないのか?
・どうして、手や服に無い繊維がネクタイに付着したのか?
・どうして、警察と検察で犯人の位置や状態が違うのか?
・どうして、逮捕者は目の前の協力者の言及を避けたのか?
・どうして、蒲田警察は「110番通報」を隠すのか?
・どうして、メモも無い青木巡査を公判で証言させたのか?
・どうして、検察はパスネットの記録の公表を渋るのか?
・どうして、目撃者T氏の見た車内は「ガラガラ」なのか?
・どうして、現職の警官がウソ情報をリークしたのか?
・どうして、こんなに多く疑問点があるのに『有罪』なの?

(さらに、客観的な疑問点として)
・傘や鞄を持っている状態では、痴漢行為そのものが無理
・目撃者の犯人に対する記憶が曖昧すぎる
・痴漢行為が早過ぎる←電車が動き出してスグは非現実的
・当時の混み具合では、絶対に77cmの空間は有り得ない
ーーーーーーーーーーー

こんなに『相互の矛盾点』の指摘されるケースでは、普通なら何か検察側の立証に『問題がある』と考えないことには説明がつきません。

事件が起きて、もう二年が過ぎようとしていますが、事件直後は「もう少し情報が出ないと」と見ていて、その後出される情報が「増えるほど」ますます、植草さんの主張を裏付けるものばかりです。(検察が出した証人や証拠が『相互に矛盾している』など。)

ーーーーーーーーー
番組では、推定無罪の原則が守られているアメリカの裁判を紹介している。
 アメリカでは、検察に全証拠の開示義務がある。
 デラーノ弁護士「もし、被告に有利な証拠を検察官が法廷に出さなかったら、憲法違反で重罪に問われます。」
 さらに、取り調べの録画、録音がアメリカの多くの州で実施された結果、自白の任意性を巡る争いが無くなり、裁判の迅速化に役立っていると報告している。
ーーーーーーーーー

小泉氏が典型ですが、今の与党(自・公政権)は、「アメリカ追随」が目に余るという事も批判される理由です。でもこのような「良くなる可能性のある制度」などに関しては、決して受け入れません。やはり、彼らの「善し悪しの判断が、一般常識とは逆」だということです。

人間の体で言えば『ガン細胞』なのでしょう。一刻も早く治療(政権交代)しなければ・・・
2008/08/18(Mon)12:04:51 編集
★冤罪支援で、最も『重要』なこと
NAME: mojo
「うーん」さん、貴重な批判の意見、ありがとうございます。

>きっとここを読んでいる人の大部分はmojoさんの長文はよんでないんじゃないかな

「うーん」さんに限らず、多くの「ネット・ユーザー」がそうであろうという事は、私も理解しています。

(炎上時に、最初に書いたのですが)私は「アンチは読まなくていいよ」という意味で、当初は「長文連投」という、メンドーな文章を連投していました。案の定「ウザイ奴」という評価を、アンチさんからいただきました(笑)

でも、今は「同じ長文」でも、当時の「アンチ対策」とは全く意味は異なります。『必要な人が、必要になった時』に、参考になるような『資料』としての意味が主です。これは、私のブログ(備忘録)もそうです。
(時々、嫌がらせが入るので、そういう「火の粉を払う」ことは、どうしても必要なので、それはいずれ整理したいと思っています。)


例えば、裁判に関係した報道などがされた時に、「ああ、まだやっていたのか」と訪れる人も増えるでしょう。その際、

 植草さんのブログ
   ↓
 応援ブログ(ゆうたまさん)
   ↓
 私のブログ(備忘録)

これとは別に、「植草一秀/裁判」などのキーワードで『検索』した時に、“偶然”私の過去の発言やブログなどに興味を持つ人も出てくるでしょう。


きっと、私のコメントやブログに興味を抱く方は、報道された内容に「???」の人たちがほとんどだと思います。つまり「事件に懐疑的な人たち」です。

これらの人は、きっかけさえあれば「おっ、面白い(ディープな)サイトがあるじゃないか」と、見てくれると思います。

(これは、私自身が「検索」などで興味を持ったサイトを集中的に見る経験からも言えます。)

つまり、ネット特有の「偶然目に入る」ことも含めて『残しておくこと』が、最も大事だと思っています。

幸い、私の名前(mojo)や、植草さんの名前で検索すると、コメントやブログが、けっこうヒットするようになりました。


「うーん」さんから見て、私の行為が『空回り』に映ったり、それが『気の毒』と感じるは、それは「自身」の価値観なので、私がどうこう言う事ではありません。それに、今どきの「ネット感覚」からは、ズレているのでしょう。きっと、大部分の方は「うーん」さんに同意されるのかもしれません。

「ネット感覚」として私が『変わり者』だとしても、本題の「植草さんは冤罪」と感じている人は、思いのほか多くなっているようです。

つい先日(名前は伏せてですが)私が「植草さんって、冤罪だという事をブログに書いている」と言ったら、「確かに、ハメられたっぽいみたいだよね」と、何となく、そういうムードの情報は耳にしているようで、逆に意外だったくらいです。(どうやら、やはりネットで、そんな印象を持ったそうです。)

やはり、私が最も重要視しているのは「人が伝えない事実を掘り起こすこと」と「それを“記録”に残すこと」だと思っています。

仮に「長文だから、読まない」という人ばかりなら、裁判資料なども当然読まないでしょう。むしろ「読んでくださる人」が、参考にしてくだされば、それでも私は十分だと考えます。


まさか、「うーん」さんは、アンチさんのように

>mojoが植草擁護の足を引っぱっている

とはお考えではないでしょう(笑)

だって、「うーん」さんのおっしゃりたい事は「みんな長文を読んでいない」から「(mojo自身が)空回りしていて、『気の毒』に思う」という趣旨で批判されているのでしょう。つまり「せっかくの文章が読まれない」という意味として。

私は、自分の発言は「目先のこと」ではなく「将来の、貴重な情報」として、残しておく必要があると考えています。(=アンチネタは除く)


「冤罪支援で、最も『重要』なこと」というのは
    ↓
「報道」などで伝えられない『真実』や、正確な事実を
「伝える」または「残す」ことだと思います。


その意味では、ネット(ブログ)というのは、非常に『有用』だと思います。

貴重なご意見、ありがとうございます。
今後は、より「簡便な文章」になるように努力したいと思っています。
2008/08/17(Sun)13:41:08 編集
★mojoさんって
NAME: うーん
ベンジャミンさんと似ていますね
かれの話は、まず
この中に911がアメリカの仕業である事を疑っている人はいませんね
から始まります
聞き手がすでに彼の信者である事が前提なのです
だからmojoさんがどんなに彼なりのやさしい表現をしても
ちぐはぐになってしまうような気がします
もどかしいだろうけど仕方ないですね
きっとここを読んでいる人の大部分はmojoさんの長文はよんでないんじゃないかな
なんか空回りしていて気の毒な気がします

しかし植草さんも911はアメリカの陰謀と信じてるんだろうか?


2008/08/17(Sun)12:34:57 編集
★「自殺未遂」の考察
NAME: mojo
青木巡査の証言とともに、やはり「駅事務所」のエピソードとして、自殺未遂があります。

この事も、当初から「本人にしか分からない」と、私たちは主張していましたが、一部、分からず屋(理解出来ない?)が存在しますので、考察してみました。

『自殺未遂』は、不自然なのか?
(植草さんの『混乱』と『揺り戻し』)
ttp://koufu.exblog.jp/8473906/

ーーーーーーー
取り調べ時の『自殺(未遂)』は、「冤罪の疑い」のある人のケースが圧倒的に多いようです。

このエントリーでは、「植草さんの自殺未遂」という行為が、果たして「不自然なのか?」ということをテーマに考えたいと思います。
ーーーーーーー


アンチさんは「気持ち悪い」と、私のブログを見に来る事は無いでしょうから、「こういう解釈もある」と、事件を多方面から知りたい人の「植草事件」全体の考察の一助になれば幸いです。。
2008/08/16(Sat)18:30:50 編集
★ご要望に沿って
NAME: mojo
赤木さん、簡単にお答えしますね(笑)

チョット焦った(ファビョッちゃった)のでしょうか?
私の文章を良く読まずに、かなり感情的に「青木証言の疑惑」に食いついているように映りました(笑)


>裁判の根底から揺るがす出来事を書きましたね。

これは、赤木さんも「青木証言がウソなら、植草さんの無実の証明になる」という事を理解されているのでしょう。


(赤木さんが「読み違い」に気づいて、削除・修正すると思っていたのですが、気づかないようなので)

>上記の人が聞いていたとの推測はおかしいと思うのですが

私のコメントを読んだ、ほとんどの人が「赤木さんの勘違い」だと分かっていると思うので、本当は「良く、読み直してくださいネ」でいいのですが・・・

正しくは「上記の人が聞いていたという“記録”が無い」という意味です。


↑↑↑ ここまで ↑↑↑

(「長文はやめて短く答えて」とのことなので、以下は、赤木さん“以外の方”に読んでいただければ幸いです。)

つまり、彼らの(一人でも)が聞いていたという「供述が有るのなら、重要な裏付けになる」という事です。

それが裁判に「出されていない」のは、

「有るけど、出さない」のか
「裏付ける、供述そのものが無い」

このどちらを『合理的』と考えるかです。


検察は、彼らにとって最も重要な「被告人質問」の際、むしろ「事件とは無関係」な話題に時間を費やしたと記憶しています。

(駅員でも、逮捕者でもいいけど)
例えば、この反対尋問の際に、検察官が植草さんに「青木巡査とのやり取りを、ナニナニさんは、こう証言している」なんて、(そういう事実が、存在するのなら)『隠し球』として出すのは、かなり効果的だったと思います。

もしも「反対尋問」で、このような検察の主張を“補強”、または、植草さんの言い分を“否定”するような『事実』が出されたのなら、(10年前とか、事実関係が怪しげな内容の)報道記事よりも、『決定的な事実』として、大きくスポーツ紙で報じたでしょうね。・・・それが無いということは、あの公判では「目新しい事実」が出なかったということでしょう。


まぁ、
>①警官一人しか聞いていただけ。
>②メモ一つ取っていない状況だった。

もしも、こんな一方的な内容で『世間を納得できる』と考えているのだとしたら、検察官も「チョット???」感覚を疑われても仕方ないですね。

でも、確かに「品川事件」では、志賀警官などの「二転三転」の証言だけを一方的に採用して『有罪』としてしまうような“状況”が、彼らを「浮き世ばなれ」させてしまう原因なのかもしれませんね(笑)

これに関しては「白バイ冤罪事件」と同じようなパターンです。
2008/08/16(Sat)18:25:26 編集
★無題
NAME: 赤木
>例えば、青木巡査の言うようなストーリーとして「何度か質問して、不快感を与えたと認めていた」というのが本当で、それを植草さんが「知らばっくれる」というのは、逆に植草さん自身にとって『何のトクも無い』のです。なぜなら、

 ・京急の駅員
 ・別の警官
 ・逮捕者二人
 ・場合によっては、被害女性

これらの人たちが「私も聞いたよ」と言えば、完全に植草さんが『ウソを言っている』と認定されるでしょう。

mojoさん、確か①警官一人しか聞いていただけ。②メモ一つ取っていない状況だった。
氏を応援されている方が強調されていましたね。にもかかわらず上記の人が聞いていたとの推測はおかしいと思うのですが
勝手ながら長文はやめて短く答えて頂けば幸いです。


2008/08/15(Fri)21:05:07 編集
[No name] Re:無題
mojoさんからお返事入ってます。
読んでくださいね。
【2008/08/16 22:58】
★それは本当の事ですか
NAME: 赤木
>その、青木巡査の証言に関連した「取り扱い状況報告書」は、むしろ植草さんの言うように、「事件後に捏造された」ようです。(以下、それを裏付ける事情を説明します)

mojoさん

こんばんは。この内容は本当なのですか? 匿名性が高いとは言え裁判の根底から揺るがす出来事を書きましたね。
それらを裏付ける事情の説明より明確な証拠を教えてください。

2008/08/15(Fri)19:22:56 編集
★ねつ造ぐっちー氏
NAME: ライト
現在、発売中の月刊宝島にぐっちー氏のねつ造記事のことが書かれてますね。

池田氏や植草さん、有名ブロガーたちがぐっちー氏の嘘を暴露・・。

ぐっちー氏の本名も会社名も明らかにされています。

明らかな嘘を書きながら恐ろしいほどの開き直りし、ブログを続けているぐっちー氏はどういう神経をしているのでしょうか。
アエラは、読者からの問い合わせなどなかったと嘯き。
嘘つきを雇う者もまた嘘つき。
ほんと嫌になっちゃいます。

mojoさん、細かな分析、すごく参考になります。私などはただ資料などを読むことしかできないので、、すみません。

ゆうたまさん、お大事に。夏風邪ってひつこいですよね。
2008/08/15(Fri)13:36:02 編集
[No name] Re:ねつ造ぐっちー氏
教えてくださってありがとうございます。
あれって、ぐっちー恥ずかしくないのかなぁと思い出すたびいつも思ってしまいます。
普通恥ずかしくないですか?
私だったら恥ずかしくって恥ずかしくってしょうがないと思う。
ぐっちーを起用しているところももう少し考えたほうがいいと思いますね。
読者の抗議をなかったことにして雑誌が続くとは思えません。
【2008/08/15 16:54】
★事実ではない「取り扱い状況報告書」
NAME: mojo
先日話題になった、蒲田署の(ゆうたまさんへの、聴取の電話をした)星野警官って、カンジからすると「組織にどっぷり系」みたいですね。何となく中年のオジサンという感じがします。

少なくとも「交番勤務」の若いおまわりさんは、私たち『一般市民』に対して、上から目線でしゃべったりしないですね。(道を尋ねた時にも、とっても親切な応対でした。)


蒲田署の警官の星野氏の“妙な”自信のあるセリフ

>色々調べてるからわかってるんだけど、あいつは絶対やってるんだよ

なら、その“成果”を、上告審で出してみればいいんじゃないかなぁ?
まぁ、ハッタリだとは分かってますが(笑)

それとも、一審で出されたのが、手持ちの「す・べ・て」だとしたら、随分と、その自信も空回りしているのかも。


そうそう、蒲田署の警官といえば、『青木巡査』の、例の「認めた発言」がありますね。どうも、あれは「身内」として、頑張りすぎちゃったようですね。

その、青木巡査の証言に関連した「取り扱い状況報告書」は、むしろ植草さんの言うように、「事件後に捏造された」ようです。(以下、それを裏付ける事情を説明します)

ここのところ、過去の資料を見ていたのですが、一審の“初公判”に合わせて、植草さんは「意見陳述書」というのを提出しています。これは、植草さんがまだ勾留されていた最中で、初公判のあった「2006年12月6日」よりも前に作成されたものです。

この中の、駅事務所内での出来事のうち、

ーーーーーーーーーーー
駅員が外側を見ているすきに、ネクタイをはずして、そのネクタイで自分の首を絞めて自殺をはかりました。ところが、その途中で駅員が気付き、力づくで阻止されました。私は放心状態に陥りましたが、まもなく警察官が来て、事件については何も聞かれることなく、警察署に連れていかれました。事件について私は当初より一貫して無実を主張して現在に至っております。
ーーーーーーーーーーー

いくら酔っていたとはいえ、さすがにこの状況だと酔いも醒めるのは当然です。(多分、酔っていたクセに都合の良いところだけ覚えているなんて、トンチンカンな考えをするのは、アンチさんとか「特殊な事情」のある人だけでしょう。どうしても、植草さんを有罪にしたいと思っている人だけです。)

確か初公判の頃は、当時の弁護士さんとも「思うように面会できない」状態だったと「弁護人交代」の際におっしゃっていました。

例えば、青木巡査の言うようなストーリーとして「何度か質問して、不快感を与えたと認めていた」というのが本当で、それを植草さんが「知らばっくれる」というのは、逆に植草さん自身にとって『何のトクも無い』のです。なぜなら、

 ・京急の駅員
 ・別の警官
 ・逮捕者二人
 ・場合によっては、被害女性

これらの人たちが「私も聞いたよ」と言えば、完全に植草さんが『ウソを言っている』と認定されるでしょう。


実際に被疑者を「取り調べる」立場の方なら良く分かると思いますが、ウソを言う人は、都合の悪いポイントは「リスクは冒さず、話を曖昧にする」ものです。相手が何を「知っているのか?」という不確定な要素に、自分のほうから踏み込んでしゃべることはしない。

仮に植草さんが、駅事務所で「認めていた」ということが事実なら、この

>まもなく警察官が来て、事件については何も聞かれることなく、警察署に連れていかれました。

というのは、むしろ『触れないほうが得策』なのです。


拘置されている状況で、弁護士さんともあまり接触が無く、実際に検察の主張が(駅事務所内に限っても)どのようなものか分からない状態では、「事件について何も聞かれていない」と言ってしまうのは、植草さんにとって『リスクだけが高くなる』ことです。

このように、「情報を知らない段階」の植草さんの言葉こそが『真相に近い』ものだと思います。


ついでに、植草さんは「取り調べの状況」として

ーーーーーーーーーー
検察官は、「否認を続ければ、裁判で私生活を攻撃して家族を徹底的に苦しめてやる」と学校等でのいじめを意図的に誘発するとも受け取れる発言を繰り返し、また警察官は、「否認して裁判になれば必ずマスコミのえじきになる」、「否認すれば長期の勾留となり小菅に移送される」と繰り返し述べ、罪を認めることを迫り続けました。
ーーーーーーーーーー

検察官は、何としても『自白』させたかったのでしょう。

これが何を意味するかというと・・・実は「犯行を裏付ける“根拠”」が、ほとんど無いという事を意味しているのです。

そして、冒頭の蒲田署の星野氏の言葉も『単なるハッタリ』なのです。
2008/08/14(Thu)19:28:03 編集
[No name] Re:事実ではない「取り扱い状況報告書」
正解です。
中年のおじさんでした。
だいたい『任意』で事情聴取に応じてほしいなら、あの口のききかたはないと思います。
絶対話すもんか!ってなるような話し方でしたよ。

>検察官は、何としても『自白』させたかったのでしょう。 これが何を意味するかというと・・・実は「犯行を裏付ける“根拠”」が、ほとんど無いという事を意味しているのです。

これも当たりでしょうね。
【2008/08/14 23:22】
★『事実』と『希望』が混乱してますね
NAME: mojo
(ネット利用者を前提にすれば)多くの『日本人』が、以下の話題はご存知だと思います。

「総務省や文科省もWikipediaを編集していた 「WikiScanner」日本版語版で判明」
ttp://megalodon.jp/?url=http%3A%2F%2Fheadlines.yahoo.co.jp%2Fhl%3Fa%3D20070829-00000072-zdn_n-sci&date=20070829210908

Thatsさんも、もちろんご存知でしょう。

関連する話題として、以前ひらりんさんが、取り上げていらっしゃったのですが、
ーーーーーーー
ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/287/
★ネット活動するアンチさんの本業を知りたい
NAME: ひらりん

「介護保険料の引き上げをねだる舛添陽一こそ介護が必要」
ttp://minnie111.blog40.fc2.com/
ーーーーーーー

こういう話題も踏まえて考えてみると、植草さんの書かれた文の「根拠の有無」も、普通なら「根拠がある」と判断するでしょう。

これは「事実と推測」を段階的に分けると分かりやすい。

<第一段階>
・お役所の職員が『仕事中』に、ネットの業務外のサイトを見るだけではなく、掲示板などに書き込みをしていた・・・これは、客観的な“事実”です。

<第二段階>
・「書き込み」をするなら、彼はその何倍もの「サイトの閲覧」をしている・・これは、かなり確率の高い推測

<第三段階>
・この「サイト閲覧」の中には、自分の考えとは違う、または、気に入らない“主張”をしているサイトを目にすることも多い・・・これも、かなりの比率で「よく有り得る」ことです。


さぁ、問題です???

(可能性、その1)
公務員は『モラルが高い』とされているので、例えば、自分たちの所属する役所に対する批判などを見ても「わが国は『言論の自由』が保証されているのだから、よろしい」と考える。

(可能性、その2)
『匿名』ということで、自分の役所の批判に対して『反論』や『言い訳』を書き込む・・・という人も、中にはいる。



少し前まで、まさか、「どの組織がWikiを編集しているか?」など、分かるハズが無いと思っていた人たちが、手軽に書き込んでいただけに、余計に『分かりやすい』実態が暴露されてしまったのでしょう。(「悪いこと」とまでは言えないにしても)匿名をいいことに「やましいこと」をすると、必ず自分に戻ってくるということです。

Thatsさんは、「事件の矛盾」よりも「スポーツ紙の記事」を鵜呑みにするタイプみたいなので、上記の「WikiScanner」の記事そのものは、(植草さんを犯人扱いするのと同じく)否定はしないでしょう。


社会生活を“普通に”送っている人なら、「役所から、ネットに書き込みしていた」という“事実”が判明した場合、「自分たちに都合の良い書き込み “も” することがあるだろう」と考えます。

まぁ、アンチの一部には「スポーツ紙の記事」を根拠に、犯行の『傍証』と思わせるのに必死な方もおられるようですが、まさかThatsさんまで、「Wikiの書き込み」と「事件以外の“報道”」をごっちゃにしているとは考えたくないですね(笑)

現に「名誉毀損」の裁判では、現職警察官が「ウソ情報」をマスコミに流したという事が、裁判で『事実認定』されているのですから・・・


(追記)

そうそう、「アンチの親分」についても、ここでもおもしろい話題がありました。

>世界銀行が竹中平蔵のwikiを改竄-国富を暴力詐欺帝国に供出する竹中平蔵には外患誘致罪適用を!-
ttp://wanwanlapper.seesaa.net/article/103236969.html

↑この人、「世界銀行」から「ヤ×ザ」まで、なんだか「よろしくない話題」には事欠かない人ですね。
2008/08/14(Thu)15:11:59 編集
★間違いだったらどうするんですか
NAME: Thats
植草氏のブログ
ウィキペディアとは個人が編集しているもので、官僚が編集をしていたという事例もあり、社会問題になりました。
でも
・ 官僚」による「天下り」を正当化するための「作文」と見なして間違いないだろう。

と思い込みで断定するのですか?
間違いないだろうって違っていたらどうするんですか?
植草氏は編集した人が官僚だという根拠があって言っているのでしょうね。
根拠もないのに断定しているわけじゃあないでしょうね。

植草氏は痴漢にほぼ間違いないだろう。
これと同じことです。
2008/08/14(Thu)10:59:35 編集
★無題
NAME: だから
おはようございます。ゆううたまさん

風邪をひき体調を崩されたようですが回復されましたか。
以前、熊八さんに立ち位置の件を尋ねようとしましたが約束を守らず失礼しました。でもあの書き込みをしてからよーく考えたのですが熊八さんとは論点と言うべきか主張というべきは言い表せないのですが永遠に続く投稿となり、ゆうたまさんにご迷惑かけるのではないかと思い書き込む事をやめました。  
それと「だから」という名前を変えたいと思います。聞き返すだけの印象が濃くちょっと反省してきました。
そこで今後は赤木と名乗らせて頂きますので宜しくお願いします。
2008/08/14(Thu)07:41:11 編集
[No name] Re:無題
こんばんは。
ありがとうございます。
風邪は全然治りません(笑)百日咳じゃないかと思うほどです^^

コメント欄は自由に使っていただいて結構です。
何も遠慮していただくことはありませんので、気にしないでくださいね。

赤木さんですね。
了解しました。今後ともよろしくお願いいたします。
【2008/08/14 23:32】
★星野警官の『自信』って、一体?
NAME: mojo
昨日の続きですが、こちらに・・・

>『僕はねぇ色々調べてるからわかってるんだけど、あいつは絶対やってるんだよ』

この『自信』って、いったい何でしょうね(笑)

星野氏自身が「色々調べてる」から「あいつは絶対やってる」なんて、そんなに自信があったのなら、どうして公判では

・逮捕者は、二人とも(当初)証言を拒否
・名乗り出た“目撃者”の調書を、一日誤摩化した
・手や服に付着していない繊維が、ネクタイにだけ付着
・持ってたノートにも記述していない、青木巡査の
 「認めた発言」のナゾ
・控訴審で、どうして検察が『逃げ腰』だったのか?

(星野氏の自信とは裏腹に)

「絶対の自信」があるハズなのに、このような『怪しい要素』ばかりが残って、むしろ『冤罪の典型』のような裁判の進み方になっているのでしょうね。


そもそも、「捜査員を、地方まで派遣する」必要って、あるのでしょうかね(笑)
都内(品川ー蒲田間)で起きたチカン事件の捜査に、地方の知人から何か「痴漢の裏付け」が取れると、この星野氏は「本気(マジ)で」思っていたのでしょうか?

もしかしたら「裏×ネ作り」のためとか・・・たしか、『ニセ協力者』とは別に、出張旅費を利用するというのも聞いたことがあります。


いずれにしても、この星野氏は「痴漢捜査」を名目に、何か『別の目的』があって、植草さんのプライバシーを、片っ端から探ったということだけは確かです。

果たして、このような行為は『行き過ぎの捜査』とはならないのでしょうか?

(以前も触れたことがありますが)
植草さんのPCは、130日以上拘束された後も、返却されていなかったそうです。

ーーーーーーーーーーー
 私が主宰しております零細なレポート発行事業につきましては、顧客データが押収されたままの状況で、会員の皆様には大変なご迷惑をおかけしておりますことに心よりお詫び申し上げます。
(2007年1月24日、保釈後のメッセージより)
ーーーーーーーーーーー

このように、植草さんに関係する『人脈』『PCデータ』などから、何を探りたかったのでしょうか?

例えば「痴漢事件に関係する情報」だけなら、むしろ1週間もあれば済みます。

起訴直前になって「家宅捜索」をしたり「交友関係を探る」というのは、その段階で「もっと情報が必要」だからでしょう。

つまり、蒲田署の星野氏の『自信』とは裏腹に、実は「起訴さえ危うい」状態だったのでしょう。だから「痴漢事件で、地方の知人」にまで連絡する必要があったのでしょう。

こういう、警察・検察の『事情』を見ても、とても「植草さんが犯人」と言えるような要素が、ほとんど無い事件だという事が分かります。
2008/08/14(Thu)00:06:47 編集
★こんばんわ
NAME: しろくまアイス
このスレのユータマ考察って全然合ってないんでしょう?
不正解の連続なんじゃないっすか?

素晴らしい考察って誉めてるおバカもいるみたいだけど。

ところでみなさんも夏風邪ひかないようにね。

ボクは一週間も寝込んじゃったw
2008/08/13(Wed)22:52:45 編集
[No name] Re:こんばんわ
しろくまさんこんばんは。

ユータマ考察見ましたが、全然合ってませんよ。
本人が読むとあまりの見当違いに面白いですよ。
【2008/08/14 23:34】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
国家としての「敗戦責任」を問うはある。しかし勝手に始めて勝手に負けやがって庶民にとっちゃ終わってホッとだから「終戦記念日」でもいいじゃん。
 逆に言うと、その時の国民全員が「敗戦」と思っていて、一人も「戦争が終わってホッとした」って言う人がいなかったら、全員洗脳カルト状態ってことでそれはそれで気持ち悪いよなぁ、。国民にとっては終わってホッとで「終戦記念日」でも良いんじゃないの。  なんでこんなことを書いたかと言うと、反戦な家づくりさんが「貴い犠牲なんて無い」で今日は、敗戦を終戦と言い換えたペテン記念日だ。って書いている。反戦な家づくりさん以外でも今まで何回か読んだことのある言葉と、論法である。 しかし勝った米国、8月14日のニューヨークタイム...
URL 2008/08/18(Mon)08:09:39
自End!のTBP「自民党政治」が9000通過す。10000の5桁は目前、早く5桁にのせ自Endに向けてはずみをつけよう!
 説明文、自民党政治の弊害を検証し、政権交代を促します。「ずーっと同じ政権」って、北朝鮮じゃないんですからネ。の「TBP自民党政治 」です。選挙が近そうです。一日も早く5桁の大台に乗せて「自民党政治に終止符を!」の思いを断固実現しましょう。  8000から32日目で9000通過で、該当エントリーは広島瀬戸内新聞ニュース 現政権に「ノー」!!!さんの「Renewable Energies Solution for nuclear problems... 」でした。  時間は、Date: 2008-08-16...
URL 2008/08/17(Sun)08:13:05
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索