忍者ブログ
[94] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83]

DATE : 2017/08/21 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/06/12 (Tue)

私個人の考えであることを断っておきますが、植草氏の事件では間違いなく調書の捏造が行われていると感じています。
調書の捏造だけではなく、逮捕後から通して見ていると、どうしてもストーリーを変更しているとしか思えない。

ある高校教師K氏が痴漢で逮捕された事件がありました。
冤罪だと訴えています。

この方の裁判では起訴前の調書が隠されていたという事があったようです。
以下ニュースの記事を抜粋して載せておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
裁判が始まってから、不審な点が次々に発覚した。
たとえば、起訴前に被害者とされる女性の調書がなかったこと。さらにK氏の供述調書4通のうち、1通だけしか裁判所に提出されていなかったのだ。

 「娘のバイト先に行こうとして、たどりつく直前に痴漢行為などするわけないのですが、そのことを話した調書も、右手でカバンを持っていたこと(河野氏の右側と相手の女性の右側が接触した)を話した調書も出されなかったのです。
 それに被害者の起訴前調書を出さずに、起訴した後で、起訴状に沿って調書を作成すれば、いくらでも犯人に仕立てられます」とK氏は憤る。

 多くの人は、警察や検察の調書や証拠がすべて裁判所に提出され、十分な審議が行われていると思うであろう。しかし、この事件のように、最初から重要な証拠を警察・検察が隠している実態がある。

 「被害者」の供述があやふやで、変遷していったことは公判の証人尋問で明らかだ。「ぽん、と触られた感じがした」と証言していたのに、公判では検察の質問に答えるように、「お尻のかたちにそって触られたような……」というように妙に具体的な表現に変わっている。

 あるいは「はっきり覚えてないです」「記憶にないです」というあいまいな証言が、証人尋問で明らかになった。 
さらに、裁判の過程で「被害者」は若い男性とカップルでいたことがわかった。この「若い男」の存在について明らかにしようと、弁護側は証人の再喚問を申請したが裁判所は却下。この件については闇に葬られて判決が下されたのである。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで。

植草氏の事件。
最初9月14日に報道されたものと、公判が進んでから知った話ではどうも違う部分が多い。
9月14日近くの報道はソースは警察発表と、警察関係者(それも植草氏の事件に関係ある)人に夜回りして聞いてきたものに間違いないはずだ。

左手で右のお尻を触ったという具体的表現がいつのまにかころっと変えられていたり。

被害者と言われる女性の調書のうち、隠されているものはないのだろうか?
起訴までにきちんとストーリーが出来上がったものだけが調書として出されていないだろうか?
初期報道と照らし合わせると、何か釈然としないストーリーの変更が伺えるのです。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: こっこ
植草さんは冤罪でもなんでもありません。
最初から彼を潰そうとする意図で起こされた
完全な「でっち上げ逮捕です。」
実行犯は県警、検察に根を張る×価×会のもみ消しチーム。
東京湾に浮かせるチームは×力団の朝鮮系武闘派●●組。
この仕組みは既成事実としてネット上で大分認識されはじめて
きているようです。
ライブドア関係の野口さんの件がなぜ自殺でまかり通るのか。。
農林水産省をめぐる不思議な立て続けの自殺。。
まともなジャーナリストのサイトを色々めぐったら
こんな仕組みを裏で権力者達がつくっているんだなぁと
恐ろしくなりました。
2007/06/14(Thu)17:18:20 編集
★無題
NAME: マイネル
日本の検察には「最良証拠主義」なるとんでもないものがはびこっていますから。つまりは都合の良い証拠のみをもって、犯人を作り上げようとします。(見つけるのではなく作る!)
やはり代用監獄の廃止・取調べの可視化は最低限必要なものと感じます。
植草氏のことを犯人と決め付ける向きがありますけど、一つ一つの証拠を、精査していけば・・・このような風評は出ないと思うのですけどね。
URL 2007/06/13(Wed)01:21:35 編集
[No name] Re:無題
取調べの録音録画だけでも進めば、今明らかになってきているようなとんでもない取調べは随分変わると思うんですけどね・・・。
【2007/06/15 23:20】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索