忍者ブログ
[208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198]

DATE : 2017/04/30 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/10/22 (Mon)
まず産経新聞:判決要旨はこちらをご覧ください。
以下グレー字は判決要旨

なにより、各自の本件車両内での立ち位置については、それを正確に記憶した上、さらに的確に表現することには限界があると言わざるを得ず、あいまいな点があったり、些細(ささい)なずれが生じてくるのはやむを得ない面がある。目撃者と逮捕者が、公判で供述したのが、それぞれ本件から3カ月余り、半年あまりたった後であり、相当な時聞が経過していたことからすれば、なおさらである。 この点についての弁護人の主張は採用できない。

コメント欄にも書きましたが、判決要旨では、事件から3ヶ月あまり、半年あまり経っているからという理由で検察側証人の曖昧な点を『記憶に曖昧さがあっても仕方がない事』としているが、これはとんでもない。

検察側目撃証人は、まず、9月16日に警察へ出向き、そこでひとつの調書を取るために、6~7時間も警察官と話をしています。
その後、裁判で証言するまでの3ヶ月の間に、検察へは(証人が覚えている限りでは)4回出向き、打ち合わせ及び調書の作成をしています。
3ヶ月間事件をすっかり忘れて過ごした後に裁判で質問されたのではありません。
なので、3ヶ月経って記憶が曖昧になったしまったのではなく、最初から曖昧だったのです。

判決は、検察側に全て同意し、弁護側を切り捨てる形で書かれています。
相当な時間が経過し記憶のズレはやむを得ないと言うなら、
被告側の目撃証人は事件から7ヶ月ほど経ってから植草さんに連絡を入れたのです。
その間、検察側証人のように警察で調書を作ったり、記憶を確認する作業もしていないでしょう。
時間が経ち、記憶が曖昧になることを仕方ないこととするならばそれは被告側の目撃証人にも当てはまることではないでしょうか。
それでも記憶に正直に、証言したのが弁護側証人だったのだと思います。
弁護団と打ち合わせをすればいくらでも辻褄の合う証言は出来たでしょうが、それをせず、
ただ嘘をつかず、記憶のみで有利・不利関係なく見たまま覚えているままを証言したのではないでしょうか。

正確に記憶し、的確に表現することには限界があるとの事ですが、
立証責任がある検察側の出してきた証人にはこの論理を適用し、
無実の証明を強いられないはずの被告側及び被告側の証人に正確な記憶を求め、多少の食い違いを大きなものとして目撃証言をも切り捨てた判決には到底納得できかねます。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★改めていい加減だな~と。
NAME: マイネル
判決に対する疑問点・・・今まで読ませていただきましたが・・・これでよく「有罪」になったもんだと。弁護側の検察側に対する疑問点をすべて「些細なこと」で片付けられています。結局この裁判官、裁判やる前から「有罪」と決めていて、後付で理由をつけていただけとしか思えません。
裁判員制度があれば(痴漢事件は扱わないのでしょうが)、こんなふざけた判決にはならなかったのではないか・・・って思っています。
URL 2007/10/22(Mon)21:28:09 編集
[No name] Re:改めていい加減だな~と。
こんばんは。

裁判官は些細なことって言いますが、全然些細じゃないんですよね・・・。
普通の感覚の一般人が普通におかしいと感じるところが一切無視された感じがします。
【2007/10/22 23:12】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「冤罪の温床、長期拘束反対」の植草さんバナー賛同が82になりました。不当判決翌日に賛同してくれた心意気に感謝です。
 「経済を知らずして愛国を語るなかれⅣ」さんです。  それから、「【共有ブログ】マスコミ報道されない真実をみんなで探そう」さんです。既にリストに載っているとすっかり僕が思い込んでいて、チェックしたら漏れているのを今日発見しました。(汗)まだ漏れているブログがあるかも知れないなぁ、。(^^; ※一覧は:賛同エントリーの素敵な仲間達(把握順)  東北旅行に行ったりとかでメールのチェックが遅れてましたが、リストには既に反映させました。バナーへの反映は一両日中に作業する予定です。  不当判決翌日に賛
URL 2007/10/22(Mon)19:44:58
「冤罪の温床、長期拘束反対」の植草さん賛同バナーが81になりました。不当判決翌日に賛同してくれた心意気に感謝です。
 「経済を知らずして愛国を語るなかれⅣ」です。 ※一覧は:賛同エントリーの素敵な
URL 2007/10/22(Mon)14:50:28
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索