忍者ブログ
[181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [169]

DATE : 2017/06/23 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/09/22 (Sat)

論告の際の検察官の発言で納得いかないものがいくつもある。
検察官は論告の際、以下の事を述べた。

・『被告人が痴漢と間違われているのに大声で抗議しなかったのは了解不能である』

・『被害者の言葉は自分に発せられたものではないと主張する一方で、かかわり合いたくないと思って体の向きを変えた事は不合理である』

・『被告人は、「子供がいるのに」と言ったのを聞いただけで痴漢事件だと思ったと供述、それは被告が痴漢の犯人であることを強く推認させる』

・『被告人が「本件電車内で、痴漢については、自分は人違いであると考えていた」と供述する一方で、「だれか目撃した人はいませんか」などと声を上げていないことから、被告人の犯人性が明らかである』

検察官がこのように論告で述べている。
しかし、はたして検察官の言うとおり、これら全ては了解不能で不合理なものだろうか?

犯人でない人は皆大声で抗議するのだろうか。人の反応は十人十色だ。
くだらない主観の入った決めつけを根拠にするこの検察官は何を考えているのか。

一度冤罪で苦い思いをしている植草さんが、揉め事は自分とは関係ない事であってほしいと思いつつ、体の向きを変えることがそんなに不合理だろうか。

自分の考えは過去の経験に左右される部分が大きいと思う。
女性の言葉だけでなく、抗議の仕方などから、痴漢事件かもしれないと思うこと。
それが痴漢の犯人だと強く推認できることだろうか。
過去の苦い経験は忘れられるものではない。ましてやマスコミからも散々書かれ、忘れようにも忘れられないのではないだろうか。すぐに脳裏をよぎる事だろう。
犯人だと推認できるなど、全く見当違いの話だ。

車内で目撃者や真犯人を捜さないと犯人だと思われても仕方がないのだろうか。
犯人なら逆にわざとらしく目撃者はいませんか?と呼びかけることもあるのではないか。
何が不合理なのか、私にはさっぱりわかりません。
検察官の主観で何を思うも主張するも勝手だが、事実の認定は証拠によると決まっているのです。
きちんと証拠によって裁判官の方々には判断していただきたいと思います。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索