忍者ブログ
[300] [299] [298] [297] [296] [295] [294] [293] [292] [291] [290]

DATE : 2017/08/21 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/09/08 (Mon)
MSNニュースに記事が出てました。
47ニュースにも。

何を根拠に『植草元教授は性的な嫌がらせで人間性を傷付ける言動をする傾向があり、セクハラ癖があるというのは真実』???
大段亨裁判長はどうやって認定したんでしょう?

大段裁判長に、あったまにくるなーなんて思ってるんじゃないです。別に。
そんな人じゃない!とかも言いませんが、

人間性を傷つける言動をする傾向とか・・・・・・・・・・・・・・・・

認定した根拠、知りたいじゃないですか。
それだけ知りたい。すごく。

それと、性的な嫌がらせって、性的嫌がらせされた証人でも出たんでしょうか?
そうじゃなかったらどうやって認定するの?


しかし、今回の判決はきっとこぞって書きますよ~マスコミは。
大体予想がつきます。

追記:高橋清隆さんの記事も出ていました。
是非ご覧下さい。

「名誉回復」判決で汚名を着せる司法の暴走 植草元教授『サンデー毎日』訴訟で=東京地裁
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★やっぱり産経の誤報?
NAME: 熊八
こんばんは。
mojoさん、ひらのさんの記事のご紹介、ありがとうございます。
ちょっとまたわからなくなったことが…

「★誤報では? (【追記】あり)」
ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/295/#comment4
「★「前科」は2件。今回3度目の事件。2度目の逮捕。」
ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/295/#comment28
などで書いたことなんですが、やっぱり産経の誤報なのか……


ひらのゆきこさんも、「セクハラ癖」の認定は、1998年の東海道線の件1件だけが根拠だ、と書かれています。
高橋清隆さんも、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
判決は(1)について「業界では有名」を否定しながら「原告にセクハラ癖があるとの事実は真実であると認められる」と断じた。理由は平成10(1998)年に電車内で女性の両ひざを触るなどして罰金5万円に処せられていることを挙げている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と書かれています。

しかし、産経の記事では、

『大段裁判長は、16年以前にも、都迷惑防止条例違反罪で罰金刑となった前科があることなどから「セクハラ癖がある」と認定。』

と、『都』迷惑防止条例違反で処罰されたことで「セクハラ癖」が認定されたとしています。

しかし、1998年の東海道線の事件では、神奈川県の迷惑防止条例で処罰されているのではないかと思います。
横浜から川崎の電車内で事件は起こっていて、植草氏は川崎駅で降りて鉄道警察に赴いています。

植草氏も弁護団も、98年・04年・06年の3件以外には事件は無く、裁判所に認定もされていない、と明言されています。他の訴訟についての報道でも出て来ません。

したがって、『都』迷惑防止条例違反の処罰歴で、という産経の報道は誤報ではないか?と思います。
判決文ではどうなっていたのでしょうか。
URL 2008/09/11(Thu)19:22:18 編集
[No name] Re:やっぱり産経の誤報?
私も誤報なのだと思います。
植草さん自身がはっきりとこの3回以外にないと書かれていますしね。
これは植草さんの言葉だから信じるのではなく、もし嘘を書いたらマスコミはこぞって突っ込むでしょうから、まず嘘は書かないと思うからです。
まぁそれはいいとして、判決文が見られれば、はっきりするんですけどね・・・。
【2008/09/11 21:56】
★ひらのさんの傍聴記
NAME: mojo
こんにちは。

JANJANのひらのゆきこさんも、新しく記事を出されていますね。

毎日新聞に勝訴!「植草一秀氏名誉回復訴訟」判決 傍聴報告
ttp://www.news.janjan.jp/media/0809/0809086694/1.php


ーーーーーー
毎日新聞はこの判決を不服として控訴の手続きを進めるとのコメントを出していますが、今回の判決で違法性を問われた記述について、その事実を立証することができなかったことを謙虚に受け止め、毎日新聞に求められているのは、控訴ではなく、植草さんに対する謝罪であることを、よく理解してほしいと思います。
ーーーーーー

この裁判に関しては

>現在、上告審で審理をしている刑事裁判を意識した、極めて恣意的な判断による不当判決であると言わざるをえません。

このように感じた人が、多かったようです。

ひらのさんは、直接傍聴した上で、さらに記者との「質疑応答」もご紹介されています。(どのように考えているに関わらず)植草さんの事件に関心を持っていらっしゃる方は、PJの高橋さんの記事とともに、読んで損は無いと思います。



ところで、このJANJANの『話題の記事』のトップにある

>「高知白バイ事件」再現実験 やはり冤罪?

これも、せっかくなので、是非読んでみてください。

「捜査側による、証拠のねつ造」

これが、いかに「安易」に「いろんな場面」で行われているのか、実感できると思います。この事例で、最高裁まで『有罪』判決を出してしまったのは、本当に残念でなりません。

少なくとも、植草さんの有罪を「間違いない」と決めつけているアンチさんで “さえ” この白バイ事件は「冤罪だと思う」なんて言っています。

つまり、我が国で身内である関係者を除けば「有罪判決に理解を示す人」がほとんどいないのが、この「高知白バイ事件」なのです。

特に、現地の四国では、警察・検察に対する強い『不信感』のムードが漂っています。先日、天木直人さんも自身のブログで、エピソードとして取り上げていました。

もはや国家権力は国民の敵ではないか
ttp://www.amakiblog.com/archives/2008/08/post_885.html

>高知から来た人が言う。誰もが警察のでっち上げと思っているのに、皆口をつぐんだままだ。運転手は気の毒だ、と。


最後に、この冤罪被害者の「片岡晴彦さん」のメッセージをご紹介します。
ーーーーーーーー
2枚目に裁判長、裁判官3名の名前です。3枚目は、謄本です。このような事務的な紙切れで、私の1年4ヶ月の刑が確定されました。控訴審、最高裁で、審議されないまま刑が確定され、納得できないまま刑務所にいくことになりました。現代の裁判制度には、失望しました。正義と真実は闇に葬られます。これでは裁判でまともに裁かれることは、難しいでしょう。

今後1年4ヶ月、体力を温存し、気力を充実させ、元気に帰って参ります。2010年の初めには帰って参りますので、その時には、また、よろしくお願いします。
ーーーーーーーー

先日、「富山の冤罪事件」の被害者である柳原浩さんが、国と県を相手取って損害賠償の訴えを起こしました。裁判で「冤罪」を認められた人でさえ、「誰も責任を取らない」我が国の現状に、自ら立ち上がる決意をしたことは、本当に頭が下がる思いです。


 権力が“正義”だというのは『幻影』です。

 どんな立場の人・組織であろうと

 「悪いこと」をする人間は「悪人」なのです。
2008/09/11(Thu)18:09:24 編集
[No name] Re:ひらのさんの傍聴記
記事の紹介ありがとうございます。
エントリーに書かせていただきます。
【2008/09/11 21:45】
★日本人なら植草のブログを読め
NAME: 政治部
日本が危ない。植草のブログを読め
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

この上なくわかりやすい。
ゴミどもが、痴漢やらセクハラ癖などと、植草を必死に誹謗する理由がよくわかるww
2008/09/11(Thu)15:15:21 編集
★それにしても
NAME: 書き込みウォッチャー
時間が経てば経つほど恥ずかしいスキャンダルが認定されてイメージが汚れていきますね。今回は自分で掘り起こした訳ですが…。
こんな人より救うべき冤罪でっち上げ事件の被害者はいるんじゃないですか?
変に擁護しちゃうから勘違いしちゃうんじゃ?(笑)
2008/09/11(Thu)12:33:58 編集
★セクハラ癖認定
NAME: とくめい
朝日新聞は、9日に 「植草元教授の「セクハラ癖」認定」 という見出しの記事をのせました。
見出しを見れば読者は、彼はよくセクハラをしていた、と解釈するでしょう。記事を読んでも同じでしょう。
これでは、植草さんは、裁判によって、逆にセクハラ癖のある人間であると思わせてしまいました。
特に、朝日新聞は過去の名誉毀損裁判の判決について、1度も報道せずに、今回だけ報道したのは、不可解です。
これでは、ますます陰謀説を疑うようになりました。
2008/09/11(Thu)12:32:52 編集
[No name] Re:セクハラ癖認定
セクハラ癖認定って、いったい、裁判所って何するところなんでしょうね?
【2008/09/11 21:50】
★「前科」は2件。今回3度目の事件。2度目の逮捕。
NAME: 熊八
(98年の東海道線事件では植草氏は逮捕されていないとのことです。「1998年事件」ttp://livealot.exblog.jp/7152445/をご参照のこと。ですから、逮捕は04年と06年の2回。)


2ちゃんの124.の方。9月9日につづき、また「前科三犯、今回が四度目」なんてことをお書きになっていますね。

「★誤報では? (【追記】あり)」ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/295/#comment4で既に申し上げたことなのですが(そして当然お読みだと思いますが)、これは産経新聞がまぎらわしい書き方をしているだけだと思います。

(「★誤報では?」以降の、「うーん」さんとのやりとりなどもお読みください。)

つまり、産経は、

『サンデー毎日は平成16年5月2日号で、植草被告に「セクハラ癖があり、業界では有名」などとの記事を掲載した。大段裁判長は、16年以前にも、都迷惑防止条例違反罪で罰金刑となった前科があることなどから「セクハラ癖がある」と認定。』

と書いているわけですが、この後段の意味は、

<平成16年以前に都迷惑条例違反などの前科(犯罪行為)がある>

(「以」前だから、平成16年の品川事件も含む)

ということだと考えられます。
記事の「16年以前にも」の後に「、」が入っているのがポイントです。16年以前に罰金刑となった、のではなく、16年以前に前科(犯罪行為)がある、なのです。

したがって、本来は、正確に記せば、

『平成10年・16年に起こった事件で迷惑防止条例違反の罰金刑を受けていることから「セクハラ癖がある」と認定。』

とでも書くべきだったでしょうね。


他人の前科が他にもある、なんてことは、めったに言うものではないと思います。お気をつけください。
URL 2008/09/11(Thu)12:13:22 編集
★「位置矛盾」と同じく「動作」も不可能
NAME: mojo
アンチさんは「すっかり忘れてくれた」と思っているでしょうが、そもそも検察の言うような、犯行そのものが不可能なのです。

ーーーーーーーーーーー
被告人は、事件当時、肩に大きな重いカバンを掛けていました。これは鞄を掛けている被告人の後ろ姿のイメージを図にしたものです。
しかしながら証人Tは、痴漢行為をしている際の犯人の姿勢について「重心が右に傾いていて変な格好をしているというふうに思いました。」と繰り返し供述しています。
そして犯人の右肩は見えていたけれども、右肩にカバンを掛けていたという記憶もないと供述しています。
(控訴審傍聴記、p10)
ーーーーーーーーーーーー

少なくとも、植草さんの格好は、公判でも「左手にカサ」「右肩にはショルダーバッグ」というのは認定されています。

つまり、この状態で「2分間、右手を女性の腰あたりに下げて触りつづける」ことが可能かどうかを考えれば分かります。

私も、何度やっても(大したモノを入れてなくても)右肩が下がる体勢のために、何秒かでカバンはズリ落ちてしまいます。(さらに、T氏は「重心が右に傾いていた」とか「前のほうに出ていた」と言うので、よりズリ落ちやすい。)

むしろ「揺れる車内」で、犯人は被害者の移動について行ったようです。
ーーーーーーーー
359. 検察官1 途中、電車が揺れたりして、女子高生の体が動くというようなこともあったわけですか。
360. T証人 はい、ありました。
361. 検察官1 それでもおじさんの左手というのは、その女子高生の体についていっていたと、そういうことになりますか。
362. T証人 はい、そうです。
ーーーーーーーーー

どちらかというと、発車と同時に被害者を左手で触りはじめ、次第に大胆になって右手で触ったときに、少しして「カバンがズリ落ちた」ままで、そのまま犯行を続けたというほうが「植草さんの犯行」とするなら、スジが通ります。
(ところが、そのような状態を誰も証言していない)

仮に『落ちたまま』でヒジにヒモが引っかかったまま触っていたとしたら、「ひるんだ」時のエピソードとしては、かなり強烈に残るでしょうし、目撃者T氏も「カバンを振り回した」なんて感じで、記憶に残ったでしょう。

どう考えても、「触っていた犯人」(=存在するならですが)は、ショルダーバッグを『持っていなかった人』だということになります。


被害者は、左手の“物体”を、取調官の誘導で「カサの柄」だと、後になって思ったようなので、「事件時の記憶」には、むしろ曖昧な部分も多いようです。

可能性の高さで言えば、植草さんの当時の状況に「後付け」で、取調官による『創作』の可能性が、多いに疑われる事例です。
2008/09/11(Thu)11:18:26 編集
★PJ(高橋さん)の記事が出ていました
NAME: mojo
(記事を紹介しようと思ったら、ゆうたまさんが追記で、既にご紹介されていましたね。)

「PJニュースアクセスランキング」では1位になっています。既存メディアの報道に「満足できない」人がそれだけ多い証拠でしょうね。
(さらに、問題のサンデー毎日の記事そのものの「キャプチャー」も、見られるようです。)


いわゆる「報道」関係の記事が、どれも「セクハラ癖」を強調して、名誉毀損が「あったのかどうか」さえハッキリ分からない記事になっています。(個人的には、これでは、増々ニュースにお金を払う人が減って行く気がします。)

・何が「争点」になったか
・何が「認定」され(重要だと)認められなかったのは何か
・「同じような犯罪」は、何を指すのか

今回の判決を正確に知るためには、この高橋さんの記事を読んで頂いたほうが分かりやすいと思います。さらに、刑事も含めた「全体を把握する」ためにも役に立つと思います。

(既存のマスコミの「偏向」と、その「しがらみ」の無いネット発の「情報」に対する「信頼度」は、すでに逆転しているのかもしれません。)


◎「ネタ」の提供と、それを「活用」する人

確か、女性セブンの時に、いわゆる「報道」で
ーーーーーーーー
小学館が和解金100万円を支払い、女性セブンに謝罪広告を 出すことなどで双方が合意。同誌は「10回も痴漢で摘発された」と報じたが、 実際は3回だったという。
毎日新聞 2008年4月5日 東京朝刊
ーーーーーーーー

この記事の「実際は3回だった」という『表現』を受けて、(中傷を繰り返している)アンチさんが、その後「3回は(知られていない“余罪”が)あったんだ」という風に、記事の文章から「過剰な意味」を汲み取って、中傷の格好のネタにした時と、今回も良く似た展開です。

まぁ、「ネット・アンチを意識した見出し」だというのは、現に、こちらにも↓のような「(他の罪があったかのような)すり替え」のために、わざわざ普段は登場しないような人たちが書き込むという“現象”によって、この予測が当たらずとも遠からずということを証明しています。
(つまり、刑事・民事裁判を通して、現実には「98年、04年、06年」しかないモノを、何とか「それ以外もあった」ように印象づける行為のこと。)


ただし、今回の裁判官が(マスコミが取り上げやすいような表現として)あえて「マスコミ癖」という、公判の中で被告側(サンデー毎日)が「証明しなかった事」を認定した“ような”文言を入れたのかは、どうも疑問です。

このあたりは、サンデー毎日が『控訴』したそうなので、控訴審では「セクハラ癖」の『証人』でも見つけだして証言できるアテでもあるのでしょうか?
2008/09/11(Thu)06:19:45 編集
★無題
NAME: 熊八
(すみません。次からはこちらttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/のスレにお書き込みいただけますか。)


必要性、ですか?
こちらにお書きになれば、反論なり対応します、と私は申しているので、反論してほしければ、こちらにお書きになる必要性があるでしょうね。

>もう一度質問します。
>2チャンに書いた私のコメントを、9月9日に書いたコメントを読みましたか?

はい。もちろん目を通させていただいております。
北風さんはそんなふうにお考えなんだねー、と思いました。
(秋刀魚は大好きで、この秋ももういただきました。おいしいですよね。)
URL 2008/09/11(Thu)01:02:49 編集
★無題
NAME: 北風太郎

「別にこちらにお書きになる義務はありませんよ」

義務の問題ではなく、必要性を聴いているのです。書く必要がないでしょうと、いっているわけです。必要性を説明してください。

もう一度質問します。
2チャンに書いた私のコメントを、9月9日に書いたコメントを読みましたか?
(また明日)
2008/09/11(Thu)00:47:41 編集
[No name] Re:無題
おはようございます。

書く、書かないでもめてたってしょうがないじゃないですか。
2ちゃんとここでやりとりするより、ここで直接やりとりしたらいいと思うので、改めて書いてはもらえませんか?
【2008/09/11 09:00】
★無題
NAME: 熊八
別にこちらにお書きになる義務はありませんよ。私に、反論する義務が無いのと同じで。

本当に自信のある意見で、熊八に反論してほしければ、こちらにぶつけられればいいのになぁ、なんで書き込みされないのかなぁ、と思ったまででして。

こちらがお誘いしていますので、こちらに書かれれば、それなりの対応をさせていただくことを、お約束いたします。
URL 2008/09/11(Thu)00:06:08 編集
★無題
NAME: 北風太郎
あなた2チャンを読んでいるんでしょ?
なぜ、同じ内容をここに書かなければいけないんですか?
2008/09/10(Wed)23:09:01 編集
★北風太郎さん、ようこそ
NAME: 熊八
北風太郎さん、ようこそ。

>ここで議論したい理由はなんですか?

熊八に何かおっしゃりたいようなので、熊八が現在出入りしているこのゆうたまさんのブログに、お越しになればいいのではないか、と思ったからです。
幸いゆうたまさんの許可もいただいています。

>もう2回もあなたの発言を批判しました。とっとと反論をどうぞ(手間が掛かるね)。

ですから、何かご批判があれば、こちらへどうぞ。

(スレはこちらttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/がよろしいでしょうか。)
URL 2008/09/10(Wed)20:39:51 編集
★無題
NAME: 北風太郎
しつこく招待するんで、来ましたよ。
それじゃ、質問でもさせていただきましょうか。

熊八さんへ

質問① 毘沙門天さんが2チャンに書くと、その反論をすぐここに書く。それでいて北風が2チャンに書いても、反論を書かないんだな。どうしても、ここで俺と議論したいらしい。私自身はどこでもいいけどね。ただ議論になれば、大量になるし、内容も細かくなる。私とあなたが議論するのに、何で他人のブログを使うのかね(笑)。
ここで議論したい理由はなんですか?

質問② もう2回もあなたの発言を批判しました。とっとと反論をどうぞ(手間が掛かるね)。
2008/09/10(Wed)19:37:11 編集
[No name] Re:無題
いらっしゃいませ。
こっちで直接話した方が話が早いですよね。
来てくれてどうもありがとう。
【2008/09/10 21:23】
★無題
NAME: 熊八
クマンバチさん。

>性癖を認定したわけじゃなくってサンデー毎日の記事を真実だと認定しただけ。

いえ、裁判所は、「セクハラ癖」があると認定していますから、「セクハラ癖」という性癖を認定したんでしょう。
そして、裁判所がサンデー毎日の記事を真実と認めたのは「セクハラ癖」の部分だけです。それが業界で有名だったという部分は真実と認めていません。

「セクハラ癖」を認定した根拠は、知り合いでない女性を触った・覗いたとして迷惑防止条例で処罰されたこと、でしたね。
URL 2008/09/10(Wed)17:35:09 編集
★だーかーらー
NAME: クマンバチ
性癖を認定したわけじゃなくってサンデー毎日の記事を真実だと認定しただけ。
司法は悪くない。
これがあんたたちの追い求めてた真実なんだからしょうがない。
支援者ならその性質の悪い癖をなおしてあげれば?
2008/09/10(Wed)14:47:07 編集
★あきれた裁判所
NAME: ひらりん
何の権利があって、個人の性癖を認定できるんだろう?
開いた口がふさがらない。
これを当たり前のように書くマスコミには元から良識がない。
政治も悪ければ司法も悪い。
こんなひどい世の中になっているというのに気付かない人々。
「政権投げ出し」で支持率が上がるというおかしな世の中。
それでも真実を訴え続けるのは勇気の要ることだ。
植草さん、応援しています!
URL 2008/09/10(Wed)11:40:53 編集
★実質敗訴
NAME: クマンバチ
賠償が認められているので勝訴。
でも自分が起こした裁判でセクハラ癖認定されてりゃ世話ないな、しかも30万円?プレーした口止め料に渡した100万円にすら足りない。
よって実質敗訴。
2008/09/10(Wed)09:45:22 編集
★そっか。
NAME: しろくまアイス
勝訴でも、植草さんが判決に納得してなければ控訴出来るんだね。
そっかそっか。
2008/09/09(Tue)22:34:49 編集
★勝訴は勝訴だけど・・・
NAME: しろくまアイス
なんか不満がたっぷり残る勝訴だよね。
なんかおもしろおかしくマスコミが書くのわかってて書いた判決みたいな気がするよ。
裁判所が個人を中傷する記事を書いたりそれを見た第三者がまたおもしろおかしくブログなんかに書くのの片棒を担いでいるような。
なんか裁判所も落ちたもんだなと。
2008/09/09(Tue)22:32:39 編集
★もちろん勝訴です
NAME: 熊八
うーんさん、こんばんは。

いえ、賠償が認められているので、勝訴です。

ただ、迷惑防止条例処罰をもって「セクハラ癖」を認定するのは明らかにおかしいし、そもそも、公共性・公益性と関係の無い個人の「セクハラ癖」などの真偽を問題にすること自体が明らかにおかしい。

しかし、おかしな判決であっても、控訴するかどうかは、いろいろな事情を考慮して植草氏が自由にお考えになればいいことだと思います。当然ですが。
URL 2008/09/09(Tue)22:27:06 編集
★無題
NAME: うーん
すみません、熊八さん

名誉毀損についての考えがすれ違っているようです。

熊八さんは
『これは勝訴でもなんでもない、こんなおかしな認定を受けるなど名誉毀損だ。植草氏は当然即刻控訴すべし』と、お考えですか?

もちろん決めるのは植草さんですが、植草さんが勝訴とかんがえていらっしゃる(?)としたらそれも少し違和感を感じませんか?
2008/09/09(Tue)22:16:21 編集
★おかしな認定。そもそも…
NAME: 熊八
うーんさん、こんばんは。


前者:

『16年以前にも、都迷惑防止条例違反罪で罰金刑となった前科があることなどから「セクハラ癖がある」と認定。』

などというまぎらわしい書き方をせず、

『平成10年・16年に起こった事件で迷惑防止条例違反の罰金刑を受けていることから「セクハラ癖がある」と認定。』

とでも書けばよかったと思いませんか? プロなんですから。
案の定、もう一件あったんだなどと、無責任に言い散らかしている人たちがおりますね。


後者:

実務では損害賠償訴訟(民事)でも刑法230条の2の基準が使われています。個人的な事柄は、「公共の利害に関する事実を、公益を図る目的で」報じたということが認められない限り、真偽に関係なく名誉毀損になるはずです。国会議員などの公人でない個人にセクハラ癖があるかどうかを裁判所が認定するなど、実に変だと思います。

(ましてや、迷惑防止条例処罰を根拠とした「セクハラ癖」があるとの認定は、被告出版社もビックリだったのではないでしょうかね。)
URL 2008/09/09(Tue)21:48:53 編集
★無題
NAME: クマンバチ
16年以前に都迷惑条例違反

書き間違いと思ったけども違うのか?
これも判決文全文を掲載してもらうといいと思う。

マスゴミが間違えたならいい。

裁判所が間違った事書いたなら訂正してもらわないと。判決に間違いがあったら訂正してもらえるの?
2008/09/09(Tue)21:41:21 編集
★別物ではない
NAME: クマンバチ
①知り合いでない女性を触った・覗いたとして罰せられたことをもって、「セクハラ癖」が認定されたことには、かなり違和感があります。


違和感なし。
理由はその3度で十分だから。
他人のケツを触ったり、パンティをのぞこうとしたりというのも大きな意味でセクハラ。

②裁判所が個人の「セクハラ癖」を認定するって、実に変な感じだと思いませんか?

思わない。
理由は記事の真偽を判断する裁判だから。
記事内容、ここは真ここは偽と決めないと。その過程でセクハラ癖は真、業界で有名は偽と決まった。
だから裁判所がセクハラ癖があったという記事は真実の部分と認定したのは変な感じではない。
2008/09/09(Tue)21:33:23 編集
★熊八さん落ち着いて
NAME: うーん
>変な読み違えをさせるのが目的のプロ技でなければよいのですが…
>裁判所が個人の「セクハラ癖」を認定するって、実に変な感じだと思いませんか?

前者はそこまで言うべきか疑問あり
後者は、その点が名誉毀損損害賠償訴訟の争点でもあったわけですし・・・、

冷静に行きましょう
2008/09/09(Tue)20:58:42 編集
★別物だと思います
NAME: 熊八
クマンバチさん、くまはちさん、はじめまして。熊八です。

>って公表されている事実は3件あります。
>それだけあれば十分じゃないですか?セクハラ癖認定されてしまっても文句言えません。

いや、公表されているのは、セクハラ事例ではなくて、知り合いでない女性を触ったとか覗いたとして罰せられた事例です。

セクハラといいますと、仕事などでの知り合いの異性に、性的ないやがらせをすることだと思います。ある程度のつきあいを前提としていて、仕事上などの立場の強さを利用する要素を含みます。一般的にそうですよね?

ですので、知り合いでない女性を触った・覗いたとして罰せられたことをもって、「セクハラ癖」が認定されたことには、かなり違和感があります。

(そもそも、植草氏にセクハラ癖があるかないかといったことは個人的なことであり、セクハラ癖があるからといって痴漢の犯人だとも言えないので、その言論に公共性かつ公益性があるとは言えず、中身を認定することなく、端的に、名誉毀損に該当すると判断すべきではなかったかと思います。裁判所が個人の「セクハラ癖」を認定するって、実に変な感じだと思いませんか? 国会議員のセクハラ癖ならばともかく。)
URL 2008/09/09(Tue)18:38:29 編集
★不満がのこったって
NAME: くまはち
セクハラ癖の認定には不満が残る


しょうがないのじゃ
クマンバチ氏ゆうとおりじゃ
2008/09/09(Tue)18:34:58 編集
★無題
NAME: クマンバチ
都か県かは単なる書き間違いだと思いますが、
>公表されている事件以外に、私が警察と係わった事案は1件も存在しないし、法的に問題とされる行動も一切存在しない。

って公表されている事実は3件あります。
それだけあれば十分じゃないですか?セクハラ癖認定されてしまっても文句言えません。
会社にこんな人がいたらどう?そりゃ噂するよ。
自分が冤罪と言えば冤罪で通ると思ってるようだけどそれなら皆殺人者でもなけりゃ痴漢でもなくなる。
こういう貫徹はよろしくない
2008/09/09(Tue)17:18:16 編集
★誤報では? (【追記】あり)
NAME: 熊八
産経の記事では、「16年以前にも、都迷惑防止条例違反罪で罰金刑となった前科がある」となっていますが、誤報ではないかと思います。

98年(平成10年)の東海道線での事件を指しているのだと思いますが、だとすれば、横浜川崎間で起こっていることですので、『県』迷惑防止条例なのでは?

植草氏は昨日の「名誉毀損損害賠償訴訟で毎日新聞社に勝訴」ttp://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_c9fe.html の中で、下のように明言されています。

>公表されている事件以外に、私が警察と係わった事案は1件も存在しないし、法的に問題とされる行動も一切存在しない。公表された事件については、拙著『知られざる真実-勾留地にて-』にその概要を記述し、無実潔白の真実を訴え続けている。

公表されているのは、98年東海道線での事件、04年品川駅での事件、06年京急線での事件、の3件です。

警察に係わらずに迷惑防止条例違反で罰金刑に処せられることは無いと思いますので、平成16年以前に植草氏が『都』迷惑防止条例違反で罰金刑に処せられた事実は無いと思います。


【追記】

あー。わかりました。「、」がポイントですね。まぎらわしい書き方…。

産経の記事には、

『サンデー毎日は平成16年5月2日号で、植草被告に「セクハラ癖があり、業界では有名」などとの記事を掲載した。大段裁判長は、16年以前にも、都迷惑防止条例違反罪で罰金刑となった前科があることなどから「セクハラ癖がある」と認定。』

とあります。
その「都迷惑防止条例違反罪で罰金刑となった」事件というのは、平成16年4月に起こった品川でのいわゆる「手鏡事件」のことなんですね。
だったら判決は翌年だったから平成16年以前には罰金刑になってないじゃないか、と思えたのですが、記事には<平成16年以前に罰金刑となった>とは書いてありません。ここが「、」の魔術。「、」があることで、平成16年以前なのは「前科」、事件そのものだということになります。
つまり、産経の記事を補いますと、「平成16年以前にも、(後に都迷惑防止条例違反罪で罰金刑となった)前科がある」ということになります。

また、まぎらわしいことに記事は、「などから」と書いています。この書き方だと、前科以外に判断根拠があったように聞こえますが、証人尋問も無かったようなので、前科からしか判断していないと思われます。(植草氏も上掲ブログで「判決は罰金を科された事件が存在することのみをもって上記判断を示した」と明記されています。)

したがって、ここは正確には、「平成10年・16年に起こった事件で迷惑防止条例違反の罰金刑を受けていることから「セクハラ癖がある」と認定。」とでも書くべきだったでしょうね。

ややこしい記事でした。
変な読み違えをさせるのが目的のプロ技でなければよいのですが…
URL 2008/09/09(Tue)16:49:48 編集
★「リーク」の警官と、つるんでいる記者
NAME: mojo
植草さんも、自身のブログで詳細を書かれていますね。
「名誉毀損損害賠償訴訟で毎日新聞社に勝訴」
ttp://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_c9fe.html

確かに、裁判でマスコミが「負けた」話題を、素直に認めるのは「しゃくにさわる」というのは“人情”としては分からないでも無いですが、こういう話題を「どのように伝えるのか」によって、『報道機関』か『マスゴミ』かに分かれると思います。


◎怪しげな「中傷」板の乱立

2ちゃんでは、昨夜の時点で『13』の板が立てられています。一体「どういう意図」なのでしょう。書き込まれている内容を見る限り「マジメではない」ことは確かです。

「裁判で勝訴」という話題を、何とか「植草氏のイメージを貶める」方向に持っていきたいのはミエミエです。

以下、2ちゃんで私が目にしたタイトルの一覧です。
ーーーーーーーーーー
毎日新聞が敗訴=植草被告の名誉棄損訴訟-東京地裁
植草一秀元大学教授(47)が勝訴
ミラーマン植草被告のセクハラ癖を裁判所が認定
【社会】植草被告に「セクハラ癖」があることを東京地裁が認定…一方でサンデー毎日の名誉毀損も認める
【話題】東京地裁、“ミラーマン"植草一秀被告の「セクハラ癖」を認定
ミラーマンこと植草くんついに勝訴!
ミラーマン・植草さん 名誉毀損で勝訴
[実+]毎日新聞が敗訴=植草被告の名誉棄損訴訟-東京地裁
【ミラーマン】 植草被告のセクハラ癖認定 東京地裁 [09/08]
【裁判】ミラーマンこと植草被告のセクハラ癖が裁判で認定される
【ミラーマン】植草元教授がサンデー毎日に勝訴 「セクハラ癖」は認める
[実+]【裁判】ミラーマンこと植草被告のセクハラ癖が裁判で認定される
[実+]【ミラーマン】 植草被告のセクハラ癖認定 東京地裁 [09/08]
ーーーーーーーーーー

この13のうち「セクハラ癖」がタイトルに含まれるのは、『8』です。(ちなみに「ミラーマン」は『9』)

他の板も、投稿内容はそんなに大差ないのですが、単純に「半分以上」の板が「セクハラ癖」をタイトルに持って来ているのを見れば、むしろ「揶揄するため」に板を立てている人が多いのは明白です。


◎「中傷」させたい人はダレ?

ところで、その「セクハラ癖」を、誰が強調したのかを見てみましょう。問題の「サンデー毎日の名誉毀損裁判」の記事を取り上げている、いわゆる「新聞社系」の各社の見出しを調べてみました。大まかには3グループに分かれるようです。

・「セクハラ癖」の記述「無し」
・   同      「有り」
・記事そのものが無い

ーーーーーーーーーーーーーー
(毎日新聞)
賠償命令:植草元教授名誉棄損で毎日新聞社に

(読売新聞)
植草元教授、名誉棄損では勝訴…サンデー毎日に賠償命令

(時事通信)
毎日新聞が敗訴=植草被告の名誉棄損訴訟−東京地裁

・・・・・・
(共同通信)←東京新聞やスポーツ紙、地方紙はココからの配信
植草元教授が勝訴 「セクハラ癖」は認める

(産經新聞)
植草被告のセクハラ癖認定 東京地裁

・・・・・・
(朝日新聞)
なし

(日経新聞)
なし
ーーーーーーーーーーー

意外な気もしますが「共同通信」と「産經新聞」の2紙だけが「セクハラ癖」を強調しています。(むしろ当事者ともいえる「毎日新聞」は、見出しは普通です。)


植草さんの事件後、とくに「おもしろおかしい」記事作りをしていた「サンスポ、日刊スポーツ、スポーツ報知、スポニチ」なども、普通は「共同通信」からの配信記事をもとにして、各社で紙面用の記事を作っています。

植草さんに関していくつかの「悪意の見られる記事」は、主にこれらのスポーツ紙の記事(ネット上だけのものも含めて)が多かったと思います。

つまり「効率的に、植草さんを中傷する」なら、『共同通信』を押さえればいいのです。

(同じ配信先でも、地方紙は「そのまま」なのに比べて、上記のスポーツ紙は、かなり「想像力」がたくましい記事を出しますね。例の怪しげな「速記録“風”」中抜き記事は、スポーツ報知でしたよね。)

大体、翌日の朝6時ごろにネットで記事が出るようなので、今回も「セクハラ癖認定」なんて見出しが出されたら、「予想通り」であり、全体として、私の「推測が当たっている」ということでしょう。


◎「悪意」の犯人像

今回の「話題」の見出しの付け方で、ある程度「植草氏に対する“悪意”」があるのは「セクハラ癖」を入れているかどうかで分かります。(現に、2ちゃんで「中傷」的な書き込みで盛り上げている人たちは、ほとんど「セクハラ癖」を強調しています)

むしろ、このようなネットでの『現象』を意識的に『呼び込む』ために、上記の2社(共同と産経)が「見出しを工夫した」というのが真相でしょう。
(そして当然、書き込んでいる“一部”には、その人たちも含まれる・・・“盛り上げる”ためにも)

つまり、「曲解した見出し」を出し、それを「ネットで揶揄させる」というパターンを見ると、マスコミとネットの活動者とが「同一目的でつながっている」ということです。

・「共同通信→各種スポーツ紙」は、継続して植草さんを揶揄する記事を掲載
・「産經新聞」は、何故か一審の「判決要旨」を公表し、それはネットでは「アンチのバイブル」として崇められているのは、周知のとおり。


今回の「セクハラ癖」というキーワードから、ネットのアンチの活動のための『ネタ』を提供しているのが、上記の2社だということで、ある程度、悪意の情報を意図的に出しているのが「ダレなのか?」という犯人を絞れました。


ところで「共同通信」といえば、やはり

「取材はたった1日だった!「植草一秀氏名誉回復訴訟」証人尋問」
ttp://www.news.janjan.jp/living/0804/0804245634/1.php

ーーーーーーーーーー
K記者が「過去に7、8回の同様の行為で厳重注意を受けている」ということを最初に聞いたのは、K記者が懇意にしている警視庁担当の新聞記者からだったそうです。そのような事実が実際にあったのか否かを確かめるため、旧知の警察関係者に電話をかけ、「(起訴には至っていないが、同様の行為を)8回ぐらいやったのか」と聞くと、「まあ、そうだ」という回答を得たと証言しました。


取材期間は1日だった
 次に、弁護団が質問したのは、04年4月12日の共同通信の配信で事件を知り、その4日後に「フライデー」が出ていることから、入稿日はいつか、また、どのような取材をしたのか、ということと、逮捕された時点で有罪と決め付け、犯罪前提で取材をし、記事が書かれていることに対する報道姿勢のあり方についてでした。


 その情報を載せることによって、どんな効果があると思ったか、という質問に対しては、「その時点での事実を補足していく人間関係を示すことができた」と答えました。この前歴のことを書いたのは「フライデー」が最初かと聞くと、「同様の報道を共同通信がしている」と答えました。
ーーーーーーーーーー

どうも、今回のスレッドのアンチ系の書き込みを見ていると、共同通信やフライデーの「K記者」の擁護ともとれるような書き込みもあるようです。

どうやら、自分たちが「リークを鵜呑みした記事」に対して、ささやかな「仕返し(八つ当たり)」をしている人も(中には)いるようですね。


「ウソ情報」を流したのは「現職警官」であり、共同通信の記者も一枚絡んでいる事が、すでに明らかになっています。

今回「植草さんの主張が通った」よりも「セクハラ癖」を強調している人は、過去の「ウソ情報」をリークした人脈と共通するようです。

「悪意ある記事」を書く人は「リーク側」に対して、何らかの特別な“情”があるのかもしれませんね。
2008/09/09(Tue)04:12:20 編集
★負けるはずがない
NAME: taraba
頑張れ、植草ちゃん。
2008/09/08(Mon)22:13:24 編集
★「見出し」に表れますね
NAME: mojo
そういえば、昨日、書店に寄ったら「SAPIO」が、なかなか面白い特集を組んでいました。

「府抜けたテレビが日本をダメにする」

とても「女性セブン」と同じ、小学館の雑誌とは思えないくらい「読みごたえ」のある記事でした。(少し立ち読みして、結局買っちゃいました。)

同じ小学館といっても「編集部単位」で、全く違うんだなぁ〜という感じですね。

特に、テレビの“総”ワイドショー化が、テレビ業界の自滅につながるという警鐘は真摯に受け止めたほうが良いのではないでしょうか?

(こうして、個別には良いモノもあるのに)

でも、全体にニュースの「伝え方」という意味では、相変わらずというか、今回の「植草さんが勝訴」という話題を、強引に「セクハラ癖を認定」という見出しにして『誤解を生む』ようなタイトルの付け方を見ていると、テレビに限らず「マスコミ」が「マスゴミ」と呼ばれてしまうのも仕方ないかなあと思います。


◎サンデー毎日の「名誉毀損」の話題

JANJANで、該当する裁判の「傍聴記」があります。

事実無根のセンセーショナルな記事 「植草一秀氏名誉回復訴訟」口頭弁論傍聴報告
ttp://www.news.janjan.jp/media/0802/0802261547/1.php


ーーーーーーーー
筆者の感想
 筆者は「サンデー毎日」に載った記事を読んでいなかったので、どのようなことが書かれているのか知らなかったのですが、弁護団に記事のコピーを見せてもらい、センセーショナルなタイトルや、問題となっている箇所を読み、読者に相当なインパクトを与える内容であることを知りました。

 このような記事を読んだ読者が、植草さんに対してどのような印象を持つかを考えたとき、植草さんの社会的名誉や信用を失墜させる充分な力があるとの感想を持ちました。「業界では有名な話」とか「逮捕歴」という言い方や、この記事の与える影響の大きさを考えると、被告側は、どのような根拠に基いてこの記事を書いたのか、そのことを立証できない限り、たんに逮捕の時期は問題ではないとか、セクハラの言葉の定義などといったことに問題をすりかえることをせず、問われているのは重大な人権侵害であることをよく理解し、真摯に原告側の訴えに向き合ってほしいとの感想を持ちました。
ーーーーーーー

>たんに逮捕の時期は問題ではないとか、セクハラの言葉の定義などといったことに問題をすりかえることをせず、

要するに、言い逃れ出来ないので、論理の「すり替え」で逃げ切ろうとしたのでしょう。何か(ハレンチ記事をネットに載せて)毎日新聞のサイトが「広告を止められた」のも分からないでもないですね。


どうやら、裁判長は(今日の記事によると)
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080908/trl0809081645010-n1.htm

>16年以前にも、都迷惑防止条例違反罪で罰金刑となった前科があることなどから「セクハラ癖がある」と認定。

つまり、98年の「東海道線」のことを指しているようです。

「電車内のトラブル」と「セクハラ癖」とを、どのように関連づけたのかは不明というか、チョット理解に苦しむ部分です。むしろ被告(サンデー毎日)側が反証そのものを放棄したのに・・・

ところが、JANJANの傍聴記によると「何も立証するものが無かった」のに、なぜかサンデー毎日側が「控訴する」ようです。

>サンデー毎日の山本隆行編集長は「速やかに控訴の手続きを進める」としている。

一審で特別争うでもなく、ダラダラと公判を進めていたのに、急に張り切っちゃってどうしたのでしょうか?

不思議な“展開”ですね(笑)
2008/09/08(Mon)18:41:20 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
第47回 植草一秀先生が毎日新聞社にも「勝訴」!!
本日2008年9月8日、東京地方裁判所は、大手新聞会社の毎日新聞社に対して、エコノミストである植草一秀先生の名誉を失わせたとして、毎日新聞社に33万円の損害賠償を命じました。 本件は、毎日新聞社発行の「サンデー毎日」誌(2004年5月2日号)において、植草一秀先生に関する虚偽の情報を掲載し、植草先生の名誉を毀損したことについて損害賠償等を求めた訴訟です。 植草一秀先生は、当たり前のことですが、「無実」です。 第29回 「植草一秀教授は無実だ」、真相隠す大きな力より ■被害者と逮...
URL 2008/09/08(Mon)23:09:22
ジ~ンと来るなぁ「おじいちゃん、おばあちゃん。お身体の具合はどうですか。薬代、がまんしてませんか。ごはん、抜いてませんか。」
 生き抜く力さんの、「第46回 小沢総理、新しい政権の基本政策案を公表!!」の末尾に紹介されている画像です。 (クリックすると拡大します) 小沢代表メッセージ  民主党のHPでも画像。でも何で画像なんだろうね、。これだと、どんなに良いメッセージでも検索エンジンには引っかからないのだよね。民主党にはインターネットが分かる人間がいないのだろうか、。  で、雑談日記で引っかかるようにテキストに起こしておきます。 おじいちゃん、おばあちゃん。お身体の具合はどうですか。薬代、がまんしてませんか。ごはん、抜いてません...
URL 2008/09/08(Mon)21:43:59
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索