忍者ブログ
[175] [174] [173] [172] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163]

DATE : 2017/04/28 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/09/10 (Mon)
本日、植草一秀氏が朝日放送に対し、名誉毀損で提訴したとの事です。

2006.9.21に朝日放送の番組『ムーブ』にて、小学館の『女性セブン』の記事を取り上げ
事実無根の内容を放送したことに対する名誉毀損の裁判です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

私もこの放送は当時確認しましたが、大変悪質です。
何度も書いていますが、TVでの影響力は大変大きなもので、それによって傷つけられた名誉の回復は大変困難なものです。
植草氏や、植草氏の関係者の精神的苦痛に関しては計り知れないものでしょう。

番組を直接ご覧になった方もいるでしょうが、ネットでも誰かによって動画配信がされた事実があったので、番組の放送エリア外の方も多く見ているはずです。
植草氏が蒙った被害と苦痛は大変大きなものであることがわかります。

わざわざこの動画を出すことなどはしませんが、
番組には弁護士の橋下徹、宮崎哲弥、大谷昭宏が出演しており、女性セブンの記事を画面で紹介し、その記事に対しこの3名がコメントするという内容でした。
※小学館:女性セブンの記事も事実無根の内容による名誉毀損として現在係争中です。 

番組は、週刊誌の記事の事実確認もせずそれをあたかも事実であるかのように放送し、無実を訴えている植草氏を嘲笑の的にした。
結果その事は事実無根であり、植草氏の名誉を傷つけ、植草氏の周りの人も傷つけた。
無責任でとても悪質だと思います。 
視聴者は放送されたことだけで、それを事実と思ってしまう事は放送関係者なら理解していて当たり前のことではないでしょうか。
関係者にはきちんと反省してほしいと思います。


紹介された内容を受けて、前述した3名は植草氏に対する誹謗中傷のコメントをしていました。
宮崎哲弥氏は完全に悪意を持ったコメントをしていました。
まるで事情通であるかのように、あることない事発言する。
法的な処罰とは別に、そういうのは必ずしっぺ返しがくるような気がします。

弁護士の橋下徹氏に関しては弁護士にあるまじき発言でした。
事実関係も確認しないまま病気だなんだと弁護士がTVで発言しても良いとみなさんは思われますか?

これは私個人の思いですが、2004年の事件の際、ある番組に橋本徹弁護士が出演しており、その時、植草氏の事件が取り上げられました。
その時、他の出演コメンテーターが植草氏が犯行を犯したと決め付けて発言する中、ただ一人、弁護士らしく慎重に、
『色々言われていますがこの事件はまだ係争中ですから・・』
と他のコメンテーターの決め付けた発言を注意していた事があったのを覚えています。
どうしてその感覚を失ってしまわれたのでしょう。

今回の発言は弁護士という立場の人間なら常識的に言わないであろう発言でしたので、残念で腹立たしい思いです。
弁護士という職にあるものが先頭切って公の場で人の名誉を傷つける発言をしたこと。
提訴された事実を重く受け止めて欲しいと思います。

TVでの発言には影響力があります。
宮崎氏も大谷氏も同じ。どうしてその感覚が欠如してしまっているのでしょうか。
TVが自分たちの活躍する普通の場になっても、そこはやはり友達同士が雑談をする場とは違うのです。

植草氏は、何かの事件に対してコメントを求められても、いつも慎重で、決して事実関係を確認しないまま他人を中傷する発言などはしませんでした。 
当り前のことなのですが。

TVで一人の人間をターゲットにし、中傷して、面白おかしく報道することが楽しいでしょうか?
誹謗中傷のコメントに時間を割き、なぜ、植草氏の無実の訴えは何も伝えないのでしょうか。
今日は民事訴訟の弁護団の方たちが記者会見したようですね。
詳細が分かり次第、またこちらで書かせていただきます。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★大谷昭宏氏は残念な人
NAME: ひらりん
くもすけさん、こんにちは。
私も大谷氏があの場にいたのは残念だったと思います。
大谷氏は、コミック「こちら大阪社会部」の原作者でモデルになった人であり、事件担当の新聞記者に、広く読まれているらしいです。
私も読みましたが、まさに事件記者のお手本といえるような命懸けの潜入取材や、あくまでも弱者の立場から真実を追う姿は本当にかっこいいです。
若い頃の大谷氏は、正義感に燃え、事実を追及する人だったに違いないですから、ジャーナリストのあこがれの的であり、大谷氏を尊敬する人は多いのでしょう。

それなのに、あの番組では自分の目で取材したり、きちんと資料を読んで発言していません。
問題の番組「ムーブ」は、こちらのブログが炎上している最中に、「you tube」のアドレスが、繰り返しアンチさんによって貼り付けられていたので、私はリアルタイムで視聴し損なったけれど、ちゃんと見ることができました。
だから、垂れ流し、言いっぱなしのテレビもちゃんと後から検証でき、責任を問われることになったのでしょう。
大谷氏は、橋下・宮崎両氏ほどあからさまではなかったにせよ、弱い者いじめを楽しんでいました。
完全にテレビ局の飼い犬です。
大谷氏の言動は、郵政民営化についても変遷していて、「世渡り上手さん」だとわかります。
メディアにもてはやされるうちに堕落してしまった残念な人です。
URL 2007/09/11(Tue)10:16:11 編集
★大谷昭宏さんも偏見とは?
NAME: くもすけ
大谷さんは、サンデープロジェクトで多数の冤罪事件の取材をしてます。
それでも、植草さんに偏見を抱き、冤罪の匂いを感じ取れないのでしょうか?
2007/09/10(Mon)22:55:53 編集
[No name] Re:大谷昭宏さんも偏見とは?
はじめまして。
どうなんでしょうね。
私は公共の電波を使って他人を中傷した事に怒りを感じます。
【2007/09/10 23:17】
★関連記事のご紹介
NAME: mojo
ネットの記事でも出ていました。

植草被告が朝日放送を提訴 「事実無根の週刊誌を紹介」
ttp://www.asahi.com/national/update/0910/TKY200709100236.html
URL 2007/09/10(Mon)21:30:20 編集
[No name] Re:関連記事のご紹介
mojoさんありがとうございます。
【2007/09/10 21:56】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
植草一秀さんが朝日放送を提訴
植草一秀教授(経済学)が朝日放送を提訴しました。 「事実無根の週刊誌を紹介」ことで名誉を傷つけられたためです。
URL 2007/09/12(Wed)12:07:57
忍者ブログ [PR]
7月4日公判:目撃証言はこちら
■平成19年7月4日■
新たな目撃証人が植草氏の無実を立証する極めて重大な証言を行いました。
是非お読みください。
 
 7月4日公判での目撃者証言
 ↑こちら  
リンク
旧ブログもご覧下さい。↓
■AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
■植草一秀氏の事件は冤罪です
◆リンク◆

植草一秀氏:スリーネーションズリサーチ(株)

■植草一秀氏のコラムは  こちらから。

直言:uekusaレポートPlus

直言:特別鼎談:植草一秀氏・平野貞夫氏・宮崎学氏

講談社:直言


☆植草一秀氏の事件は冤罪です:HP

JR品川駅高輪口写真

2004年示談とは完全に否認している事を理解してもらった上での示談なのです。

■ライブドアPJニュース


■一秀くんの同級生のブログ
■mojoコメント備忘録
■植草一秀氏の事件
■HIBIKI-KURENAI-SOKONEW

■頑張れ藤田東吾
■雑談日記
■Benjamin Fulford公式HP

■平成16年8月30日付冒頭陳述の要旨
■平成17年2月21日付弁論要旨(要約
■平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約) (プレス向け
■2004年8月30日記者会見
■植草一秀氏コメント

My Yahoo!に追加
RSS新着情報
■『植草事件の真実』に関して
植草事件の真実
は数名が個々の考えを書いたものを一冊にまとめたものです。
私は全体を通してのチェックはしておりません。 他の方がどのような内容を書かれているかも一切関知しておりません。
私は2004年に起きた事件の事を書いており、今回の事件に関しては言及していません。
※なお、この本の出版・内容・主張は植草一秀氏も関知しておらず、一切関係ないことをお断りしておきます。

植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

このブログに関して。 このサイトは植草一秀氏を応援するためのものです。
植草氏に対する誹謗中傷または 当ブログの趣旨に反する と思われる書き込みと 判断した場合、削除させていただく場合があります。 予めご了承くださいませ。
尚、ブログ内での私の発言は植草氏とは関係なく全ての責任は私にあります。
今後は植草氏、植草氏を支援する方々と連携し、様々な情報が寄せられるサイトにしてゆきたいと 思っております。
Copyright (C) 2004-2007 yuutama1 all rights reserved.
AAA植草一秀氏を応援するブログAAA

植草一秀氏を応援するブログ



track feed

ブログ内検索