忍者ブログ
[186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177] [176]

DATE : 2017/09/25 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/10/02 (Tue)

10月4日に行われる講演。
詳細を連帯運動さんより転載させていただきます。

梓澤弁護士とお二人で来られるのでしょうかねえ。まさかあつかましい付添い人はいないでしょうね。
とても楽しみにしております。

「藪の中」でやり過ごしていいのか !?
一連の迷惑防止条例違反事件について
植草一秀・梓沢和幸弁護士
の話を聞く会

「連帯運動」の呼びかけ人の一人である梓沢和幸弁護士は、迷惑防止条例違反で訴えられている経済学者・植草一秀氏の事件は冤罪だとの確信に基づいて弁護活動を続けています。現時点で、「警察・検察の不法・横暴を許さない連帯運動」事務局としては必ずしも冤罪だと判断しているわけではありませんが、当事者の主張を聞く会を持つだけの意味はあると感じています。
そこで事務局として、有罪となった前の事件も含めて植草一秀氏と梓沢和幸弁護士の話を聞き、かつ質疑応答によりこの問題の核心に迫ろうと考え、以下のような会を企画いたしました。安倍内閣退陣により発足する新内閣を解散に向けて追い詰める大事な時期ですが、本人を励ます意味でも、是非参加して話を聞き、質問をしてください。

会合名: 「植草一秀・梓沢弁護士の話を聞く会」
話し手: 植草一秀氏 & 梓沢和幸弁護士
日 時: 10月4日(木)午後6:30時~21:00時
会 場: 日本教育会館一ツ橋ホール703会議室
  東京都千代田区一ツ橋1-6-2 Tel 03(3230)2831
参加費: 1,000円(資料代含む)


今回のこの会合が事件後初の公の場での発言になるかと思いますが、
植草さんはマスコミで散々真実とはかけ離れた報道をされてきた。
それに勝つためにはもっともっと表に出て植草さんの側からも情報を発信したほうがよいと私は思う。
雑誌でもインタビューでも。
間違った情報は必ず否定しなければいけない。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: 熊八
mojoさん、こんにちは。
そういう話がありましたね。ウヤムヤになってました。

安倍さんが辞めた理由もよくわかりませんでしたが、ほぼちょうど一年前、竹中さんが大臣&議員を辞めた理由は何でしたっけ?

大臣を辞めるのは、まぁよくあることですけれど、議員まで辞めるとはなぁと思ってました。国民に選ばれているわけですから、そうあっさりと辞めていいのだろうかと。

議員でいると追及されてしまう問題が何かあった、と考えるのが一番自然ですね。しかも、大臣を辞めたぐらいじゃおさまらない問題が。
URL 2007/10/04(Thu)12:29:21 編集
★「竹中平蔵経済塾」は、ウヤムヤみたいですね。
NAME: mojo
以下のように、会見では「事実無根」と法的措置を断言したまま、ウヤムヤにしてしまった人もいらっしゃいますね。


ある大臣が、突然辞職を発表し、その会見の概要が出ています。

ーーーーーーーーーーーーーーー
竹中総務大臣閣議後記者会見の概要
平成18年9月19日(火)
ttp://www.soumu.go.jp/menu_01/kaiken/back_01/d-news/2006/0919.html

【週刊誌掲載記事】
問:一部週刊誌に竹中平蔵経済塾という団体が、政治資金収支報告書に掲載されていない裏献金のパーティーを開いたという記事があるのですけれども、事実関係を少し教えていただけますか。

答:記事は読みました。全く事実無根です。もう既に今朝の段階で私の弁護士から内容証明で、厳重に抗議をしました。それで謝罪するなり訂正するなり、しない場合は、当然のことながらこちらとしては、嘘を書かれているわけですから、必要な法的措置を執るということになります。
ーーーーーーーーーーーーーー

会見では「事実無根だから、訂正しなければ“必要な法的措置を執る”」と断言されました。ところが、週刊ポストを「名誉毀損で訴えた」という情報は見つかりません。
↑一年前の話なのに

>訴えないという事は、(事実として)認めたということ!

これはアンチさんの『論理』です。
事件発生後「有罪の根拠」として、よく書き込んでいました。
4月に植草さんが、名誉毀損で裁判を起こすと、今度は

>訴えたからといって、ウソとは言えない

このように、言い回しが変わってました。
たぶん、負け惜しみでしょうが(笑)


◎ところで、週刊ポストの問題となった部分

ーーーーー(引用はじめ)ーーーーー
それを、「週刊ポスト」の昨年10月6日号は丹念に追っている。安倍晋三が「安晋会」という非公然後援会を金集めに利用したのと同様に、竹中平蔵も「竹中平蔵経済塾」なるパーティーを5回開き、政治資金を集めたというのだが、政治資金収支報告書には、その第1回目しか記載がないそうだ。竹中側は、「そんなパーティーは開いていない」と主張するのだが、「週刊ポスト」は、パーティーは確かに開かれた、その3回目のパーティーに参加したIT企業家のブログも把握している、と反論する。

しかも、「竹中平蔵経済塾」の主宰に名を連ねている「21世紀政治研究会」という政治団体が、総務省に一度も収支報告書を提出しておらず、この団体の代表が「安晋会」の代表幹事・杉山敏隆だというのだ。

(「竹中平蔵経済塾」のキーワードで色々と出てきますので、引用元は省略)
ーーーーーー(おわり)ーーーーー

記事の真偽は分からないけど、竹中氏が記事を「事実無根」と断じているのに、ウヤムヤにしてしまうのは、自身の疑惑を認めているように映ります。

ちょうど、熊八さんがブログで

>ところで、今さらではありますが、竹中氏が去年の9月15日、突然に参議院議員の職をお辞めになったのは、何故だったのでしょうね?
>ちなみに9月15日は、植草氏の事件があった日の2日後です。シンクロニシティー?

大臣(&議員まで)辞職は、確かにタイミングが良過ぎるというか、まるで植草さんの活動が出来なくなるのを待って、辞職を発表したようにも見えて来ます。でも、証拠があるワケではないので、ここでは『ライバルの逮捕と、辞職の発表が偶然重なった』という事にしておきましょう。

(植草さんの事件とは無関係でも、後援会の人脈は・・・)

「安晋会」も「竹中平蔵経済塾」も、杉山敏隆という人物が中心になっているのは確かなようです。「金集めのための非公然後援会」のようですが、ライブドアの野口氏の事件の話題で暴露されたように、いわゆる「黒い人脈」の方にもつながりがあるようです。

さすがに、植草さんの事件での「実行犯」とは言わないけど、1年以上も持続する、いわゆる『アンチさん』の中には、この「後援会」の人脈がいるのかもしれません。

「オレは、竹中氏を信奉しているので、批判する植草氏は気に入らない・・・だから、誹謗・中傷を書き込み、擁護ブログを攻撃しているんだ」

一部のアンチで「擁護がウソ情報を流すのが気に入らないだけ」と書き込んでいるヤツなどは、『自主的な書き込み』で、お小遣いを稼いでいるのかもしれませんね。

事件そのものは、当事者の「人違い」でしょうが、その事件をいいことに、植草さんの誹謗・中傷を繰り返し、社会的地位を奪うために活動している人たち(=アンチさん)が、煽っているのは確かだと思います。
2007/10/04(Thu)11:12:58 編集
[No name] Re:「竹中平蔵経済塾」は、ウヤムヤみたいですね。
こんにちは。
訴えないのは本当だから。
訴えたからって嘘とは言えない。
アンチはしょーもないですね(笑)
いずれにせよ竹中も嘘ならとりあえず訴えればいいのに。



【2007/10/04 12:01】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
幼稚なゲンかつぎと笑わないでね、今植草さんの賛同バナーの数が微妙な数になってます。一昨日賛同者が増えバナーの更新作業をしたのですが、。
 一昨日久しぶりに賛同者がありました。「タイセー高村のある若造のWEB見聞録」さ
URL 2007/10/04(Thu)16:32:46
TBP連帯!「自民党政治」の登録を完了しました。衆議院選挙野党共闘、郵政民営化凍結、美爾依さんの自民党に心からの連帯の挨拶です。
「自民党政治」(http://tbp.jp/tbp_9149.html) トラッ
URL 2007/10/04(Thu)10:48:59
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索