忍者ブログ
[72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62]

DATE : 2017/11/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/05/17 (Thu)
mojoコメント備忘録のmojoさんが、今までの『植草一秀氏の証言』『目撃者の証言』『逮捕者の証言』を基に立体図を作ってくださいました。

立体図のあるエントリーはこちらです。

大変な時間と手間がかかっているのでしょうね。
こんなにたくさん作ってくださるとは知らなかったので驚きです。
順番に見せていただきましたが、やっぱり、身長差が16センチある人の腰に両手を当てようと思えば少しひざを曲げる姿勢になると思います。
不自然な体勢になり、目撃者が一人どころか、女性が声を上げなくても、誰もが注目してしまうような気がしますね。

立体図にmojoさんもコメントをつけてくださいましたが、植草氏の当日の荷物は、かばんと傘。
右のほうに傾けた体制を目撃者は見たようですが、植草氏は右肩にかばんをかけていて、それではかばんがズレ落ちてしまいます。
左手首に傘をかけて触っていたという女性の証言もあるようですが、傘を手にかけかばんを肩にかけ両手で触るなんて、不自然というか、やりにくいにも程があるでしょう。

目撃者も見ていないという事から、やはり真犯人がいるというのが正しいのだと思います。

mojoさんが真犯人がいる場合の立体図も2パターン作ってくださっていて、
それもなるほどと思えるものでした。

目撃者が言っている『植草氏が立っていた位置(真後ろ)』では進行方向左側にいた逮捕者と一直線上に並ぶことはないと思います。
植草氏が植草氏の言っている通り、つり革を持って立っていた位置なら逮捕者と一直線に並ぶこともありうるでしょう。

私の感覚では、どうしても何度考えても目撃者の証言はおかしいと思う。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: 熊八
ゆうたまさん、こんにちは。
ああ、弁護士さんが、ここでズバリお書きになってるんですね。

「著名人の私生活を暴露して覗き見ることは刑事裁判の目的ではない。」

その通りだと思いますね。

しかし、裁判所がこういうやり方を許している以上、法律的には仕方ないと思います。
2007/05/20(Sun)09:58:41 編集
★熊八さん。
NAME: ゆうたま
熊八さん・・・。
前の事件の時、弁護士さんが最終弁論http://www.geocities.jp/yuutama_1/saisyuubenronyousiyouyaku.htmlで第9 関連性のない証拠方法として、今回も行われたような質問をしたりすることは刑事裁判の目的ではないと糾弾しているのですが、法廷でやったことってほんとに名誉毀損にならないんですか?検察官のしていることって、常識からずれてると思います・・・。

2007/05/20(Sun)01:34:56 編集
★この事件は「単なるチカン事件」では無くなりましたね。←私は、そう感じます。
NAME: mojo
言いたい事を整理したのですが、チョット長くなりました。スミマセン。

以下、「意見陳述書」で『予言』されていたことが、現実になりました。
(その意味では、植草さんは「本当にあったこと」を述べていた証拠です。)

ーーーーーーー<陳述書の引用>ーーーーーーー
 検察官は、「否認を続ければ、裁判で私生活を攻撃して家族を徹底的に苦しめてやる」と学校等でのいじめを意図的に誘発するとも受け取れる発言を繰り返し、また警察官は、「否認して裁判になれば必ずマスコミのえじきになる」、「否認すれば長期の勾留となり小菅に移送される」と繰り返し述べ、罪を認めることを迫り続けました。
ーーーーーーー<ここまで>ーーーーー

予言1「否認すれば長期の勾留となり小菅に移送される」←130日以上の勾留
予言2「裁判で私生活を攻撃して家族を徹底的に苦しめてやる」←検察官
予言3「否認して裁判になれば必ずマスコミのえじきになる」←警察官

  ※予言3に関しては、今回の公判の朝(2007-05-18 08:19)に
ーーーーここからーーーーーーーー
ここのところZAKZAKとスポーツ新聞の報道がメインでしたが、今回は一般紙からも情報が出ると予想しておこう。(実は朝のラジオで植草氏の公判の予定が流れていた)


ニュースが無い、ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! ←これは、後で追加された
ーーーーーここまでーーーーーーーーーー

なんて、書かれていらっしゃる方もいて、一部マスコミには「おもしろい、植草ネタ」を、流す準備をしていたようです。(むしろ、私は別ネタの方で、この人物に注目していたけど、その補強になりました、しかもこんな形で。)


アンチは、「単なる痴漢事件」と言いながら、擁護ブログを攻撃する。
検察・警察は、マスコミを利用して、植草さんを犯人に仕立てる。
        ↓
この必死さは、一体、何なのでしょう?

「痴漢じゃないかもしれない」・・・彼らは絶対にコレは認めたくないのでしょう。


裁判の内容が、前回の事件と「同様な手法」という事は、「同じ背景」で、今回の事件が起きた証拠でしょう。ただし、前回の反省を込めて「民間人」にしてみたり、小細工はしたようですが。

今回の公判で、奇しくも「取調べで言われたこと」が事実として私たちの前に起きました。しかも、植草さんの言う通りに。つまり植草さんが「意見陳述書」で述べた取調べに関するやり取りは「ウソではない」という事です。

そうなると、その前の事件の事実関係も、検察の方が「ウソを言っている」との疑いが、より高くなってきます。今度は、植草さんの証言通りの「再現図」を作ってみるのもいいかもしれない。


ただ、検察側は、今回「植草さんを追いつめた」つもりでしょうが、むしろ、植草さんも闘うしか無くなったと思いますし、植草さんの怒りもそう決意をさせるに十分でしょう。
むしろ世間では、今回の検察の「手法に対しての批判」が出てくるような気がします。私も、さすがに「こういうやり方で、無理矢理犯人にする」というのは、許せないと、ますますやる気が出てきます。
(個人と違って著名人の場合こそ、安易な暴露手法を使うと、使った側が心理的な重荷で苦しむ場合もあるそうです。)


<追伸>
もう一つ、次回の目撃証人の話。
最初、もう一人の逮捕者かな? と思ったのですが、

>私を掴んだ人達は事件を目撃していない二人の民間人の男性であった(陳述書)

ということです。
つまり、逮捕者ではないようですね。両方が事件を見ていないのですから。
URL 2007/05/19(Sat)18:40:20 編集
★無題
NAME: 吉祥天
これほどの人権侵害が平気でおこなわれているのに、なにが「美しい国」ですか。戦前の特高警察による言論弾圧が形を変えて復活したものといえるでしょう。
反対派を一網打尽にして拷問を加えるのが戦前なら、ある特定の人物に目をつけその人だけを吊るし上げるのが今風ということでしょうね。警察・検察・マスコミが合体すればどんな人でも簡単に始末できるよい見本にされていると思います。

手間のかからない、実にお手軽で効率的な手法です。なおかつ、意見を同じくする人への無言の威圧という2次効果もバッチリです。

このままいけば、日本中のあらゆるところで進化した言論弾圧が執行されるでしょう。
2007/05/19(Sat)16:15:48 編集
★無題
NAME: 熊八
待ってましたというところでしょうか。今までになく詳しいやりとりが掲載されましたね。(笑)

検察からすると、「裁判で私生活を攻撃して徹底的に苦しめてやる」を、予告どおり実行したというところでしょうか。かなり熱心に調べ上げたようですね。

9月13日の事件そのものとは関係ない事柄ですが、日本の裁判所ではいまだに「関連性がある」として聞くんでしょうね。
痴漢事件は証拠が無いもんだから、「印象」が大きく物を言うということなんでしょう。

しかし、犯行そのものと関係ない被告人のプライバシーなので、聞くとしても、これこそ非公開で聞くべきだったと思いますね。無罪だったらどうするんでしょう?暴露された私事は取り返しがつきません。今は無罪の推定が及んでいるはずです。結果有罪であったとしても、責められるべきは9月13日の痴漢行為であって、私事ではありません。こんな、公開法廷を使った「リンチ」は許されるべきではありません。

こんな形で私事が暴露されるということになれば、今後、痴漢をしてない人でも、やりましたと自白してしまうことにもなりかねません。

ともあれ、これで、植草氏に対する誹謗中傷のネタが、またできてしまいましたね。
調べ上げました、法廷で言ったことだから名誉毀損にもなりません、さぁみんなこれを使って悪口の限りを尽くしてください、という意図が検察に無かったと思いたいところです。

もし仮に、植草氏の評判を落として、植草氏の言論を封じたい、植草氏がのし上がってくるのを防ぎたい人がいるとすれば、望みは達成でしょうね。有罪無罪はどちらでもいいということかもしれません。
2007/05/19(Sat)15:05:16 編集
★まさか本当にやるとは・・・
NAME: JAXVN
こんにちは。
> ゆうたま様
> 裁判で私生活を攻撃して徹底的に苦しめてやる
そんなセリフありましたよね。

本当にそんなことしたら、絶対許しませんよ。
まず、前回の裁判の検察官は殊更サイド情報ばかりを利用するとても卑劣なやつだと思いましたが、裁判の名の下に個人攻撃をすることは許されないと思います。

まさか本当にやるとは、ゆうたま様も思ってなかったのではないでしょうか。
「セーラー服着せて性交渉「1、2回あった」…公判で植草被告の性癖バレた?(スポーツ報知) 
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070519-OHT1T00084.htm」
検察もここまで堕ちた、という事です。いや、検察は政府に属するから、政府が、安倍内閣がここまで堕ちたということになりますか。また、メディアがここまで堕ちた、という事でもあります。
ある掲示板に、的確なコメントを押せた方がおられましたので引用させていただきます。
「その論理で行けば繁華街にあるコスプレ性風俗店に出入りしているすべての人たちが「痴漢を犯す人たち」になってしまう。
もしかしたらスポーツ報知の記事を書いている記者も「潜在的痴漢予備軍」かもしれない。」
http://www.asyura2.com/07/senkyo34/msg/901.html
2007/05/19(Sat)12:20:24 編集
★無題
NAME: ゆうたま
ひらりんさんこんにちは。
裁判で私生活を攻撃して徹底的に苦しめてやる
そんなセリフありましたよね。

本当にそんなことしたら、絶対許しませんよ。
まず、前回の裁判の検察官は殊更サイド情報ばかりを利用するとても卑劣なやつだと思いましたが、裁判の名の下に個人攻撃をすることは許されないと思います。
要は今回の事件は『電車内での痴漢容疑』これ『だけ』が争点で、その他の事は関係ないことです。

もし、関係ない話を持ち出して悪印象を付けようとしても検察官の性根の悪さが露呈するだけですね。
2007/05/18(Fri)10:26:39 編集
★無題
NAME: 敏久
今日は被告人質問というものもあるのですか。

今頃どこぞの記者は
「・・・という内容が明らかになった、これに対してネット上の反応は・・・」
などという下らない記事の下書きと、記事に載せるための書き込みの下書きに追われているのでしょうか。

そんなことより、逮捕者から何か新しい情報がでてくるかどうかが気になるところです。
2007/05/18(Fri)07:42:51 編集
★今日ですね。
NAME: mojo
こんばんは。
この裁判で、不思議で仕方ないのは、目撃者も「右手も触っていた」とは言わず

>推測でそう思った(2公判、398)

という事のようです。
よくよく話を聞くと、何だか「頼りない証言」だというのがこの裁判に出て来た証人の特徴になっています。(A巡査、目撃者も含めて)

二人の証言者が共通して言っているのは「(犯人は)植草さんに間違いない」これだけは、断言しています。証言の「内容」と、その「結論」には飛躍があるように感じてなりません。

でも、一人の人間が罪に問われているのです。断言するのは結構ですが、その根拠も誰が聞いても納得させられる内容。または、「検証に耐えられる、証言」であるべきだと思います。

私のブログのトップに引用したことば
>『真実』に、矛盾は生じない、
>つじつまが合わないなら、どこかにウソがある。

つくづく、この言葉の意味の重さを実感させられる裁判です。
URL 2007/05/18(Fri)01:49:42 編集
★明日の公判
NAME: ひらりん
明日は検察側による被告人質問の予定ですね。
植草氏の意見陳述書にもあった検察官の言葉『裁判で私生活を攻撃して家族を徹底的に苦しめてやる』がいよいよ実行に移されるのでしょうか?
その検察官は間違っているし、正義を遂行する人ではありません。
前の品川事件の裁判の時は、マスコミが検察の片棒を担ぐようにおもしろおかしく書き立てて、人権の配慮のない報道をしましたね。
明日はそれが繰り返されないことを祈るばかりです。
前回公判の主尋問の時は、植草氏側の主張がほとんど報道されませんでした。
明日の検察側の反対尋問ばかりが大きく報道されるなら、明らかに不公平ですよ、マスコミさん。
ちゃんと見てますからね。

それから、カーディガンの繊維片がスーツに付着しているかどうかの鑑定はどうなったのでしょうか?
密着していたなら付着しているはずであり、そんな素晴らしい証拠を出さない手はないと思うのですが、検事さん。
URL 2007/05/18(Fri)01:17:17 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索