忍者ブログ
[299] [298] [297] [296] [295] [294] [293] [292] [291] [290] [289]

DATE : 2017/03/27 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/09/08 (Mon)
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/eco/1220820309/
まだ中傷を続けるようです。
どなたかがmojoさんのエントリー:「行動心理学」と「依存傾向」からの分析の内容を書いてくださっていました。
どうもありがとう。
何か反論がありましたら2ちゃんでごにょごにょ言ってないで是非こちらにどうぞ。
(来ないと思いますが。)
無意味な中傷以外で議論できるものなら歓迎します。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★三頭身氏の主張
NAME: まー。
まだネットが使えるので、mixiでのsantossh氏
つまり三頭身氏の主張を抜粋させて頂きます。

麻生首相 所信表明で民主攻撃
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=621278&media_id=2
mixiの上記のニュースに彼がコメントしたものです。

タイトル:実質的に
2008年09月29日16:18

民主党代表を選ぶのは下記の方々です。

指定暴力団「山口組」(本部・神戸市)
ttp://www.yamaguchigumi.kr/

在日本朝鮮人総聯合会
ttp://www.chongryon.com/

在日本大韓民国民団
ttp://www.mindan.org/

日本労働組合総連合会(連合)
ttp://www.jtuc-rengo.or.jp/

部落解放同盟中央本部
ttp://www.bll.gr.jp/

世界基督教統一神霊協会
ttp://www.uc-japan.org/

日本教職員組合(日教組)
ttp://www.jtu-net.or.jp/

宗教団体アーレフ (オウム真理教)
ttp://www.aleph.to/

立正佼成会:信者数約176万世帯(2005年12月31日現在)

新日本宗教団体連合会加盟団体
阿吽阿教団  医王山立宗 一尊教団 円応教 大神教 救世真教 解脱会  現證宗日蓮主義仏立講 護国不動尊本宮 思親会 修養団捧誠会  松緑神道大和山 出雲神道八雲教神人会教団  真生会 真理実行の家 神霊の家 崇教真光 聖中道会 世界心道教 善隣教 大和教団  玉光神社 大慧會教団 大法輪台意光妙教会 澄禅律院 天恩教 天心教 天真教 天壌教 七曜会 パーフェクト リバティー教団
日月神一条  日之教  平和観音妙庵 法公会 妙智會教団 妙道会教団  三輪神道宏充教 立正佼成会 良辨教本部教会 霊波之光教会
和光道教団
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AE%97%E6%95%99%E5%9B%A3%E4%BD%93%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BC%9A

韓国系キリスト教の信者の皆様

反創価学会系カルトの偽装右翼の皆様
ttp://antikimchi.seesaa.net/article/106197272.html

ほか反日のヤバイ人たち色々。

抜粋以上。

彼が工作員かどうか

このような、アメリカ追従自民党政権の片棒を担ぐ政治的主張を唱える方が
痴漢逮捕に関して、何ら証拠も無い植草氏や、その支持者を
友人が逮捕者であるという理由から名誉毀損を犯し、批判する。

改革要望を受け入れただけの自公連立与党という事実
小沢代表が公にした所信表明は、植草氏の主張と一致する。

上記の彼の日記は、明らかに民主党へのブラックPR工作と受け止められる。
民主党との関連を根拠だてて述べては、いない。
一方的な言葉のイメージのみを公共の場に曝した事になる。
彼は、工作員かどうかという議論は、彼が認めない限り決着がつかないですが
彼が、自身のブログで、進んで名誉毀損という工作を行なっているのは、
彼自身が認めているところでもあります。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=621789703&owner_id=2643802

ひらりん様、ご返信遅れまして
あまりお気になさらずに、
ただ、名誉毀損という法や、モラルを犯してまでの主張に対抗する
一番の手段は、それを批判する我々が謙虚に対応するしかないかなぁ、と
彼らのやり方に併せてしまうと、それは、逆効果を意味するのでは、ないかなぁ、と
思った次第です。
2008/10/03(Fri)19:04:41 編集
★三頭身さん、こんにちは。
NAME: 熊八
自称「K氏のご友人」の三頭身さん。

ーーーーーーーーーーーーーーー
839 :三頭身 ◆topiKRzDeQ :2008/10/02(木) 16:25:11
仮にココにヒマ人アンチが3人しか居ないからと言って、
世間のほぼ全員が有罪を確信している「アンチ」である事実は消えないんだが(爆w
ーーーーーーーーーーーーーーー

確かに、世間では今でも、ほとんどの方が、植草氏がやったと思ってらっしゃるでしょうね。
植草氏が証拠上無罪であることを、マスコミで報じないため、世間の方はご存じないからですね。

熊八がブログで「証拠から、無罪である」と主張していることを、アンチの皆さんもあちこちでご紹介ください。URLを示して。
ttp://livealot.exblog.jp/ここを読んで笑ってやれと。

「基地外」熊八の主張が知られたって、どうってことないでしょう?
URL 2008/10/02(Thu)16:49:19 編集
★781.さん、こんにちは。
NAME: 熊八
781.さん、こんにちは。


>■熊八の矛盾点、不審点
1.言論の自由を主張してるのに反論者のコメントを削除する
  相手が根負けするまで、自分の気に入ったコメントを要求する


「言論の自由」は、かなり前からハイエナさんなどが言われていて、それに対して私も何度かご説明したと思いますが、まだわかってらっしゃらなかったんですね。
「言論の自由」というのは、国家(あるいはそれに類する組織)に対する自由です。個人のブログに書き込んだコメントが削除されたからって、「言論の自由」が侵害されたとは言いません。いい加減頭にたたき込んでくださいね。

私のブログでは、話をそらされると議論にならないので、議論の流れに合わないと私が判断したコメントを削除させていただいてました。もちろん、反論だから削除していた、というわけではありません。


>2.犯罪者は無罪というのが前提で裁判をしなければならない
  その際に、被告の不審点を検証してはいけない


「犯罪者は無罪」というのが意味不明です。被告人は、ですよね?
被告人には無罪の推定が及ぶ、というのは刑事裁判の常識です。

刑事裁判では、もちろん、被告人の犯行であると立証するポイントも検討すべきですが、反対方向の電車に乗ってしまったとか、私生活上の嗜好などをもって、犯行が立証されたことにされてはなりません。


>3.一点でも合理的疑問点があれば、他に完全に罪を証明する事実があっても無罪


矛盾してます。合理的疑問があるならば「完全に罪を証明」できていないのです。わかりますか?


>  目撃者が偽証をしていたと証明できれば、他に有罪を証明する事実があっても無実


合理的疑問を超えて有罪を証明できたのならば有罪です。
私は、「目撃者の偽証が証明できれば無罪」などとは言っていません。
植草氏が犯行したということに合理的疑問があれば植草氏は無罪、という、当然のことを述べているに過ぎません。


>4.全ての公判を傍聴した人物でなけければ、有罪を主張してはいけない
  ただし、無罪の主張はかまわない


全ての証拠を見なければ、「合理的疑問を提起する証拠が全く無い」とは言えないからです。つまり、無罪でない(有罪である)とは言えない。

逆に、合理的疑問を提起する証拠があれば、全証拠を見なくても、無罪であると言えます。
有罪の根拠は有罪判決の中で漏れなく述べられているはずです。しかし、触っている手を被害者がつかんで犯人を確認したとか、完璧に犯行が映っている真正な映像でもあれば別ですが、そんな事実はなく、いずれも弱い証言ばかり。それに対して、<犯行時間>に植草氏が誰とも密着していなかったことを述べた弁護側目撃者の供述や、犯人と植草氏とが違う位置に立っていたことを示すT証言・K証言などが、十分に合理的疑問を提起していると考えられます。


>5.裁判官は証言を隠しているかもしれないので無条件に信用できない


実際の裁判を私もよく知らなかったので、まさか裁判所が証言を隠蔽、なんてことはしないだろうと思っていたのですが、残念ながら今回はそれが行なわれたようです。

cf. ttp://livealot.exblog.jp/7356248


>  警察、検察も同様である


T証人の9月15日(事件2日後)の警察出頭の事実と、そこで作成された再現報告書とは、明らかに隠蔽されたものと考えられます。

cf. ttp://livealot.exblog.jp/6928887/


>6.だから、裁判で有罪判決を受けた犯罪者は無罪と思ってよい


一般には知らされていない証拠が他にもあって、それが合理的疑問を提起しているかもしれないので、本当に犯人だと決めつけることはできない、ということです。


>7.ソースが不確かな情報を元に無罪を主張しても、無罪の主張なら問題ではない


確かに、有志の方が作成してくださった公判速記録(ttp://uekusajiken.ganriki.net/2p.html)に頼っていますが、かなり詳細な記録であって、臨場感もあり、ほぼあの通りのやりとりや主張がなされたものと判断してよいと思います。
URL 2008/10/01(Wed)13:51:18 編集
★無題
NAME: 熊八
アンチさん、こんにちは。

>743さん

>植草氏、熊&mojoに深甚の謝意

たしかに、ttp://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-5b81-1.html で、拙ブログもご紹介くださってますね。
素人が好き勝手に意見を述べているだけですので、「お詫び」「感謝」などとは、もったいない。まことに恐縮に存じます。

>アホか、すべてを知ってるやつが何も知らんやつらに謝意

植草氏が無実であるとすれば、植草氏は「酔っ払って現場周辺にいた人」に過ぎず、ほとんど何もご存じないでしょうね。

>やっぱし、真犯人と植草氏のの立ち位置関係の「辻褄狂わせ」で逃げるつもりか

犯人(T証言)と植草氏(K証言)の立ち位置が違うことについては、結着済みかと思います。
ttp://livealot.exblog.jp/7499887
そもそも、判決がK証言を隠蔽してしまった以上、仕方ありません。
ttp://livealot.exblog.jp/7356248

>745さん

>あいつらの情報源はマスコミだぜ?

え??
私やmojoさんの情報源は、8、9割方、公判速記録や傍聴記だと思いますが?
ご存じありませんか?(また何かの情報操作ですか?)

むしろアンチさんにこそ、マスコミ情報や判決文ばかりでなく、公判速記録等にきちんとリンクして、≪証拠≫から、この事件について語っていただきたいと思っています。
URL 2008/09/30(Tue)13:29:53 編集
★アンチさんの素姓
NAME: 熊八
アンチの皆さん、こんばんは。
遠ーいところでのお騒ぎ、ご苦労さまです。(笑)

熊八の素姓にご興味があるようですが、

植草氏と全く関係なく、
誰かに頼まれて(または命令されて)書いているわけでもなく、
書くことで誰かに何かをいただいているわけでもなく、
所属している政党や宗教団体等もなく、
処罰されたこともなく警察・検察・裁判所に恨みもない、

ということで十分ではありませんか?

そもそも、正当な内容を書いているなら、植草氏と関係があったり、頼まれていたりしても、全く問題ないと思います。ですが、全く関係ないというのが事実です。


私は、毘沙門天さんが執拗な「アンチ植草」活動をされているので、素直に考えて、

警察・検察関係者ということはありませんか?
自民党・公明党関係者ということはありませんか?
また、誰かに頼まれて(または命じられて)お書きになっていませんか?

という疑問を持ち、お尋ねしたに過ぎません。

(cf. 『★毘沙門天さん、こんばんは。:名誉毀損』 ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/#comment36 【61】【65】)

もしも、毘沙門天さんや他のアンチさんのなさっていることが、与党・警察・検察などの「お上」と関係していることであるならば、これは大問題であると思います。(ですよね?)

やはり、アンチさんの素姓のほうが遥かに問題だと思うのですが?
URL 2008/09/28(Sun)22:02:42 編集
★まー。さんへ(追記あり)
NAME: ひらりん
すみません、私の書き方が悪かったのでしょうけれど、まー。さんを責めているのではありません。
「アンチの方もどうぞご遠慮なくお書き下さい」というのが管理人さんの考え方だと、私も十分承知しておりますが・・。
アンチさんの書いたのを読むと、どうしても「どよーん」と暗くなってしまうのですよ。
なぜかというと、人の悪口を2年間も書き続ける人の精神構造を考えると、そこには果てしない心の闇しかないように思うからです。

我々が植草さんを応援するのは、国家権力やマスコミの暴力に苦しむ人を助けたい気持ちからであり、金銭的な報酬は無くとも健全な心の満足を得ています。
しかし、アンチさんは個人を貶めて何がうれしいのでしょうね。
アンチさんの言うとおり、完全に個人の自由意志から2年も続けているのだとすると、権力に押しつぶされる人を見て喜び、さらに悪評を広めて楽しむという心根の卑しさ、どす黒さにぞっとします。
せめて、お仕事で仕方なくやっていると思いたいです。

そんなわけで、私はアンチさんとは接したくないのですが、果敢に論争を続けようとする熊八さんや、アンチさんの正体を見極めようとするmojoさんは立派だと思います。
コメント欄を開放している管理人さんも度量が大きいと思います。

まー。さんはmixiで書いていらっしゃったのですね。
支援者の方々を見ていると、それぞれ自分で考えて、他の人にはマネのできないことを皆さんしていらっしゃるなあと感心しています。
それこそ、誰からも指図されない自由意志の表れだと思います。
支援者の皆さんは、ひとりひとりが信念を持っていて、自分のやり方で活動しています。
自分に信念が無ければ、世間の逆風の中で支持を表明することなどできませんでした。
基本的に、誰かの号令に盲従するという性格の人はいないと思います。(笑)
だから、誰かが支援者の誰かに「こうしなさい」などと指図することはできないと思っています。

それなのに、どうしてアンチさんは支援者に指図しようとするのでしょうね?
傍聴に関しても支援者の皆さんそれぞれに考え方や事情があり、自分のやり方で動いているのですが、どうしてアンチさんはみんなが同意見なのでしょうね?

アンチさんは権力側についている人達だから、みんながリーダーの命令に従って動いているのでしょうか。(もしも複数人いたとして)

組織力がなく、それぞれが自分の向きたい方に向かって進んでいるのも、我々支援者にとっては強みになります。
どんな攻撃を受けようと、決して一網打尽にはならないですから。


(追記)
「植草 三頭身」で検索してmojoさんのブログが出てくるなら、十分安心だと思います。
アンチさんのサイトと両方を読んでもらえれば、あとは読み手の判断におまかせすれば良いのでは?
それに「植草」ならともかく、「三頭身」で検索する一般人ってそんなにいますかね・・・?

植草さんのブログが多くの人に読まれていることからも、私は一般人の判断を信頼しています。
私は楽観的すぎるのかもしれませんが、アンチさんのブログを喜んで読んでいる人はそんなに多くないと思います。
URL 2008/09/27(Sat)21:01:48 編集
★毘沙門天さん、こんばんは。:名誉毀損  (【追記1・2・3・4】あり)
NAME: 熊八
毘沙門天さん、こんばんは。
話が著しく落ちてきましたね。(笑)

他にも文体を変えて名無しでお書きでしょうが、「毘沙門天さん文体」のこれに反応しておきます。

【51】
ーーーーーーーーーーーーーーー
637 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/26(金) 18:50:22
>>632
怒張脈打つ己の超弩級の逸物を接写する気分、粗チンの俺には判らんが、
本当に政治を語って貰いたくない。性事ならともかく。
家庭崩壊かそれに近い状況だろうが、一家を纏めきらずして天下国家を語るな。
「憂国の国士」づらして「経世済民治国平天下」を云うな。
生き馬の目を抜く兜町にドップリ浸かって、「弱者目線」の綺麗ごと云うな。
「苦しむ者弱き者貧しき者」に心痛むと云いつつ、よくぞ買春出来るな。
痴漢冤罪に二度遭って、当然です、「私は痴漢を憎む」と云いながら、風俗嬢
と痴漢プレー。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ずいぶんなお書きようですが、どれが事実なのですか?
かなり名誉毀損的お言葉だと思われます。仮に事実だとしても、「公共性・公益目的」の要件(cf. 刑法230条の2)を満たさず、違法なのではないかと思います。(前で「まー。」さんがおっしゃっているように。)

特に、「風俗嬢と痴漢プレー」というのはアンチさんがよく言っていることですが、絶対確実な事実なのですか?
まぁこれも、あの有罪判決ですら問題にしていない私生活上のことなので、仮に事実であったとしても、名誉毀損にあたるのでは?と思います。

【52】
ーーーーーーーーーーーーーーー
人心とろかすお金の魔力を知り、人の目の前に「これで参ったか」とばかりに
札束を積み上げ示談金やら口止め料、これを以て「手土産の羊羹みたいなもの」
と迷いごと云うバカもいたが。
ーーーーーーーーーーーーーーー

「羊羹」のところは、私の2007年5月20日の下の発言を受けてのものですね。
ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/70/#comment7

ーーーーーーー
また、たとえば、裁判で不利になってしまうからと、過去にそういうプレーをした女性に口止め料を払ったとしても、おかしくはないでしょう。
私がもし、やってもいないのに痴漢で逮捕され、しかし過去に痴漢ごっこをした女性がいるとすれば、あの件はどうか内密にと、お金か羊羹でも贈ると思います。お金持ちじゃないので100万円も出せないというだけです。いや、頑張って払うかもしれません。(ただ、ばれるとかえって不利な印象になるので、弁護士が仲介したとすれば、問題はあるかと思います。)

(5月23日追記:100万円が、何のお金なのか、わかりませんよね。植草さんが何と説明したのか(説明していないのか)が、報道では不明です。報道の印象に見事に乗って、なんとなく口止め料かなと思ってしまっていました。申し訳ありません。100万円を渡した弁護士さんがどなたか存じませんが、失礼なことを申しました。)
ーーーーーーー

自分がもし無実の痴漢で逮捕された場合、過去に痴漢「ごっこ」をした人がいたとしたら、全然痴漢「犯罪」の証拠にはならないんだけど、日本の裁判官には心証が悪くなるかもしれないので、あの件は黙っておいてくれと言って、何かを贈ったりするかもしれない。そういう趣旨で書きました。
毘沙門天がおっしゃるような、「手土産」という趣旨ではありません。まさに「口止め料」という意味です。
(読めばわかりますよね?)

しかし、報道された「100万円」がどういうお金だったのか、よくわかりません。速記録『風』に書いてあって匂わせているだけで、誰がどうしたという文章ではっきり書いていない。
また、他の新聞では、このお金のことすら報じていません。もし口止め料なのだったら、鬼の首をとったようにこぞって報道したはずです。
ですので、口止め料などではなかった、何か他のお金だったのではないかと思います。

【53】
ーーーーーーーーーーーーーーー
こういうお人が恥知らずにも天下国家人の道を語るのを随喜の涙で有難がる
人たちがいるという現実が残念だ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

どうしてこうも、毘沙門天さんは、植草氏を貶めることに熱心なのですか?
前にも質問しましたが、何系の工作員さんです?


【追記1】

毘沙門天さん。。。
670.。ひどすぎるので、もう引用しませんが、破れかぶれですか?
選挙が近い、とにかく植草を貶めよ、という上からの御命令ですか?

671.~も自演(あるいは連係)ぽいですね。


【追記2】

お返事いただきました。

【54】
ーーーーーーーーーーーーーーー
676 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/27(土) 20:17:11
熊八さん、
粗チンの名無しの毘沙門天です。
”文体変えよか思案橋”と云いましたが、後僅かだしあるがままで行きます。
下品になったのは私のせいではないと云いたいが読み返すと生臭く、ほかの
表現、たとえば「水鳥は玲瓏としてつるむ」的な表現を心がけるべきでした。
しかしすべて事実だと本人も認める事でしょうし、
ーーーーーーーーーーーーーーー

あの有罪判決でも問題にしていない私生活上のことなので、植草氏が釈明する必要も無いことだと思います。

【55】
ーーーーーーーーーーーーーーー
揣摩臆測があるにしても
そう無茶でもないと思いますので名誉棄損にはならぬと思いますよ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

やはり推測・憶測なんですね?
だとしたら、最低限、事実であるように書かず、推測・憶測であることを明示するべきだと思います。

と言いますか、その植草氏の私生活についてのことは、もうお書きにならないほうがよいと思います。
仮に事実であったとしても、名誉毀損にはなり得ますので、ご注意ください。
名誉毀損は、原則として、事実かどうかは関係ないのですね。

刑法230条1項
「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。」

【56】
ーーーーーーーーーーーーーーー
公共性云々は判りませんのでお任せします。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いえいえ。任されても困ります。(笑)
毘沙門天さんの御発言が名誉毀損に当たるかどうかですから、ご自身でよくお調べになってください。
関係する法条は刑法230条、230条の2、民法709条あたりだと思います。

【57】
ーーーーーーーーーーーーーーー
ヨウカンのバカは取消させて下さい。取り急ぎ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

はい。それはいいんですが(笑)、他の発言もそのように「取り消します」と言えば済むのかどうか。
2ちゃんねるのシステムを知りませんが、簡単に撤回したりできないようですから、発言なさるならくれぐれも慎重にお願いします。


【追記3】

【58】
ーーーーーーーーーーーーーーー
679 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/27(土) 23:01:34
熊八さん
名無し毘沙門天、失礼しました。
670、私です。
671、私じゃありません。
ーーーーーーーーーーーーーーー

672、673、674、675、677、678、それぞれについてはどうですか?

【59】
ーーーーーーーーーーーーーーー
670そんなにひどいですかね。逆説的に書こうとして、ひねりがきかず
擁護のコメントと思ったアンチも見えて申し訳なかった失敗コメントでした。
やけのやんぱちなどじゃありません。痴漢冤罪に遭いながらの痴漢プレーを
擁護が正当化するなら、こういうストーリーもあるよといったまでです。
ーーーーーーーーーーーーーーー

「98年ないし04年事件後に、風俗で痴漢プレー」を毘沙門天さんはさかんにおっしゃってますが、絶対確実な事実ですか? 絶対確実なソースはありますか?
上の【55】でおっしゃったように、憶測なんですよね?
仮に事実であっても名誉毀損に当たると思われますから、もうおっしゃらないほうが良いと思います。

そのような事実が仮にあったとして、私はそれを正当化しているつもりはありません。私は立派な人間ではありませんから、他人の私生活について云々することはできません。
刑事裁判の行方にだけ関心があり、証拠上、合理的疑問があって無罪とされるべきなのに有罪とされていることの不当性を訴えているまでです。

【60】
ーーーーーーーーーーーーーーー
熊八さんと同様、植草氏と何ら利害関係はない。植草氏に反省の色が絶無
(擁護は当然と思うだろうが)なこと、ひどい言行不一致、巧言令色鮮仁、
人間として欠落。私自身を棚に上げてる所多々ですが彼ほど往生際悪くない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

「言行不一致」というのがよくわかりませんが、もし無実ならば、反省する必要は無いのではないでしょうか?

【61】
ーーーーーーーーーーーーーーー
私はパンピー(一般人)、工作員はしておりません。世直しボランティアの
積もりですが何か?
ーーーーーーーーーーーーーーー

もう少しだけうかがいます。
警察・検察関係者ということはありませんか?
自民党・公明党関係者ということはありませんか?
また、誰かに頼まれて(または命じられて)お書きになっていませんか?


【追記4】

毘沙門天さん、こんにちは。

【62】
ーーーーーーーーーーーーーーー
681 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/28(日) 07:26:15

熊八さん、
【追記3】は一段と尋問口調が強まり最早特高クラス
怖いですねー、熊さん警察・検察関係者ではありませんか。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いえ、警察・検察関係者ならば、もっと上手に問い詰めることができると思います。我ながら甘いです。(笑)

【63】
ーーーーーーーーーーーーーーー
672、673、674、675、677、678それぞれしっかりした洞察。私に非ず。
ーーーーーーーーーーーーーーー

そうですか。
お答えありがとうございます。

【64】
ーーーーーーーーーーーーーーー
人間だれでも秀でた所劣った所、善悪長短併せ持ちながら、突出した人が
顕彰され表彰され絶賛され、弾劾され獄につながれ貶されする訳で、自分
が立派でないからと云って黙していると、この世の中、優れた所を更に伸ばし
劣ったところは矯正する機能が働かなくなる。
だから植草氏についても評価するところは評価する代わりに突出して欠けた点
はたたくべきだが擁護は触れずに擁護するから、桃色プレーや桃色私物が露見
しても「資本主義の起源は個人の欲望追求1及び充足の肯定にある」とドエライ
処で“行くに任せよ,なすに任せよ”と叫び自分の不徳と決して謝らない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

私は、何度も言っておりますように、植草氏の刑事裁判の行方にだけ関心があります。証拠上「合理的疑問」があるので無罪とされるべきだ、と言っているに過ぎません。

私は植草氏の身内でも知り合いでもないので、植草氏の私生活についてあれこれ言う義理もありません。

むしろ、あの有罪判決ですら言及していない植草氏の私生活上のことを公に書けば、名誉毀損に当たるのではないかと思います。
(「桃色プレーや桃色私物が露見」などの表現も、控えられたほうがよいと思います。)

【65】
ーーーーーーーーーーーーーーー
自分なんぞの身柄訪ねてどーします。ノーコメント
にとも思ったが隠す程のことでもない。お尋ねの件、全部ノーです。
何ものにも帰属しない100%内発的な行動です。
ーーーーーーーーーーーーーーー

質問を省かれましたが、
警察・検察関係者ということはありませんか?
自民党・公明党関係者ということはありませんか?
また、誰かに頼まれて(または命じられて)お書きになっていませんか?
全てお答えはノーということですね。

【66】
ーーーーーーーーーーーーーーー
ところでチームゆうたまと植草氏の緊密度、間柄はどんな具合です?
mojoさん、熊さんは有給なんですか?
時には飲み会があるんでしょ?
ーーーーーーーーーーーーーーー

「チームゆうたま」とは何ですか? 私は勝手にコメントを書かせていただいている者に過ぎませんので、そういうものの存在を知りません。
勝手に書いているだけなので、もちろん、お金など何物もいただいていません。
飲み会も、いまだかつてありません。(笑)
URL 2008/09/27(Sat)18:40:59 編集
★最後に・・・。
NAME: まー。
ゆうたま様

確かに植草氏の名を語る方がいらっしゃいますが
私の確認している方と同一かは、定かでは、ありませんが
日記で、植草氏の国策逮捕を取り上げていたので
恐らくは、メディアに踊らされて滑稽なつもりでHNにしたのでは、ないでしょうか?

そういった意味でも、メディアの罪は、大きいと感じざるをえません。

私は、諸事情により、今後ネット環境が無くなるかもしれないので
近日中、副管理人の方に運営をお任せしなければならないのが
なんとも悔しいのですが、
ご多忙等は、思いますが一度ご覧頂ければと思います。
mixi内でも、同時多発的に、植草氏への国策逮捕が理解され、支持されています。


ひらりん様

ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳御座いません。
しかし、あれらが、検索にかかり、公共の目に曝されるのは、
余にも作為的で、それを阻止したい一心で
後先考えずアップしてしまいました。

否定する根拠がまったく無いコメント
論客を公共の場で貶める事しか出来ない言論方法

彼らとの対話は、それこそ無駄な労力
しかしながら
mojoさんが、謝罪のブログを掲載するちょっと前は、
ya〇ooで“植草 三頭身”で検索すると
1ページにも満たない検索結果でしたが
謝罪文掲載後、このmojoさんの謝罪ページがトップに表示され
先日まで出てこなかった北風太郎氏のブログも
こちらのブログを挟む形で多数検索されます。

検索結果の配列にどういう基準があるのかは、自分は、分かりませんが
この、前後のあまりの違いには、何か理由があるのは、確実です。

以前、北風太郎氏や、コヨーテ氏、mixiのsantossh(三頭身)氏と
私は、コメントを交えましたが、あまりに誹謗中傷が激しいので
ブログやネットでの名誉毀損について私の意見を述べました。

刑法の規定で、人の名誉を棄損する情報を公に伝えると
その事実の有無にかからわず、
告訴があれば名誉棄損の罪に問われる可能性※がある。

ブログなどホームページに書き込んだ内容は、
アクセス制限などをかけない限り、例え会員制とは、いえ
大勢の人間が閲覧できるから公に伝えるという前提は満たす。


刑法は名誉棄損罪の適用が除外となる条件も規定している。

(1)内容が公共の利害に関する事実である
(2)公益を図る目的で公表した
(3)真実であるとの証明がある

上記三点をすべて満たす必要がある。


当初は、訴えられるものなら訴えてみろという反論でしたが
真実を伝えようとする者が、前提である法律や規則、モラルを守れない人間の言葉を
誰が信用するだろうか?

と、投げかけたところ、活動が内向的になりましたが、しかし
彼らと平行するかのような、ya〇ooの検索状況

彼らに対し、敬意をもって、速やかに止めを刺さない限り
我々が訴える真実は、伝わらないような気がします。

恐らく、これが当分かは、分かりませんが最後のコメントになると思います。
また復活できる日を望みながら、失礼致します。
2008/09/27(Sat)09:19:19 編集
[No name] Re:最後に・・・。
こんにちは。
お返事が遅れました。

mixiの植草さんの名前のは、mixi運営にああいうのは良くないと通報したのですが未だそのまんまです・・・。
まーさんのコミュは今日にでも探して拝見いたします。
ありがとうございました~。
【2008/09/29 12:30】
★無題
NAME: 堂々
公開討論要請から逃げ回ってるw
植草はただの痴漢でしょ
変体プレイの達人
2008/09/27(Sat)06:40:03 編集
[No name] Re:無題
どこで公開討論するの?
TV?じゃぁそこまでお膳立てしてくださいよ。
そうなったら出るんじゃない?
【2008/09/29 12:32】
★私への質問?に対して
NAME: ひらりん
まー。さん、こんにちは。
私はアンチさんのブログは興味が無いので見に行きませんし、読みたいとも思わないです。
というか、基本的にアンチさんに反論して差し上げるほどの親切心もないし、私が反論したところでアンチさんの考え方には何の変化もないと思っています。

しかし、ここに貼り付けられてしまったので、このブログの読者のために、自分に関係のある部分のみコメントいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−
>それじゃ、ひらりん。
 手前の娘、娘がいると仮定して、その娘が複数の男性に暴行されてボコボコにされたら、その一部始終を人前で証言させるんだな。本人が嫌がっても証言させるんだな。
 たいがいにしろよ。
 それで、公開してどうするんだ。公開だったら、聴きに行ったのか?ひらりん、熊八、オマエら公判の抽選に一回も行っていないだろ。自分の目で確かめようという気持ちは無くて、他人任せで、ネットで騒いでいるだけだ。速記録がネットで公開されるという保証は無いし、マスコミの報道は信用できないんだろ。弁護団が得る情報は、非公開と何一つ変わらないわけで、オマエらのメリットはなんだ?被害者が苦しむのが楽しいのか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この部分は私に向けて書かれているようですので…。
(正直なところ、こういう文章を書く御方に、私の考えがわかってもらえる気はしません。)

これは、以前私がこちらのコメント欄で「被害者供述を公開にするべきだった」と書いたことに対するご意見のようですね。
「複数の男性に暴行されてボコボコにされる」のと、「電車内で着衣の上からおしりをさわられる」のとは違います。被害者に関して何か書くと、必ずレイプ事件とすり替えて言い返すのはなぜなのでしょう。

私に高校生の娘がいたとして、着衣の上からおしりを触られるという痴漢に遭ったら、遮蔽措置をしていただき、堂々と公開の場で証言させると思います。
痴漢の犯人を罰するなら、間違いなく真犯人を罰して欲しいからです。
無実の人を苦しめるという道義的な罪は恐ろしいです。
自分の娘の証言によって、無実の人の人生を台無しにしてしまったら、それこそ娘の将来に暗い影を落とすと心配だからです。

公開になるメリットは、速記録や傍聴記で、後でみんなで検証できることです。
人格攻撃をされるのでなければ、その証言を云々されることは仕方がないと思います。
誰かを糾弾するといういうことは、糾弾した人の証言も詳細にわたって吟味されるのは当然だと思います。
もちろん、レイプ事件なら全然話は違いますよ。

私もかつて痴漢被害に遭ったことはあり、被害者の気持ちはわかっているつもりなので、以上のような見解となります。
しかし、レイプ事件に遭ったことはないので、レイプ事件の場合はわかりません、と申し上げておきます。(念のため)
もちろん、私たちはレイプ事件について話している訳ではないですから、すり替えないでいただきたいです。

公判に一回でも行ったことのあるアンチさんは、それを自慢したいのでしょうかね?
私も一審の判決公判の時だけ抽選に並びましたが、はずれてしまいました。
その時一緒に並んでいた支援者の方と偶然話したのですが、その方は第一回公判からずっと並んだにもかかわらず、全部はずれてしまったそうです。
その他、毎回通って毎度のように傍聴券が当たる超ラッキーな支援者さんもいらっしゃいましたけれど、誰も自慢なんてしません。

傍聴について言及するなら、植草さんの裁判は、毎回大勢の傍聴希望者が詰めかけていたのに、最後まで小法廷で行われていたという、融通のきかない裁判所について書くべきではないでしょうか。
人から聞いた話ですが、フランスでは公判があると、翌日には速記録が公開されるそうです。
さすがにリベラルな国は違います。
日本は取り調べも密室なら、裁判もほとんど密室状態だと思います。


植草さんのブログを毎日楽しみに読んでいます。
ランキング上位になり、多くの人が読んでいるのがうれしいです。
確かに「政官業外電=悪徳のペンタゴン」と書いてしまうと敵も多くなりますし、大金持ちばかりの「お坊ちゃん、お嬢ちゃん内閣」を支援したい方々、既得権益のある方々にとっては煙たい存在でしょうね。
私は庶民ですので、一般生活者の代弁者である植草さんを本当に頼もしく思っております。
URL 2008/09/27(Sat)00:37:12 編集
★なんなんでしょうね?
NAME: まー。
ゆうたま様
熊八様
長文で本当に申し訳無いと思ったのですが

そうなんですよ
アイさん
Posted by aiyaiyaiyai-ya at 2008年08月28日 23:20
幹一彦さん(当初匿名希望)
Posted by 匿名希望 at 2008年08月27日 06:54
Posted by 幹一彦 at 2008年08月30日 14:14

私は、読んでいて正直・・・。
切なくなってきました。

私は現在mixiの方で、植草氏のブログをメルマガ風に
登録頂いた方に送信するコミュニティを運営させて頂きながら
三頭身氏を監視していますが、

mixi内でも、大分アンチの逆効果故の植草氏の事件に対する認知度が広まっておりまして
三頭身氏は、他者のブログにコメントを残さなくなりました。
私の所にも、数回コメントを残してそれ以来パッタリです。

結局支離滅裂なんですよね。
痴漢行為を立証できていないのですから
それに踏まえてアンチの方々の、
執拗で、自分が正しいと思うなら
名誉毀損を犯そうとも
公共の利益を損なおうとも
モラルを犯そうとも自己主張してくる時点で
客観的に見れば間違っているんです。

それと御指摘の通り
最後の、2ch出入り禁止の下りは、なんなんでしょうね?
これも自作自演でしょうか?

それと付け足しなのですが
文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20070421/p1

こちらの記事に対するコメント欄に
アンチは、決してコメントを残そうとは、しません。

あまりにも簡潔で隙の無い文章なので
反論できないのでしょうか?

彼らが正義を貫く為にも山崎氏への
反論がコメントされる事を願願うばかりです。
2008/09/26(Fri)16:06:03 編集
[No name] Re:なんなんでしょうね?
へえ。
そうなんですか!mixiでそんなコミュをなさっていたんですか。
私もmixiはあるんですが、全然ログインもしてないような感じでして。

mixiで植草さんの名前で作ってる人もいますよね。
ずいぶん前、植草さんのお知り合いの女性に教えてもらったのですが、怒ってました。勝手に名前を使ってる!と。
あれもアンチなんでしょうかね。ひまじんです。
【2008/09/26 22:21】
★赤木さん(=だからさん)へ。
NAME: 熊八
何をしに来られているのか、いまひとつわかりかねますが。(笑)

>褒めて頂きありがとう、中傷って本当のこと書いてもですか?(笑)

「事実」と「評価」の区別がついていますか?

こうお書きでしたよね。
ーーーーーーーーーーーーーーー
熊八さんも小心者なんだ、もっと強気の人だと見誤ったです。考えてみれば一方的にコメント欄を閉じているし、過去の投稿をえぃ!やーっ!!と消したり、何かといえば直ぐにコメント貼り付けたりと応援者としては何を主張したいかわかりませんがとりあえず中途半端だね。
ーーーーーーーーーーーーーーー

「小心者」が中傷。
コメント欄を閉じたのは小心が理由であるかのように書くのは中傷。
過去の投稿を消したのを小心が理由であるかのように書くのは中傷。
直ぐにコメントを貼り付けることを小心が理由であるかのように書くのは中傷。
「中途半端」と書くのは中傷。

おわかりですか?

私はむしろ、人の悪口をさんざん書きつつその人が出入りしているところに意見を書き込まないとか、批判するわりには引用元・返答元の所在を明らかにしないなどを、「小心」と言うのではないかと思います。
URL 2008/09/26(Fri)13:42:55 編集
[No name] Re:赤木さん(=だからさん)へ。
こんにちは。

そう。なにしに来ていて、何が言いたくって
っていうのが赤木さんの場合ちっともわからないんですよね。
まるでコヨーテちゃんです。
【2008/09/26 14:35】
★無題
NAME: 赤木
褒めて頂きありがとう、中傷って本当のこと書いてもですか?(笑)

2008/09/26(Fri)13:15:53 編集
★北風さん…(笑)
NAME: 熊八
赤木さん(=だからさん)。
「★熊八さんは中途半端な応援者か?」
わざわざの中傷、ありがとうございます。(笑)


「まー。」さん、お久しぶりです。
北風さんたちは、さかんに私などの悪口を言っておられたんですね。知りませんでした。
そんなに言いたいことがあるなら、こちらゆうたまさんブログにでも書き込まれればよいと思うんですけどね。(笑)

(北風さんについては、私のブログの
ttp://livealot.exblog.jp/7479475
http://livealot.exblog.jp/7491935
などをご参照ください。)

長いので、ザーッとだけ読ませていただきました。ほとんど、言葉のひどい中傷だけで、内容も突っ込みどころ満載のようです。(笑)

一点だけ触れますと、T証人が警察に初めて出頭したのを16日だったように言ったことについて、あれを記憶違いで済ますところに、北風さんの「検察べったり」の姿勢があらわれていますね。
あの供述を見れば、明らかに検察が「16日」に誘導しています。15日の出頭を隠していることは明白です。誰が読んでもわかるでしょう。

(『隠されていたT証人の警察出頭・再現報告書』ttp://livealot.exblog.jp/6928887/
をご参照ください。)

それにしても、これだけ酷く誹謗中傷し続けられるというのも、すごいエネルギーですね。ある意味あっぱれに思います。(笑)

ところで、最後のほうの「アクセス規制」というのは、どういうことでしょうね?
URL 2008/09/26(Fri)13:06:03 編集
★いやがらせ
NAME: 赤木
まー。さん

管理人に対しての嫌がらせはやめたら?


2008/09/26(Fri)12:43:26 編集
[No name] Re:いやがらせ
人の事はよろしいでしょう。
【2008/09/26 14:34】
★ご無沙汰しております
NAME: まー。
ちょっと長くなってしまうのですが
北風太郎氏のブログへ寄せられたコメントより抜粋



おはようございます。

全く指摘されている通りだと思います。ウソやねつ造を繰り返す程植草の卑怯さが際立ってきます。そういえば昔(ガキの頃)おふくろに「嘘吐きはドロボーのはじまり」と怒られた記憶があります。そんなおふくろならきっと「あんな応援者しか集まらない植草ってそんな程度の人間だよ」と言うでしょう。

Posted by コヨーテ at 2008年08月25日 06:45

懐かしい言葉ですね。子供の頃を思い出しますが、昭和の美徳といえましょう。
それにしても、応援ブログだか、嘘つきブログだかよくわかりませんね、まったく。

Posted by 北風太郎 at 2008年08月25日 22:07

私も最初はぐぐったら植草は冤罪という検索が多数出てきたので、興味をもって全て読破しました。

結論から言えば、mojo、熊八、ゆうたまの3名にひらりんそしてライブドアでの素人記者の記事だけだった。そして、前3者が異様なキャラクターの主達で同じことを延々と毎日のようにお経をとなえているだけ・・・

冤罪を主張している数の多さに一度は、本当に冤罪の可能性があるのかと思い、彼らの主張を理解しようとして読んでも、途中で論理破綻はするは、荒唐無稽の前提があったり、説明不足はあるはで、通常の一般人には理解不可能の主張ばかり。

さらには、風俗での痴漢プレーや200万円の口止め料、自宅からのセーラー服の押収やその購入ショップまで裁判で明らかにされたことについては、痴漢事件には無関係と一切触れようとしない、ゆうたまのブログ運営には、本当にこの人達は真実を解明しようとしているのかとさえ疑った次第。

まぁ、まともな一般人なら彼ら冤罪派には全く影響されないだろう。一番の理由は意味不明の主張を最後まで聞く時間的余裕がないこと。二番目の理由は最後まで聞いたとしてもその荒唐無稽に疑問だけが残ること。

私は、二番目の口で疑問を解決する糸口が見えず、では冤罪派の主張するようなことを系統だてて構成しなおそうとしたが、その段階で、この北風ブログを発見し、やっと整理ができた口。

いまは、ゆうたまブログを余裕で毎日眺め、おやおや熊八とmojoが喧嘩し熊八が撤退しのか・・・あれあれ撤退宣言をした熊八が理由もなく再登場しか・・・しかし、新しい事実は何も出てこないのに頭の中の妄想を新しい事実発見と毎日のように繰り返す珍妙3兄弟に、精神心理学的見地から症例として眺めています。

Posted by 匿名希望 at 2008年08月27日 06:54

 実は私も、匿名希望さんと同じ流れです。
 初めは無罪も在りえるのかな、と思ってニュースなどを読み始めました。やがて目撃者と逮捕者の速記録を読んで、こりゃ完全に有罪だと思いました。疑問や反論をmojoのブログに書いても、トンチンカンな答えしか返って来ず、違うホームページに書き込んだら削除され、自分のブログで主張するようになりました。そして、今では私も「精神心理学的見地から症例として眺めています」。時々、吉本新喜劇を観ている様な気もしますが。いや夫婦漫才か(笑)。

Posted by 北風太郎 at 2008年08月27日 21:45

こんばんわ、アイです。
コメントするのははじめてですね(^^)

事件発生当時…というか、ゆうたまさんのブログ(前の)が炎上したときから見ている私からすると、彼らは全く変わってないです。というか、公判が始まってから酷くなってるかもですw
「植草氏は無罪」という‘結論ありき’でしかこの事件(公判)を見ようとしていませんからね。
だから、植草氏の勘違いや記憶違いには言及せず・目撃証言や逮捕者の証言などには勘違いや記憶違いは認めず…そしてそこに妄想やら思い込みやらコジツケが入りますから、お話にならないのですよ^^;
私も、これでも公判前は冤罪の可能性は全くゼロではないと思って(あげて)たんですよ、ホントにw

8月も終わりますね~。事件から2年経とうとしてます。
こんなに長いこと同じブログを見続けてきたのは、今までにないことです(笑)
ある意味、ヘタな漫才より面白いですからね_・)ぷっ
Posted by aiyaiyaiyai-ya at 2008年08月28日 23:20

おはようございます。

『応援ブログ』と称していますがアレほど看板(タイトル)と中身、内容が違うのも珍しいです。今は全員でねつ造説を話し合っているようですがもう誰も・・誰一人相手にしていません。

さてコヨーテは06年以前から応援ブログを知っていました。事件後自分のブログで有罪無罪は裁判所の判断と言ってきました。第三回の公判も傍聴し「植草氏にとって厳しい判決」だと感じました。さて色々ありましたが事件から2年、控訴審の判断からも随分経ちましたので早く最終結論に向って欲しいです。

コヨーテ的には裁判の資料の公開、植草氏や弁護人たちの記者会見、証人を探す為の努力やえん罪と訴える署名活動等々するなら他の方向に行く可能性も有ったけど・・・本人植草氏の行動が全てを台無しにした気がする。性癖、趣味嗜好は自由、されど・・・まぁー良いか他人だし。

Posted by コヨーテ at 2008年08月29日 07:00

 アイさん、いらっしゃい!
 中立的な立場で入口をくぐれば、途中いろいろあって、出口で有罪を選択する人が殆どでしょう。無罪でも別に困りませんが、自動的にね(笑)。
 そういえば、擁護の妄想は日を追って酷くなっているのかもしれませんね。私は途中参戦で初期の様子はよくわかりませんが、判決後はなんだか重症になっている気がします。控訴審もすぐ終わっちゃったし、擁護も苦悩しているのかも・・・・ひとりを除いて・・・そう、あの人に苦悩はありません!植草さんが認めても私は認めない!(爆)ナンダカナー、もう。
 あれだけ完璧に却下されるとコジツケるしかないのかな。最近の擁護は意味不明のコメントが多いので、漫談のストーリーがわからなくなることがあるのが難点です(笑)。とりあえず、おかしな事件だけは起こさないようにして頂きたいものです。


 コヨーテさん、まいど!
 コヨーテさんはご自分で一度傍聴されたんですね。Mojo、熊八、ゆうたま、公判はああだった、こうだったと言うわりには一度も行っていない。そんなに文句があるなら、せめて一回くらい、自分の足で確かめろと言いたいですね。本当に、適当な連中です。
 冤罪と言いながら、支援する側も、される側も行動しない。
 こんなケース、日本初でしょ!(笑) 歴史的冤罪事件だ!(爆)。



負け続け、命懸けでと言いながら
最後まで、何事もないあのひとの
マイク握りし熱い顔
見ることもなく、秋も過ぎゆく


最後は高田延彦風に決めてみましょう
では皆さんご一緒に

ウエクサ! デテコイヤー!

Posted by 北風太郎 at 2008年08月29日 19:24

匿名希望では情けないので記号を付けました。

珍妙三兄弟の奇妙奇天烈さは、矛盾を集めて隠された真実をあぶりだそうという手法論が空回りしていることにつきる。

犯人誤認説が植草弁護団の主張だったのに、細かく矛盾を探し、犯罪捏造説やら陰謀説へと展開するにいたっては、弁護団でさえ展開していない主張を始め、珍妙三兄弟の発言に首尾一貫さがなくなり、説得力が全くなくなるばかりか、夫婦漫才化してしまった。

隠された真実がないので、いくら矛盾をつなぎあわせても、あぶりだせる真実がないのだから、それをつなぎあわせるには、論理構成で必要不可欠な重要な証拠さえも、警察の証拠捏造説を使わなければ、論理破綻するという悲惨な状況になってしまった。これこそ喜劇である。

さらに、無実を主張すべきが無罪を主張するにいたっては、何が目的なのかさえ見失った三奇人になってしまった。

無罪は裁判戦術であり推定無罪説は『痴漢をしているという確実な証拠がない』だけであり、痴漢をしていなかったことを証明していることではない。

奇天烈三兄弟は無実を伝えるべきであり、そのためには証拠のあらを探すのではなく、植草は痴漢をするはずがないことを説明すべきである。

風俗嬢にセーラー服を着せて痴漢プレーをしていたが、これは己の欲望のためではなく性風俗の経済学的研究目的であったとか(笑)、

酔っ払っていたので痴漢を抑制する緊張感が失せてしまったのではなく、酔っ払うと性欲が無くなるという類まれな特殊体質であるとか(笑)、

しかし、無実さを伝えるべきところを、なぜか三兄弟は避けてばかりいる。不思議な人たちである。


Posted by 幹一彦 at 2008年08月30日 14:14

いやはや、犯人誤認説、警察による捏造説、政治的な陰謀説で終わりかと思ったら・・・

今度は、不良女子高生と目撃証人による狂言説を展開しだしましたね・・・ゆするつもりが警察に通報されたので恐喝未遂説というおまけまでつけては、だれか歯止めをかけないと、名誉毀損にもなりかねないと思いつつも、しばらく泳がせて事件化されるのを眺めていたい気もする(笑)
Posted by 幹一彦 at 2008年08月30日 14:55

「隠された真実がないので、いくら矛盾をつなぎあわせても、あぶりだせる真実がない」

 幹さんのこの分析が擁護の核心を射抜いていると思う。
 あぶりだせる事実が何も出てこない→妄想にはしる→妄想が尽きる→捏造にはしる
 妄想しないと太刀打ちできないのだ。これがよりによれて、漫談が出来上がる。見方を変えると、彼らのおかしな主張はこの裁判が弁論できない事件であることを表している。Mojoコメントをちょっと見てみよう。


「最も大事な「被害者の証言」そのものを、非公開にする事が問題でしょう。←つまり、検察の“判断”の方が批判されるべきです。」mojo 2008/08/30(Sat)12:33:03

 非公開を希望するのは被害者で、それを認めるのが弁護士と裁判官。だから検察は無関係。なんで検察が批判されるのか、わけがわからない。わいせつな事件で被害者の証言が非公開になるのは、珍しくない。常識的な手続きだ。被害者のプライバシーを無視するとはどういう神経しているのか。

「例えば「繊維鑑定」 。これは、女子学生の“制服の繊維”が付着しているというなら、その女性が「どこの学生か」は当然公表しなければなりません」mojo 2008/08/30(Sat)12:33:03

 ハァ? なぜ学校名を(笑)。確認すべきことは、繊維が一致するかどうかだ。それでは、繊維が下着やスーツの場合、その販売会社や製造会社を公表しないといけないの?パンツの会社名聞いてどうする(爆)。当日着用していた事、一致する事、必要なのはそれだけだ。自分が学校名を知りたいものだから、裁判に難癖つける。恐らく、学校名から様々な妄想を広げたいのだろう。

「やっぱり、アンチと“痴漢事件”は、無関係ではないな」mojo 2008/08/30(Sat)12:33:03

どうやら、アンチが事件を起こしたという脚本を作成中らしい(笑)・・・やっぱり、目が離せない!今後の展開に、皆さん乞うご期待!

Posted by 北風太郎 at 2008年08月30日 20:23

 次から次へ嘘をよく書くなぁ。

「植草氏は被害者の抗議に対して全く否定行為をしていない」(一般人)
「いきなりのことで、頭が錯乱していたとのことですね」(熊八)2008/08/31(Sun)01:32:14

 そんなこと言ってないでしょ。植草先生は(笑)。
 錯乱したなんてどこに書いてある?嘘書いちゃダメだよ(笑)。
 植草先生の言い分は、
「私は、女性の甲高い声と動作から「痴漢騒ぎではないか」と直感的に感じ、絶対にかかわり合いになりたくないとの思いから、体の向きを右向きに変えて、また目をつぶって下を向いて立っていました」(最終弁論の意見陳述)
・直感が働いた
・関わり合いたくないと思った
・すぐに向きを変えて目をつぶった
 つまり痴漢騒ぎに巻き込まれぬよう、冷静に対処したという言い分だ(泥酔していたはずだけどね)。直感が働き迷うことなく反応したと、先生がおっしゃっているのだから、錯乱などと書いてはいけませぬ(笑)。

 よって、「植草氏は手を挙げて謝罪する素振りをしただろ」というツッコミに対する、次の言い訳もデタラメである。
「植草氏が右手に持っていた吊り革を思わず離した動作とか、何かわからず反射的に「失礼」と反応した動作だったかもしれません」(熊八)

 関わりたくない相手に、「失礼」などと反射するわけがない。また、移動せずに向きを変えたという主張だから吊り革を離すこともない。むしろ、つり革を握る手に力が入る。植草先生の言い訳はひとり大きく食違ってしまった。ちゃんと植草氏の証言内容にそって発言しましょう。辛いのは判りますが(笑)。辻褄が合わないんだよね――。

 さてさて、泥酔していたはずなのに「直感が働きました」とは不思議だ。その直感が働く三分前に、反対方向の電車に、間違って乗車するほど酔い潰れていたはずだが・・・。
 すぐ目の前の、50cmと離れていない被害者に抗議されて「関わりに合いたくない」とはどういうことだろう。50cmといったら、マンツーマンの立ち位置で、パソコンモニターの横幅程度の距離しかないが・・・。つり革につかまっていたと先生は言うが、そばにいた被害者、目撃者、逮捕者三人がこれを否定した・・・。

 どう考えても、変な言い訳でしょ(爆)。
 学校行事で遅くなった被害者より全然変でしょ!(爆)(爆)
 9月中旬、文化祭の準備で遅くなったと考えれば何の不思議もない。というより、そんな事が痴漢行為と何の関連性があるのか?彼らの妄想はどこへゆく・・・・。

Posted by 北風太郎 at 2008年08月31日 23:51

 熊八:「錯乱した」というのは、私の思い込みでしたね

 2年間も検証を続け、毎日他人のブログにコメントして合理的に、と言うわりにはいい加減だね。「私の思い込みでしたね」・・・根拠のない思い込み、これを妄想という(^^)。
 目撃者の記憶が一日違うと偽証だ、偽証だと言うくせに、2年も調べてきた自分が間違えると、思い込みでした、で済ます。あいつ等の検証は、「自分勝手」と訳した方がいいだろう。

 結局、植草氏はすぐ右を向いたという主張で熊八はいいのかね。
 熊八の主張は「目撃者・被害者の人違い」である。本当に人違いなら、真犯人が去った後、関係者の証言内容は一致する。しかし現実には、植草氏だけがまったく違うことを言った。
 被害者が振り返って植草氏に抗議したあと、
植草氏「関わり合いたくないので、私はすぐ右を向きました」「つり革につかまっていました」
被害者・目撃者・逮捕者「被害者に対し、植草氏は謝罪するように右手をかざした」「つり革をつかんでいなかった」
 痴漢行為終了後も、植草氏ひとりが正反対の証言をした。よって人違い説は成立しない。特に第三者である逮捕者が植草氏と正反対の証言した事は大きい。「人が入れないほどの距離だった」という熊八の大好きな逮捕者の証言が正しいなら、同時に「植草氏は謝罪の素振りも見せた」という証言も正しいとなる。植草氏が犯行を隠すために嘘を付いたということだ。人違い説を合理とする熊八理論は破綻している。

 人違い説を無理やり実現したい熊八は、植草氏と逮捕者の証言が一致する方向にもっていきたい。逮捕者の証言は事実で植草氏と一致し、目撃者だけが違う、だから目撃者は真犯人を見ていたのだと・・・。「うーん」さんが逮捕者の話は嘘では?という質問をしても、事実はどうでしたかとすっとぼけた理由がそこにある。破綻してしまうことに熊八は気付いている。ズル賢い奴だ。

 時間ができたら一度、熊八のデタラメを詳しく暴こうと思う。



Posted by 北風太郎 at 2008年09月02日 23:02

あいつらの有意義な論議は被害者、目撃者、逮捕者から検察、警察。裁判所を中傷誹謗と妄想の数々ですよ。どうやらもうひとりしゃしゃり出て来て・・・本当にbakaですね~ ヤレヤレ・・bakaは死なないと治らない実例ですね(笑)

Posted by コヨーテ at 2008年09月03日 16:42

 中傷も極まれり、いった感じですね。滅茶苦茶だ。

「しかし、「被害者が高校生以下だから、尋問を非公開にした」というのは納得できません」2008/09/03(Wed)17:29:55
 非公開でも、裁判官も弁護人も立ち会う。だから弁護人にとっては、傍聴人がいないだけのことで大して変わらない。傍聴人がいない方が被害者も落ち着いて話せるから、細かい証言内容を引き出せるという考え方もある。被害者が興奮して泣き出したりしたら中断せざるをえない。
 先般、未成年者の裁判で、担当医が接見内容をルポライターに漏らし、その本が出版されて大騒ぎになった。逮捕されたのは担当医だが、出版社の編集能力、倫理感を新聞が厳しく非難した。社会全体が未成年者の人権に注意を払っているのに、こういう社会倫理がまったく通用しない。

「当時の弁護団が「期日外」をすんなり受け入れてしまったことは、返す返すも残念です。 徹底抗戦すべきでした」
 つまり、嫌がる被害者を無理矢理、傍聴人の前に引き出せということか。同じ質問するにしても、被害者が苦しんでもいいから傍聴人の前でしゃべらせろという意味か。
 手前ら、どこまで反社会的なこと書くつもりだ。被害者の人権無視して、ホント、カルト集団と呼ぶにふさわしい。

 それじゃ、ひらりん。
 手前の娘、娘がいると仮定して、その娘が複数の男性に暴行されてボコボコにされたら、その一部始終を人前で証言させるんだな。本人が嫌がっても証言させるんだな。
 たいがいにしろよ。
 それで、公開してどうするんだ。公開だったら、聴きに行ったのか?ひらりん、熊八、オマエら公判の抽選に一回も行っていないだろ。自分の目で確かめようという気持ちは無くて、他人任せで、ネットで騒いでいるだけだ。速記録がネットで公開されるという保証は無いし、マスコミの報道は信用できないんだろ。弁護団が得る情報は、非公開と何一つ変わらないわけで、オマエらのメリットはなんだ?被害者が苦しむのが楽しいのか?

クレイジーとしか言いようがない。


Posted by 北風太郎 at 2008年09月04日 00:07

擁護三姉妹のウォッチャーを止めることにしました。最近の支離滅裂さは統合失調症の患者が書いたようなものに似てきており、論理破綻し最後まで読めなくなってきたからです。


(mojo)法治国家の『原則』は、「双方の言い分を聞く」ということです。

(kan)こんな原則なんてない。無いものをあると言い切る妄想があるようです。言い換えるならば『民事裁判では双方の主張をよく聞く』という程度でしょうかね。しかし、これを刑事事件の植草痴漢容疑擁護のブログでコメント欄で書くものでしょうかね。おかしな人です。

もう、ここで駄目ですが、我慢して読み続けると・・・

(mojo)検察の誘導で合わせている可能性が高い。(現実的には「誘導」でしょうが、捜査員が関わりないのなら、いわゆる「美人局」の可能性も出てきます。)

(kan)美人局って逆に女子高生を刑事告発しないと駄目ですね。しかし、『検察の誘導』と書いているのに後段では『捜査員が関わりないのなら』と書いている。ということは検察庁の偉い人から東京地検の検察官に指示が出て、その検察官が蒲田警察署長に指示が出され、署長から捜査員に指示が伝えられたという経路を考えているのでしょうかね・・・


統合失調症の患者さんの日記を読んでいるようなものなら、もう読む価値は見出せない。しかし、よくもまぁ3人もの患者が集まれるものだということでは、いい症例かもしれません。
Posted by 幹一彦 at 2008年09月04日 06:49

正反対の事をよく書くんですよね。
意味不明だったたり、あまりに反社会的で、読んでいて気分が悪くなることがあります。
読むと、毒が当たるのかもしれません。
フグのような連中です。
それでも、なんだか読んでしまうんですよね(笑)。
珍しいものを観たいという好奇心が抑えられないのかもしれません。

Posted by 北風太郎 at 2008年09月04日 21:49

冤罪と聞くと人は何か応援することが無いかと動き出すもの。事実、私も北風氏も動いた。そして、北風氏が見切りをつけ、私も北風氏に同調した。

この流れは2チャンネルを見ても擁護三姉妹が言うアンチの誰もが経験していることが手に取るように分かる。アンチというのがあるとするならば、それは冤罪事件じゃないのに冤罪だと主張している三兄弟への怒りだろう。

植草痴漢事件が冤罪ならば、判決が確定した品川事件でも、容疑を認めた東海道事件でも、それらが冤罪でなければ京急事件だけが冤罪だと主張することができないのは、通常の人の感性。

だからこそ、応援したいと思ったのに、奇天烈三姉妹の冤罪性の根拠が皆無。あるのは植草被疑者が冤罪と主張しているということだけ(笑)

少しは一般人を巻き込んだ大きな運動にして欲しいと願望しているのに、最近は検察やら警察が捏造したと主張しだし、とてもじゃないが手におえない始末。

先の統合失調症という疾病による戯言と判断したのは私の間違いだったかもしれない。単にIQレベルが極めて低い人たちだったのかもしれない。ただ、昔なら無視できるのだが、最近はIQレベルがいくら低くても自由に情報発信ができて注目されるのだから、困ったものだ。

と・・・・ウォッチング中止といいつつ、今日も彼らの戯言を読んでいた(笑)
Posted by 幹一彦 at 2008年09月05日 19:39

初めまして、北風さん。
2chを専ら根城にしてる無頼者ですが、三頭身さんの
「御大降臨か?! 」の声に何事ぞと見れば真にご降臨、
ご降臨の端緒と云えば私の小文、熊八氏とのやり取りの
不消化なところを一挙に解決したいという個人的願望に
発する訳で御大を煩わし甚だ心苦しい次第ですがご寛恕
の程願上げます。よろしくお願い致します。
Posted by 名無し毘沙門天 at 2008年09月06日 00:55

毘沙門天さんへ
アンチも、擁護も、今なお興味のある人の殆どがあのスレを読んでいるようですね。
私のブログからコピペしてもらうのもお手数だし、はっきりして良いでしょう(笑)。

Posted by 北風太郎 at 2008年09月06日 19:26

サンデー毎日での『セクハラ癖の認定』には驚きました。

その驚きは植草氏の認容のスタンスに法曹界から疑義が多数出ています。

ttp://www.yabelab.net/blog/2008/09/09-093103.php#comments
ttp://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2008/09/jugement-8632.html

つまり、植草氏の名誉はセクハラ癖を認定されては意味がない。それなのに、なぜ、判決に満足すると植草氏はコメントしたのかという疑問です。

厳しい言い方をすると、セクハラ癖を認定されてしまってても守るべき名誉がどこにあるのか?という素朴な疑問です。

裁判官はうない逃げ方をしている。そもそもセクハラ癖よりも名誉が損なわれる痴漢行為で罰金刑を受けているのだから、セクハラ癖があろうかなかろうか、痴漢行為の方が名誉的には著しく損なわれるものであるので、大同小異である。

したがって、痴漢犯罪を確定した植草氏がセクハラ癖があるかないかというのはその名誉を損なうものではない。

ただ、セクハラ癖が業界では有名というのは事実とは違うので、その点のみ名誉毀損が成立する。と植草氏の勝訴としたのでしょう。

最初は、業界とはマスコミ業界であり、新潮45で寄稿している女性ライターに言い寄るなどマスコミ業界では植草氏の女癖の悪さは有名だということを認定したのかと思ったが、どうも違うようだ。

確かに、セクハラ癖は以前は犯罪行為でなく今でも犯罪行為ではない。痴漢行為は犯罪行為である。痴漢をしている植草氏がセクハラ癖があるといっても、それが名誉を損なうと言えないと判決した裁判官は実に鋭い。

一方、植草氏は判決には満足しているようだ。そこが法曹界の連中には理解不可能な現象となっているようだ。その解釈として、植草氏の生きる道は支援者の輪でしかないのだから、彼らが支援できるような状況を作るしか生きていけないだからだろうと解釈してみせる。

いろいろ考えた。植草氏は必死に生きている。どうやって生きていくのか、その東大経済学部出身(?)の履歴から考えると、大学の教授などだろうが、どこも雇う大学は無い。マスコミも植草氏に登場してもらわなくてもいい状況になっている。

あとは支援グループからの情報料で自らの経済学的知識を販売するだけだろう。

最後の道は、民主党からの立候補があるが、あれだけラブコールしているが植草氏を民主党から立候補するといううわさが出てこない。

北風太郎さん、あまり植草氏を叩かないようにしてください。

彼もどん底から這い上がろうとしているのです。悪いのは擁護三兄弟の妄想による第三の被害者が出ないよう抑制するだけでしょう。

現在の植草氏は痴漢被害者を美人局とは言っていないが、擁護三兄弟は蒲田警察捏造説やら美人局など加害行為をしはじめていますからね。
Posted by 幹一彦 at 2008年09月09日 19:42

>その驚きは植草氏の認容のスタンスに法曹界から疑義が多数出ています。

植草さんのコメントについて書かれたものは、引用ブログのうちの片方だけです。
つまり、疑義は「多数」は出ていません。
もう1つのブログは、判決の理論構成に対する疑問です。
「法曹界」は植草さんなんかに興味を持っていませんよ。

>したがって、痴漢犯罪を確定した植草氏がセクハラ癖があるかないかというのはその名誉を損なうものではない。

判決はそうはいっていないようです。
複数の痴漢行為が認められるので、セクハラ癖がある、
つまり、痴漢=セクハラと認定したっぽいです。
(マスコミの記事からはそう読めます)

>セクハラ癖が業界では有名というのは事実とは違うので、その点のみ名誉毀損が成立する。と植草氏の勝訴としたのでしょう。

正確に言えば、事実であろうが無かろうが、名誉は毀損されています。
ただし、1セクハラ癖がある。2それが業界で有名。
この2つの事実が真実であれば、不法行為にはならない。
今回は、1は立証されたが、2は立証されていないので、不法行為は成立する。
という論(っぽいこと)を判決は言っています。

これに対して、不法行為にならないためには、1だけ証明されていれば良いはずだ、
という批判が加えられているのです。
Posted by 白片吟K氏 at 2008年09月09日 23:03

判決を新聞記事のみで判断するのは難しい事例でしょうね。

セクハラ癖の有無は名誉毀損の必須要件ではない。
つまり、セクハラ癖が事実だとしても、
それを公表することは公益性が無ければ名誉毀損になる。

つまり、事実認定をしても名誉毀損が成立してしまうことになる。

そこで裁判官は考えたのでしょう。

セクハラ癖があったとしても、植草氏は痴漢行為をしており、
それが既に公判において指摘され広く報道されていた。

つまりセクハラ癖の立証はされていると判断したのでしょうね。

ただ、痴漢行為とセクハラ癖はイコールでないと普通の人は考えるので、
どうもそこが釈然としないところ。

そこで、サンデー毎日に対して、業界でセクハラ癖が有名だったという報道は、その事実の裏づけとして業界で有名だったという点において、十分に裏づけ取材をしていなかった、と指摘しただけでしょう。
Posted by 幹一彦 at 2008年09月10日 06:25

幹さんへ(一つ前のコメントについて)

「北風太郎さん、あまり植草氏を叩かないようにしてください」
そうですね。過度の攻撃は注意します。
ただ、植草氏に金銭的な問題は無いと思いますよ。弁護士を多数雇っていると豪語しているし、裁判も自ら起こしている。あれだけの実績があれば、株取引、経営分析、通訳、何でも仕事はあるでしょう。公務は難しいでしょうが。
 精神的にも多少の余裕があるのでは。命懸けで闘うと言っていますから。2ヶ月服役する可能性があるわけですが、3回の逮捕、2回の拘留を経験していますからだいじょうぶでしょう。こういう事を考えるのは本来擁護派なんだけど、どちらが支援者かわかりませんな(笑)。
 特段、植草氏を追求するつもりはありませんが、事件に被害者がいる以上、無罪を主張すれば討論は避けられない。最後の方に、幹さんが書かれた事がアンチの総意だと思います。少なくとも私は同感しました。


白片吟Kさんへ

「つまり、痴漢=セクハラと認定したっぽいです」
ぽいです、では説得力ありませんね(笑)。
といっても、私も、白片さんも、詳細がわからないのだから、しょうがないですね。

「これに対して、不法行為にならないためには、1だけ証明されていれば良いはずだ、という批判が加えられているのです」
 裁判所の判断はあなたが書いている通りだと思いますよ。ただ、植草氏はそれでいいのか、という声があがっているわけですね。セクハラと認定されちゃたんですから。そこが一番重要なのではないかと・・・。
 詳細はわからないし、控訴する気配だし、熱くならずに、ゆっくり観察したらどうですか。


Posted by 北風太郎 at 2008年09月10日 19:26

別に熱くないですよ。むしろやる気無いです。
裁判所がどんな理由でセクハラを認定したのかとか、 
どんな法律構成を取っているのかとか、
そんなことここの誰も興味持ってないでしょ。
植草さんにセクハラ癖があるって裁判所が言いましたってことだけで十分なんでしょ。

やる気出す要素がないから、確実に間違っているとこを1度だけ指摘して、後は放っているんです。

セクハラと認定されて、植草氏はそれでいいのかといえば、それでいいんじゃないですか。
本人が良いって言ってるんだから。
Posted by 白片吟K氏 at 2008年09月10日 20:41

2ちゃんをお楽しみの方へ
アクセス規制に巻き込まれました。2~3日お待ちください。
                          北風太郎

Posted by 北風太郎 at 2008年09月14日 12:48

北風さん

2ちゃん専用ブラウザを使うとアク禁を回避出来る場合がありますよ。
私はJANEってやつを使ってます。結構使いやすいです。
ご存知かも知れませんが、
ご参考まで。
Posted by 三頭身 at 2008年09月15日 00:49

三頭身さん、ありがとう。Jane styleでやってみたけど、書き込めなかった。でも、いずれ解除されるでしょう。あまり長引くようなら、仲間のパソコン借りようと思う。
Posted by 北風太郎 at 2008年09月15日 19:08

以上です。
2008/09/26(Fri)12:23:40 編集
[No name] Re:ご無沙汰しております
転載をわざわざ長文でどうもありがとう^^

この人たちは自分が書いた意見に名前を変えて同意するコメントをつけてるだけです。
全ておんなじ人の自作自演ですから。

コヨーテ三頭身ペンギンとばか三兄弟です。
【2008/09/26 14:33】
★熊八さんは中途半端な応援者か?
NAME: 赤木
>はい。私も傍聴したことありませんよ。
それが何か?

熊八さんも小心者なんだ、もっと強気の人だと見誤ったです。考えてみれば一方的にコメント欄を閉じているし、過去の投稿をえぃ!やーっ!!と消したり、何かといえば直ぐにコメント貼り付けたりと応援者としては何を主張したいかわかりませんがとりあえず中途半端だね。
2008/09/26(Fri)12:16:02 編集
★また…(笑)
NAME: 熊八
次も熊八あての中傷ですか。
ご苦労さまです。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
538 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/24(水) 15:05:09
熊八の理論(笑)だと、どんな事件の容疑者も無罪ということになるな。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ほほう。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
  ~だからと言って~とは限らない

これを応用していくと全ての事件の容疑者の無罪化が可能になる。
例えば植草氏が自白したとしても、植草が自白したからといって犯人とは
限らない、自白を強要された可能性もある、となる。
ーーーーーーーーーーーーーーー

たとえば法廷で「やりました」と自白して補強証拠もあれば、これは有罪とせざるを得ないでしょうね。
(それでも無実の場合はありますが。たとえば富山の冤罪事件。)

ーーーーーーーーーーーーーーー
更に事件現場を撮影したビデオがあっても、それは捏造された可能性
があるとなって‥
ーーーーーーーーーーーーーーー

そのビデオも十分に検証すべきだとは思いますが、それはもう、常識の範囲で考えるべきでしょう。
わずかな可能性でもあれば無罪、と言ってるわけではありません。「合理的な」疑問でないといけません。
アンチさんのお好きな判例にも書いてあるではないですか。

「刑事裁判における有罪の認定に当たっては、合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証が必要である。ここに合理的な疑いを差し挟む余地がないというのは、反対事実が存在する疑いを全く残さない場合をいうものではなく、抽象的な可能性としては反対事実が存在するとの疑いをいれる余地があっても、健全な社会常識に照らして、その疑いに合理性がないと一般的に判断される場合には、有罪認定を可能とする趣旨である」(最決平19.10.16判タ1253-118)

ーーーーーーーーーーーーーーー
イチャモンをつけようと思えば幾らでも付けられるから熊八にとっては
便利この上ない理論だわな。
ーーーーーーーーーーーーーーー

人の言ってることを≪極論≫に加工してイチャモンをつけてるのはキミや。(笑)

(この手口がどうも毘沙門天さんぽいが…(笑) cf. ttp://livealot.exblog.jp/6457814/)

ーーーーーーーーーーーーーーー
要は実際に事件に遭遇した人間を除き、他の外部の人間にとっては信じるか
信じないかの思想的な問題であって理論がどうのうというレベルの問題じゃ
ないんだな。
ーーーーーーーーーーーーーーー

外部の人間は、証拠から「合理的疑問」が有るかどうか、有れば無罪、無ければ有罪、とだけ考えればいいのじゃないかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーー
植草が無罪と思ってる連中はどんな証拠が出ようが、痴漢プレーしてようが
無罪を唱える。
ーーーーーーーーーーーーーーー

そのときその現場でその犯行をした、という証拠が出てくれば、それは有罪だと考えます。しかし、合理的疑問に堪え得る有罪の証拠が一つも出て来ないではないですか。
上でおっしゃるような明確な任意の自白も無ければ、現場を撮ったビデオも無い。(ホームの様子を撮った携帯画像が一つも出て来ないのは奇妙ですが。余談。)
仮に「痴漢プレー」の事実があったとしても、犯行の証拠にはなりません。あの有罪判決ですら言及していません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
俺は植草が信用できないから有罪だと思ってる、それだけの話、証拠もてんこ盛りだし。
ーーーーーーーーーーーーーーー

被害者は背中の犯人を見ていないし、目撃者はあやふやだし、繊維は由来を特定できなくて何も証明しないし。どこに有罪の証拠があるんですか?
逆に、犯人(T証言)と植草氏(K証言)の位置が違うし、「犯行時間」とされる時間帯につり革を持って誰とも密着していなかった植草氏を見ていた人がいる。
どう考えても、植草氏を犯人とするには合理的疑問があり、無罪でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーー
まぁ擁護の連中は自分が事件の被害者にならん限り絶対分からんだろうね、
自分達が言ってることがどんなに理不尽な事かを。
ーーーーーーーーーーーーーーー

証拠から「合理的疑問」があれば無罪でしょう? 最高裁もそう言っているではないですか。
抽象的な可能性が少しでもあれば無罪、と言っているわけではありません。そこは常識で考えた「合理的疑問」でなくてはなりません。
しかし、この植草氏の事件の場合、優に「合理的疑問」があります。

アンチさんこそ、自分が無実の罪でつかまってみなければわからないのではないですか? たとえば痴漢冤罪など日常的に起こり得る話ですよ。
URL 2008/09/24(Wed)16:01:03 編集
★また中傷ですか(笑)
NAME: 熊八
なんとか熊八を貶めようと必死ですね。
そんなに効いてます?(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
537 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/24(水) 14:52:08
熊八氏が最もいい加減な印象を受けるのは、彼の対象が植草先生のみ、というところにある
ーーーーーーーーーーーーーーー

何度も言っていますが、ゆうたまさんの旧ブログの大炎上で、俄然、興味を持ってしまいまして、その後、リアルタイムでこの事件の推移を詳しく見てきた結果です。本当に「たまたま」。
ああ、怪しいアンチさんたちが興味を尽きさせてくれなかった、という要素もありますかね。(笑)

他の事件もこんなに詳しく見るのは、私には無理です。公判記録ひとつ読むのも骨が折れます。
そしてそのぐらい詳しく見ないと、事件なんかわからないと思っています。今回この事件を見てきて、つくづくそう思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
言動から植草氏に対して異常な思い入れ、絶対無罪という先入観を持っているのも明らかだしね
ーーーーーーーーーーーーーーー

植草氏には別に思い入れはありません。何の関係もありませんし。
ただ、初期報道からの「容疑内容」の変遷などで無実(シロ)と思うに至りましたし、証拠から考えて合理的疑問があるので無罪となるべき、と思っているに過ぎません。
URL 2008/09/24(Wed)15:20:05 編集
★毘沙門天さん、こんにちは。
NAME: 熊八
名無しの毘沙門天さん(笑)、こんにちは。
(アンチさん方、こういう人を「粘着」と言うんですよ。おぼえといてください。(笑))

【42】
ーーーーーーーーーーーーーーー
535 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/24(水) 13:17:38
熊八さん
論点拡散で纏め難いから、熊八っさんから質問のあった事項に絞ります。
ーーーーーーーーーーーーーーー

私が被害者を「美人局」と言ったというデマはどうなりました?(前のttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/#comment19【36】)
訂正も謝罪も無しですか?

【43】
ーーーーーーーーーーーーーーー
割愛した事項は「平行線」で、賽の河原の石積みの様に決着はつくまい。
ーーーーーーーーーーーーーーー

素直に「言い返せません。負けました」とおっしゃればいいのに。(笑)
では、「位置問題」と、【39】【40】については済んだということで。

【44】
ーーーーーーーーーーーーーーー
① >>(ところで【34】の、「”一点の“の点には面積はない」というスゴい詭弁
はどうなりました?(笑))

詭弁でも何でもない。「限りなく零に近い合理的疑いすら差し挟む余地のない立証」
です。 not a =no のaが否定の度を強めてるように、beyond a のaは
beyond すべきハードルの高さを一段と更に高めていると思う。
一方、「程度」には「幅」があると捉えるべき。
以上勘案するに「一点の合理的疑問を差し挟む余地のない立証」と「合理的
疑問を差し挟む余地なき程度の立証」とはじ意味で変わらないなどと云うと
それこそ「読解力」が問われ兼ねない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

前の【37】、その前のttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/#comment17【30】に関することですね。
申し訳ないけれど、「一点の合理的疑問も」という言い方は法律の世界で普通にしてますし、要するに、beyond a reasonable doubtということなので、「程度」を付けても付けなくても同じなのです。毘沙門天さんがおっしゃるような「幅」に相当する語は、beyond a reasonable doubtの中にはありません。

【45】
ーーーーーーーーーーーーーーー
反権力派熊八さんが検察(国家権力)に求める立証厳格度は当然高い。
ーーーーーーーーーーーーーーー

私は別に反権力派ではありません。
反権力派でなくても、検察の立証厳格度は高くなると思います。

個人に比べて国家権力は圧倒的に強大であること、国家権力は濫用される危険があること、は中学の社会科などでも常識ですよね?
そして、刑事裁判は国家(検察)が個人を攻めるという構造を持つ。だから、検察側に立証責任が課されているし、立証の程度(standard)はbeyond a reasonable doubt、つまり合理的疑いを超える、相当に厳格なものでなければならない。
となりますよね?

『新・毘沙門天さん(2)』ttp://livealot.exblog.jp/7509628/の中ほどに、有名なアメリカのロースクールの教授の説明を引用していますので、読んでみてください。

【46】
ーーーーーーーーーーーーーーー
536 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/24(水) 13:19:15
②>>(ところで、私が昨年までに自由心証主義に言及していなかった、ということ
の訂正は無しですか?(笑))

2006年に言及されてる様ですので、私の管見であったと訂正します。
ーーーーーーーーーーーーーーー

はい。お詫びは?まぁ結構ですが。(笑)

【47】
ーーーーーーーーーーーーーーー
ただその内容
は法学用語辞典からの孫引き的なものに過ぎず、熊さんの血となり肉となってない
から今年4月、大きなミスをやってる。熊さん、盛んに弁明してるが起こるべくして
起った一幕である。即ちこう指摘を受けた。

「疑わしきは被告人の利益に」は事実認定の最終シーンで使われる原則。
証拠の信用性を吟味する証拠評価のシーンでは使わない。
ここで使われる原則は「自由心証主義」。
ーーーーーーーーーーーーーーー

「自由心証主義」が原則、と言うよりは、「疑わしきは被告人の利益に」は証拠の証明力の評価の場面では使われない、という感じですかね。
おっしゃるように、あのときは概念だけを知っていて、「当てはめ」の大ポカをしました。

【48】
ーーーーーーーーーーーーーーー
これはいくら眠かったなどと弁明しても追い付かぬ、ビッグミスである。
ーーーーーーーーーーーーーーー

そうですね。それでこうして粘っこく揚げ足を取られているわけですね。(笑)

【49】
ーーーーーーーーーーーーーーー
思うに熊さんの中には、事実認定の最終段階で使われる「疑わしきは被告人の利益に」
原則しかなくて証拠評価も何もかも「利益原則」適用だったと思う。
ーーーーーーーーーーーーーーー

そういうわけでもなかったんですけどね。
証拠評価のところで、「疑わしきは…」が混ざってしまった、という感じでしょうか。

【50】
ーーーーーーーーーーーーーーー
大分前だが
門外漢の私が、何も知らぬまま、道理から考えて「利益原則は審理の最後も最後に
適用される原則のはず」「さもないと不当な無罪で犯罪者天国を招く」と論じたのを
  熊さんお忘れかな?
ーーーーーーーーーーーーーーー

ん? どこでおっしゃってました?

まぁ、いずれにせよ、証拠から合理的に考えて、合理的疑問があるので、植草氏が無罪とされるべきことに変わりはありません。
URL 2008/09/24(Wed)14:44:33 編集
★信用できない目撃者T氏の証言
NAME: 熊八
何度言わせたら気が済むんでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーー
533 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/24(水) 10:45:03
目撃者が『犯人は植草氏で間違いありません』って言ってるからね。
これだけで十分。
ーーーーーーーーーーーーーーー

確かに目撃者T氏は、法廷にいる被告人が電車で痴漢をしていた人だと述べています。
(「間違いありません」というよりも、「間違いないと思います」ですね。)

一審第二回公判速記録ttp://uekusajiken.ganriki.net/sokki/122006_01.html 686.~689.
ーーーーーーー
686.検察官1 先ほどあなたは、9月13日の夜に、電車の中で見た痴漢行為を働いたおじさん、それは右横にいる被告人だと、そういうふうにいいましたよね。
687.T証人 はい。
688.検察官1 それは間違いないのですか。
689.T証人 ないと思います。
ーーーーーーー

ところがT氏は、電車の中で植草氏だとわかっていたわけではなく、翌日、容疑者は植草一秀だと聞いてもまだ、「いわれてみれば、そうかもしれないというふうに思」ったにすぎないのです。(同685.)

そもそもT氏は犯人のことをよく見ていたのかがはなはだ疑わしい。1メートルにも満たない距離で犯人の顔を注視していたというのに、犯人が眼鏡を掛けていたかどうかすら憶えていないのです。(同1189.)
(ちなみに、現場で植草氏は、濃い青紫色のフレームの眼鏡を掛けていたとのこと。)

犯人についてのT氏の描写は非常に曖昧で、特徴がまるで無い。スーツ姿のおじさん、というだけです。スーツやネクタイの色の言及すら無い。(自分のスーツの色は答えているのに。同173.)

犯人の右肩が見えていたというのに、そこにひも等があった記憶が無い。(植草氏は右肩からカバンを下げていた。)
犯人の左手が見えていたというのに、そこに傘があったという記憶が無い。(植草氏は傘を持っていた。)

おまけに、公判時には激痩せしていた植草氏を見て、事件時の犯人と比べて痩せていない・やつれていないと供述しました。(同1573.からの神坂裁判長の質問に答えて。)

これらから考えて、犯人は被告人だったとのT証言は、到底信用できないものだと思われます。
URL 2008/09/24(Wed)11:22:12 編集
★無実と無罪
NAME: 熊八
最近は熊八が人気のようで。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
532 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/24(水) 07:19:44
犯人(T証言)と植草氏(K証言)との位置が違います。繰り返しになりますが植草氏は無罪です。

・・・・今でも無実と無罪の違いが理解できてない、自称法学部卒の人。
無罪は、裁判所が出すもの。擁護が勝手に言ってどうするw  熊八、そこは「無実」を使うんだよ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

「★中傷だけのアンチさん」ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/#comment16でもご説明したんですが、「無実」は、やってない、シロ、ということで、それを証明する責任は被告人にはありませんよね? 立証責任は検察官にあります。

一方、被告人が当該犯罪を犯したということに合理的疑問があれば、「無罪」です。
やってない(無実)ということを証明する必要は無く、合理的疑問さえ示せればよいのです(※)。
(もし無実を証明できれば十分(すぎる)ということです。)

※ 正確に言うと、「示す」必要すら無い。証拠から考えて合理的疑問があれば、それを被告人側が示していなくても、裁判所は無罪判決を出さなければなりません。

もちろん、有罪・無罪判決を出せるのは裁判所だけですが、その判断が適切かどうかを国民がチェックし論評する必要があると思います。
証拠(証言)から合理的疑問が十分提起されているのに有罪判決が出されていることを、私は批判しているのです。

(ttp://livealot.exblog.jp/7509628/の真ん中あたりで引用した"LAW101"の説明をご参照ください。特に、「the defendant never has the burden of proving his innocence(無実)」の一文。)

ーーーーーーーーーーーーーーー
だって「有罪判決を受けてるけど、無実だ」と言いたいんでしょ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

違います。植草氏がクロかシロかなんて、見たわけでないので私は知りません。(初期の報道から、シロだろうとは推測していますが。)
無実だ、ではなくて、合理的疑問があるから無罪とされるべきだ、と言っているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
まあ、実際には無実じゃないけど。
ーーーーーーーーーーーーーーー

なぜそれをご存じなんですか?

ーーーーーーーーーーーーーーー
しかし、何回指摘されても直らないな。またグダグダ言い訳して、「ここは無罪で正しい」とか
見苦しく抵抗してくださいな。
ーーーーーーーーーーーーーーー

なかなか理解ができず、頭を切り替えてくださらないのは、アンチさんのほうではないですか?

ーーーーーーーーーーーーーーー
で、良ければ法を学んだ大学名教えて。聞いてみたい、どこの大学か。
ーーーーーーーーーーーーーーー

バイトや遊びに明け暮れて、大学にはあまり通っておりませんでしたので、「どこ大学」の意味がありません。(笑)
URL 2008/09/24(Wed)10:04:35 編集
★毘沙門天さん、こんにちは。
NAME: 熊八
毘沙門天さん、こんにちは。
あれ? またお名前が言えなくなりましたか?(笑)

【35】
ーーーーーーーーーーーーーーー
508 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/23(火) 00:02:16
>>やっと名前が言えるようになりましたね

お陰様でヤット・・。いや、そうじゃない。幼児扱いするなよ!
熊さんが早とちりしたから親切心から名乗ったまでさ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

毘沙門天さんも成長したなー、と思ったんですけどね。早計でしたね。(笑)

【36】
ーーーーーーーーーーーーーーー
幼児返りは「見てない目撃者」「美人局」の熊さんだ。これ二番煎じか。
ーーーーーーーーーーーーーーー

何度も申してますように、T氏は「見てない、勘違い目撃者」だと私は思います。
犯人の描写が非常に曖昧、特徴も持ち物も憶えていない。被害者の抗議のシーンが逮捕者K氏の描写と著しく異なる。逮捕者が被害者に声を掛けてからいきなり植草氏のネクタイをつかんだことになっていて、話が約5分ほど飛んでいる。などから。

被害者が「美人局」とは、私は言っていません。言ってるというなら場所を明示してご指摘ください。
「美人局」だと、「わざと触らせる」という要素が無ければならないと思いますが、植草氏は被害者に触れてもいないと考えられますので、「美人局」ではあり得ないと思います。
(って、前にもご説明しましたよね? またお得意の<聞いてないふり>ですね。(笑))

【37】(ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/#comment17の【30】に関して)
ーーーーーーーーーーーーーーー
①「余地のない立証」と「余地のない程度の立証」とおなじですか?
ーーーーーーーーーーーーーーー

はい。ここで使われている「程度」という語は、「およそ」といった日常語の意味ではなく、立証程度・レベルという意味です。(standard)

「一点の合理的な疑いを差し挟む余地のない立証が必要」も
「合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証が必要」も
同じ意味なのです。どちらも、検察官は被告人が有罪であることをbeyond a reasonable doubtに証明する責任を負う、という意味だからです。

(ところで【34】の、「”一点の“の点には面積はない」というスゴい詭弁はどうなりました?(笑))

【38】(ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/#comment17の【31】に関して)
ーーーーーーーーーーーーーーー
②自由心証主義について318条「証拠の証明力は、裁判官の自由な
 判断に委ねる。」を誰かに指摘され、慌てて睡眠不足で頭ボンヤリ
 してたと弁明してなかったかな?
ーーーーーーーーーーーーーーー

そのことでしたら、早くおっしゃってくださればよかったのに。回りくどいですね。(笑)

偽ハイエナさんとお話し中に、ペンギンさんが私の間違いを指摘してくださったんですね。ttp://livealot.exblog.jp/6943539の、4月5日4:24のコメント参照。
間違いコメントも含めて削除しましたが、こういうやりとりでした。

ーーーーー
Commented by k_penguin at 2008-04-05 03:33
>T証人が犯人の動きについて、K証人が植草氏の位置について偽証しているという証明を、検察側は行いましたか?
もしそうでない限り、「疑わしきは被告人の利益に」により、被告人有利に判断するのがルールです。

ダウト。
それは確実に間違い。

「疑わしきは被告人の利益に」は事実認定の最終シーンで使われる原則。
証拠の信用性を吟味する証拠評価のシーンでは使わない。
ここで使われる原則は「自由心証主義」。

T証人とK証人の偽証の証明は、証拠評価に関わるから、
「疑わしきは被告人の利益に」ではなく自由心証主義が当てはまる。
だから裁判官は被告人有利にも不利にも、自由に評価できる。


Commented by bearbear888 at 2008-04-05 03:41
なるほど。そういうことですね。
私も、書いてて、眠い頭で、何かおかしいぞと思っていました。ありがとうございました。
ーーーーー

証拠の評価も「疑わしきは被告人の利益に」すると私が勘違いしていて、ペンギンさんが、違う、そこは自由心証主義だぞとご指摘くださったんですね。あ、そうか、そうでした、と思ったものでした。

で、この自由心証主義も、法定証拠主義はとらないというだけであり、裁判官の恣意を許すという意味ではありません。
証拠の評価が適正に行なわれているかどうかも、国民がチェックする必要があります。

そして、そうやって証拠から導かれる「事実」に基づいて、合理的疑問の余地があるかどうかを検討し、余地があれば無罪ということになります。

(ところで、私が昨年までに自由心証主義に言及していなかった、ということの訂正は無しですか?(笑))

【39】(ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/#comment17の【32】に関して)
ーーーーーーーーーーーーーーー
③ミカン氏の指摘には「事実関係をよく調べないとね」くらいにして
 ダメ=無罪 と云うべきでなかったと思わないか?
ーーーーーーーーーーーーーーー

??
事実関係は公判で出尽くしたはずでしょう? 検察も徹底的に調べ上げて尋問したはずです。
それでも、弁護側目撃証人がその電車に乗っていなかっただの、意趣返し?だのといったことを検察は証明できなかったわけです。
そして裁判所は苦し紛れに4つの否定理由を挙げましたが、全て説明可能なことで、理由にもなっていませんでした。
したがって、弁護側目撃証人の供述は信用せざるを得ず、この供述は植草氏が<犯行時間>につり革を持って誰とも密着していなかったというものだったので、植草氏は無罪ということになるのです。

【40】(ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/#comment17の【33】【34】に関して)
ーーーーーーーーーーーーーーー
④判例が話題になるにはそれなりの理由がある。後段のステップを踏まずして
 単なる疑問に「合理的」の字を冠する通弊が目に余ったからとは思わないか?
ーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、判例の後段で言っている、「合理的」疑問であるかどうかは健全な社会常識で判断するって、当たり前のことではないですか? どう思われます?

【41】
ーーーーーーーーーーーーーーー
⑤あれだけ植草氏にひどい目にあわされながら今なお信を貫いてる擁護の
 皆さん,特にゆうたまさんや神州さん、ある意味でご立派だが、・・・・。
 でも、どえらい人に賭けましたね。
ーーーーーーーーーーーーーーー

私に関して言えば、証拠から合理的疑問があると考えられる以上、植草氏は無罪とされるべき、と言い続けているだけです。
別に植草氏に思い入れはありません。ゆうたまさん旧ブログの大炎上でたまたまこの事件に興味を持って、見続けてきた結論です。
URL 2008/09/23(Tue)11:38:12 編集
★アンチさんは…(笑)
NAME: 熊八
ーーーーーーーーーーーーーーー
506 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/22(月) 22:05:54
一番の応援者たちは裁判の傍聴すら言っていない! お~いゆんたま、熊八。
お前ら痛い所突かれたなww
ーーーーーーーーーーーーーーー

はい。私も傍聴したことありませんよ。
それが何か?
それで植草氏が有罪であることにでもなるんですか?(笑)

それに、アンチさんは私を「カルト」と中傷されてますが、傍聴に一度も行かない「カルト」って、おかしくありません?
どんだけヤル気ない「カルト」だよ(笑)

もうちょっと気のきいたこと書いてください。応援してます。アンチさん。(笑)
URL 2008/09/22(Mon)22:32:35 編集
★毘沙門天さん、こんばんは。
NAME: 熊八
毘沙門天さん、こんばんは。
やっと名前が言えるようになりましたね。もっとも、他にも名無しで書かれているのかもしれませんが。(笑)

【29】
ーーーーーーーーーーーーーーー
502 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/22(月) 13:31:04
熊八さん、名無しの毘沙門天です。
熊八さん、刑法に於ける「立証」に関し(少なくとも建前的には)随分穏当になった。
ーーーーーーーーーーーーーーー

前のコメントttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/#comment14でも申しましたとおり、私は全然変わっておりません。お読みになりませんでした?

(なお、「刑法」よりも「刑事訴訟法」のほうがよいかと思います。)

【30】
ーーーーーーーーーーーーーーー
去年までの熊さんは検察に求める「立証の厳格度」の最もきつい論者であり、
「有罪の認定に当たっては、一点の合理的な疑いを差し挟む余地のない立証が必要」とした。
これと、判例の「有罪の認定に当たっては、合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証
が必要」と比較してみると、検察(国家権力)に対する対抗姿勢が看て取れる。
ーーーーーーーーーーーーーーー

??
内容的に、両者同じではないですか?

「有罪の認定に当たっては、一点の合理的な疑いを差し挟む余地のない立証が必要」
「有罪の認定に当たっては、合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証が必要」

後者であっても、一点でも合理的疑問(a reasonable doubt)があれば無罪という趣旨です。

手許にあります、四宮啓という弁護士さんがお書きになった『O.J.シンプソンはなぜ無罪になったか』という本のp.36にも、こうあります。

『アメリカでも日本でも同じだが、被告は、検察側が「一点の合理的疑いも残さない程度」に立証して初めて有罪と認定される。』

【31】
ーーーーーーーーーーーーーーー
いわんや昨年までに《「健全な社会常識」に照らして合理性吟味》や《自由心証主義》に
ついて熊さんが語るを見たことも聞いた事もない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

<「合理的」疑問かどうかは、健全な社会常識で判断する>、などということは、当然のことであり、語るまでもないことだと思っていました。

「自由心証主義」については、2006年10月4日23:54、ゆうたまさん旧ブログのほうで語っています↓
(ttp://yuutama.exblog.jp/4431341/のコメント欄)

ーーーーー
条文を挙げておきます。
刑事訴訟法
317条「事実の認定は、証拠による。」
318条「証拠の証明力は、裁判官の自由な判断に委ねる。」
後者が、自由心証主義と呼ばれるものです。その証拠がどの程度その事実を証明しているか、については、法律で定める(法定証拠主義)ことをせず、裁判官に自由に判断させる、ということです。
自由な判断といっても、もちろん恣意的にやっているわけではないと思いますが、その当否は最終的には国民がチェックしていくべきことだと思います。
(そのチェックのために、憲法37条1項で、すべての刑事事件における被告人の、公開裁判を受ける権利が、念入りに保障されています。)
また、sabousiteitiさんのおっしゃる「合理的な疑いを超える」立証にもとづく有罪判決がなされているかどうかについても、国民が常にチェックすべきことであると思います。
ーーーーー

【32】
ーーーーーーーーーーーーーーー
みかん氏の、「意趣返し」や引いては
「現場に居合わせなかった」可能性指摘を合理性吟味抜きに ダメ=無罪 と切り捨てる。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/286/#comment16でもご説明したことなので(もうおわかりかと思っていたので)すが、「合理的疑問」というのは、「被告人が犯人ではないという合理的疑問」のことです。それが少しでも(一点でも)あれば無罪ですよ、ということですね。

そして、弁護側目撃者の証言ですが、公開法廷で宣誓し、嘘をつけば偽証罪に問われるリスクを負いながらの証言ですから、それを覆すに足りる材料が無ければ原則信用する、とされるべきです。(それは検察側証人にも言えることです。ただ、偽証罪で検察に訴追されるリスクが低いとは言えるかもしれませんが。)
現場にいなかったとか、意趣返しであった?などとは、よほどの理由が無ければ言えることではありません。強力な捜査能力を持つはずの警察・検察でも、それを証明することができませんでした。
そして、判決が挙げた4つの否定理由は理由にもなっていませんでしたから、判決は弁護側目撃者の証言を否定できていないことになります。

【33】
ーーーーーーーーーーーーーーー
亀さんが初めて「健全な社会常識」に触れたのは、みかんさん対話の二日後の今年の
1月11日だと思う。司法界の話題を掻っ攫ったという例の最高裁判例(昨年10月)の
画期性・革新性については認めず、「従来より詳しく述べたという意味では新しかったかも
しれませんが」とナンセンスな遁辞を述べている。
ーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、そうではありませんか?
あの判例は、前段では、合理的疑問があれば無罪、と言っていて、後段では、「合理的」疑問かどうかは健全な社会常識で判断しろ、と言っているだけですよね? 違いますか?

こちらttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/285/#comment68で引用しました白取祐司北大教授も、内容的に特に目新しいわけではないと評価されているように思います。

【34】
ーーーーーーーーーーーーーーー
検察は強大な国家権力を後ろ盾にして捜査能力絶大なんだから、一点の(合理的)疑問を
差し挟む余地なき立証が出来ねば無罪だとする。”一点の“の点には面積はないのだから
100%程度ではなく100%の「立証」を求め、一方では仮想のもの(真犯人、偽目撃者、
大きな力など)を繰り出して、それらが存在せぬことの証明(悪魔の証明)を検察に要求、
出来なければ「合理的疑問」にしちまうのである。
ーーーーーーーーーーーーーーー

「”一点の“の点には面積はないのだから」!! すごい詭弁ですね。(笑)

「一点の合理的疑問もなく」の「一点」は、幾何学で言う「一点」ではなく、「一つの」と言ってもよいものです。(a reasoble doubt だから。)
日本の法律の世界のならわしとして「一点の」という言い方をしているだけです。

もちろん全ての可能性が「合理的疑問」になるわけではなく、そこは常識の範囲で考えられます。当然です。
今回の京急事件について言えば、T証人とK証人の言う「植草氏の位置」に大きな食い違いがあること、犯行時間とされる時間に植草氏がつり革を持って誰とも密着していなかった様子が目撃されていること(その証言を覆す証拠が無いこと)、などが、常識的に、植草氏が犯人ではないという「合理的疑問」を形成していると考えられます。

証拠から常識的に形成されるこれら「合理的疑問」を、全て、隈なくつぶさなければ、無罪、ということになるのですね。
URL 2008/09/22(Mon)21:16:28 編集
★中傷だけのアンチさん
NAME: 熊八
最近のアンチさんは、総力を挙げて熊八を中傷しておられますね。なんだか光栄です。(笑)

498.さん。文体を変えた毘沙門天さんかな?(笑)


>オレは法学部出て、法知識を引けらかそうとカルト擁護教に入信した。

もう、こういう中傷しかできないんですね。理屈で勝てなければ「カルト」と。(笑)


>最初は推定無罪の原則・・・「合理的疑いが1つでもあれば無罪」をお題目に振りかざしてたが、
これは用法を間違ってた。かっこ悪かったな。何だよ自由心証主義って。

推定無罪と、自由心証主義(刑訴318条)は、関係ないと思いますが?
自由心証主義は、法定証拠主義に対置されるものです。法律用語辞典ででも調べてみてください。毘沙門天さん。(笑)


>次に無実と無罪の区別がついてないのを指摘された。
「植草氏は無罪なのです」なんて恥ずかしいこと書いちゃったな。
だったら裁判する必要ないだろ、ってことだもんね。
しかしな、オレの大学の教授、無実と無罪が別だなんて教えてくれなかったぞ。

いえいえ。ちゃんと無実と無罪の区別をつけて書いてますよ。アンチさんは何を得意になってトンチンカンなこと言ってるんだと思ってました。

無実は、やってない、シロ、ということです。
一方、無罪は、被告人を犯人とすることに合理的疑問がある、ということです。

もちろん、有罪・無罪判決を出せるのは裁判所だけです。
しかし、裁判所の判断が正しいのかどうか、国民もチェックできますし、また、チェックすべきです。
そういう意味で、証拠(証言)から考えて、合理的疑問があり、無罪だと言っているのです。わかりますか?


さて、次の話題は、判決ですら有罪の根拠としていなかったことなのでパス。(笑)
ただ、

>・・・・オレだって苦しい言い訳なのはわかってるよ!でもな、真っ黒に一滴でも白を落とせば灰色なんだよ。

いえいえ。少しも犯行を証明しませんので、少しも証明しないということは、白いままです。


>最近は忌々しい北風に、痛いところを突かれた。
オレのブログからゆうたまブログと、イロイロ条件を出して逃げ回ったが、

またこんな印象操作を。(笑)
いろいろ条件って、私は、こちらに書いてください、って言ってただけですよね?
なんのかのと逃げまくってたのは北風さんのほうではないですか?
(『北風太郎さんとのやりとり』ttp://livealot.exblog.jp/7479475をご参照ください。)

2ちゃんで吠えてるわりには、私の反論を並べることができない。リンクすらできない。なんなんですか、って感じですよ。


>遂に捕捉され、植草氏の証言とマイ理論の食い違いを指摘された。
何言ってるんだよ、植草さんよ。

いえいえ、「距離」に関するK証言と植草供述、どちらを信用しますか、となれば、当然、K証言でしょう?
植草氏は酔っ払いでしたし、見たのも一瞬で、犯人にされたくないと必死ですから、認識・記憶がおかしい可能性が高い。
それだけのことです。理解できませんか?

(長たらしいですが、下の『★北風さん、こんばんは。』またはこちらttp://livealot.exblog.jp/7507350をご参照ください。)


なんだか、おもしろおかしく中傷されたつもりでしょうが、アンチさんの○○さ加減が際立ちますよ?


【追記】

ーーーーーーーーーーーーーーー
499 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/22(月) 08:10:38

>>498.さん。文体を変えた毘沙門天さんかな?(笑)

熊八さん、残念でした。498 毘沙門天ではありません。
ーーーーーーーーーーーーーーー

499.さんは、498.さんor毘沙門天さんということになりますが、「さん」づけでないのは毘沙門天さんということですかね。
一応承りました。(笑)
URL 2008/09/22(Mon)02:18:35 編集
★北風さん、こんばんは。
NAME: 熊八
北風さん、こんばんは。
やはり私の反論は並べたくないんですね。リンクもしないし。
そういう方なんですね。(笑)

また長々とお書きですが、これまた無茶苦茶な内容ですね。(笑)
ひと言で言えば、K証言を、植草氏の供述で否定なさろうというわけですか?

最後の「以上」以外の全文を引用させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーー
491 :北風太郎:2008/09/21(日) 17:37:50

熊八のデタラメ 第6章 矛盾だらけの理屈  
1/4
熊八の大好きな言葉は、逮捕者の「人を押しのけないと入れない距離」である。繰り返して何度も書く。そして、そこから合理的疑問が生じると主張する。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いいんですが、ちょっと変えて書くのは何故ですか?
大事なところなので、正確に書いてください。
証言席の短辺(51センチ)よりも「大分」短く、「押しのけない限りは人は入れない」距離、です。
(cf. ttp://livealot.exblog.jp/7356248)

ーーーーーーーーーーーーーーー
その熊八理論はまとめると以下の理屈になる。

①逮捕者は植草氏を観察して事実を証言した(人が入れない距離、右後ろに立っていた等)。
ーーーーーーーーーーーーーーー

逮捕者K氏の供述が「事実」かどうかはわかりません。しかし、K氏とT氏の供述が著しく異なっている以上、犯人が植草氏ではなかったという合理的疑問がある。ということです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
②しかし、目撃者の証言はその事実と違った。
③よって、目撃者が別人(真犯人)を見ていた可能性が認められる。
結論として、これらの証言内容から人違いという仮説(すなわち合理的疑問)が成立する。真犯人を特定することは現状できない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

被告人は、真犯人を特定する必要はありません。それは警察のお仕事になります。

ーーーーーーーーーーーーーーー
しかし実際に人違いした可能性がある以上、合理的疑問が存在する以上、有罪と断定できず、裁判官は無罪判決を出さねばならない。

①からわかるように、熊八のキーポイントは、逮捕者の証言である。
熊八の真犯人説は、逮捕者の「二人の間は人を押しのけないと入れないほどの距離、植草氏は被害者の右後ろに立っていた」が事実であることが前提になっている。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ここが、先ほども言いましたように、ちょっと違います。K証言が「事実」かどうかはわかりません。
しかし、K証言とT証言が食い違っている以上、植草氏が犯人でないという合理的疑問がある、ということですね。

ーーーーーーーーーーーーーーー
これが誤りだと仮説が成り立たない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

確かに、合理的疑問が無いと言うためには、K氏の供述が誤りだと証明しなくてはなりません。
北風さんは、合理的疑問など無いとおっしゃってるわけですから、K氏の供述を植草氏の供述で否定しようとしてらっしゃるんですよね?

ーーーーーーーーーーーーーーー
「これが事実なら、合理的疑問が作れる。」
そう、熊八は考えた。
ーーーーーーーーーーーーーーー

違います。「作れる」ではなく、T証言・K証言の食い違いで合理的疑問が「存在する」とわかったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
そこで、逮捕者は事実を話した、そういう方向にもっていきだす。
ーーーーーーーーーーーーーーー

違います。本当に「事実」を話しているかどうかはわかりません。しかし、T証言とK証言が食い違っている以上、合理的疑問があるとわかったのです。(しつこいですね、私も(笑))

ーーーーーーーーーーーーーーー
以下は、逮捕者の証言に対する熊八のコメントである。

*いかに検察でも、そう簡単に、素人の証人に偽証させることはできないと思います。
(中略)具体的にはっきり言っていることについては、一応信用してもいいんじゃないでしょうかね2008/02/10(Sun)14:12:16ゆうたまブログ

*「いかに検察でも、そうそう簡単に、素人の証人に積極的な偽証はさせられないと思います」「K証人は具体的にはっきりと供述していますので、」(熊八ブログ)
ーーーーーーーーーーーーーーー

すみません、アンチの皆さんに言えることなのですが、引用する場合は、原文を参照できるよう、URLを書くなり何なりしていただけないでしょうか?
原文を参照されたくないのかな?とか思ってしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーー
492 :北風太郎:2008/09/21(日) 17:40:59

2/4
逮捕者の証言は正確だ、嘘はつけない、そういわんばかりだ。「押しのけないと人が入れない距離」は事実なんだと言いたいわけだ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

違います。「事実」かどうかはわかりませんが、こんなに具体的に供述している以上、信用するという扱いになるでしょう?ということです。
覆すには、反対の証拠を持って来なくてはならない。裁判というのはそういう手続きです。

そして北風さんは、K証言を覆すために、植草氏の供述を持って来ようとなさってるわけですよね? 植草氏の供述のほうが信用できるとして。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
過去に逮捕者のことを偽証者扱いしておいて、まったくふざけた野郎だ。クズと呼ぶにふさわしい奴だ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

証拠(証言)から考えて、K氏は実は「もう一人の逮捕者」なのではないか?ということは言ったことがあります。植草氏に付いてからの右と左などがどうもおかしいからです。(このコメントの末尾のほうもご参照ください。)

しかし、もし仮に、K氏が「もう一人の逮捕者」であったとしても、現場にいたことには変わりないので、他の供述は基本的に信用できると考えました。それに、「もう一人の逮捕者」であるとの決定的証拠もありませんし。

ーーーーーーーーーーーーーーー
しかし悲しいかな、この節操のない理屈ですら破綻している(笑)。
この熊八理論には大きな矛盾が生ずる。熊八理論に従うと、どうなるか。
そうすると、植草氏は大嘘つきということになる。

以下に、植草氏と逮捕者の食違いを並べる。
ーーーーーーーーーーーーーーー

以下、北風さんは、K証言よりも植草氏の供述が信用できるとおっしゃることになります。
そんなに植草氏を信用するなら、植草氏が無実だということも信用すればいいのに、と思われます。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
Ⅰ被害者と植草氏の距離について
  逮捕者 「51cmより短い」「人を押しのけないと入れない距離」
  植草氏 「70~80cm」
ーーーーーーーーーーーーーーー

正確には、逮捕者: 証言席の短辺(51センチ)よりも「大分」短く、「押しのけない限りは人は入れない」距離、ですね。
(cf. ttp://livealot.exblog.jp/7356248)

この後ⅡⅢ…と書かれていますが、メインはこのⅠです。K証言の「被害者・植草氏間の距離」がおかしいというのが北風さんの論旨のはずですから。

そして、この「距離」についてのK氏供述・植草氏供述の違いについては、私は前のコメントで北風さんにお返事しています。ご覧になっていなかったのでしょうか?


私のご返答:

「これも簡単なことでして、結局、被害者―植草氏の距離について異なっているのは、逮捕者K氏の供述と植草氏の供述ですよね。これらのうちどちらを信じますか?という話です。
そうなれば、自分を刑罰から守る必要もなく、当時酔ってもおらず、しっかりと見ていたK氏の供述を信用することになります。

植草氏は自分が処罰されたくない立場ですから、被害者からはできるだけ遠かったように思いたかったと考えられます。アルコールも入っており、ギョッとして見た後は瞬時に目も閉じたようだ、という事情もあります。」


K氏の供述を覆すには、植草氏の供述では到底足りない、ということですね。

以下、北風さんは、植草氏の供述でK証言を覆そうと、「るる」述べておられるわけですね。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
Ⅱ植草氏の右手 
  逮捕者 「植草氏はつり革につかまっていない」
  植草氏 「右手でつり革につかまっていた」
ーーーーーーーーーーーーーーー

つり革については、よくわからないところがあります。被害者が声を上げたときは、植草氏も「右手はつり革につかまっていたと思います」と、あまり確信は無いようです。思わず一時手離していた可能性もあります。

それに、K氏は、弁護人の聞き取りの際には、植草氏がつり革につかまったと述べていたとも考えられます。
(第6回公判ttp://uekusajiken.ganriki.net/sokki/032807_01.htmlの779.)

いずれにせよ、K証言を覆すには足りないでしょう。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
Ⅲ被害者への植草氏の対応
  逮捕者 「顔の前で右手をかざして、被害者に対して謝罪するようなしぐさをした」
  植草氏 「直感が働き、関わらぬよう被害者を無視した」
        「すぐに、右を向いて目を閉じて下を向いた」
ーーーーーーーーーーーーーーー

K氏はそのとおり証言していましたか?
K氏が言っていたのは正確には、

「ちょっと身を引くような感じで、右手を軽く、「失礼」みたいな感じで、かざしていました。ただ、それが「やめてください」に反応したのか、その次の抗議に反応したのかは、ちょっと定かではありません。」

でしたよね。
(第6回公判ttp://uekusajiken.ganriki.net/sokki/032807_01.htmlの612.)

そして、こういうやりとりもあります。

627.検察官1 被告人は女子高生から抗議を受けましたよね。
628.K証人 はい。
629.検察官1 それに対してどういう態度をとっていましたか。
630.K証人 先ほどいった、一瞬ちょっと「あっ、失礼」みたいな感じの手の動作で、身を引いて、あとは知らぬぷりというか、大半は目をつぶっていた印象が強いんですが、抗議に対して特に何も反応を示さず、それで被害者がより悔しくて、感情が高ぶったんだと感じました。
631.検察官1 被告人は女子高生の抗議に対して余り反応してなかったということのようなんですけれども、なぜ被告人が余り反応していなかったのか。もちろんそれは被告人自身でなければわからないんだけれども、あなたにはどういうふうに見えましたか。
632.K証人 はっきりと謝罪をしてしまうと、余りにも明らかに認める感じになるからか、何となくとぼけている感じには見えましたけれども。「謝ってください」という言葉にも特に謝罪するわけでもなかったので。
633.検察官1 一番最初にあなたが振り返ったときに、被告人はどういう動作をしたんですか。
634.K証人 こういう感じです。
635.検察官1 右手を顔の前に上げるような動作ですか。
636.K証人 はい。
637.検察官1 声は何か出していましたか。
638.K証人 声は出してなかったと思います。
639.検察官1 そのときの動作はわかったのですが、被告人の表情、様子というのはどんなふうに見えましたか。
640.K証人 そのときはちょっとひるんだというか、たじろいだ感じで、おっとという感じです。

最初おっと驚き、その後は知らんぷりです。
植草氏も同様の供述をしていますから、矛盾していません。
ましてや、K証言を覆すには足りません。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
Ⅳ逮捕者が植草氏を拘束するとき   
  逮捕者 「突き出すからね、と一声かけた。植草氏の右手を軽く叩いた」
  植草氏 「目をつぶっていたら、突然強くつかまれた。左側と後ろ側をつかまれた」
ーーーーーーーーーーーーーーー

これについても、K氏は被害者を間に挟むようにして植草氏の右腕を軽くたたいた(触れた 347.)と言っています。このとき、植草氏は自分に声がかけられたこと、右腕を触られたことに気がついていない可能性があります。

そして、K氏の証言を注意深く読むと、この後、被害者と体を入れ替えるようにして植草氏に近づくのですが、近づいてから植草氏に何をしたのかについての供述がありません。
供述が欠けているだけで、ここで身体拘束が行なわれた可能性があります。

ーーーーーーーーーーーーーーー
Ⅴ会話について
  逮捕者 「突き出すからねと言うと、植草氏はかすかにうなずいた」
  植草氏 「何ですか。ちょっと待ってくださいよ。何もしていませんよと声帯を使わずに答えた」
ーーーーーーーーーーーーーーー

これも、上で書きましたように、時点が違いまして、「突き出すからね」は、K氏は被害者を挟むようにして植草氏の右腕を触ったときに言っています。(「かすかにうなずく」は、K氏の思い込みの可能性があります。)
そして、植草氏が「何ですか」と言ったというのは、逮捕者が植草氏に近づき植草氏を拘束したときの話です。
従って相矛盾しません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
493 :北風太郎:2008/09/21(日) 17:42:32

3/4
 このように逮捕者と植草氏の言い分は全く違う。正反対といっていい。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いえ、ぜんぜん矛盾しません。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
 逮捕者が真実なら、植草氏の偽証が成立する。
ーーーーーーーーーーーーーーー

自分の記憶に反することをことさらに言うことを偽証と言うのだと思います。認識間違いや、記憶間違い、記憶に変容などがあれば、偽証とは言いません。

(ちなみに、宣誓して証言しない被告人には、偽証罪は成立しません。cf.刑法169条)

ーーーーーーーーーーーーーーー
特に、植草氏が謝罪するように右手をかざしたという行動は、被害者・目撃者も目撃しており、計三人が植草氏の証言を否定したことになる。
ーーーーーーーーーーーーーーー

上に引用しました逮捕者K氏の証言では、「謝罪」とまでは読み取ることができません。もっと反射的な動作だったように解釈できます。
T証人も、「距離をはかるような動き」と言っているのみです。
被害者の正確な供述はわかりませんが、植草氏の動作に過剰な意味を読み取っている可能性があります。

ーーーーーーーーーーーーーーー
 なお、これは謝罪の行為と認定できるかどうかの問題ではなく、すぐ右を向いて目をつぶったという植草氏の証言と一致しないことが重要だ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

あっと驚いたときに右手が上がった(あるいは、つり革を持つ手が離れた)可能性はありますし、驚いたあと顔をそむけたと植草氏は言っているのですから、何ら矛盾しません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
関わりあいたくないと思った植草氏が被害者に右手をあげることはありえないし、すぐに右を向く為、つり革を離すことができない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

そうでしょうか?
驚いて反射的に右手が上がる(あるいは、つり革を持つ手が離れる)ことはあり得ますし、その後すぐつり革を持ち直したかもしれないし、つり革を持っていなくても、右を向くことはできますよね?

ーーーーーーーーーーーーーーー
 犯人は両手で痴漢行為をした。だから片手でつり革につかまっていたなら無罪だ。しかし、逮捕者も目撃者も、「植草氏はつり革を持っていなかった」と証言した。
ーーーーーーーーーーーーーーー

被害者が振り返ってからの話ですから、ここでもし植草氏がつり革を持っていたとしても無罪にはなりません。しかし、振り返った「直後」につり革を持っていたとなると、無罪に近づく材料ではあるでしょうね。
なので、検察が、つり革を持っていなかったことにしろと、T氏・K氏に指示、あるいは誘導している可能性があります。上でも申しましたように、K氏などは、弁護人の聞き取りでは植草氏はつり革を持っていたと言っていたようですから。

ーーーーーーーーーーーーーーー
 結果、植草氏一人だけがデタラメを言ったという結論になる。
ーーーーーーーーーーーーーーー

植草氏の述べていることが事実なのかもしれません。それはわかりません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
 逮捕者の証言を採用するなら、
「植草氏はつり革などにはつかまっていない。被害者を十分意識していて、謝罪するように右手をかざした。逮捕者に注意されて、うなずいた。これらをごまかすために、目をつぶっていたとか、否定したなどとウソをついた」という結論に到る。
ーーーーーーーーーーーーーーー

無茶苦茶な「認定」ですね。(笑)
上で見てきたように、K氏によれば植草氏の右手の動作はもっと反射的なものですし、「かすかにうなずいた」ではK氏の思い込みの可能性が十分にあります。そして、植草氏の言う拘束行為はその後の話です。このときに植草氏は否定したということですから、矛盾しません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
 熊八の判断に従って、逮捕者の証言を事実とするなら、植草氏は犯行をごまかすために偽証したということになる。これが合理的判断である。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いやもう、めちゃくちゃな判断です。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
 熊八は真犯人説を構築するため、逮捕者や植草氏の証言の内、利用できる所だけをつなぎあわせる。そして具合の悪い所は無視したり、当人の誤りや不正確で終わらす幼稚な理屈だ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いや、結局、ここで一番のテーマは、被害者―植草氏間の距離について、逮捕者K氏と植草氏の供述が食い違っていることですが、北風さんは、植草氏の供述のほうを信用するということですか?
それこそ、都合のいいところのつまみ食いではありませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーー
 証言は一つの証拠である。信用できるとするならば、全体を通して、採用しないといけない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

そんなことはありません。各事柄ごとに、信用性を考えていくべきです。
ある点では正直に述べていて、ある点では嘘を言っている、ということだって当然あり得ますよね?

ーーーーーーーーーーーーーーー
 なお、「植草氏は酔っていたから頭がはっきりせず、思い違いが生じた」というのは当てはまらない。植草氏は、直感が働いて迷うことなく右を向いて痴漢騒ぎを避けたと証言した。冷静沈着だったんだね(笑)。
ーーーーーーーーーーーーーーー

それを冷静沈着と言いますか? 冷静沈着ならば、もっと事情を聞いたり、はっきりと弁明したと思いますが?

そもそも、実際に、血中アルコールは酔っ払い状態だったわけです。そして、被害者を見たのが一瞬であり、しかも、犯人にされたくない立場ですから、認識・記憶に誤りが生じた可能性は高いと思われます。

酔っておらず、2メートルに満たない場所から終始観察し、「被告人」の立場でもないK氏の証言を覆すには到底足りないと言うべきでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーー
しかも最終弁論で、一点の嘘、偽りも述べたことが無いと言明している。
ーーーーーーーーーーーーーーー

「嘘」とは、自分の記憶に反することを述べることです。植草氏がおっしゃったのは、自分の記憶どおりに述べた、という趣旨でしょう。
その認識・記憶に歪みがあると考えられます。

ーーーーーーーーーーーーーーー
494 :北風太郎:2008/09/21(日) 17:44:11
4/4
 また、逮捕者の証言のうちⅠの距離の話だけは本当で、ⅡやⅢの話は誤りだという調子のいい判断も無理である。Ⅰ~Ⅲは、連続して起きた場面を観察した内容だからである。
ーーーーーーーーーーーーーーー

上で述べてきましたように、つり革の話だけが合わず、あとの点については、K氏と植草氏の供述は矛盾しません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
何より、熊八自身がこう言っている。
「具体的にはっきり言っていることについては、一応信用してもいいんじゃないでしょうかね」
信用していいなら、植草氏の偽証という結論だ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ですから、K氏と植草氏の供述は矛盾せず、矛盾していたとしても、必ずしも植草氏の偽証ということにはなりません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
 記事の最初、熊八理論に戻ってみよう。
① 「逮捕者の証言は事実」→ なら、植草氏が偽証したことになる。
ーーーーーーーーーーーーーーー

なりません。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
② 「逮捕者と目撃者の証言は食違う」→ そんな事実はない(第2章で解説済み)。
ーーーーーーーーーーーーーーー

それについてはこちらでttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/296/#comment15 ご説明しています。

ーーーーーーーーーーーーーーー
結局、熊八の理屈はすべてにおいて破綻している。すなわち、デタラメ。ただの妄想。
ーーーーーーーーーーーーーーー

北風さん理論こそが、ただのデタラメ、妄想かと思われます。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
 だいたい植草氏が70~80cmと主張しているのに、無実と判断する者が逮捕者の51cm未満という証言をなぜ採用するのか。
ーーーーーーーーーーーーーーー

私は、何故、植草氏の供述のほうを北風さんが採用されるのかがわかりません。(笑)

(あ。くどいようですが、51センチよりも「大分」短かったというのがK氏の趣旨です。(笑))

ーーーーーーーーーーーーーーー
再現ビデオ作成の為に距離を測定した植草氏が意図的にウソをついたということになる。被告人の主張とも食違うとは、非合理もはなはだしい。
ーーーーーーーーーーーーーーー

何度も言ってるように、植草氏がウソをついたことにはなりません。
早い話、K氏と比べて、酔っ払いの距離感などアテにはならん、ということです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
 見方を変えると、どうしても植草氏の証言には矛盾が生じてしまうということだ。事実に矛盾は生じない、mojoがブログの最初で唄っていたな。あの女も稀に良い事を言う(^^)。
ーーーーーーーーーーーーーーー

皆さんおっしゃっていますが、mojoさんって、女性なのでしょうか?
まぁそれは良いとしまして、植草氏の供述を信用しないとすれば、K氏の供述を取るということになりますよ? わかって言ってらっしゃいますか?

ーーーーーーーーーーーーーーー
 合理的疑問とは、現実に起こりうる、理にかなった仮説である。
 熊八の場合は、矛盾だらけの妄想的疑問であった。こんな疑問を法曹界に持っていったら大笑いされるだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーー

どうなんでしょうね。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
 しかも、直線Aは電車を横切るなどと嘘を書いたり、入れ替わって証言台に立ったなどと民間人を中傷したりする、極めて悪質なものであった。
ーーーーーーーーーーーーーーー

被害者が車両中央から一歩進んだところにいて、私は、被害者が振り返るときに少し右前に動いたと考えましたので、K氏―被害者―植草氏の直線の角度は浅いものとなり、ほとんど車両を横切るような線になる、と言いました。嘘をついたおぼえはありません。

(それより、被害者が「電車中央」にいたとして私の「デタラメ」を強調したことについての謝罪は無いのですか? 324.のコメントです。)

そして、K氏については、電車の降り口を間違えていたり、植草氏のどちらに立っていたかについて疑問があることや、T証人が聞いていた逮捕者・植草氏の会話を知らないことなどから考えて、この人は「もう一人の逮捕者」の可能性があるのではないかと示唆しましたが、これは中傷ではありません。証拠から導かれる疑問点の検証さえできないようでは、国民が警察・検察・裁判所をチェックすることなどできません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
 こういうブログを直接紹介した植草氏にも、社会的責任及び釈明の義務が発生するのは言うまでもないことである。
ーーーーーーーーーーーーーーー

紹介だけで、植草氏には何の責任も発生しません。


うーん。長々と返答してきましたが、要するに、被害者・植草氏の距離の問題なんですよね。
K証言を取るか、植草氏供述を取るか。
私は、上述の信用性の比較から、K証言を取ってよいと思います。
だからといって、植草氏が嘘をついたことにはなりませんよね? 認識・記憶まちがいもあり得ます。
それだけのことです。おわかりになりましたか?


北風さんも、熊八ごときに、長々とお疲れさまでした。
それでは。
URL 2008/09/21(Sun)23:38:19 編集
★毘沙門天さん、こんにちは。
NAME: 熊八
毘沙門天さん、こんにちは。お返事ありがとうございます。
ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/#comment12での【15】、最高裁判例についてですね。

判例:

「刑事裁判における有罪の認定に当たっては、合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証が必要である。ここに合理的な疑いを差し挟む余地がないというのは、反対事実が存在する疑いを全く残さない場合をいうものではなく、抽象的な可能性としては反対事実が存在するとの疑いをいれる余地があっても、健全な社会常識に照らして、その疑いに合理性がないと一般的に判断される場合には、有罪認定を可能とする趣旨である」(最決平19.10.16判タ1253-118)

これについて、私はこうお返事しました。

ーーーーーーー
前段で

>刑事裁判における有罪の認定に当たっては、合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証が必要である。

と書いていますから、合理的疑問が差し挟めれば、無罪です。
合理的疑問があれば、即無罪なんです。よろしいですか?

それを前提として、後段では、合理的疑問かどうかは健全な社会常識に照らして一般的に判断しなさい、と言っているのです。「合理的疑問」かどうかの判断基準です。

いずれにせよ、合理的疑問があれば無罪、は変わりません。
ーーーーーーー

では、毘沙門天さんのお返事、また全文引用させていただきます。

【23】
ーーーーーーーーーーーーーーー
490 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/21(日) 17:03:12
>>合理的疑問があれば、即無罪なんです。よろしいですか?
 それを前提として、後段では、合理的疑問かどうかは健全な社会常識
 に照らして一般的に判断

ハイ、ハイ、熊八さん,随分穏当になりしたね。ww
ーーーーーーーーーーーーーーー

いえ、全然変わっていませんよ。(笑)
私が前に書いたコメントを参照してください。(後述します)

【24】
ーーーーーーーーーーーーーーー
以前、次のような内容の対話がゆうたまブログのコメント欄であった筈だ。

(みかん)弁護側目撃証人は現場に居合わせなかった疑いが濃厚なんだが。
(熊八)その程度じゃ駄目なんですよ。

過去コメントを探したが見つからず記憶で記したが大きな違いはないと思う。
例の最高裁判例(07年10月)から数か月だったと思うが・・。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ここttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/236/#comment18から始まる会話ですね。

【25】
ーーーーーーーーーーーーーーー
質問①ミカン氏との対話では後段の「健全な社会常識」を照らしての合理性検証が
抜け落ちたまま、即無罪となってませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーー

いえいえ。そんなことはありません。
ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/236/#comment30で、私はこう答えています。

ーーーーーーー
その最高裁の判示は、

・有罪とするには、合理的疑問を差し挟む余地のない程度に(検察官が)立証することが必要である。

・「合理的」疑問かどうかは、健全な社会常識に照らして一般的に判断する。

ということですよね?
きわめて常識的なことを確認されているだけだと思います。
ーーーーーーー

【26】
ーーーーーーーーーーーーーーー
質問②熊八さんはミカン氏との対話以前、後段の「健全な社会常識」について語った
事はありますか?私の記憶にはありませんが。門外漢の方が自由心証主義
など語ってた。
ーーーーーーーーーーーーーーー

上に引用しましたように、判示の後段についても語っています。

【27】
ーーーーーーーーーーーーーーー
質問③07年10月の最高裁判例について熊八さん、ゆうたあまブログで
「従来の再確認。何ら目新しいものに非ず」とコメントしてたが、法曹界では
後段の革新性で専らの噂だったのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

従来より詳しく述べたという意味では新しかったかもしれませんが、

・合理的疑問があれば無罪

・「合理的」かどうかは、健全な社会常識に照らして一般的に判断する

という、常識的なことを言っているだけなので、毘沙門天さんがおっしゃる「判例変更」などではありません。

もう一度言いますが、「合理的」かどうかは健全な社会常識に照らして一般的に判断するって、当たり前のことではないですか?

【28】
ーーーーーーーーーーーーーーー
ここらに熊八さんの今あるを解くカギがある。彼は強力で悪辣な国家権力
対かよわき市民の構図を描くコテコテ反権力主義者たらんとしてる。
ーーーーーーーーーーーーーーー

そこまで言いますか。(笑)
URL 2008/09/21(Sun)18:25:30 編集
★北風さん、こんにちは。
NAME: 熊八
北風さん、こんにちは。
478.~から全文引用いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーー
478 :北風太郎:2008/09/20(土) 16:08:37

熊八のデタラメ 第5章 裸の王様 
1/3
「被害者の右横に、何としても植草氏を置きたい」
第1章と第3章を(324~326番、396~397番)読んで頂くと、そういう熊八の狙いが浮かび上がってくると思う。
「植草氏は被害者の右横あたりに立っていただけだ。真犯人が真後ろから痴漢をして後退した。真犯人が後退する様子を目撃者が見る一方、逮捕者は植草氏を見た。」
こういうストーリーを作りたいわけだ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いや、作りたいのでなく、証拠からそういうことが考えられる、そうであったという合理的疑問がある、というだけのことです。

ちょっと誤解があるようなのですが、私は、植草氏とは何の関わりもなく、誰かに頼まれて書いたりしているわけでもありません。
たまたま、ゆうたまさんの旧ブログの大炎上でこの事件に関心を持ち、ズルズルと見つづけているに過ぎない一般人です。
所属している政党や宗教団体等もなく、植草さんに特に思い入れもなければ、警察・検察・裁判所に恨みもありません。
ただ、証拠上無罪なのに罰せられるようなことがあれば大変なことだ、と思っているだけです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
その為に、直線Aを横にしてみたり、被害者を前進させたりした。
だが実際は、被害者は抗議の直後は移動していないし、直線Aの角度から、逮捕者が見た植草氏は被害者の真後ろに近い所にいたことが判明する。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いえいえ。既に何度か言っておりますように、被害者は振り返る際に少し右前に移動したと考えられます。

犯人は1~2歩下がり、植草氏は被害者の至近距離にいましたから、もし被害者が移動していないとなると、犯人と植草氏とが密着して並んでいたことになります。これはおかしすぎますよね?

被害者が右回りに振り返る際に、K氏―植草氏の線上に入ってきて、かつ、右横の植草氏に接近したものと考えられます。こう考えれば、弁護側目撃者の供述、植草氏の供述とも合います。

ーーーーーーーーーーーーーーー
不可能な仮説であるばかりか、熊八の主張は植草氏の証言と一致していない。
植草氏:被害者との距離は70~80cm(この数値は再現ビデオを作成しながら測定した)。
熊八の判断 :被害者との距離は51cmより短くて、人を押しのけないと入れない距離(熊八いわく、裁判所が隠すほど、正確かつ重要な内容)

70cmあったら、ひとひとり楽勝で出入りできる。
被告人の主張を軽々と否定するクマハチ。
痴漢目撃者はウソで、植草氏もウソか?(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーー

これも簡単なことでして、結局、被害者―植草氏の距離について異なっているのは、逮捕者K氏の供述と植草氏の供述ですよね。これらのうちどちらを信じますか?という話です。
そうなれば、自分を刑罰から守る必要もなく、当時酔ってもおらず、しっかりと見ていたK氏の供述を信用することになります。

植草氏は自分が処罰されたくない立場ですから、被害者からはできるだけ遠かったように思いたかったと考えられます。アルコールも入っており、ギョッとして見た後は瞬時に目も閉じたようだ、という事情もあります。

ーーーーーーーーーーーーーーー
アイツの理屈がデタラメであることがこれだけでわかる。
しかし、本人はこれで合理だと思っているらしい。
裸の王様状態だな(笑)。
今回は、その王様の心理を表す挿話をご紹介する。
ーーーーーーーーーーーーーーー

何でしょうね。(笑)
それにしても「アイツ」呼ばわりですか…。
一度聞こうと思ってたんですが、北風さんは熊八に激しく敵愾心をむき出しておられますが、私、北風さんに何かしましたか?

ーーーーーーーーーーーーーーー
479 :北風太郎:2008/09/20(土) 16:09:44
2/3
「一審裁判所は、植草氏の立ち位置に関するK氏の重要供述を隠して判決しました」(熊八ブログ)
ーーーーーーーーーーーーーーー

これは書いたおぼえがあることなので良いですが、これからは引用するときはリンクするなり、その文言の所在を明らかにしてくださいね。アンチの皆さんにお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
植草氏と被害者の距離は人を押しのけないと入れないほどの近さだった。逮捕者のこの重要な証言を裁判所が隠したと、熊八は必死にアピールする。

本気でそう思っているらしい。
しかし、そんなバカな事を考えているのは熊八ひとりであった(^^)。
隠すどころか、この証言で裁判官は真犯人が存在しないことを理解した。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ほうほう。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
逮捕者からこの証言を引き出したのは、つまり質問したのは、裁判官だ。
「被告人と被害者の間にもう1人だれか入ることは可能な広さなんですか」(第6回公判逮捕者の速記録753番)
これは以下のような意味だ。
「弁護団は真犯人が素早く後退して、後ろにいた被告人が人違いされたと言うが、被害者と被告人の間に、人が立って痴漢をするスペースがあったのかね?」
それに対し逮捕者が次のように答えた。
「いえ、押しのけない限りはあり得ないと思います」(同公判754番)
その本意は、
「被害者と植草氏の間に真犯人が入り込んで痴漢をして、そこからすり抜けるのは無理ですよ。真犯人がいたなら、植草氏を押しのけないと被害者の後ろから出られません」
ということだ。

「押しのけないと」は植草氏のことを指す。そりゃ、そうだろう。二人の距離は51cmより短かったのだから。電車がゆれただけで植草氏にぶつかりかねない。
ほんのすぐ後ろに植草氏がいたのだから、真犯人が痴漢をして後退したら植草氏に衝突してしまうという意味だ。真犯人説は無理でしょ、という会話だね(笑)。
この他にも裁判官と逮捕者のやりとりで、真犯人が素早く動けるようなスペースは無かった、素早く移動した人物は見当たらなかったという話も出てくる。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ごちゃごちゃおっしゃっていますが、宮本裁判官がどういう意思であったかはともかく、K氏が見たときの被害者・植草氏の距離を表す供述は以下のとおりです。


第6回公判
(ttp://uekusajiken.ganriki.net/sokki/032807_01.html)

266.弁護人2 わかりました。ただ、あなたの記憶としては、大ざっぱな印象としては、この証人席の短い方より、先ほどはかったら52センチありましたけれども、これよりも若干短かったのではないかと。
267.K証人 若干というか、大分とにかく、すぐ後ろだった。


749.宮本裁判官 あなたが女子高生の声を聞いて振り向いたときですけれども、被害者と被告人の間は、先ほど証言台の細い長さですか、それは51センチらしいですが、それぐらいか、それより短いぐらいと聞きましたよね。
750.K証人 はい。
751.宮本裁判官 そこに人が入るスペースというのはあるのですか。
752.K証人 ないと思います。
753.宮本裁判官 被告人と被害者の間にもう1人だれか入ることは可能な広さなんですか。
754.K証人 いえ、押しのけない限りはあり得ないと思います。
755.宮本裁判官 押しのけない限りは人は入れない。
756.K証人 はい。


どう考えても、被害者と植草氏との間は、証言席の短辺(51センチ)よりも「大分」短く、「押しのけない限りは人は入れない」距離であった、という趣旨になります。

(宮本裁判官からすれば、余計なことを聞き出してしまったという、痛恨の質問だったのではないかと思います。)

そして、K証人からすれば、自分の逮捕行為が正しいものだったとしたいわけですから、真犯人らしき者なんかいなかった、と答えたい誘因があるでしょう。
しかし、検察側目撃者T証人は、犯人の後ろには人1人2人立てるスペースがあり、犯人は1~2歩下がったと述べ、事件2日後の再現写真でも被害者の真後ろ2歩ほど犯人が離れた様子が撮られています。

犯人と植草氏が別人だったと優に言うことができます。

ーーーーーーーーーーーーーーー
480 :北風太郎:2008/09/20(土) 16:10:56
3/3
宮本裁判官 押しのけない限りは人は入れない。
K証人   はい。(同公判755~756番)
宮本裁判官 被告人とか被害者の近くに怪しい動きをしていた人はいなかったですか。
K証人   いませんでした(同公判767~768番)。

隠すどころか、この時裁判官は有罪を確信しただろう。
隠されたと思う熊八。恐るべき妄想(笑)。
ーーーーーーーーーーーーーーー

はあ。北風さんの妄想にはかないません。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー
そもそも、証言を隠したという主張がおかしい。証言は公判記録として残り、被告人は自由に引用して、雑誌や本などに発表できる。
証言を隠せる裁判官は日本にひとりもいない。隠したなどとは裁判官に対する中傷である。
ーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、公判記録を多くの人に知ってもらうためには、かなり障害が多いと思います。
確定訴訟記録は裁判所ではなく検察が保管しますし、引用できたとしても、多くの人は、「罪人」の言うことなど聞いてはくれません。マスコミ報道や、判決文を鵜呑みにして終わるのが通常でしょう。

私が「裁判所は隠した」と言うのは、<判決文に書かれなかったために、多くの国民から隠された>、という意味です。
国民が<なめられている>からこそ、裁判所がこんな大胆な隠蔽を行なうのだと思います。被告人や少数の者がちょっと騒ぐことぐらい、何とも思っていないのですね。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2人の距離は短く、物理的に真犯人は存在しえない。それが裁判官の判断だ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

もしそうであるならば、「大分」や「押しのけない限りは人は入れない」を省く必要は無いではないですか?
判決では犯人が1~2歩下がったことを認定しています。一方、植草氏は被害者の至近距離で、動いていません。これが明らかに矛盾するからこそ、判決は、そんなに至近距離でもなかったように小細工したり、被告人が移動した後をK証人が見たなど、わけのわからない理屈を並べているのです。

というわけで、犯人(T証言)と植草氏(K証言)との位置の違いは揺るぎませんし、判決が重要なK証言を隠したことも間違いありません。

以上


追伸: 北風太郎さん。この投稿も、他の方の手を煩わせることなく、省略なしでそちらに貼るか、またはリンクしておいてくださいね。
そちらに反論が並んでも怖くないならば、ですが。(笑)

こちらに来てくだされば、話は早いんですけどね。やっぱり来られませんか。そうですか。(笑)
URL 2008/09/20(Sat)18:18:03 編集
★毘沙門天さん、こんにちは。
NAME: 熊八
ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/294/#comment8 の続きです。

お返事いただいてたようです。
これも全文引用します。

【12】
ーーーーーーーーーーーーーーー
470 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/20(土) 13:01:09
熊八さん
煩わしく前発言をコピペし合わなくても対話成立、他者も理解可能ではなかろうか。
やってみよう。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いえ。そちらに私の反論も載せられない、リンクもされないでは、毘沙門天さんの与太が、一方的にそちらに載っているという結果になります。
まぁそれが狙いでしょうけど。(笑)

【13】
ーーーーーーーーーーーーーーー
①前はもっとも重要な合理的疑問として「立ち位置」矛盾及びそれと関連する
裁判所のK重要供述隠蔽だったが、このところ弁護側目撃者にウエイトを移して
る模様。時の経過で変遷して当たり前です。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いえ、別にウエイトを移しておりません。
いずれも重要な合理的疑問です。それらを全部つぶさねば無罪ということになります。アンチさんは大変ですね。(笑)

【14】
ーーーーーーーーーーーーーーー
②熊さんと東京地裁の判事達とは「刑法」の理解が違う。Kの「被害者と植草氏の
距離」とTの「被害者と犯人の距離」は記述が静的、動的と異なり、比較不能だが
東京地裁は「矛盾するものではない」とし有罪、熊さんは乖離の可能性が残る以上
「合理的疑問」とし無罪であるべきとする。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いえ、比較可能です。
T証言・再現写真では、犯人は1~2歩下がり(被害者の真後ろ2歩ほど離れ)、
K証言では、被害者と植草氏との間は、証言席の短辺(51センチ)よりも「大分」短く、「押しのけない限りは人は入れない」距離でした。
お互い違うということは、小学生でもわかることだと思います。
わかってしまうから、裁判所は「大分」と「押しのけない限りは人は入れない」というK証言を隠したのだと考えられます。
(cf. ttp://livealot.exblog.jp/7356248/)

【15】
ーーーーーーーーーーーーーーー
私は裁判所と同意見。「合理的疑問」についての最高裁判例の通り、即無罪ではなく、
判事の「健全な社会常識」に一旦、委ねる。利益原則は審理の最終段階での適用だ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いえ、最高裁判例でも、合理的疑問があれば即無罪です。
何度も説明していますが、まだわかりませんか?

おっしゃる判例:

「刑事裁判における有罪の認定に当たっては、合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証が必要である。ここに合理的な疑いを差し挟む余地がないというのは、反対事実が存在する疑いを全く残さない場合をいうものではなく、抽象的な可能性としては反対事実が存在するとの疑いをいれる余地があっても、健全な社会常識に照らして、その疑いに合理性がないと一般的に判断される場合には、有罪認定を可能とする趣旨である」(最決平19.10.16判タ1253-118)

前段で

>刑事裁判における有罪の認定に当たっては、合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証が必要である。

と書いていますから、合理的疑問が差し挟めれば、無罪です。
合理的疑問があれば、即無罪なんです。よろしいですか?

それを前提として、後段では、合理的疑問かどうかは健全な社会常識に照らして一般的に判断しなさい、と言っているのです。「合理的疑問」かどうかの判断基準です。

いずれにせよ、合理的疑問があれば無罪、は変わりません。

毘沙門天さんには、もう何度も説明しているところです。
<聞いてないふりの蒸し返し>は、もうやめてくださいね。(笑)

【16】
ーーーーーーーーーーーーーーー
③「目撃してない目撃証人」は暴論です。抗議が始まるや、自分が怪しまれるを
恐れて一番大事な場面を見てない人が目撃証人として名乗り出ることが、証人心理
というか、人間の心理としてありうるか。100%あり得ない。
弁護側目撃者にも同じ言葉を投げかけたいが、あのお方にはエキセントリックなところ
が大いにありますからね~。
ーーーーーーーーーーーーーーー

既に矛盾しておられるではないですか。(笑)

【17】
ーーーーーーーーーーーーーーー
471 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/20(土) 13:01:54
④大雑把な計測しか期待出来ぬ劣悪な環境を述べるK氏と、確信に満ちて「51cm
より大分少なく、押しのけないと・・」と淀みなく答えるK氏。このギャップが一分後
現場で知った隔たりを判事に述べたことを示している。最初はもっと隔たりがあった
可能性がある。一分間に「次の駅で降りて貰います」と言われた植草氏が和解工作で
被害者に接近したのは当然と言える。
ーーーーーーーーーーーーーーー

むちゃくちゃです。
では、K氏と植草氏とはどのぐらい離れていたのですか? 2メートルも離れていないでしょうに。

向こう側にいる植草氏のほうが被害者よりも背が高いのですから、二人の間がすごく短かったことぐらい十分にわかるでしょう。横から見ていたわけではないので何センチなどは具体的にはわからないけれど、というのがK証人の「大ざっぱ」の意味です。

それに、K証人は二人の様子を終始見ており、二人の位置関係はほとんど変わらなかったと言っています。仮に、二人に近づいた結果「押しのけない限りは人は入れない」距離だと具体的にわかったのだとしても、二人の移動が無かったのなら、最初の時点でもその距離だったと考えてよいと思います。

【18】
ーーーーーーーーーーーーーーー
裁判所は「すぐ後ろ」と至近距離であると明記しており何も隠してない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

裁判所は「すぐ後ろ」だけでなく、「51センチメートルより短いくらいで、すぐ後ろ」と書いていますので、51センチ弱もあったかのように受け取れてしまいます。
正確には、51センチよりも「大分」短く、「押しのけない限りは人は入れない」距離だと記すべきです。
(ttp://livealot.exblog.jp/7356248/)

【19】
ーーーーーーーーーーーーーーー
⑤熊八さん、植草氏は終始場所を動かず不動であったなんて冗談云っちゃいけません
K氏の「被害者の右後ろ、その後被害者、植草氏とも不動」は植草氏が動いた後のお話。
(実際はその後も植草氏動いてるのだが)。
ーーーーーーーーーーーーーーー

被害者の第一声「やめてください」の後約1秒後に逮捕者K氏は見ています。その時から後、二人ともほとんど移動しておらず、位置関係は変わっていないとK氏は言っています。

K氏が見るまでに植草氏が1~2歩下がった後、被害者に近づいていたということですか?
しかしT氏によれば、「おじさん」が1~2歩下がった後、被害者が「おじさん」に詰め寄って行き、ひとしきり抗議をした後、元の位置のほうに戻り、そこへ「おじさん」が近づいて行った、とのことです。

「おじさん」が近づいたのは大分あとのことです。K氏が見るまでに植草氏が1~2歩下がってから近づいていた、ということはあり得ません。

…てことも、何度も説明して、とっくに終わっている話ですよね。いい加減にしてくださいね。(笑)

【20】
ーーーーーーーーーーーーーーー
もし植草氏が同じ場所にいたのなら、狭い空間に「真犯人」が加わってせめぎ合うのだ
から、被害者・目撃者が「真犯人」に気づかぬ筈ないのだが、誰とて言及しない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ですから、真犯人は1~2歩下がった人です。目撃者T氏が見ています。
植草氏は被害者の右横にいたと考えられますから、真犯人とはぶつかりません。

【21】
ーーーーーーーーーーーーーーー
かくして犯人と植草氏の同一性が成立する。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ぜんぜん成立していません。無茶を言わんでください。(笑)

【22】
ーーーーーーーーーーーーーーー
「弁護側目撃者」のほうが「立ち位置」よりもわかり易く、一般受けしますよ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ニセ証人だなどと、アンチさんが誹謗中傷のかぎりを尽くしますのでね。(笑)
検察側目撃者T氏・逮捕者K氏の供述から説明するほうがアンチさんには理解しやすいと思いますので、とりあえずこちらでご説明し続けます。
URL 2008/09/20(Sat)15:14:38 編集
★皆さん、こんにちは。
NAME: 熊八
ゆうべ、私のコメントを貼ってくださった方。どうもありがとうございます。
適切な分割とか改行とか、すごくお手間だったことと思います。感謝いたします。


で、まず463.の毘沙門天さん。(ttp://livealot.exblog.jp/7499887/は読んでくださいましたか?)
いろいろおっしゃってますが、

>真犯人捏造して合理的化。

T証人の言う犯人の位置と、K証人の言う植草氏の位置が違うのですから、他に真犯人がいた、と考えざるを得ませんよね?

>「植草動かず」をK証言に取り込んでしまう

K氏がそう言ってるんだから仕方ありません。植草氏は被害者の至近距離にいて、その位置関係はその後ほとんど変わっていないと。

>不公正さ狡猾さ。裁判所の隠蔽を軽軽に云う軽さと見当違い。

これが隠蔽でなくして何でしょう?
ttp://livealot.exblog.jp/7356248/
裁判官がわざわざ聞き出した重要な供述を省略することはないじゃないですか。
(まぁ裁判官が聞き出してしまったもので、省略するしかなかったのでしょうが。)

>こういうタイプは周知の事実を使うしかない。
>熊さんに質問です。誠実に答えてね(「へ~、それ事実なんですか?
私にはわからないから本人に聞いて下さい」では駄目ですよ)。

はぁ。何でしょうか。ドキドキしますね。(笑)

>2回痴漢冤罪に遭遇,物心ともにコッピドイ目に遭った男が
風俗店に日常的に出入りして痴漢プレー三昧ってことが
考えられますかね?
世間の常識で考えて決定的とはおもいませんか?

それは事実なんですか?
あの速記録『風』報道でも、「風俗」とか「三昧」などということは出ていなかったと思いますし、それに≪いつ≫の話なのかも明確ではありませんでしたよね。
印象づけるだけであって、誰がいつどうした、という文章にもなっていない記事でした。(つまり、「そんなこと書いてませんよ」と逃げられる記事。)

それに、仮にもしそれが事実であったとしても、植草氏が(同意の上での)痴漢ごっこがお好きだったということを示すものではあっても、事件当日事件現場で植草氏が被害女性に痴漢をしたことを証明するものではありませんよね?
現に、有罪判決を出した裁判所ですら、植草氏の私生活のことを有罪の証拠としていません。


464.の方。

>熊八って、法学部卒を売りにしてるのに、この杜撰な主張は何だろう。

べつに「売り」ではありません。ただ法学部を出た、というだけで。
あまり学校にも行ってませんでしたし。お恥ずかしいことです。

>被害者が前方に移動した、と主張するならその根拠を示すべきだろ。

あれ? 根拠は示してますよね?
北風さんへの反論にも書いておきました。よーく読んでみてください。

>北風さん、熊八のお相手、おつかれさまです。マイルール持ち出しでさんざん相手を混乱させ、
>愛想をつかして北風さんが離れた後に勝利宣言する、いつもの熊八パターンでしょうね。

文句があれば、今からでも北風さんがこちらにお越しになればよいだけだと思います。そう思いませんか?

>>>463
>「冤罪主張中に痴漢プレーっておかしいだろ」は以前も突っ込まれてました。
>熊八は痛い質問ははぐらかすんですよね。曰く
>・事実かどうかわからないので答えられない
>・痴漢プレーと今回の事件は関係ないので答える必要は無い

別に痛い質問ではありませんが、私の答えは、おっしゃるとおりです。よくご存じですね。熱心な読者でいらっしゃる。(笑)

でも、そうだと思いませんか? ウワサだけが一人歩きしています。
そして、もし仮にそれが事実だとしても、植草氏が当該犯行を行なった証拠にはなりません。裁判所も有罪の証拠としていません。


皆さん、熊八に文句があるなら、そんなところでごにょごにょ言ってないで、こちらへお越しくださいね。
URL 2008/09/20(Sat)12:05:53 編集
★北風さん、こんばんは。
NAME: 熊八
北風さん、こんばんは。
(こちらttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/296/#comment21からの続きになります。)

(※北風さんについては、自ブログのほうで、
 『北風太郎さんとのやりとり』ttp://livealot.exblog.jp/7479475/
 『北風さんのごまかし』ttp://livealot.exblog.jp/7491935/
 『北風さんのごまかし2』ttp://livealot.exblog.jp/7501266/
 としてまとめておりますので、ご参照ください。)

長いので、要点をかいつまんで答えさせていただきます。


>452.

>今、頼まれもしないのに、バリバリに反論しているじゃねぇか。
>しかも、自分でコピペしまくりだ(笑)。

はい。ですから、一向に来てくださらないので、私が「サービス」してさしあげたと思ってください。(笑)


>「とりあえず、公平になるように、この私の「反論」を、省略なしでそちらに貼るか、リンクしておいてください。」
>お前の口から、公平と言う言葉が出るとは驚きだな。人がわざわざ訪問して丁寧に質問したのに、砂をかけたのはテメエだろ。

そうでしたか?
北風さんとのやりとりはこちらです。思い出してください。
ttp://livealot.exblog.jp/7479475/

こちらで議論したほうが、一方的にならず、議論の様子も一覧できてわかりやすいと思いますのでお誘いしていましたが、結局、北風さんは意見を書き込まれませんでした。

私はそれを、こちらへ来て反論されるのが怖い、2ちゃんで一方的に書いたほうが印象操作として好都合、ということかなと解釈しました。

なので、もしそういうことでないならば、私の反論をそちらに貼り付けるか、または私の反論をリンクしてください、とお願いしたわけです。
それをなさらないということは、北風さんはやはり反論が怖いのだな、と解釈するまでです。


>「私に、反論する義務が無いのと同じで。」
>あいつには反論する義務が無くて、俺にはコピペする義務があるらしい(笑)。
>日常的に詭弁をろうしているのがよくわかる。

いえ、もちろん、北風さんに義務はありません。当然です。私は「お願い」をしています。

もし、私の反論をそちらにお載せにならないならば、やっぱり反論が怖いんだなと解釈するまでです。


ーーーーーーーーーーーーーーー
文中、誤りがあった。
第3章1/2、
「しかも、植草氏の証言は「自分の前方にいた女性が、自分の右前方に移動した」である。一方、熊八の言い分は「移動した後、被害者は植草氏のほぼ左横」で逆になっている」
と書いた。
これは私の間違いであった。植草氏は左を向いていたと言い訳していた。すっかり忘れていた。それを受ければ、必ずしも進行方向右側に移動したとは言い切れない。
訂正させて頂きます。失礼致しました。
ーーーーーーーーーーーーーーー

はい。承りましたが、いまひとつ皆さんにわかりにくいかと思います。
間違いコメントにきちんとリンクし、私の反論を載せていただくと、わかりやすくなるかと思います。

(私の反論)
『植草氏は、乗り込んだドア(進行方向左)の方を向いていて、その時「前」にいた人が、「右前」に移動した、という趣旨です。したがって、電車の進行方向を基準にすると、左にいた人が、左前に来た、ということになります。』


>453.

ーーーーーーーーーーーーーーー
「抗議し始めるとき、まず右前方に移動したなどと、被害者自身がそんなことを言っていない」
前回、その旨書いた。
被害者の速記録が公開されていないのに、なぜわかるのか?
そう思われる方もいらっしゃるかもしれない。
しかし、デタラメを書いているわけではなく、キチンとした根拠がある。
ーーーーーーーーーーーーーーー

やはり、被害者が言っていないということを、北風さんはご存じないわけですよね?
ならば、「そう考えられる」と書かなければなりません。「言っていない」と書いてしまえばデタラメです。

判決文に書いていないとおっしゃいますが、判決文に全て書いてあるわけでないことは、重要なK証言を判決が省いてしまったことからも容易にわかります。
(cf. ttp://livealot.exblog.jp/7356248/)
ですから、判決文に書いていないからと言って、被害者が言っていないとは限りません。

また、弁護人の最終弁論で、被害者の移動が出て来ないとおっしゃいますが、弁護人は図を使って説明していますから、その図の中に盛り込まれている可能性があります。
植草氏がそのような被害者の移動を述べていますから、弁護団も、再現DVDや図の中で、その動きを盛り込んでいるものと考えられます。


>454.

>またN弁護人の話の中に、被害者は移動せずに振り向いたと判断できる記述がある。移動せずに振り返ったことを弁護団が認めている。

これはどの発言でしょう?
教えていただけますか?


>加えて、第三者である目撃者の証言にも、被害者が前方に移動したという話は出てこない。無いどころか、被害者の目の前には人がいたという証言がある。

被害者のこの時の動きについては、目撃者T氏はよく憶えていないようです。
そしてT氏によれば、肩がぶつからないぐらいの混雑具合とのことですから、少しは右前に移動できる余地もあり得たと思います。


>逮捕者の証言にも、移動の話は出てこないし、人を掻き分けて被害者に近づいたと言う証言から、被害者の前方に人が大勢いた事が判明する。

前にも申しましたが、これは逮捕者が見る前の話ですから、逮捕者が見ているわけはありません。(笑)

確かに、逮捕者の供述では混雑していたような印象ですが、T証言によればそんなに混んではいなかったようですし、「おじさん」の後ろには人一人二人立てるスペースがあったとのことです(T氏と被害者の間には77センチもの空間があったとのこと)。したがって、被害者の前にもスペースがあった可能性はあります。


>以上から、被害者が抗議し始める際、前方に移動したなどという事は、ありえないと結論付けられる。

いえいえ、十分に、移動した可能性があります。
そして、移動したと考えるのが妥当と思われます。
植草氏がまずそのような被害者の移動を供述しています。
そして、弁護側目撃者によれば、植草氏の周りには女性は見えず、植草氏は誰とも密着していなかったとのことですが、それが、被害者が声を上げた後は、被害者と植草氏は至近距離にあってK氏―被害者―植草氏と直線上であった(K証言)。ということは、被害者が右前に移動したということだと考えざるを得ません。


・・・とは考えられるのですが、前にも言いましたように、この論点は実はそう重要なものではありません。
被害者が右前に移動していなくても、犯人は1~2歩後ろに下がっている(T証言・再現写真)ので、被害者の至近距離で移動が無かった植草氏は、犯人とは別人だということになるからですね。
URL 2008/09/19(Fri)23:23:30 編集
★よくわからないもの 2つ
NAME: 熊八
よくわからないのですが…

449.さん。植草氏が、

>最近はmojoに「猛毒米」なる用語を使わせてるね。

って、どういうことですか?
別に、植草氏がmojoさんに「使わせてる」わけではないと思うのですが…。
事実、猛毒米であることは、間違いないようですし。


それから、こちらttp://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1201599721/ですが。

>906 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/09/19(金) 18:30:25 ID:j5Ny61zAO
そもそも植草氏本人が冤罪なんて言って無い。
真犯人と見間違えられたと主張しているw

それも「冤罪だ」という主張ではありませんか?

やっていないのに(無実なのに)刑事責任に問われることを「冤罪」と言うのだと思います。ですから、当然、植草氏は「冤罪だ」と主張されていると思います。

現に、植草氏のブログには「訴訟・冤罪」のカテゴリーがあり、2008年6月1日の記事で「2006年9月13日夜に発生した冤罪事件」と書かれるなど、冤罪だとの主張をしておられます。
URL 2008/09/19(Fri)21:59:37 編集
★毘沙門天さん、こんにちは。
NAME: 熊八
毘沙門天さん、こんにちは。
ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/296/#comment18 の続きになりますね。

以下、毘沙門天さんの442.443.の全文を引用して、私の意見を入れていきます。

(なお、後々役に立つかもしれませんので、【1】【2】……と番号をつけさせていただきます。)

【1】
ーーーーーーーーーーーーーーー
442 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/19(金) 07:59:09
北風さんはじめ皆さんに啓蒙された。もうすべて終わった気分。早計かな?

擁護は「立ち位置」問題が犯人と植草氏の同一性を論ずる際の最重要課題とす
る。、
ーーーーーーーーーーーーーーー

「擁護は」というよりも「熊八が」特にこだわっているのですね。たとえばmojoさんは他の疑問点に注目されているようです。

それに私も、<T証言K証言の植草氏の立ち位置の矛盾>が「最重要課題」かどうか、わかりません。
むしろ、弁護側目撃者が端的に、犯行時間帯に植草氏が誰とも密着していなかったことを述べていることが、一番重要なことなのかもしれません。

【2】
ーーーーーーーーーーーーーーー
被害者やT証人が、<犯人は1~2歩or数歩後ろに下がった>と言って
いるため、では植草氏はどこにいたのか?という問題は肝心なところ。
K証人によれば、植草氏が立っていた場所は被害者のすぐ「右」後ろ。
裁判所は被害者と植草氏の距離は「51センチメートルより短いくらいで、
すぐ後ろだった」とし「押しのけない限りは人は入れない」というK証人の
供述を隠したと擁護は主張する。
ーーーーーーーーーーーーーーー

繰り返しになりますが、「隠した」などと叫んでいるのは「擁護」ではなく、「熊八」だけですね。(笑)

裁判所が隠したのは、「押しのけない限りは人は入れない」だけでなく、証言席の短辺(51センチ)よりも「大分」短かったという趣旨の「大分」という言葉ですね。

「51センチメートルより短いくらいで、すぐ後ろだった」というように、51センチ弱もあったとK氏が述べたような印象操作を、裁判所は行なっています。

(ttp://livealot.exblog.jp/7356248/をご参照ください。)

【3】
ーーーーーーーーーーーーーーー
擁護側の「立ち位置」問題の結論は、犯人が密着してた被害者の背後から
1~2歩or数歩後ろずさりに後退し、 また犯人の背後にはスペースがあった
のに、二人の距離がこんな至近距離と 云う事はあり得ない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

しつこいようですが、「擁護側」ではなく、「熊八」だけが言っていることですね。(笑) mojoさんとかは、また別のお考えかもしれません。

そして、「二人の距離がこんな至近距離と云う事はあり得ない。」とお書きですが、ちょっと違います。
「あり得ない」ではなくて、T・K各供述が相矛盾していて、犯人と植草氏が別人であるという十分な可能性(合理的疑問)がある、ということです。

刑事事件では、被告人が当該犯罪を行なったと、合理的疑問を超えて、検察側が証明する責任を負います。
したがって、被告人が犯人ではないと証明する必要はなく、被告人が犯人ではないという合理的疑問(十分な可能性)を示せれば無罪、ということになります。

この場合で言えば、至近距離があり得ない、ではなくて、犯人(T証言)と植草氏(K証言)の位置が全然違うという十分な可能性がある、と示せれば足りる、ということになります。

【4】
ーーーーーーーーーーーーーーー
もっと離れてる
筈、したがって植草氏は犯人と違う。T氏が目で追ったのが真犯人であり植草
氏は無実無罪であるとする。
ーーーーーーーーーーーーーーー

無実かどうかは、現場で一部始終を見たわけではないので、知りません。
犯人(T証言)と植草氏(K証言)との立ち位置に食い違いがあるので、その他のことも考慮すると、植草氏が犯人ではないという合理的疑問があるので無罪と考えられる、ということですね。
(ttp://livealot.exblog.jp/7265028/などもご参照ください。)

なお、「T氏が目で追ったのが」とおっしゃいますが、どこまで追えていたのか、疑問です。被害者の抗議のシーンの描写がT氏はおかしいですから(後述)、犯人が1~2歩下がったのを見た後は、(T氏自身が被害者に怪しまれていると思っていたぐらいなので、)顔をそむけたりうつむいたりして、様子を見ていなかったのではないかと推測されます。

【5】
ーーーーーーーーーーーーーーー
疑問① 犯人と植草氏の「後退距離」だが同一単位でない。かたや後ずさり
1~2歩or.数歩、他方は至近距離の 喩えての描写、足元覚束ない人込みの中
の後退、歩幅は極端に狭くなるし比較不能だ。北風さんが云う通り前者>後者
とは限らず、イコールも 普通にあり得る。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/296/#comment18 の【追記4】でも指摘しましたが、T証人は「後ずさり」という言葉を使っていません。
単に1~2歩下がったと言っているだけであり、それがどんな1~2歩だったかはわかりません。
そこで探究するに、

・被害者が2~3歩とも言っていること、
・事件2日後にT証人の立会いのもと警察で撮られた再現写真で、犯人が被害者の真後ろ2歩ほど離れた様子が写されていること

から、明らかに50センチ(靴二足分)以上は離れたという趣旨だと考えられます。
これが、証言席の短辺(51センチ)よりも「大分」短く「押しのけない限りは人は入れない」距離と違うことは明らかであり、少なくとも、違うという十分な可能性があることになります。

【6】
ーーーーーーーーーーーーーーー
疑問② K氏の第一視時の「立ち位置」観察だが、計測環境についてK証人は
「角度的に、間隔が見える角度ではないので、その点については大雑把」と
述てる。そのK氏が確信を持って 「押しのけナイト」の距離と断言できたのは
何故か ?それは一分後現場を見たからだ。K氏は「植草氏は被害者のすぐ
右後方。その後も動きなし」というが実は植草氏がその1分間に和解交渉で
被害者に接近したのをT氏に目撃されてるのだ。このような状況だから第一視
時の「立ち位置」をK氏は確信を持って掴んでなかったと思う。
ーーーーーーーーーーーーーーー

「大ざっぱな印象」については ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/296/#comment18 の【追記4】で指摘しておりますので引用しますね。

(引用ここから)

これ(注:第6回公判でのやりとり)を読めばわかるように、K氏が「大ざっぱな印象」と言っているのは、横から見たわけではないから具体的な距離はわからないけれど、(だから何センチとは言えないけれど)という意味です。

しかし、人の配置からするとK氏から植草氏までは2メートルも離れていないし、被害者よりも植草氏のほうが背が高いのですから、何センチだったかは言えないにしても、被害者と植草氏がすごく近かったことはわかる、という趣旨だと考えられます。

だいたい、K氏の距離感が大ざっぱで信用できないんだったら、「距離」についてのK証言を隠すことはなかったと思います。否定できないから、裁判所は隠したのです。

(引用ここまで)

K氏は、最初に被害者・植草氏を見たときの様子として、二人の距離を「押しのけない限りは人は入れない」と述べています。
確かに、毘沙門天さんがおっしゃるように、その距離はK氏が二人に近づいたときに明確にわかったことかもしれません。そうだとしても、ではなぜ、二人に近づいたときに確認した二人の距離を、最初に二人を見たときの二人の距離だと確信を持ってK氏が言っているかといえば、それは、その時間に二人の位置関係がほとんど変わっていないことをK氏が終始見ていたからでしょう。K氏は、最初に見てから二人に近づくまで、二人の位置関係はほとんど変わっていないと明言しています。

毘沙門天さんはT証言を持ち出されていますが、まさに、K証言とT証言が矛盾するということを表しています。K氏は<二人は移動していない>と言い、T氏は<犯人が後退し、被害者が詰め寄り、抗議し、戻り、そこへ犯人が近づいた>と言っているからです。

【7】
ーーーーーーーーーーーーーーー
443 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/19(金) 08:00:21
疑問③ たとえ最初の被害者と植草氏の「距離」がミリ単位で判っても疑問①
で述べたように単位が違い比較の仕様がない。判決文で何が隠蔽されたという
のだ。「距離」は「すぐ後ろ」と、「押しのけナイト」と表現は違うが、
同様、至近距離であると述べてある。裁判所も無意味なものを隠蔽するものか。
裁判所に隠蔽の意識毛頭ない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ttp://livealot.exblog.jp/7356248/ で指摘していることですが、判決文では、

「被告人と被害者の距離は51センチメートルより短いくらいで、すぐ後ろだったと述べている。」

と、51センチ弱もあったとK氏が述べているかのように書いています。
証言席の短辺(51センチ)よりも「大分」短く、「押しのけない限りは人は入れない」という、実際のK証言とは、語感がかなり違うと思われます。

(なお控訴審判決(ttp://www.uekusa-tri.co.jp/column/2008/20080627.pdf)は、賢明にも(?)、距離についてのT証言・K証言の具体的内容を書くこと自体を避けています(p.8)。隠すなら全部隠せ、というお手本でしょうか。)

【8】
ーーーーーーーーーーーーーーー
【結論】被害者の背後に密着してた犯人、自分自身は1~2歩「真後ろ後退」。
だが体の向きが若干左向きだったので結果、進行方向基準で「右後方」に移行,
着いた処はA直線上の1点だった。
ーーーーーーーーーーーーーーー

「A直線」というのは、K氏が最初に見たというK氏―被害者―植草氏の直線のことだと思いますが、上で見てきたように、犯人が被害者から1~2歩後退して、植草氏の位置に行くことは不可能と思われます。なぜなら、被害者と植草氏との間は、証言席の短辺(51センチ)よりも「大分」短く、「押しのけない限りは人は入れない」距離だったからです。

【9】
ーーーーーーーーーーーーーーー
その移行をT氏が連続的にしかと目撃し、
此処に犯人と植草氏の同一性が成立した。同時に擁護が最高の合理的矛盾とし
たものが合理性を失ったのである。
ーーーーーーーーーーーーーーー

くどいようですが、「擁護」ではなく私がこだわっているだけでして(笑)、それに「最高の合理的矛盾」ではないかもしれません。

おっしゃるT氏の連続的観察ですが、T氏が連続的に見ていたかどうか、これが非常に怪しい。
T氏の言っている被害者の抗議の様子はK氏が述べるものと全然違いますし、T氏の供述からは、逮捕者が被害者に声を掛けたところから約5分間の話がミステリアスに飛ばされてしまっています。(ttp://livealot.exblog.jp/6844742/ をご参照ください。)
観察が大きく途切れていた可能性が大いにあります。

そもそもT証言は、犯人についての描写などが非常に曖昧で、おかしい。むしろT証言は、被害者の真後ろに密着していた「おじさん」は植草氏ではないということを証明しているのではないか、と思えるほどです。
(詳しくは、ttp://livealot.exblog.jp/7265028/ などをご参照ください。)

【10】
ーーーーーーーーーーーーーーー
しかし率直に申して擁護のこの論理構成のお粗末さは信じられぬほどで、今に
目から鱗のウルトラC解法がファンファーレと共に披露され一杯食わされてた
とならねばいいがと思っている。
ーーーーーーーーーーーーーーー

そうですか。(笑)

【11】
ーーーーーーーーーーーーーーー
尚被害者の抗議場面のT氏とK氏の描写が大きく異なると云う向きがあるが、
被害者が「元の位置に戻ってくる」という両氏共通のコアを中心に据えれば
供述は見事に合致する。
ーーーーーーーーーーーーーーー

いえ、K氏は<被害者・植草氏は移動していない>と言っているのですから、T証言・K証言は共通しません。

先にも申しましたが、T氏は、「おじさん」が1~2歩下がり、そこへ被害者が詰め寄り、ひとしきり抗議をし、元の位置のほうへ戻り、そこへ「おじさん」が近づいて行った、と述べています。
一方、K氏は、被害者・植草氏は至近距離で位置が変わらず、被害者は体を電車の進行方向左前に向けて、ひと言ひと言振り返りつつ抗議をしていた、と述べています。
全然違うのですね。

推測するに、T氏は被害者の抗議の様子を見ておらず、1~2歩下がった犯人を、被害者のすぐ右後ろにいた植草氏と一致させるため(理屈づけるため)に、「おじさん」が被害者に近づいたという話を妄想したのではないかと思います。

(「わかりやすい 京急事件」ttp://livealot.exblog.jp/7239870/ もご参照のこと。)
URL 2008/09/19(Fri)13:54:20 編集
★青木警察官の供述について
NAME: 熊八
150.の方。
例の青木警察官の供述についてですが、


>痴漢植草を妄信するカルト擁護の判断は、感情的な理由だけで、
警官は嘘つきなので、植草さんは無罪という、カルト擁護らして何の理屈もない
子供のような判断ですね(笑)


そうでしたか?
私は、合理的に考えて、青木警察官の供述は信用できないと見たつもりでしたが…

下に再掲しますコメントは、もう何度も掲げていますので、アンチさんもご覧になっていると思います。
いま一度よく読んで、私の言っていることをご理解ください。
(皆さんがご覧になれるよう、省略無しで、そちらに掲げておいてください。)


★捏造行為はあったと思います
(ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/291/#comment20)
NAME: 熊八

青木警察官は、蒲田駅事務室で植草氏から「自白」と言えるものを聞いた、と言っています。

自白は、警察実務上、最重要とされるものですよね。ところが、青木警察官はその自白をメモにすら取っていない。もし本当に自白を聞いていたとすれば、あまりにも軽率な扱いではないでしょうか?

かつ、蒲田警察署での取り調べにおいて、蒲田駅で自白したことには、一切触れられていない。もしも駅で自白があったとすれば、絶対に、その点が攻められるはずではないでしょうか?

以上から、青木警察官は実はそのような自白を聞いていなかった、と考えるのが自然であると思います。
となると、そのような自白があったとする取り扱い状況報告書も、大変残念なことながら、捏造だと考えるのが自然であることになります。

私はmojoさんのお考えとは少し違って、警察が検察の許可なく勝手にそんな捏造行為をするのか?という点に懐疑的なのですが、いずれにせよ、蒲田駅で自白があったとする捏造行為が行なわれたことは間違いないのではないかと思います。

(注:mojoさんも、検察が関与したと、今はお考えのようですね。)

***

赤木さん(=だからさん)には、かなりたくさん、上記のことをご説明しています。下記の私のブログの記事をよくお読みください。

ttp://livealot.exblog.jp/7060331/
ttp://livealot.exblog.jp/7060337/
ttp://livealot.exblog.jp/7060359/

***

なお余談ですが、私の知り合いの警察官の方が、たとえば殺人事件の死体処理など、検察官はほったらかしで、後始末は全部、末端の我々がしなければならない、とおっしゃってました。
青木警察官も、この「無理スジ」の事件の泥をかぶらされているのではないか、というのが私の見方です。

2008/08/19(Tue)20:11:49
URL 2008/09/12(Fri)17:25:32 編集
★北風さんへ
NAME: 熊八
こちらttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/295/#comment25から移ってきていただき、ありがとうございます。

>必要性を説明してください。

いえ、私の言っているのは単純なことでして。
まず、2ちゃんにお書きになっている北風さんのコメントに反論する義務は、私には無いわけですね。
しかし北風さんは私に反論してほしいんですよね? そして私は譲歩して、こちらにお書きくだされば反論なり対応をいたしましょう、と言っているわけですよね。
したがって、もし私に反論してほしいなら、北風さんはこちらにお書きになる必要性がある。
もし反論してほしくないなら、お書きになる必要性はありません。
それだけのことです。単純至極なことではありませんか?
URL 2008/09/11(Thu)19:34:45 編集
★無題
NAME: 北風太郎
「必要性を説明してください。 」と私は言ったんだけど、返ってきた返事は、
「こちらにお書きになる必要性があるでしょうね」だと。日本語が通じないね。
俺は、説明してくれ言っているんだけど(笑)。

いま、あなたが「2チャンのコメントをコピペしろ」と私に要求しているわけだ。
だから、相手に要求する以上、その目的・必要性を相手に説明してくださいよと、俺は聞いているわけだ。当たり前のことだろ。

必要性を説明してください。

2008/09/11(Thu)19:10:52 編集
★北風太郎さん こちらへどうぞ
NAME: 熊八
何かおっしゃり始めたようですが、そんなにも自信がおありならば、こちら、ゆうたまさんのブログにお書き込みください。

「★毘沙門天さん 北風さんのこと」ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/293/#comment61 で既にお誘いしたことは、ご存じですよね? ゆうたまさんの許可もあります。

有意義な議論ができるかと思います。
前にもお越しだったんですよね?
お待ちしております。
URL 2008/09/09(Tue)23:18:51 編集
[No name] Re:北風太郎さん こちらへどうぞ
どうぞどうぞ北風さん。
お待ちしております。
【2008/09/09 23:19】
★毘沙門天さんへ (【追記】毘沙門天さんのお返事)
NAME: 熊八
本題からずれて申し訳ありませんが。
23.のコメント。


>熊八さんがこのスレッドがNo15に更新した事でコメントしてるが、またゆうたまさんも唱和してるが共に云わんとする所、不明瞭。多分、植草氏に「セクハラ癖」と云う新たな爆弾が見つかり動転、心此処にあらずなんだろう。


いえ、私は、「★毘沙門天さん?」を書いた時点では、昨日の判決のことを知りませんでした。

判決については、なんで迷惑防止条例で処罰されたことをもって「セクハラ癖」が認定されるのか、理解に苦しむところです。


>このスレッドの更新は、本来のスレ主お留守なので、確かに私が手続代行したが


やっぱり毘沙門天さんでしたね。
すみませんが、そのスレの中の、どれが毘沙門天さんのコメントであるのか、教えていただけますか? コメント番号でけっこうですから。


>私は植草誹謗者のつもりはなく自分も時に嘘をつくけど


なんで嘘をつくのですか?
一度聞いてみたかったのですが、これは↓毘沙門天さんの仕業ですか?

「わざわざ改変するアンチさん」ttp://livealot.exblog.jp/7048651/


>なお先日の熊八さんの懇切丁寧な説明はコピーし、ゆっくり読ませて貰ってます。


これ↓のことですね。

「★輪をかけて酷い控訴審判決」
ttp://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/293/#comment68

皆さんがご覧になれるよう、追記以外の全文を、そちらの板に貼っておいてください。お願いします。
(リンクでも結構です。)



【追記】

毘沙門天さんからお返事いただきました。その全文です。
私が書いたことの何が省略されているか、に注意して、お読みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
77 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/09(火) 22:21:37
熊八さんへ

① >>いえ、私は、「★毘沙門天さん?」を書いた時点では
   、昨日の判決のことを知りませんでした。

時刻的逆転現象の起きたときにのみ「ああ、そうでしたか、それは
失礼いたしました」と申します。

② >>やっぱり毘沙門天さんでしたね。すみませんが、そのスレの中の、
   どれが毘沙門天さんのコメントであるのか、教えていただけますか?
   コメント番号でけっこうですから。

コメント番号1,23です。これは云っちまった。他についてあるかないか
申し上げる義務を認めない。

③毘沙門天(>私は植草誹謗者のつもりはなく自分も時に嘘をつくけど)
  >>なんで嘘をつくのですか?
一度聞いてみたかったのですが、これは↓毘沙門天さんの仕業ですか?
「わざわざ改変するアンチさん」ttp://livealot.exblog.jp/7

「私も嘘をつく」の嘘は“an innocent lie",罪のない嘘。たとえば「君、
あの娘にホの字なんだろ?」「(眞っ赤になりつ)そんなこたありませんよ」
の類の嘘。陰湿極まりない誰かさんの大嘘と大違い。
もう一件ですが、「瞬間移動5M」と私書いた記憶がありますが、それは引用
であり、信じて引用したものにフェイクがあった訳です。引用元が何処だった
定かでないが擁護系ブログだったかも。私が5Mと書く以前に
5Mと書いた文が必ずやある。技術の粋を集めて調べよ!
もし私のフェイクなら調査費用全額俺が負担する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
URL 2008/09/09(Tue)13:12:44 編集
★何となくのムードは『危険』
NAME: mojo
熊八さん、
私も、「あれっ、15を立てたのは毘沙門天だ〜」と思いました。

まぁ、アンチさん自身は「どうして分かったんだ」なんて部分を、ー“訝しがり”ーなのかもしれませんが(笑)


ところで、ついでにもう少し補足しておきます。

まず、大前提として、検察の主張に数々の「物的矛盾」や「証言がおかしい」ことを頭に入れておいていただきたいのです。


記事には書かなかったのですが、やはり「客観的」に見ると『犯行場所』がバラバラだということも、チョット「???」ですね。

よく、痴漢“常習者”が行うのは「通勤電車内」だと言われます。
これは、当然「自分のテリトリー内」ということで「勝手が分かっている」からです。

そして「どの車両の何時頃が、チャンス」とか「いつもの“獲物”が乗ってくる場所は」など・・・これなどは、完全に「捕まるまで繰り返す」タイプです。

「常習者」というのは、あまり勝手を知らない「アウェイ」では大胆な犯行はしない(むしろ、怖くて出来ない)と言うべきでしょう。
(見つかった際に、逃げたり「やってない」と大騒ぎしたりするのも、どちらかというと、彼らが「小心者」だからです。)

このように、どうしても痴漢などを繰り返すような犯人は「用心深さ」もあわせ持っていて、普通は『別の人を、間に置いて手を伸ばす」とか、すぐに場所や向きを変えて「オレじゃないよ」と言える状態を周到に用意して犯行を行う狡猾さがあります。・・・これが「痴漢“常習犯”」の傾向です。


蒲田の事件では「背後に密着して、両手で・・・」とのことで、むしろ『強制わいせつ』と思えるような犯行です。

そんなに混んでいない場所で、酔って(いわゆるタガが外れて)そんな大胆な行為をして平気だとなると、少し「植草一秀」氏のパーソナリティーとは合わないようです。

蒲田事件の特徴の「衝動性」「犯行が大胆」「前回事件と違う嗜好傾向」などからは、いわゆる『常習犯』というよりも、「思いつきで行動する」とか「自分の(その時点や、社会的な)立場による制御が出来ない」タイプだということになります。

ところが、植草さんのブログの文章を見ても、さらに(アンチの側の『武器』を引用して)例のペコちゃん日記の、横田由美子氏のブログでも植草氏が「非常に用心深い印象」だったと記述しているところからも、性格が「慎重」な印象です。

少なくとも、一般論で見ると、以下のアンチ的な「安直な解釈」は難しいのです。

ーーーーーーーー
7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/09/08(月) 11:20:02

「おさわり」「のぞき」「成熟女性」「ロリコン系」何でもござれ。
植草氏は痴漢道におけるオールラウンドプレーヤー。「没論理」の擁護に ロジックなどあって堪るかいな。
ーーーーーー

「何でもござれ」というのは「常習性の性犯罪者」に限れば、(「窃盗から強盗」のような)「状況による関連性」が見られないということです。

“窃盗”犯が騒がれて、“強盗”に変わったり、その勢いで“傷害”や“殺人”となるように、状況次第で変わるような「関連性」が、性癖由来の犯罪では、傾向の異なる「覗き系」と「接触系」など複数ではなく、特定の「止められない」執着的な行為を続けるということです。


どうしても、植草さんをめぐる「三件の事件」を、一人の「性犯罪者」の犯行とするには無理があります。
むしろ『調書内容』に「事実ではないこと」があると考えるほうが、「合理的」だという結論になってしまうのです。


「同じ犯罪を繰り返す」ことが止められないから「再犯防止」のために、性犯罪者に対して「首輪」だの「ミーガン法」だのが議論されるのですが、不思議なのが、

「未成年者に対する性犯罪の“再犯率”が高い」
    ||
「未成年に対する性犯罪者は、矯正不可能」

統計的に「他の犯罪より突出しているような“根拠”がない」にも関わらず、このような事が、まことしやかに言われています。



植草さんの事件で「被害者が女子高生」ということが、いち早く『報道』されたのも、このような「矯正不可能な、常習犯」だという『印象』を与える目的があったのでしょう。

だからこそ「示談7回のウソ情報」が、植草さんが逮捕されたタイミングに合わせて、

「現職の警察官」や「情報源である“検察”」が流した

ということでしょう。
このことからも、悪意のあるウソを流すことで「植草さんを陥れたい」という動機が、彼らにあった事は間違いないでしょう。

逆に、
「捜査上の“勘違い”で、植草さんを犯人だと思った」

これは、蒲田事件に関しては有り得ないのです。

関係者が「リークの張本人」ということが、要するに「何が何でも、植草を犯人に仕立てあげる」という“意思”の表れです。

そうなると、「被害者の証言」に沿って「T氏が話を合わせた」ことも、「物理的な立ち位置が矛盾する」ことも、『真相』が一つにつながってきます。
2008/09/08(Mon)14:02:24 編集
★毘沙門天さん?
NAME: 熊八
アンチさんはまだ続けるんだー、と思いましたが、今度のスレを立てたのは、たぶん、毘沙門天さんですね。

HNを変えまくり、強弁、捏造、何でもありの「熱心な」植草氏誹謗者さんですが、一体どういうお方なんでしょうね。
URL 2008/09/08(Mon)13:31:09 編集
[No name] Re:毘沙門天さん?
こんにちは。
アンチの立てるスレッドでは、なんと支援者の方のHNを騙って植草さんは有罪に決まってるというような内容のスレッドを立てたりレスしたりする人がいます。
あれはいい加減やめたほうが身のためだと思います。
HNの持ち主の方がどうするかは知りませんが、そのうち自分が困ることになっても知りませんよ。
とアンチの方々に忠告しておきます。
【2008/09/08 15:34】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索