忍者ブログ
[199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189]

DATE : 2017/04/28 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/10/16 (Tue)

判決は求刑6月に対し、実刑4月ということのようですね。

まずは判決理由が知りたいです。
昨日も、というかずっと書いていますが、私は植草さんの無実を確信しています。
裁判の内容を通して、はっきりと無実を確信しているのです。

無実を無実と認めてもらう事はこんなに難しいものなのですね。
被告は無実の証明を強いられないはずなのですが・・・。
判事3名にはがっかりしました。

まだまだ辛く長い闘いが続く事になるようです。

とりあえず、ひとつの区切りとして、
今まで私のサイトを見て、植草さんの事件に関心を持って一緒に裁判を注視して下さった方、
私をもがんばれと支えてくださった方々、
一緒に植草さんを応援してきた方々、
皆様ありがとうございました。(やめるわけではないですが今までのお礼を。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
支援者の方々のサイトもぜひ一度訪問してみてください。
mojoさんは検察側の証言に基づき、図面を書いて下さり、
植草さんはやってないという事をわかりやすく説明してくださっています。
mojoコメント備忘録

植草さんの同級生の方のブログも読んでみてください。
一秀くんの同級生のブログ

ライブドアニュースの植草さんへのインタビューも通して読んでみてください。
植草一秀教授に聞く痴漢冤罪事件と権力の闇(1)~(7)

mojoさんの図解を見て事件は植草さんが起こしたものではなく間違われたものだと言う事を知って欲しいです。
同級生の方の書いたサイトを読んで、植草氏の人柄も知って欲しい。
私のブログにももうずっと書いています。
時間がある時で結構ですので、一度私のブログも過去に遡って読んでみてください。
私がどうして植草さんが無実だと確信しているのかわかっていただけるかもしれません。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★控訴
NAME: kani
無実なら控訴して徹底的に戦うべきですね。頑張ってほしいと思います。
で、今回は「無実の罪なので控訴して戦う」ということは、控訴しなかった品川駅の件は真実だったということでOKなのですか?
2007/10/17(Wed)17:25:27 編集
[No name] Re:控訴
これも何度も書いていますね。
是非一度植草氏のインタビューなどをお読みになる事をお勧めします。
【2007/10/17 17:50】
★面白すぎる意見ですね。
NAME: takeiteasy
この事件に差ほど興味あるわけではないのですが、ちょっとした伝で見にきましたが・・・。

以下の意見は世の中に冤罪があることを全く知らない人が書いたみたいですね。ニュースも新聞も見ない人なのでしょうか。つい最近は、警察の犯罪とも言える富山の冤罪が発覚したばかりなんですがねぇ。

=============================

★ちょっと、一言
NAME: 冷静人
>無実を無実と認めてもらう事はこんなに難しいものなのですね。
(^^)
「無実」なら、難しくないでしょう。


>被告は無実の証明を強いられないはずなのですが・・・
(^^)
だ・か・ら、「無実」なら、証明を強いられませんって。
強いる必要性も無い。
そうでしょ?
2007/10/17(Wed)16:36:05 編集
[No name] Re:面白すぎる意見ですね。
こんにちは。
同意です。
無罪なら証明を強いられず黙っていても無罪判決が出るなら誰も冤罪被害者は苦労しないんですよね・・・。

【2007/10/17 17:07】
★ちょっと、一言
NAME: 冷静人
>無実を無実と認めてもらう事はこんなに難しいものなのですね。
(^^)
「無実」なら、難しくないでしょう。


>被告は無実の証明を強いられないはずなのですが・・・
(^^)
だ・か・ら、「無実」なら、証明を強いられませんって。
強いる必要性も無い。
そうでしょ?
2007/10/17(Wed)11:14:47 編集
[No name] Re:ちょっと、一言
新聞屋さん。
コメント書くならコテハンにしてもらえますか?
あと、新聞で~すは要りません。
【2007/10/17 14:56】
★えっ!?
NAME: 傍聴人
>[ゆうたま] Re:東京地裁はこの程度
本当におかしな判決が出たものですね。
残念でなりません。
これだけの人が注目していた裁判でこんな判決が出るとは・・・。

(・ω・)
たった、これだけの人なのに?
2007/10/17(Wed)11:09:02 編集
[No name] Re:えっ!?
新聞屋さん。
コメント書くならコテハンにしてもらえますか?
あと、新聞で~すは要りません。
【2007/10/17 14:57】
★乾杯♪
NAME: ンじゃ
>お言葉ですが、完敗というタイトルは間違っています。
明日からひとつひとつ書いていくつもりでいますが、おぜさんの列挙した判決の中の有罪理由??まとめて一言で言うなら、裁判官は検察側の言ったことを無条件で信用しますとしたものに私には映ります。
こういった内容の判決に対し完敗という言葉は相応しくありません

んじゃ・・・。
「乾杯」は?
2007/10/17(Wed)11:07:10 編集
[No name] Re:乾杯♪
新聞屋さん。
コメント書くならコテハンにしてもらえますか?
あと、新聞で~すは要りません。
【2007/10/17 14:57】
★東京地裁はこの程度
NAME: 必死な工作員達へ
植草さんへ 大変だろうけどがんばってくださいね。費用もたくさんかかるだろうけど、、。新聞記事は全て真実という前提でたくさんコピペしているアルバイトさんたちへ>>人生手抜いてきたのにこういうときは一生懸命働くのね。でも新聞が全て信用できるなんてもう通じる時代ではないよ。これだけ疑わしい状況でハッキリと断定する判決はおかしいと考えるのが自然でしょ(判事風)。東京地裁の判決はおかしなのがいっぱい。植草さん、振り向けばたくさんの仲間がいるからね。
2007/10/16(Tue)17:27:43 編集
[No name] Re:東京地裁はこの程度
本当におかしな判決が出たものですね。
残念でなりません。
これだけの人が注目していた裁判でこんな判決が出るとは・・・。
【2007/10/16 19:36】
★判決
NAME: とくめい
判決文読みました。まるで検察が書いたみたいですね。検察の主張とそっくりです。弁護側の主張はばっさり切り捨てる。特に弁護側証人については、短くしか触れていません。ちゃんと検証したのか疑問です。
2007/10/16(Tue)15:16:10 編集
★連続してすいません
NAME: おぜ
何故弁護人は、繊維のDNA鑑定等を要求しなかったのでしょうか。
2007/10/16(Tue)14:00:01 編集
★判決文
NAME: とくめい
残念です。裁判官が何を述べたかはやく知りたいです。無罪を証明したはずの弁護側証人の証言を、どう判断したかが注目されると思います。植草さんには、無罪を信じている多数のひとがいる事を信じていただいて無罪を獲得するまでがんばってほしいと思います。
2007/10/16(Tue)13:59:36 編集
[No name] Re:判決文
教えていただきましたが、判決要旨が産経新聞のサイトに掲載されているようですね。
いつものことながら、植草さんの方の事は伝えずにあちらの側のことだけを伝えるようですが、今回の産経新聞の記事はそれでもよい証拠になりそうです。
この事件の裁判でのやりとりは詳しくわかっていますし
その内容を知った上で、判決要旨を読んだら、この判決が不当である事がより明らかになると思います。
【2007/10/16 20:05】
★蛇足ながら
NAME: おぜ
個人的には、被告の手指から検出された繊維を、DNA鑑定する等して徹底的に検証して欲しかったです。そうすれば、でっちあげでない真実が浮かび上がると思うのです。
2007/10/16(Tue)13:58:16 編集
[No name] Re:蛇足ながら
弁護側の鑑定結果は却下し、証拠として出させもせず、鑑定した人の意見も裁判で述べさせず、
しかし一方では検察が出した繊維鑑定を判決文に盛り込むなんて
先ほどもレスに書いたように検察側無条件信用の一言です。
【2007/10/16 20:01】
★完敗
NAME: おぜ
産経新聞が判決要旨を公開してますね。有罪理由から見て、弁護側が反論に失敗した点を挙げると、
1)被害者の証言の信憑性が高い(傘の木の柄とか、かなり具体的)
2)事件時、被告人は犯行を否認する言動をとっておらず、寧ろ反抗を認めている様子である
3)真犯人が存在しているよといいながら、弁護側証人、被告人ともにその人物の存在について供述していない
4)被告人の手指から検出された繊維はそれなりに証拠能力有り
5)弁護側証人の供述が、被告人の認めている事実とすら矛盾しており、はっきり言って役立たず
といったところでしょうか。
これは勝てないわ。
2007/10/16(Tue)13:52:37 編集
[No name] Re:完敗
お言葉ですが、完敗というタイトルは間違っています。
明日からひとつひとつ書いていくつもりでいますが、おぜさんの列挙した判決の中の有罪理由??まとめて一言で言うなら、裁判官は検察側の言ったことを無条件で信用しますとしたものに私には映ります。
こういった内容の判決に対し完敗という言葉は相応しくありません。
【2007/10/16 19:59】
★まだ「道なかば」ですから
NAME: mojo
判決そのものは、有罪(しかも実刑)という結果が出て、裁判所に被告側の主張が認められなかった事は、たいへん残念です。

とりあえず、裁判所が検察側目撃者の証言をどういう『根拠』で信用性が高いと判断したのかを、注意して検証しようと思います。

直後に植草さんが「徹底的に闘う」との意思を表明されたのが心強いですね。過去の「痴漢冤罪裁判」でも、「一審有罪、二審で逆転」というのもありますから・・・

私は、今回の判決を最初に聞いた時、先日出された「御殿場事件」の判決に近い気がしました。
2007/10/16(Tue)13:25:00 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
痴漢冤罪 あなたにも〜疑わしきはクロ!
昨日の判決は、4ヶ月の実刑(拘留中の期間を相殺するので実際は2ヶ月ほどとのこと)という結果で、裁判長の判決要旨をチラッと見ると、結局裁判なんかしたといっても形だけのことで、ハナっから検察の言い分をそのまま読み上げたようなものに思えます。 かなり時間はかかるけど、昨日の記事に載せたリンク先ページでこれまでに書かれてる証拠内容の検証を一つ一つ真剣に読んでみてください! メディアでは決して報道しない本当のことを知ってください! とくに、前回事件時のことから読んでもらえると、仕組まれたものということがは...
URL 2007/10/17(Wed)10:38:22
植草一秀さん、有罪判決
植草一秀さんの裁判は、植草さん個人だけの問題ではないでしょう。我々日本人が今後いかなる司法制度を再構築し維持していくのか、司法を通じて社会正義をどのように実現していくのか。あるいはマスメディアの役目とは何なのか。これらを再考する良い機会となるはずだ。私(喜八)は、このように感じています。
URL 2007/10/16(Tue)20:26:36
植草一秀被告に対し、電車内で女子高生に痴漢行為をしたとして東京地裁は16日、懲役4月の実刑判決を言い渡した、、(T_T) それでも正義を貫くミラーマン「私は無実。戦い抜く」(・◇・)ゞ
植草一秀被告(46)に対し、電車内で06年9月、女子高生に痴漢行為をしたとして東京地裁は16日、懲役4月(求刑・同6月)の実刑判決を言い渡した、、 (´−д−;`)  想像はしていたが、しかし、あまりにも出来すぎた事件に違和感を感じるのは自分だけではなかろう...
URL 2007/10/16(Tue)14:34:05
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索